« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月28日 (日)

その男、釣り人につき

立山登山の翌日であり、心地よい疲労感を引きずりながら、昼前に起床。
携帯が鳴ったので出てみるとシブチンであった。

大学時代の友達で、コンパ仲間でもあり、スノボ仲間でもあり、今度愛知万博に一緒に行く予定のシブチンだった。

何でもアオリイカ釣りのDVDがあるので見てみないか、と。

イカ釣りのDVDですか…?(汗)。

見ないよ、そんなの…。

と、正直に言えるはずもない内向的な俺なので、快く承諾

1時間後、DVDの他にDAIWAのエギング用タックルのカタログを持参してシブチン来訪。

こいつ、マジだ。

とりあえず、イカ釣りDVDを見てみると、意外にも面白そうなのであった。プロとは言え、バシバシ釣り上げている。一昨年くらいからイカ釣りにハマっているらしい、シブチンもボウズということは滅多にないらしい。

少し、興味が出てきたヨ。イカ釣り。

いや、元々、釣りに興味がないわけじゃないのであった。一応、バス用のタックルは持ってるし、過去に何度かシブチンとバス釣りに行ったこともある。

が、一度も釣れたことがないのであった。竿を振っただけ。無くした(根がかりした)ルアーは数知れず。ロッドも1本折ってたりする。

しかし、イカなら、あるいは
根拠はないけど。


ということで、シブチンに連れられ、近場の釣りショップ巡り。よく釣れると評判(らしい)、イカ釣り用のルアーことエギ(餌木)を2つ購入(させられた)。確か、両方とも、DAIWAの日本海スペシャル(2.5号)。
さらに、来週はイカ釣りの約束をさせられたり。


いやいや、面白そうじゃない。イカ釣り。また新たに趣味が増えると思うと、ワクワクしますな。年甲斐も無く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月27日 (土)

立山登山

雄山山頂白山登山のため、前日は早めに仕事をあがって、携行食や非常食を買いに行ったり、パッキングしたりして、0時ごろに就寝。ところが3時45分ごろに連絡があり、天気が悪いため中止だと。確かに外に出ると地面は濡れてるけど、晴れの予報じゃなかったっけ?。
連絡をくれたのはアイミネさんで、彼も納得がいかなかったらしく、アメダスと天気予報をチェックの上、それじゃあ、立山に行かないか、と。

実は、白山が中止になったら、立山に登ろうか、という話を事前にアイミネさんとしていたので、じゃあ最初の計画通り立山に登りましょうか、ということになった。

6時に集合し、高速使って立山駅へ。ケーブルカーとバスで9時半に室堂到着。
かなりガスが出てたんだけど、晴れるのを祈って、いざ初めての立山登攀。今回のルートは室堂→浄土山→一の越→雄山(立山主峰)→大汝山(立山最高峰)→時間があれば雷鳥沢方面から下山の予定。

まずは霧の中、大汝山へ。立山山岳スノボの下見を兼ねてたんだけど、ちょっと斜度がきつくて、スノーシューで登れるのかな?と思いつつ登る。時折、霧が晴れてものすげぇ絶景に絶句する。すげぇよ、この景色。これが登山の醍醐味なのか!?。

研究室浄土山の山頂からは母校富山大学の研究所(?)を経由して、一の越に向かう下りる。こんなところに、大学の施設があるなんて、在学中は全然知らなかったヨ。

一の越からは主峰雄山を目指して、ガレ場の登山道を登る。さすがに主峰ってことで、登山客が多い。体操服を着た中高生の集団や、ゼッケンつけたランナー姿の人々も見かける。

この頃になると、霧も晴れて、最高の景色の中、登攀していくんだけど、気を抜くと足元の細かい礫を後ろに落としてしまうし、斜度も急だしで、今回のルートでは一番気を使った箇所でもあった。

雄山に登頂!!。標高は3,003m。人生で初めて3,000m級の山に登ったヨ!!という興奮とともに、雄山神社で参拝。神主さんにお神酒をもらって、お次は最高峰大汝山。
雄山からは20分ぐらいで大汝山山頂に到着。標高は3,015mである。立山最難関の剣岳のことはひとまず忘れると、とりあえず立山制覇したぁっていう気分にはなる。

最高の気分で、最高の景色の下、昼飯。アイミネさんはリゾット、俺はピラフを(インスタントだけど)それぞれ作って食す。美味い。

実は昼食の時点で少し時間が押していたので、帰路は雷鳥沢方面を諦めて、大汝山→雄山→一の越→室堂というルートを取ることにして、わりとマイペースで下る。けど、やっぱり二回ほど転ぶ。
まぁ、そのうちの一回は雪渓で滑って転んだので、雪に対して全身で喜びをあらわしたということに是非しておきたい。

室堂に近づくにつれ、道が平坦になっていくわけで、平らな道ってばなんて歩きやすいんだ、とちょこっと感動しながら無事、室堂に到着。お疲れ様でした。


ところで、今回、ゼッケンをつけたランナーを何人も見かけたんだけど、彼ら(彼女ら)は立山登山マラニックの参加者だったみたい。海抜0mから雄山山頂3,003mを目指すっていう超過酷なマラソンらしい。距離にして65km、標高差はもちろん3,003mをトップの人は6時間半で完走するっていうんだから、驚きである。
ここだけの話、下山中にすれ違う、すでに10時間以上走り続けているであろうランナーを見て、朝4時にスタートしてからのそのランナーのさまざまなドラマを勝手に想像し、胸が熱くなったりしたものである。いや、もう、感心するしかないわけで。


アイミネさんさて、今回はもちろん先日購入したハイテクタイツを着用したわけだけど、翌日ほとんど筋肉痛にならなかったところを見ると効果はあったみたい。何より、立山登山マラニックのランナーのうち、何人もの方が同じCW-Xを履いていたことからも、その有効性を伺い知れるというものである。こりゃ、手放せないかもしれない。

最後に猛烈な絶景の中のアイミネさんの画像を載せて締めくくりたい。一応、顔にはモザイクをかけてあるけど、その下は何かを悟ったかのような笑顔である。
(冬山ならともかく)夏山でアイミネさんのこのような笑顔が撮れるとは思わなかった(笑)。
山の虜になる人がいるのも、なんとなく分かったような気がした初の本格的な(?)立山登山であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

恋愛バトン

はいどさんから「恋愛バトン」が回ってきたヨ…。
バトンを最初に作った人がどんな人か知らないけど、質問が偏ってる気がするなぁ。
眠いので、直感で書きますヨ。えぇ、書きますとも。

--
■初恋はいつですか?
 小学校のときだと思うなぁ。ボンヤリしてたのか、小学校低学年までの記憶があんまりなかったり。

■今まで付き合った人数は?
 「付き合った」の定義が不明確な以上、答えられません。ニヤリ。

■好きな人とデートで行きたいところは?
 冬だとゲレンデですな。
 それ以外のシーズンは、好きな人が行きたいところで。

■好きな人と観たい映画はありますか?
 「戦艦ポチョムキン」。
 「アンタッチャブル」の"階段と乳母車のシーン"は観たけど「戦艦ポチョムキン」のそれはまだ観てないから。って恋愛と全然関係ねぇよ。

■好きな人に言われて一番うれしかったことは何ですか?
 「どうせ仕事でしょ」。泣きたくなった。

■好きな人はいますか?その人の好きなところは?
 いないなぁ。心が乾いてんのかね。

■こんな人は無理!っていうのはありますか?
 精神的な苦痛を与える人。肉体的な苦痛もダメだな。

■浮気は許せますか?許せる人はどこまで?
 許せますけど、許せるラインが低いので許せないのと同じです。

■同棲してみたいですか?
 したくないです。多分、もたない。

■愛情を感じる行動は何ですか?
 頭をなでてもらうとき。
 基本的に体が接触しているときは感じる気がするなぁ。それが殴られるときでも。

■愛と恋の違いは?
 …。違いなんてあるの?。

■一番長く続いた恋愛は?
 5年。

■お付き合いしたい有名人、芸能人は?
 いないなぁ。

■究極の選択です。
 一生人を愛することしかできなくなるのと一生人から愛されることしかできなくなるのとどっちを選びますか?
 愛されることしかできなくなる方。
 究極の選択だからね。少しでも楽な方で。

