« 恋愛バトン | トップページ | その男、釣り人につき »

2005年8月27日 (土)

立山登山

雄山山頂白山登山のため、前日は早めに仕事をあがって、携行食や非常食を買いに行ったり、パッキングしたりして、0時ごろに就寝。ところが3時45分ごろに連絡があり、天気が悪いため中止だと。確かに外に出ると地面は濡れてるけど、晴れの予報じゃなかったっけ?。
連絡をくれたのはアイミネさんで、彼も納得がいかなかったらしく、アメダスと天気予報をチェックの上、それじゃあ、立山に行かないか、と。

実は、白山が中止になったら、立山に登ろうか、という話を事前にアイミネさんとしていたので、じゃあ最初の計画通り立山に登りましょうか、ということになった。

6時に集合し、高速使って立山駅へ。ケーブルカーとバスで9時半に室堂到着。
かなりガスが出てたんだけど、晴れるのを祈って、いざ初めての立山登攀。今回のルートは室堂→浄土山→一の越→雄山(立山主峰)→大汝山(立山最高峰)→時間があれば雷鳥沢方面から下山の予定。

まずは霧の中、大汝山へ。立山山岳スノボの下見を兼ねてたんだけど、ちょっと斜度がきつくて、スノーシューで登れるのかな?と思いつつ登る。時折、霧が晴れてものすげぇ絶景に絶句する。すげぇよ、この景色。これが登山の醍醐味なのか!?。

研究室浄土山の山頂からは母校富山大学の研究所(?)を経由して、一の越に向かう下りる。こんなところに、大学の施設があるなんて、在学中は全然知らなかったヨ。

一の越からは主峰雄山を目指して、ガレ場の登山道を登る。さすがに主峰ってことで、登山客が多い。体操服を着た中高生の集団や、ゼッケンつけたランナー姿の人々も見かける。

この頃になると、霧も晴れて、最高の景色の中、登攀していくんだけど、気を抜くと足元の細かい礫を後ろに落としてしまうし、斜度も急だしで、今回のルートでは一番気を使った箇所でもあった。

雄山に登頂!!。標高は3,003m。人生で初めて3,000m級の山に登ったヨ!!という興奮とともに、雄山神社で参拝。神主さんにお神酒をもらって、お次は最高峰大汝山。
雄山からは20分ぐらいで大汝山山頂に到着。標高は3,015mである。立山最難関の剣岳のことはひとまず忘れると、とりあえず立山制覇したぁっていう気分にはなる。

最高の気分で、最高の景色の下、昼飯。アイミネさんはリゾット、俺はピラフを(インスタントだけど)それぞれ作って食す。美味い。

実は昼食の時点で少し時間が押していたので、帰路は雷鳥沢方面を諦めて、大汝山→雄山→一の越→室堂というルートを取ることにして、わりとマイペースで下る。けど、やっぱり二回ほど転ぶ。
まぁ、そのうちの一回は雪渓で滑って転んだので、雪に対して全身で喜びをあらわしたということに是非しておきたい。

室堂に近づくにつれ、道が平坦になっていくわけで、平らな道ってばなんて歩きやすいんだ、とちょこっと感動しながら無事、室堂に到着。お疲れ様でした。


ところで、今回、ゼッケンをつけたランナーを何人も見かけたんだけど、彼ら(彼女ら)は立山登山マラニックの参加者だったみたい。海抜0mから雄山山頂3,003mを目指すっていう超過酷なマラソンらしい。距離にして65km、標高差はもちろん3,003mをトップの人は6時間半で完走するっていうんだから、驚きである。
ここだけの話、下山中にすれ違う、すでに10時間以上走り続けているであろうランナーを見て、朝4時にスタートしてからのそのランナーのさまざまなドラマを勝手に想像し、胸が熱くなったりしたものである。いや、もう、感心するしかないわけで。


アイミネさんさて、今回はもちろん先日購入したハイテクタイツを着用したわけだけど、翌日ほとんど筋肉痛にならなかったところを見ると効果はあったみたい。何より、立山登山マラニックのランナーのうち、何人もの方が同じCW-Xを履いていたことからも、その有効性を伺い知れるというものである。こりゃ、手放せないかもしれない。

最後に猛烈な絶景の中のアイミネさんの画像を載せて締めくくりたい。一応、顔にはモザイクをかけてあるけど、その下は何かを悟ったかのような笑顔である。
(冬山ならともかく)夏山でアイミネさんのこのような笑顔が撮れるとは思わなかった(笑)。
山の虜になる人がいるのも、なんとなく分かったような気がした初の本格的な(?)立山登山であった。

|

« 恋愛バトン | トップページ | その男、釣り人につき »

アウトドアライフ」カテゴリの記事

コメント

そりゃ今までガスの中だったところにこの絶景だもん、最高の笑顔も当然だしょ。
でもごめん、俺はkyowくんが雪渓で滑った時の「しまった!!」って表情が目に焼きついて離れんのですよ。

投稿: アイミネ | 2005年9月 1日 (木) 23:55

いやいやいやいや(笑)
喜びを全身で…。

正直、恥ずかしかったです…。(ぼそ)

投稿: kyow | 2005年9月 2日 (金) 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/5715960

この記事へのトラックバック一覧です: 立山登山:

« 恋愛バトン | トップページ | その男、釣り人につき »