« いつもの生活 | トップページ | outfit »

2005年5月13日 (金)

思い出の反芻

三段山バックカントリー5月だって言うのに雪が降っている地域もあるみたいだけど、基本的には、どんなに遅くてもゴールデンウィークが滑り納めになると思う。という俺も今年はゴールデンウィーク中に2回スノボに行って、滑り納めた次第。

これから半年、シーズン中の思い出を反芻しながらなんとか生きていきたいです。

思い出と言えば、今年は初めてスノボで北海道に行ってきたんでした。画像は富良野の三段山へ、人生初のバックカントリーツアーに行ってきたときのもので、一番後ろがワタクシですな。一丁前にOSPREYSWITCH 25+5を担ぎ、BURTONの初代BMCを装着してます。
画像の左側には、実は十勝岳が噴煙を上げていて、さらに左手には十勝平野(?)が広がっています。
板を担いでスノーシューを履いて雪山を登る、なんていう体験なんて初めてだったので、実は悪戦苦闘中の画像だったりします。

気温は氷点下だったんだけど、登山ってのはカロリーを消化しまくるのか、ものすごく暑くてベンチレーションは全開、バックカントリーに誘っていただいたアイミネさんなどはチャックも全開で、それでも快晴の中、余裕のある範囲で景色を楽しみつつ、一歩ごとに滑落の不安と戦いながら、頂上付近を目指した後は、本当に誰も滑っていない深雪の斜面をスワーッと滑り降りるわけですよ。最高の体験だったなぁ…。

このバックカントリーツアーは、俺のスノボ感を大きく変えたし、今後の人生(は言い過ぎでも、趣味とか)の方向性に大きな影響を与えそうな、とにかくインパクトの大きい体験でした。本当に誘ってくれたアイミネさんに感謝。

|

« いつもの生活 | トップページ | outfit »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/4076066

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の反芻:

« いつもの生活 | トップページ | outfit »