■バトンをまわす人5人。
 ほいじゃ、一応、mixiな友達で。
 らっきーさん、こださん、souさん、やすのりさん、ワイダさん
 気づいたらお願いします。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月21日 (日)

ウェイクボード第二弾

前回のウェイクボードお誘い会第二弾ってことで、またもや、オヤマさんとアイミネさんにウェイクボードに誘っていただいたのであった。

しかも今回はフリーな女性が何人も来るらしい!!

ビミョーに緊張しながらレッツゴゥ。

ところが、悪天候により、ウェイクは中止。ま、ウェイクボードは俺的にはどーでも良かったっていうか、それほど積極的に乗りたい気分ではなかったので、別に問題なしだったんだけど、激しい風雨でイベントそのものが途中で中止。

さすが神様。
女の子と仲良くなる隙を与えませんね。

これがコールド負けってヤツか…

結局、バーベキュー開始して、バナナボート(スペースシャトル型・隣でバーベキューとマリンジェットやってた方から借りた)に人生で初めて乗って、ソッコーでバランス崩れて、皆で海に放り出されて、ユミタンの子供と戯れて、ぎこちなく終了。

まぁ、これはこれで、晩夏のひとコマって感じで楽しい思い出になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月20日 (土)

ハイテクタイツ

フットサル大会のあと、例によってコージツへ。

来週は白山登山の予定なのだ。

というわけでこの辺で欲しがってたワコールCW-Xをジロジロ物色。

なになに…。

ワコール人間科学研究所による人間工学を基盤に、モニタリングを重ねて開発されたコンディショニングウェア
筋肉をサポートし、関節を安定させ、運動時の筋肉疲労を軽減するサポートギアを中心に、身体を快適に保つアンダーギア、アウターギアの3つの商品群がアスリートの肉体と精神をよりよい状態へと導き、より高い潜在能力を引き出す状態へと整える。

だと?。


ダメだ。


ハイテクすぎる。


もう買うしか…。


ハイテクタイツ!!。


試着してサイズ確かめて、少し迷って、プロモデルを購入。
つか、タイツが1万6千円ってどーなんですか。

まぁ、いいか。

ハイテクだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フットサル/バスケ/お絵かき

会社のメンバーで3本勝負。

1本目:フットサル
活躍できませんでした。暑くて体が動きません。というか、体が動かないのは暑さのせいということにしておきたい。ぜひ。
結果はとてもフットサルとは思えない点差で負け。

2本目:バスケ
活躍できませんでした。暑くて体が動きません。というか、体が動かないのは歳のせいじゃないということにしておきたい。でも、無理かも。
結果は…勝ちました。俺以外のおかげで。

3本目:お絵かき
高校くらいまでに培った落書きスキルが、今ここで報われました。というか、草薙画伯やハマちゃん並みの絵を披露してくれた方々の方がよっぽどおいしいと思った。
結果は一応勝ったので、フットサル以外で2勝をおさめた我々の勝ちでした。


ところで、

ワタクシ、一応フットサルクラブのメンバーなんですけど、お絵かき対決でのみ活躍ってのは、いいのか?。

良くない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

目白押し

本来なら、今日はシブチンと名古屋在住のエヌサワとで愛知万博に行っている予定だったんだけど、わりと直前にキャンセル。エヌサワの仕事の都合がつかなかったらしい。

我々も三十路となり、仕事を優先しなきゃいけないときもあるってのは、よーく分かっている。

だから、そこには特に何も思わない。

けど、もうちょい早くキャンセルの報告があっても良かったんじゃないのかい?。

普通ならとっくに有給申請してて、おいおい、有給取得したのにキャンセルかよ!!。どーすんだよ俺の有給はよ!!ってことにならないのかい?。

まぁ、職業柄、1ヶ月前に決めた予定でも直前までどうなるか分からないっていう悲しい性を背負っているので、直前まで有給申請はしないんだけどね。

…。

だから、問題なかったのか…。


ということで、本日は普通に出勤。
今週末もヒマになったってことで、土曜日は会社のフットサル大会、日曜日はアイミネさんとウェイクボード、ついでに来週の土曜日は会社の他部署の白山登山イベントに参加させていただくことに決定。

週末イベント目白押し。


最近、週末も忙しいなぁ。この手の忙しさは大歓迎なんですけど、おかげで仕事も押しているので、その手の忙しさはノーサンキューだと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

獅子吼高原けもの道

会社の先輩、アイミネさんと近場の低山に登りに行く予定がこの日にずれたわけで、獅子吼高原に行きましょう、と言うことになった。

標高600mちょっとの獅子吼高原は、パラグライダーのメッカとして有名らしいんだけど、一応、スキー場もある。今はやってないみたいだけど、以前は夏もグラススキーならぬグラススノーボードができたので、行ったこともあるけど、まぁ面白いもんじゃないな。二度とやりません。冬も標高が低すぎて雪質が良くないし、第一狭いので、全然行かないんだけど、キッカーとかジブ系アイテムは揃っているので、そっち方面の方にはいいかもしれない。

で、余裕があったら奥獅子吼(標高1,000mもない)まで足を伸ばそうか、とアイミネさんと相談しつつ、下りて来るはずの林業試験場の横に出る道を確認後、ロープウェイで頂上へ。今回は登るんじゃなくて、登山道を下るのが目的なのだ。前回は舗装路だったけど、今回は登山道ってとこがミソ。

頂上から、下山道と思われる林の中の小道…けもの道ですな…をネチネチ下山していくんだけど、どうも様子がおかしい。登山客は何人か見かけたのに、クモの巣は張ってるし、あまりにも道が不整だし、不安を抱えつつ下りて行くと…前回の舗装路に出たり。


予定していた下山道と真逆なんですけど…


驚くべきことに、我々は


地図もコンパスも持っていた


のに、道を間違えちゃったヨ…。


真逆にな。orz


気を取り直して頂上まで自力で登る。途中、カモシカを発見。
カモシカを探せ
画像では分かりにくいけど、真ん中あたりにコチラを向いているカモシカが写ってます。見つけたときは舗装路まで出てきていたし、林の中に入ったあともこっちを見ながら草を食べていた(ように見えた)ので、人間には慣れているのかも。10mくらい先にいたので、動物園なみの近さで目撃したことになりますな。


頂上に着くと、既に昼食時間になってたので、バーベキューコーナーで昼飯作って、青空のモト昼飯を食らう。作ると言っても、携帯コンロでお湯を沸かしてカップ麺なりアルファ米なりをお湯で戻すだけですけど。アイミネさんはアルファ米の白米にカレーも作ってかけてました。すげー。

昼飯を食って頭を冷やして、再度下山道を探す…とスキー場の麓に下山道の入り口を発見。案内板も出てるヨ…。午前中の道は本当にけもの道だったのかも知れない。
今度はまともな道を歩けるヨ…と思ったら、午前中のけもの道と変わらないような道を進むことになったり。

唯一、午前中と違って


クモの巣が道を遮らない


ことで、正規の道と判断できるけど、最初にこの道を通ってたら、やっぱり不安になったろうな。


こんな道でした

上の画像のような猛烈な林の中を下り、一応は奥獅子吼を目指してみたものの、雨がパラついたり、時間も押してたりしたので、林業試験場の横に出る道も諦めて、一番距離が短い(けど、斜度がきつい)ロープウェイ乗り場近くに出る道を選択して下山。
無事、麓まで下りることができました。


ところで、今回、アイミネさんはサポートタイツワコールのCW-Xを着用。具合も上々らしい。

足関節をサポートし、筋肉疲労を軽減する、人間工学に基づいたハイテクタイツ!!。タイツだがハイテク!!

欲しぇ…。

多分、いや絶対、近い将来買っちゃうな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

墓参り

まだ盆休み中なんですが、母方の墓参り行ってから、出勤。

会社の自席に着いた途端、一斉年次取得日による休日だったことに気づく。出勤する場合は定時出社しなきゃいけないのだ。既に昼を過ぎており、半日休暇を取るのもバカらしいので、無言でノートPCをカバンに詰めて退社。


そうそう、俺な、ノートPC持って帰るために出社したのよ。休日に。


そのまま帰宅するのはシャクだったので、父方の墓参りに行ってから帰宅。一日で100km近く車に乗ったな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

中休み

ハナタン会社の先輩アイミネさんと立山(雄山)に登るつもりだったんだけど、天候が悪いため中止。

午後から天気が回復したら近場の低山に登ろうかっていう話もあったんだけど、やっぱり天気が悪く中止。

ぼけーっと過ごす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月13日 (土)

同窓確認会

SOU氏やすのり氏、ray氏、そして超久しぶりにOHARA氏と飲み会。高校の同級生ゆえに、皆同じ年齢であり、すなわち全員三十路なので、3人は既婚者でうち2人はお子様もいらっしゃるわけですか。未婚はSOU氏とワタクシですな。

満場一致で結婚しない方が良いと確認したかどうかは秘密だ。だって奥様方がこのページ見るかもしれないし。とか書いたら意味ないでしょ、と思った。

流れでまた合コンを組むことになったりしたので、善処していきたい所存でございます。つか、たまにはワタクシを主賓に合コン組んでくださいよ。w

| | コメント (5) | トラックバック (0)

BAILESU

まだレインウェアを持っていなかったので、某スポーツ用品の量販店で物色。でも、イイのがなく、アウトドアショップのコージツへゴゥ。さすがにレインウェアも品揃えが豊富。

例によってGORE-TEXなら何でもいいや…と値札を見ると…36,000円!!。orz

となりのモンベルは…16,000円!!これにしよう!!と思ったら上だけかよ。上下で…28,000円か…。

結局、GORE-TEX素材で一番安価だったBAILESUのレインウェアにしてみた。

それにしても、BAILESU。他じゃ全然見ないブランドだなーと思ってちょっと調べてみたら…コージツのオリジナルブランドなのかよ!!。まぁ、GORE-TEXだし別にいいのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

スタートダッシュ

本日から会社は盆休み。

だが、俺は仕事。

(開発)スピードと(製品の)品質という相反する指標において高い目標値をクリアしなきゃいけない我々システム屋にとって、休日出勤でもしなきゃ仕事終わんねぇよ!!っていうどうしようもなくモチベーションを引き下げる雰囲気が慢性化してますが何か?。

まぁ、今回の商談はスタートダッシュがキモであり、スタートダッシュさえ決まれば、あとはうまく流れていくんだろうなぁという勝手な予測をしているので、こういうときの休日出勤は致し方ないというよりは、前向きに仕事できる。いろいろ思うことはあるけど。

と、わりと前向きに出社すると、となりのプロジェクトの面々も出勤していらっしゃった。

あぁ、こっちのプロジェクトはスタートダッシュしてそのままラストスパートまで全力疾走する感じだなぁ。orz

すでに一部で悲壮感が漂っているように見えなくもない。でも、最悪でもないらしいので、メンバーの方々にはぜひ頑張っていただきたい。

仕事中に、Amazonで書籍Light weight Javaをポチッとな。今回はJSF/Hibernate/Springなアレでいくらしいので。新しめの技術使うの、久しぶりだにゃー。

ペルセウス座流星群は曇りのため見れませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

パエリヤリベンジ

休みであった。そしてイイ天気であった。

弟タカシ氏がヒマそうにしていたので、ほいじゃ、パエリヤでも作ってみますか?、と。前回、米に芯が残ってしまったリベンジもしたいし。タカシ氏は賛成してくれたのだが、まず場所が大事ということになった。

なにしろ、30歳と29歳の独身兄弟がパエリヤである。
客観的に考えるとイタ過ぎる。

というか、主観的に考えてもイタいヨ…。orz

ということで、人目につかないそれでいて夏らしい場所を探すことに。できればプライベートビーチがいいなぁ。プライベートなビーチ。候補にあがった地元のエムモト海岸に行ってみる。以前、タカシ氏が彼女の人と泳ぎに行ったが、あまりの人の少なさに驚愕し、近くの海水浴場へわざわざ場所を変えたという、伝説の海岸でなのだ。

果たしてエムモト海岸は…まぁボチボチいい感じで人は少ないんだけど、ゼロでもないし、なんつーかこの、目の前のテトラポットがプライベートビーチのイメージを猛烈に台無しにするのでやめよう、ということになった。

プライベートビーチは諦めて、プライベートリバーサイドに方針を変更。まぁ、あの辺ならイケるんじゃね?っていうアタリをつけて、先に食材を買出しし、アタリをつけた某川河川敷に行ってみた。ら、プライベートリバーサイドだったのであった。誰もいないし…いや、いることはいるけど、距離が離れてるし、景色は…まぁ、それなりだし人目を忍んでパエリヤを作るには最高の場所ではないか!!キミ!!。水場(ってただの水道の蛇口ですけど)やトイレ(って簡易トイレですけど)があり、テントも張れそうだし、オートキャンプなら気軽にできそうな感じ。きっとバーベキューだって勝手にやっちゃっていいんでしょう。日陰がないのが難点と言えば難点。みんなでやるんなら、タープとかで日陰を作る必要がありますな。

折り畳み椅子やらクーラーボックスやら七輪やら食材やら炭やらを運び込み、パエリヤの準備をしつつ、火を起こして(着火剤任せ)、軽く焼肉して、ハマグリなど焼いてみたり。
実は弟タカシ氏は、ほとんどバーベキューのようなアウトドアな経験をしたことがないらしく、ウメーウメー言いながら肉やハマグリを頬張っていらっしゃった。特に網焼きハマグリは初めて食べたらしく、この日一番のヒットとなったご様子。

お次はパエリヤ。レシピはググればたくさん見つかると思うのでここでは書かないけど、前回、米の芯が残ったので、今回は米を水にひたしておいたところポイントなのだ。結果、前回よりは良いデキであり、見事リベンジは果たしたつもり。タカシ氏もやはりウメーウメー言いながら食していらっしゃったので、兄はそれだけで作った甲斐がありました。仮にそれが兄に対して気を使った仕草だったとしてもね。

ちなみに、今回のパエリヤはにんにくを入れ忘れたり、ふたを忘れたのでまな板で代用したりしたけど、それなりに美味いモノができたわけで、パエリヤってばエライなぁと思った(コンソメと塩コショウで味付けして不味くなるはずがないと言った人もいたけど、アナタは正しい)。
焼肉が定番のバーベキューにおいて、ちょっと凝ったモノを一品作るとまた楽しみが増えるってもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 6日 (土)

眞鍋かをりとの相性

休日出勤。
来週から次商談対応にまわるはずなんだけど、最後の最後まで休日出勤ですか…。休まるヒマがねぇよ。


荒んだ心を癒してみようと眞鍋かをりとの相性を占ってみた。

結果
kyowさんとkaworiさんの相性は

せいぜい友達まで

です(相性30%)

残念。選ばれし者じゃなかったです…。


まぁ、それはいい。
問題は俺の恋愛観。

総合判断:

恋愛観レベル:お子様(14段階中8番目)

恋愛スタイル:長期低テンション恋愛型

「社会における恋愛」「自己犠牲の精神」「ルックス」のジャンルにおいて評価が極端


…。
なんつーか、今後、一生まともな恋愛なんてできない気がしてきた。orz

荒んだ心はさらに荒みました。

恋愛劣等生なワタクシとの相性診断はコチラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »