« 眞鍋かをりとの相性 | トップページ | スタートダッシュ »

2005年8月 7日 (日)

パエリヤリベンジ

休みであった。そしてイイ天気であった。

弟タカシ氏がヒマそうにしていたので、ほいじゃ、パエリヤでも作ってみますか?、と。前回、米に芯が残ってしまったリベンジもしたいし。タカシ氏は賛成してくれたのだが、まず場所が大事ということになった。

なにしろ、30歳と29歳の独身兄弟がパエリヤである。
客観的に考えるとイタ過ぎる。

というか、主観的に考えてもイタいヨ…。orz

ということで、人目につかないそれでいて夏らしい場所を探すことに。できればプライベートビーチがいいなぁ。プライベートなビーチ。候補にあがった地元のエムモト海岸に行ってみる。以前、タカシ氏が彼女の人と泳ぎに行ったが、あまりの人の少なさに驚愕し、近くの海水浴場へわざわざ場所を変えたという、伝説の海岸でなのだ。

果たしてエムモト海岸は…まぁボチボチいい感じで人は少ないんだけど、ゼロでもないし、なんつーかこの、目の前のテトラポットがプライベートビーチのイメージを猛烈に台無しにするのでやめよう、ということになった。

プライベートビーチは諦めて、プライベートリバーサイドに方針を変更。まぁ、あの辺ならイケるんじゃね?っていうアタリをつけて、先に食材を買出しし、アタリをつけた某川河川敷に行ってみた。ら、プライベートリバーサイドだったのであった。誰もいないし…いや、いることはいるけど、距離が離れてるし、景色は…まぁ、それなりだし人目を忍んでパエリヤを作るには最高の場所ではないか!!キミ!!。水場(ってただの水道の蛇口ですけど)やトイレ(って簡易トイレですけど)があり、テントも張れそうだし、オートキャンプなら気軽にできそうな感じ。きっとバーベキューだって勝手にやっちゃっていいんでしょう。日陰がないのが難点と言えば難点。みんなでやるんなら、タープとかで日陰を作る必要がありますな。

折り畳み椅子やらクーラーボックスやら七輪やら食材やら炭やらを運び込み、パエリヤの準備をしつつ、火を起こして(着火剤任せ)、軽く焼肉して、ハマグリなど焼いてみたり。
実は弟タカシ氏は、ほとんどバーベキューのようなアウトドアな経験をしたことがないらしく、ウメーウメー言いながら肉やハマグリを頬張っていらっしゃった。特に網焼きハマグリは初めて食べたらしく、この日一番のヒットとなったご様子。

お次はパエリヤ。レシピはググればたくさん見つかると思うのでここでは書かないけど、前回、米の芯が残ったので、今回は米を水にひたしておいたところポイントなのだ。結果、前回よりは良いデキであり、見事リベンジは果たしたつもり。タカシ氏もやはりウメーウメー言いながら食していらっしゃったので、兄はそれだけで作った甲斐がありました。仮にそれが兄に対して気を使った仕草だったとしてもね。

ちなみに、今回のパエリヤはにんにくを入れ忘れたり、ふたを忘れたのでまな板で代用したりしたけど、それなりに美味いモノができたわけで、パエリヤってばエライなぁと思った(コンソメと塩コショウで味付けして不味くなるはずがないと言った人もいたけど、アナタは正しい)。
焼肉が定番のバーベキューにおいて、ちょっと凝ったモノを一品作るとまた楽しみが増えるってもんです。

|

« 眞鍋かをりとの相性 | トップページ | スタートダッシュ »

アウトドアライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/5499022

この記事へのトラックバック一覧です: パエリヤリベンジ:

« 眞鍋かをりとの相性 | トップページ | スタートダッシュ »