« 敷かれたレールの上を走る | トップページ | 効率は良くない »

2006年3月 4日 (土)

[24]白山一里野温泉スキー場 - 伝えられない気持ちよさ

今週は雪が降っていたこともあり、どーしても、何が何でも、週末はスノボに行き…ダメですかそうですかちきしょー。なので、無理やりスノボの後仕事しますからってことで、カズ君と一里野へゴゥ。

って、それほど大した積雪はなかった模様。orz

それでも、林の中に入ってツリーランの撮影など。カズ君が相変わらず無茶をするので、けっこー面白い映像が撮れた気がする。新たなルートも開拓できたしね。


木漏れ日と静寂の中をライディングしていると、なんと言うか、静と動の混在というか、落ち着いた緊張感というか、上手く伝えられない独特の感覚に陥るんだけど、これがすごく気持ちがいい。もちろん、コース外を滑るというリスクもあるので、積極的に他のライダーに伝えようという気にはならないんだけど、本当のところは、この気持ちよさを独り占めしたいだけかもしれない。


昼前に弟タカシ氏と合流。3人でプライベートキッカーにて練習。昼飯は別々に摂って午後もまた練習。カズ君が昼寝するほどいい天気の中、全然調子が上がらなかったけど、ツリーランが気持ち良かったからそれでいいや、と思った。

で、この後、仕事ですか…。orz

|

« 敷かれたレールの上を走る | トップページ | 効率は良くない »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/9312127

この記事へのトラックバック一覧です: [24]白山一里野温泉スキー場 - 伝えられない気持ちよさ:

« 敷かれたレールの上を走る | トップページ | 効率は良くない »