トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月29日 (日)

デナリアッセントの使用感など

立山山岳スノボで使用したMSRのスノーシューデナリアッセント。その使用感など述べてみたい。

まずはサイズ。購入時にも思ったんだけど、他のスノーシューに比べて小さめ。浮力を得るという本来の意味ではもちろん欠点になるんだけど、ライディング時にスノーシューを背負う必要があるバックカントリーでは利点。ゆえに(バックカントリーを行うボーダーに)人気があると思われる。
浮力がどうしても気になる人は専用のテールを追加する、という手もある。

取り回しについても、バックカントリーでは問題はなかった。慣れれば走れるし(他のスノーシューでも走れるのかも)。より取り回しを重視するなら、テーパー形状のデナリエボアッセントの方がいいかもしれない。ただし、エボの方が若干重い(って数十gだけど)。

ゴム製のバインディングは評価が分かれると思う。特にストラップがブラブラするので鬱陶しいし、脱着も少し面倒。もし、SHIMANO/K2のステップインを使っているのであれば、専用のプレートを使って、スノーシューもステップイン仕様に変更できる。事実、アイミネさんはこれを採用。スノーシューからボードの履き替えは一瞬だった。

MSRというブランドについて、バックカントリーでは右も左もMSRっていうくらい人気がある(ように見える)ので、人とは違うモノを選びたい人にはあまりお奨めできない。他にいくつもブランドがあり、それぞれ個性的な製品を出しているので、選択肢は多いと思う。

用途や必要な浮力によっても選択が変わってくるだろうし、最終的にはショップの店員さんに聞くなどして決めるのが一番良いってことですな。

参考リンク:
ATLAS
TSL
MSR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月28日 (土)

じゃあまた

土曜日だけど出勤。
って出てきているのは俺だけかよ…。まぁいいや。雑音なくて集中できるし

テスト項目作ってとっとと帰宅するつもりだったんだけど、実装漏れを見つけてネチネチ作りこみ。最近の開発は工程が短いためソースを眺める時間が極端に少なくて、結果、細かいミスが多い。もっと余裕を持ってコーディングしたいヨ…。

22時ごろ、守衛さんがやってきて、名前と所属と帰宅時間を聞くので答えると、じゃあまたって言って出て行った。

じゃあまたって?。
来週もまたっていう意味ですか?。

結局、23時に退社。明日は寝倒すとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月27日 (金)

地獄プロジェクト

りつこ様から教えていただいたのだが、「地獄プロジェクト」でググると、当blogの本体ページである踊るエンジニアが検索されちゃうらしい。

どれどれ。

ホントやー!!
上から3番目やんかー!!。

1位は@ITの記事か…。

決めた。

抜かす!!。

googleランキングで@ITを抜かす!!。

「踊るエンジニア」の方は今後あんまり更新できないと思うので、とりあえず当blogで事ある毎に「地獄プロジェクト」を連呼することにしよう。
連呼し過ぎてまた地獄プロジェクトに召集とかいうオチは勘弁ですが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月26日 (木)

深夜のポチポチ

24時に退社。
25時に帰宅。
飯食って風呂入って27時に就寝。

朝は7時に起床。
8時半に出社。

そうすると、自分の時間ってのは、通勤時の往復2時間だけなわけで。
サイバーで高級なHDDナビついてるけど、運転中にTVやDVD観るのは、案外危険なわけで。
必然的に音楽を聴きながら運転するわけで。

自分に許されたプライベートな2時間は、ぜひ、積極的に、有意義なものにしていきたい!!。

すなわち

深夜にAmazonミュージックでポチッとやりがち。

便利すぎるぜAmazon。

おかげで、普段ならビミョーで買わないCDも、ポチポチしちゃうヨ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月23日 (月)

trackbackを憂う

ほら、このページったら、ココログ使ってるじゃないですか。そうすると、トップページを見るたびに眞鍋かをりのここだけの話が目に入るわけですよ。

アンタ、trackbackをやたら稼いでるらしいじゃないの。

見てみた。

なるほど。
文章も面白いし、人気があるのも分かるなぁと思いながら、ふと

どんなヤツがtrackbackしとるんじゃい?

とtrackbackをたどってみたさ。

…。

眞鍋かをりと関係ねぃじゃん!!

次も、その次のtrackbackも全くカンケーねー
trackback稼ぐってこういうことだったわけ?。これが真相なのか?。

ビミョーな気持ちになりながら、加藤ローサの「Blog de チェキ日記」も見てみる。
この際、なぜ加藤ローサを選んだかは特につっこまないで欲しい。

こっちも

加藤ローサと関係ねぃヨ!!

だいたい

コエンザイムQ10とかバストアップとか別にどーでもいーよ!!

そうか。
いつの間にかtrackbackってば、広告に利用されたり、アクセスを稼ぐ手段として利用されてたのね…。

いや、trackbackの仕様としては問題ないよ。けど使われ方としてどーなのよ。インターネットのやったもん勝ちにはうんざりだよ!!。

とか思うのは、HTMLブラウザがMosaicしかなかった頃からインターネットをやってる古い人間だからでしょうか。

と、trackbackの行く末を憂いながら、この投稿も上記blogにtrackbackを送っているあたりがなんとも…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月22日 (日)

なんと言う

日曜日なのに出勤。

これを休日出勤と言わずになんと言おうか。

他に言いようがあるまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月21日 (土)

立山山岳スキー場

20050521_00朝4時45分に起床…の予定が15分遅れの5時に起床。そのまま15分遅れで待ち合わせ場所に到着。

そうなのだ。5月も終わりだっつーのにまだスノボに行きやがるのだ。先週、予定していた山岳スノボが中止になったので、懲りずに今週も予定していたのだ。会社の先輩アイミネさんと立山山岳スキー場にゴゥ。

スキー場って言っても、リフトがあるわけでもなく、自力でハイクして自己責任で滑るっていう、なんとも野性味溢れたバックカントリーなスキー場なのだ。と言うかコレをスキー場と呼んでもいいのか?。

立山駅からケーブルカー(7分)で美女平へ行き、美女平からバス(50分)で室堂へ。室堂の前面に広がるオープンバーンがその山岳スキー場らしい。すでに何人ものスキーヤーやボーダーが斜面をハイクしていて、俺等もさっそくスノーシューを装着し、斜面の端をポクポクと登る。(ツアーではない)個人のバックカントリーは初めてだったんだけど、自分のペースでハイクアップできるのがいいですな。先日購入したMSRのスノーシューもそれなりに快調でした。

ハイクアップは氷点下でも大量の汗をかくけど、この日は快晴。最初っからウェアの上は脱いでロンT一枚。総重量が10kg弱もの荷物を背負っているので、すぐに息が上がり、小まめに小休止を取りながら、ひたすらオープンバーンの端を登る。標高差にして100mほど登ったところで、一旦スノボを履き、スノーシューを背負って、国見岳方面に一発滑る。

最高や…。

いや、もちろん雪は悪いし、重いザックを背負ってのライディングだし、コンディションが良いわけないのだ。けど、五月晴れの下、絶景の中、スノボができるってことに感動。

感動しつつも数ターンで国見岳の下に到着。今度は国見岳の登頂を目指す。途中、安全な斜面で昼食。実は今回のために、コッフェル携帯コンロを購入してたのだ。これらを使うのも楽しみのひとつだったり。

昼食にはカップ麺と、今回初めてアルファ米の携行食を用意。アルファ米は熱湯を注いで20分待つ必要があり、カップ麺をのんびり食いながら20分経過。

…。アレ、脱酸素剤が入ってる…。まぁいいや。食べてみる。

20050521_01

美味であった。
味が濃いところと薄いところがあるのがちょっと気に入らないけど…って思いながらパッケージを見るとかき混ぜることって書いてあるヨ。あ、まず脱酸素剤を抜くこととも書いてあるヨ。両方ともやらなかったヨ…俺。
二つもミスを重ねたのにこれほど美味い(って言ってもコンビニのおにぎりくらいです)とは何事か!!。次も持っていこう。

たっぷり休憩を取って、再び山頂を目指し、ついに登頂。先に頂上にいたスキーヤーの方と軽く挨拶し、こういうコミュニケーションって山ならではだなぁと思いつつ、絶景にプチ感動。当たり前だけど、山頂なので360度パノラマなのだ。立山連峰がぐるりと見渡せる。登りきったという達成感もある。こりゃ、サイコーだわ。

20050521_02
記念撮影。

20050521_03
記念撮影(汗)。

本日2回目のライディングは国見岳山頂から天狗平に向かって滑り降りる。前半は斜度もあり、気持ちよーく滑れたが、後半は高度を保つようにトラバースしていく。天狗平までは意外に簡単に着いてしまったので、目標を弥陀ヶ原に変更。
5月のはじめまでは弥陀ヶ原-天狗平-室堂とスキーバスが運行しているという情報もあったので、弥陀ヶ原までは簡単にいけるだろうと予想していたんだけど、これが甘かった。

天狗平を越えると、急激に樹木が密集し始め、斜度もなく、最終的にはスノボを外してハイクアップして高度を稼ぐ必要があった。トラックの跡は何本か残ってたので方向は間違ってないはずだけど、周りには人影もないし、時間も押してきて、帰りのバス時間が気になるし、少し不安に。アイミネさんも俺も次第に口数が少なくなるし。やっと弥陀ヶ原のバス停とホテルが見えたときは、ひそかに胸をなでおろしたり。
最後はスケーティングでバス停に到着。バス停の荷物係(?)のおばちゃんには「スノーボードで普通こんなとこまで来られんよ」と富山弁で諭されて、やっぱ普通じゃなかったのか!!と再確認。まぁ、無事に着いて良かった。

バスはすぐに来たんだけど、一服入れようってことで、次のバスで美女平へ。ケーブルカー乗って立山駅へ。ものスゲー疲れたけど楽しかった。反省点もいろいろあったけど、これから改善していけばいいわけだし、充実した一日だった。

とりあえず次はGPSを用意して臨むべきか…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月18日 (水)

本日も

午前様。
もちろん仕事でナー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月17日 (火)

午前様

午前様さ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月15日 (日)

タンク自家塗装

HONDA APE50(ANNIE号)は、もう1年以上、エンジンに火が入っていないのだった。

だって1年以上

タンクを下ろしっぱなしなんだもの。

いや、言い訳させて欲しい。
去年の今頃、タンクを自家塗装しようと思ったのだ。
しかも、初めての塗装だっつーのに、ファイアパターンの模様を入れようと思ったのだ。

無謀…無謀だったよ…

タンク下ろして、APEステッカーをはがして、耐水スプレーで水研ぎ後、サフェーサー吹いて、ラッカー系のスプレー吹いて、マスキング。この辺でかなり消耗しちまい、途中経過の画像を取る気も失せる。

自家塗装なんて二度とやるか!!

と、何度も半べそになりながら、睡眠時間を削って、マスキングの上からファイアパターンの模様を下書き、下書きに沿ってマスキングを切り取り、ラッカー系のスプレー吹いて、残りのマスキングを全部剥がして…あと少しってところで、運悪く

3ヶ月大阪出張(号泣)

ヨロヨロになって帰還したら、タンクは埃をかぶっているし。作業を再開する気力も残ってないし。

部屋の片隅に転がっているタンクを無視する生活が数ヶ月続き、冬になり、春になった頃、

アンタ何やっても続かないのね

っていう家族の無言の視線が怖くなって、やんわり作業を再開。
ラッカー系の塗料でファイアパターンの模様を縁取りして、ウレタン系クリアを吹いて、じっくり乾燥させて、本体にタンクを乗せ、

半分、意地で完成!!

見れ!!。これが完成画像だ!!。

APE50自家塗装

オレンジの塗装が美しい。ファイアパターンのグラデーションも素敵だ。

やるじゃないか。なかなかやるじゃないか、俺

誰も褒めてくれないので、自分で褒める。

実は、近くで見るとファイアパターンの縁取りがかなり雑で、表面もポツポツと塗料(かウレタンクリアの)粒子が残っている感じ。お世辞にも「完璧な仕上がり」とは言いがたい。クリアを吹いた後で、さらに耐水ペーパーで磨くのが正しいのかも知れない。

まぁ、極端に近寄られて見られることはフツーないので、別に良いんだけどナー。言わなきゃそれなりに見えるしさ。

もう少し上手くやれば、仕上がりももう少し良くなっただろうという感触はつかんだけど

俺は二度とやらん!!

と思った。


過去のカスタム履歴:go ape for the "APE"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年5月14日 (土)

フテ寝

と、うきうき準備してたら、アイミネさんから連絡があり、どーやら天気が悪くなりそうとのこと。

ゲレンデならともかく、雪山には素人同然の拙者であり、雪山はナメちゃダメだと思って明日の山岳スノボは中止することに。

早々にフテ寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

outfit

outfitここ数年、板を購入しているショップはパープルヘイズであり、そのパープルヘイズが2005-2006モデルのウェアを展示しているっていうことで、アイミネさんと行って来た。アイミネさんは、すでにTRITONを(カタログだけ見て)予約済みだったんだけど、実物を見て、予約を変更したみたい。今シーズン('04-'05)、ウェアを新調した俺も、来シーズン('05-'06)はTRITONにしようかにゃーなどと思ってたんだけど、展示品を見た限りではあまり惹かれるのがなく、ちょっとテンションが下がる。

そのうちタカオも彼女を連れて来店。彼もTRITONのウェアを予約していたんだけど、実物を見てREWに変更した模様。しかも、彼女にペアルックのウェアを買ってあげた模様…。

はいはい、よろしおすなー。仲の良いこって。

タカオとはパープルヘイズで別れて、アイミネさんとアウトドアショップであるコージツで、スノーシューを物色。

なぜ、この時期にスノーシューなどという西洋のかんじきを物色しているかと言うと

明日は立山で山岳スノボの予定

なのでした。

自分で言うのもなんだけど、

バカだねー

スノボバカだねー

だいぶ迷って、最終的にはアイミネさんと同じMSRデナリアッセントにしました。MSRのスノーシューはバックカントリーに行く前にOSPREYのザックを買った旭川の秀岳荘でも薦められたし、わりと王道なのかもしれない。

他のスノーシューと比べると若干コンパクトで、背負って降りる必要のあるバックカントリーに向いているのかも。デナリEVOアッセントとも迷ったんだけどなー。デナリアッセントの方が、ほんの少しだけ軽かったので。

ストック(ポール)とか、給水パックとか、携帯食とかも買って、帰宅。

明日は山岳スノボだぜ!!。ぬはは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月13日 (金)

思い出の反芻

三段山バックカントリー5月だって言うのに雪が降っている地域もあるみたいだけど、基本的には、どんなに遅くてもゴールデンウィークが滑り納めになると思う。という俺も今年はゴールデンウィーク中に2回スノボに行って、滑り納めた次第。

これから半年、シーズン中の思い出を反芻しながらなんとか生きていきたいです。

思い出と言えば、今年は初めてスノボで北海道に行ってきたんでした。画像は富良野の三段山へ、人生初のバックカントリーツアーに行ってきたときのもので、一番後ろがワタクシですな。一丁前にOSPREYSWITCH 25+5を担ぎ、BURTONの初代BMCを装着してます。
画像の左側には、実は十勝岳が噴煙を上げていて、さらに左手には十勝平野(?)が広がっています。
板を担いでスノーシューを履いて雪山を登る、なんていう体験なんて初めてだったので、実は悪戦苦闘中の画像だったりします。

気温は氷点下だったんだけど、登山ってのはカロリーを消化しまくるのか、ものすごく暑くてベンチレーションは全開、バックカントリーに誘っていただいたアイミネさんなどはチャックも全開で、それでも快晴の中、余裕のある範囲で景色を楽しみつつ、一歩ごとに滑落の不安と戦いながら、頂上付近を目指した後は、本当に誰も滑っていない深雪の斜面をスワーッと滑り降りるわけですよ。最高の体験だったなぁ…。

このバックカントリーツアーは、俺のスノボ感を大きく変えたし、今後の人生(は言い過ぎでも、趣味とか)の方向性に大きな影響を与えそうな、とにかくインパクトの大きい体験でした。本当に誘ってくれたアイミネさんに感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月11日 (水)

いつもの生活

仕事に熱中(うそ)してたら、背中の痛みが引いた。23時退社。24時帰宅。今から就寝。

そういえば、先月度の残業が多いとかで、また健康管理質から呼び出しくらったヨ。
呼び出しはもういいから、仕事を減らしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 9日 (月)

華麗な加齢

背中が痛い。肩甲骨の間の背骨が痛い。拙者、寝違えたご様子。

初めて寝違えて背中が痛くなったヨ。

つか、これ、本当に寝違えたのか?

寝返りが打てないくらい痛く、眠りも浅かったので、今朝は本気で出社したくなかったんだけど、ここで行かないとそのまま五月病モードに突入しそうだったので、無理やり出社。
ゴールデンウィーク明け初日から残業であり、結局背中の痛みは良くならず。でも悪化もしてなさそうなので、良しとしたい。


なんと言うか、最近は本当に体が痛みやすくなった…と言うよりは、痛みが取れにくくなった。フットサルなど、やってみたりするんですが、たとえば接触でアザができますな。もう2週間は取れない。フットサルやスノボで足首や膝を捻ると平気で1ヶ月とかシクシク痛みやがる。肩が上がらなくなってきた。若いときより首が回らなくなった気がする。


やっぱ年のせいですか。そうですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 6日 (金)

アフィリエイト更新

久しぶりにアフィリエイト(→)を更新してみた。amazonのアソシエイトシステムがいつの間にか変わってたのね。主張が強くなっててウザいですな。 とりあえず、ここ最近の(amazonでの)注文を列挙してみたので、ここ最近の偏り具合が分かっていただけるかと思います。分かっていただけてもメリットないけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月 5日 (木)

Hakuba47-白馬五竜

20050505 今シーズンは例年になくスノボに行っているのであった。その理由はさておき、本日はゴールデンウィーク2回目のスノボであり、今シーズン35回目のスノボであり、Hakuba47であり、会社の先輩であるアイミネさんとゴゥ。

天気は良かったけど、ゲレンデコンディションは最悪。まぁ、この時期に滑れるだけマシなんですが。Hakuba47のデカキッカーには目もくれず、五竜の方に上がってまったり滑ってみる。ゴンドラ下り場の下にチビキッカーっていうかポコジャンが残ってて、何本か入ってみたけど、スピードが全然出なくてイマイチ飛べない。入っているボーダーのレベルも低かったしな。上手いヤツらはみんなHakuba47の方のデカキッカーに入っていると予想。

昼飯は屋外で、アイミネさんが持ってきた携帯コンロでお湯を沸かし、カップ麺などを食してみる。これが意外に楽しかった

ただゲレンデスノボをやるだけじゃなくて、ちょこっとアウトドアの要素を加えてみただけ。それだけなんだけど、なんて言うかですね、ゲレンデから少し離れた景色が良くて静かなポジションを探して、わざわざ携帯コンロで湯を沸かし、わざわざカップ麺をすする三十路コンビ

マジ熱いなー

と思うわけですよ(アホ)。

その辺のグラトリやってばかりいる小僧には醸し出せない

大人の魅力ってヤツ?

違うけど。

戯言はともかく、こういう方面の楽しみ方ができるのも春スノボの良いところだと思った。シーズン中は、いくら面の皮が厚くなった三十路でも寒くて無理。

帰りは温泉寄って(もう完璧オヤジやな…)、高岡でプリティなTシャツ買って、中華な夕飯食って帰宅。充実した一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月 4日 (水)

燃費

2005年燃費愛車GF-BH5レガシィの燃費が今年に入ってから、異様に良いのであった。給油回数19回のうち、10km/㍑を超えたのが10回。走行距離9,327.7kmに対し、給油量938.9㍑で総燃費が9.93km/㍑。

280馬力、シーケンシャルツインターボ、4WDであることを考えると、「異様に良い」というのはそれほど外れていない表現だと思う。

購入して4年。すでに87,000kmを走破しているレガシィ。ここに来て本領発揮ですか。

それとも最後の力を振り絞ってますか。

ちなみに、4ヶ月で1万km弱走行しているっていうのもちょっと多い気がするけど、そのほとんどが通勤によることを付け加えておく。往復74kmもあるんですよ。もうアホかと。

2004年燃費ついでに、去年はというと、46回の給油で10km/㍑を超えたのが1回のみ。走行距離20,463.5kmで給油量が2,375.2㍑、燃費は8.62km/㍑でした。
去年の記録で、一度だけ5.81km/㍑というダントツの最低値だったのは、大雪のため11時間も立ち往生したためだったり。懐かしいけど、思い出したくもないぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 3日 (火)

再開

いろいろあった。
このblogの過去の記事を全削除するくらいイヤになった。

秋は放心してた。

冬は何かにとりつかれたかのようにスノボに明け暮れた。

春になって、1年以上放置したこのblogをちょっと再開してみようかと思った。
いわゆる日常の垂れ流しになると思うけど、少しでも何か証しを残したくなった。

まぁ、ネットに何かを求めてる時点で、何も変わってないし、状況はひとつも良くならないんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年6月 »