« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月25日 (日)

ニゥウェア

昨夜、会社から帰ると、弟タカシ氏がニューウェアを見せびらかしに来ているのであった。しかも驚愕の値段でご購入とのこと。その理由は去年モデルのウェアだからであった。

俺も欲しぇ…

昨シーズンは[ak]のウェアをシーズン開始後にわりと安く購入しているわけだけど、もちろんウェアにも満足しているけど、すでに30回以上ライディングしてるし、裾もほんのちょっぴり破れてるし、たっきゅんもアイミネさんもウェア買うんだし遅れを取るわけにはいかないしね、と半ば強引に自分を納得させる。というか、実は元々今シーズンも買う気満々であり、買うなら上は薄水色で下は迷彩柄でしょ、こんな組み合わせで着ている人いないでしょ、と既にイメージも出来上がっていたりするわけで、弟のウェアを見て後押しされた格好と言えよう。

さておき、弟と富山Rumpjackへゴゥ。去年モデルを中心に物色するんだけど、なかなか思った色柄がなかったり。きわどい組み合わせの上に品数も少ないので当たり前なのであった。
結局、ブランドはblue bloodに絞り、上は薄水色のちょいテカ系、下は迷彩柄がなかったのでオリーブグリーンのちょいテカ系に決定。パンツに妥協したので、素材は妥協せずにGORE-TEXにしてみた。ら、結局予算オーバー。でも昨シーズン買えば10万円弱のウェアが半額で買えたんだから、良しとするか…。
サイズもSとMで悩んだんだけど、弟の薦めでMにしてダボく着ることにしてみた。そういえば、ショップPurple Hazeの俺と同じ身長の女性店員さんも、tritonのMサイズをダボく着てるって聞いたことあるし、ギリギリセーフ…なのか。まぁ、blue bloodとtritonじゃサイズ違うかもしんないけど。

ウェアも決まったので、板とかも物色。って、実はもうPurple Hazeで春に予約済みなのであった。今シーズンはburtonの、なんと!!Vaporを予約済み!!。なんと!!と強調している理由はburtonで(そしておそらく日本の売られている板の中でも)一番高価な板だからであり、超軽量ボードなのであった。
で、店内でVaporを発見。超軽量ってどのくらい軽いんですか?と持ってみたら、想像以上に軽いのであった。軽すぎて足元がスカスカになりそう…とちょっと不安になってみたり。まぁ、謳い文句であるライディングそのものを変えてしまうほどの超感覚を生み出すってところに超期待してるわけなので、今更モデルを変更することは(可能だけど)ナイな。
ちなみに板はBMC→SE7EN→Vaporとここ数年はburtonばかりであった。しかもSE7ENでフリースタイル系に方向性を変えたのに、VaporでBMC寄りのフリーライド系にまた戻るという荒技。嗜好がころころ変わってスミマセン。

そろそろ、店を出ようかとしていると、店内になんとなく見たことあるっつーか、アレじゃね?ほら、ノーマターのライダーじゃね?という人を発見。
説明しよう。ノーマターとは北海道テレビが放映しているNO MATTER BOARDという番組であり、石川のボーダーの視聴率100%のスノボ番組なのだ。目の前にいるのはノーマターに出演している松井克師その人であった!!。
いや、全然、ファンでもなんでもないのだが、やはり実物を見るとビビるっつーか、弟とサインもらおうか?握手してもらおうか?写メ撮ってもらおうか?とかモジモジしつつ遠目から眺めてみたり。その後姿は想像以上にゴツく、足元のgravisがシブい。ちなみにgravisとはburtonブランドなシューズメーカであり、石川のボーダーは100%持っているシューズなのだ。

結局、松井克師にはサインも握手も写メもしてもらわずに店を出る。ま、そこまでせんでも、っつー話だったり。
松井克師一行は、店内の板にサインして、店員さんと雑談し、ボロい黄色のバンで石川のRampjackに向かった模様。全国行脚中だったのかもしれないが、日記には特に触れられてなさそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

不思議システム採用

土日をきちんと休むだけで仕事がどんどんたまる不思議システム採用の我が社っていうか我が部署におきましては、「キミねぇ、最近土日休みすぎだよ。だから仕事がたまるんですよ。いい加減、休日出勤したらどうですか?。」とは誰も言わないが、自分の首がどんどん絞まっていくのを実感できるのであり、本日も休日出勤だったり。

午後出社して、日付が変わるまで仕事して帰宅。

帰り道、ふと、来週末のバーベキュー会場が気になって、下見しに行ったり。

夜中の1時。何も見えません。


心配性な自分が心配な31歳目前の秋の夜であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

ぜひ否定しておきたい

妹(21歳/独身)の職場の同僚が当ページを見てくれたそうである。
その感想:

よくそんなに遊ぶヒマがあるね

飲み会とかバーベキューとかで、女の子からよく言われる俺の印象:

kyow君ってすごいアウトドア派だよね


orz


ここは、ぜひ否定しておきたい。

平日は毎日残業している、と。
休日は無理して遊んでいる、と。
ヒマで遊んでいるのでも、アウトドア派でもない、と。

しかしまぁ、最近、ちょっと遊びすぎてたっていうか、単に休日をきちんと取ってただけなんですけど、さすがに仕事が山積してきてるので、本日は休日出勤だったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

最終日

3連休最終日ってことで、またシブチンとエギング。
釣果は3ハイ。

午後はシブチンが

彼女とデート

ってことで、洗車とかしてた気がする。

そんな連休最終日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

激しくイタい

イカ釣りから帰宅すると、家では叔父さんの快気祝いが行われていたり。二日酔いが少し残ってたけど、付き合いで結構飲む。

なんというか、親戚が集まると、

結婚はまだか?

という話題になるのが激しくイタい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧友とエギング

東京在住で実家が滋賀で大学の同期であるエスミズが実家経由で来訪。つうことで、シブチンと3人でエギング。ワタクシ、前日は4時ごろまで飲んでたので、午後から合流することにしたんですが、遠いよ…富来。家から100km以上あるし。

久しぶりにエスミズの横顔を見ながら、エギング。

旧友とポツポツ会話しながらの釣り

いいもんである。そう思える俺も、歳取ったよな…。

釣果はエスミズと俺が仲良く2ハイずつ。シブチンは7~8ハイあげてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

飲み過ぎ会

SOU氏をメインに据えての飲み会であった。
飲み会直前にやすのり氏から


SOUの本気レポきぼんw


とかメール入るような飲み会であった。すなわち、一部の方々におかれましては合コンであった。

朝4時まで飲んだり。そういう意味では大きな失敗はなかったのかなと。ほいで、SOU氏メインで次回の約束を取りつけているあたり、わりと本気だったのかな、と。(笑)

まぁ、ちょっとあり得なかったのは、携帯の番号とかアドレス、交換するじゃないですか。赤外線通信とか使ってお気楽なのがまた敷居を下げている感じで携帯メーカーに感謝なわけですけど、そうやって交換したアドレスにですね、メール送るでしょ。


届かなかったりorz


ちゃんとメンテナンスしてくださいよ、と思った。

まぁ、みんな楽しそうだったので開催して良かった。最近はそういうところに喜びを感じるんですな。でもそろそろ、自分のことも考えた方が…。と思う反面、ネガティブな考えになって、まぁいいや、自分のことは、とかも思ったり。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

スローライフ

13ハイ昨日の愛知万博ですっげー疲れるだろうという予想のもと、シブチンと俺は予め有給を取得してた月曜日。で、案の定、すっげー疲れたシブチンと俺だったが、なぜかエギングの動作を行う筋肉だけは元気だったので、橋立港でアオリイカ釣り。

いや~いいねぇ。会社休んでイカ釣り。スローライフやねぇ。

橋立港は、シブチンもあまり行ったことがなく、実績ポイントというわけではなかったので、わりと低いテンションで開始。最初は全然アタリがなく、シブチンが2ハイあげてる間に、エギを2つロスト。

ところがシブチンからエギを借りてからがすごかった。3連投すれば3連続であたり、シブチンにエギを返してもあたり、場所を代わってもあたり、入れ食い状態。何かが憑いたのか、あ、何か釣れそうとか感じて、そして確実に釣れたり。結果、釣りも釣ったり13ハイ。
シブチンには今ひとつアタリがなかったんだけど、それでもしぶとく4ハイ+たこ1匹。


ねぇねぇ、ベッキーさん。イカ釣れたヨ。13ハイ。手匂ってみ。
手のイカスメルをふかふか嗅いだ我が家の愛犬ベッキー号は、興奮してなにそれねぇねぇなにそれちょっと見せてとか言ったかもしれない。

ねぇねぇ、ハナさん。イカ釣れたヨ。13ハイ。手匂ってみ。
手のイカスメルをふかふか嗅いだ我が家の愛猫ハナは、興奮…しなくて、へぇ、そうなの、とか言ったかもしれない。

ちなみに画像の左上に写っているのがハナであった。興味なさそうな顔しながらも寄ってくるのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

愛知万博

トヨタ館愛知万博に向けて、シブチンと、3時出発であった。寝てません。

6時前には名古屋空港に着いて、シャトルバス待ち。3時間半待ちであった。

会場のゲート前でも待たされて、やっと入って目的のトヨタ館に向かうと、14時半まで待てば15時台に入れるという案内。


アホか…


もう待てんとか、そんなんじゃねー。

ただ、アホかと。

客が来ること分かってんだから、もうちょっとうまく回れるようにしとかんかい。

ということで、トヨタ館はとっとと諦めて、マンモスへ。意外にもあっさり観れましたが、やっぱじっくりは観れないのね。展示されてるのを動く歩道に乗っかって眺めんの。マンモスとのコンタクトは1分もない感じ。

あとは長久手会場をぐるーっと回って、入れそうな…というか待たなくて済みそうなパビリオンをちょこっと見つけては入って…というか涼んで、早めに帰ってきました。

疲れたけど、まぁ、マンモスも見れたし、いっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

エギングタックルご購入

というアレで、明日はシブチンと愛知万博であり、入場券くらい買っておいた方がいいんじゃね?ってことで、JTBへ行き、入場券を購入。

まぁ、シブチンと俺が揃った時点で、本題はそこにはなかったり。

買うんですか。

やっぱりエギング専用タックル買っちゃいますか。

ということで、某釣具店でシブチンのお奨めを参考にしつつ、かなり悩みつつ、ロッドはダイワのINFEET EG79(公式ページ)にしてみた。

リールは同じくダイワのCALDIA KIX(2506)(公式ページ)がシブチンのお奨めであり俺も買う寸前だったんだけど、シブチンのいきなり高いリールをマジで買うの?っていうヒトコトで我に返り、安売りしてて値段も手ごろだったダイワのLUXEL-V(2506)(公式ページ)を選んでもらう。浅溝タイプが調子いいらしい。ここがポイントです。テストに出ます。

ラインはPEラインが0.8号、リーダーには1.7号をチョイス。


やっぱ、自分のタックルを持つと、俄然やる気が出てきますな。なんでもそうですけど。
我が人生にこれからエギングという趣味が増えようとしていることに、ちょっと興奮気味ですヨ!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

愛情サイズ

帰宅すると、落札したデジタルビデオカメラが届いてた。

質屋さんからの出品であり、おそらく中身の確認のため、箱類は開けたんだろうけど、見た感じ確かに新品だと思われる綺麗さ。良かった。とりあえず品はいい。

この手の、少し高価なモノを買うときは、できるだけ現物を見て決めるタイプなんだけど、今回は突発的な落札ということもあり、実はモノを見る前に購入しちゃったわけですな。で、初めて現物を目にした感想は…

やはり愛情サイズですな

という安直なものでスミマセン。でもマジちっさいよコレ。

今シーズンからはこのカッチョイイ愛情サイズなデジタルビデオカメラでスノボシーンを撮りまくりますけど、カッチョイイシーンが撮れるかどうかはスノボメンバーにかかってますので、よろしくお願いいたします。


つか、俺が頑張れよ…。いや、マジで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 6日 (火)

深夜の落札

一昨シーズンから(自分たちの)スノボシーンをデジタルビデオカメラに収めて、編集して、DVDを作ったりしているんですが、実は一昨シーズンは弟タカシ氏のデジタルビデオカメラを、昨シーズンはタッキュンの彼女のデジタルビデオカメラを借りて撮影してたわけでした。

まぁ、いつまでも借りてるわけにはいかないのも確かなわけですけど、俺的には、撮影から編集、DVDの作成までやってるわけだし、タカシ氏やタッキュンがそのDVDに出演してないわけじゃなくて、むしろ主役みたいな顔しているわけですよ。
カメラくらい貸してもらわないと割りが合わないと激しく思うわけですが、そこは内向的で借りを作りたくない性格の俺であり、カメラは借りたけど充電されてなかったorzとかいう意味不明でやりどころのない空しさを覚えたりもしたので、来シーズン前までにデジタルビデオカメラを買うつもり満々。

本当はIT技術者らしくHDDに録画する小さくてカッチョイイVICTOR Everio GZ-MC200あたりを狙ってたんですけど、わりと過酷な条件下で扱うこともあり、わりと最近まで後ろ髪が引かれながらも断念し、Panasonic NV-GS150(いわゆる愛情サイズの3CCDカメラ)あたりに目をつけてYahoo!オークションでいくつかウォッチング。

で、深夜にYahoo!オークションを見てみたら、あと8分でオークションが終了する品を発見。新品でギリギリ価格.comの最安値を下回ってるし、一回だけ入札してみて、競ってくる人がいたらやめようと思って入札。


そのまま落札。


深夜のこの判断が間違っていなかったのか、ビミョーに不安だったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

部屋探し

某不動産屋であらかじめアタリをつけておいた物件を3つまわる。そのうちの1つにほぼ絞られてきたんだけど、本当に入居したい部屋は(まだ人が居て)見れなかったので、退去後、また連絡してもらうことにした。

どの部屋もいい感じだったんだけど、案内してくれた不動産屋のお姉さんが一番好印象だったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

エギング

午前中は、仕事っていうか会議。

午後からはシブチンとアイミネさんとエギング。説明しよう。エギングとは、イカ用のルアーことエギ(餌木)を使ってイカを釣ることだヨ!!(多分)。

シブチンには、会社まで来てもらって、さらにアイミネさんと合流。いざ、能登方面へ。

ポイントに着くと、シブチンもアイミネさんもレインコートに着替えたり。どうやら、虫に刺されるらしい。そういうのは先に言ってください。ワタクシ、タンクトップにショートパンツですヨ。

ルアーは購入済みだけど、ロッドもリールもないので、シブチンから借りて、堤防でDVDで観たように竿を振ってみる。しばらく振っていると!!竿がちょっと重い…気がする。しゃくっててもどうも調子がおかしいので、そのままリールを巻いてみると…アオリイカがかかってたり。3人の中でも1st.ヒットだったので、どう対処したら良いか分からず、とりあえず引っ張りあげて無事にゲット!!。

このポイントではアタリがイマイチだったので、次のポイントへ。

次のポイントはテトラポットであり、基本的に泳げなくて高所恐怖症なので、ポジション探しに一苦労。釣れそうかどうかではなく、そこに立っても怖くないかどうかでポジションを探し、竿を振る。
そのうちシブチンがアタリ出し、順調にアオリイカをあげ始め、俺もボチボチあげるんだけど、アイミネさんにアタリがない。元々、釣りをするアイミネさんなので、スキルが足りないとは思えず、バス用のタックルを使っているからでは?ということで、シブチンのタックルと交換したら、あっさり2ハイ釣り上げ、さらにバスタックルでももう1ハイ釣ってました。
他はシブチンが合計8ハイ、俺が5ハイとそれぞれそれなり釣果。

帰り道、みんな釣れたことに胸をなでおろしている雰囲気のシブチンが印象的でした。誘った以上、多少責任を感じてたのかも。いや、マジでみんな釣れて良かった。


ちなみに、釣ったアオリイカは翌日の夕飯に刺身として登場。甘くて美味かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »