« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月28日 (火)

平日における休日

ちょうど、商談と商談の間であり、すっげー珍しく工程が重なっていないので、仕事が若干ヒマな状態。普段は激務で色々なモノを犠牲にしているので、ヒマなときくらい仕事がないのに出社して、給料泥棒になってもいいんじゃないのか、という気持ちもないではないんだけど、有給がけっこー残っているし、どうせ次の商談が決まればまた忙しいんだろうから、思い切って休むことにしました。って、1日だけだけどね。それでも思い切りが必要なのよ。

平日における休日の有意義な過ごし方:

  • 銀行で各種支払い
  • 郵便局で本人限定受取郵便の受け取り
  • ソフトコンタクトレンズの補給
  • 本屋でスケジュール帳の購入
  • 散髪


腰痛は全然快方に向かいません。一体、俺の腰はどーしちゃったんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

[30]金沢セイモアスキー場 - ストリートライダー

ストリート弟タカシ氏とタカシの連れであるタケちゃんとで、再び金沢セイモアスキー場。タカオと遭遇。

今日はまた激しく上を向いているキッカーに3人とも凹む。凹みすぎたため、弟が「もう帰りますヨばかばかしい!!」とおっしゃり、タカオは凹んではないんだろうけど「そろそろ帰ります」的な発言をなさったので、1時間ちょっとで下山。まぁ、俺的にも腰が限界だったんですけどね。


帰りにスキー場の駐車場周辺でストリートっぽいのをちょこっと撮影してみたり。それなりにおバカで良い。もうちょっと粘って撮影しても良かったんですけど、この手のアレは全員のテンションがシンクロしないとなかなかやりにくいところでもあったりするので断念。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

[29]金沢セイモアスキー場 - 二日酔いライダー

二日酔いなのかビミョーに気分が悪い状態で、フラフラと午後から金沢セイモアスキー場へ。先に着いてたカズ君とタカオと3人で、パークで撮影会を実施。キッカーはアップ系でちょっと凹んだんだけど、何度か入っている内に気にならなくなって、徐々に回転数を増やして…いきたかったんだけど、本日も結局360は回りませんでした。

つか、バインをはめる体勢になるだけで腰が痛い。立ち上がるのも苦しい。

カズ君はBS540回ってたけど、「(自分は360も回れないくせに)なんつーか自分が目指すスタイルとは違うんだよなぁ」とか思った。グリグリグリッ(540)と回りたいんではなくて、グリングリン(360)と回りたいわけで。でも、まずは結果を出すべきで、スタイルはその後なのか。いや、その前にこの腰痛を何とかしないとな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

色々とアレ

会社のプロジェクトの飲み会。20時半(遅いヨ)からスタート。2次会はリーダーさんと後輩君と。

普段、頑固でしょうがねえ後輩君はアルコールが入ると素直になることが判明。その態度をなぜ仕事中に出さない!?。
後輩君のプライベートについても色々アレしたら色々とアレらしいので色々とアレだなぁと思った。

タクシーで帰宅したら3時を回ってました。えぇーと、明日スノボなんすけど…。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

アッカ隊長

腰痛が悪化。
靴下とか履くときの中腰の体勢が辛い。車から降りるときの姿勢が辛い。椅子に座っているのも辛くてモジモジしながら仕事。あぐらをかくのはもっと辛くて正座して夕飯を摂取。

バンテリンを塗布すると、スゲく効果があり、いきなり痛みがなくなるんですけど、欠点はその効果が持続しないことですな。10数分で効果が切れる気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

[28]そういえば常連かもしれない

タカオと今シーズンは完璧にホームゲレンデとなった一里野へ。弟タカシ氏とタカシ氏の連れであるユタカ氏とで、パークメインで練習会のつもりが、雨時々みぞれな天気。テンションが全然あがらない。

ユタカのしゃれにならない、俺らとは根本的に何かが違うFS540を横目でみつつ、ったくタイミング合わねぇんだよこのキッカーはよぉ!!とかボヤきつつ、結局自分のスキルのなさをキッカーと天気のせいにしつつ、タカオが昼過ぎにあがるってことで一緒に終了。ママン、心が折れたヨ。

帰りにリフト券とシーズン券を交換するんですけど、窓口の方にリフト券を提示する前に「どっちのシーズン券?」と自分のと弟のシーズン券を出されたり。どうやら、弟とセットで名前を覚えられているらしい。判別はつかないようですけど。


実家に寄ったらベッキー(イヌ・雑種・女の子)とハナ(ネコ・雑種・女の子)しかいなかったので、ハナのお腹を撫でて嫌がられ、ベッキーのお腹を撫でて喜ばれ、帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

今そこにある腰痛

シブチンが帰宅した後、アパートで惰眠を貪る。昨日はたいして一生懸命滑ってないのに、やたらと腰が痛い。ぎっくり腰のような鈍い痛さ。ぎっくり腰になったことがないので、例えが正しいのか分からないけど。

って、今、まさにぎっくり腰なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

これでいいのだ

と言うことで、スノボの後、シブチンが再び来訪。二人で飲みに行ったり。今度の飲み屋はシブチンもわりと満足してたみたいで良かった。

例によってシブチンは、お泊り。

土曜日に、三十路の男が二人で居酒屋で飲み、そのまま同じ屋根の下で寝泊り。いいのか。これでいいのか。


別にいいかもしんない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[27]白山一里野温泉スキー場 - オヤジライダーの方向性

ついにスノーシューを購入したシブチンとスノーボーディング@一里野。春スノボに向けてスノーシューを使ってみたいとのことだったんですけど、チャレンジコースにはクラックが入っているし、雪も緩んでるので、とりあえず今回はザックを背負って滑る練習でも良いんじゃない?ってことで、おそろいのOsprey Switch 25+5を背負ってフリーランの練習。と言っても、ザックを背負うことによりすこーし重心が後ろになることに気をつけるだけなので、シブチンも難なく滑れてました。

昼飯は、秘密のオープンバーンで、携帯ガスコンロを使ってお湯を沸かして、カップ麺。まったりとコーヒー飲んだりして全然滑る気なし。いい天気の下、スローライフ。この辺が、コゾーには真似できないスノボであり、体力で劣るオヤジライダーが唯一活路を見出せる方向性なのかもしれない。

昼飯食って眠くなったところで、一旦下りて、ザックを車に置いて、お次は久しぶりに一里野のパークに入ってみる。んだけど、キッカーはかなりアップ系になってて、キチンとオーリーするとやたらと飛んでしまって怖い。シブチンももともとあんまりパークには入らないので、3回ほど滑ってパークはおしまい。
のだいらゲレンデでグラトリの練習をしようかとも思ったんだけど、かったるかったので、らくらくコース(林道)を何本か滑って、終了。

ま、こんな日があっても良いかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

車検と追突

2回目の車検なので、愛車レガシィ君をディーラーに持って行き、代車で仕事に向かおうとしたのがいけなかった。やっぱりダメだよな、日曜日に仕事なんて。R8の3車線から2車線になるところで、(ちょっと)強引に車が前に割り込んできたところで、(ちょっと)強めにブレーキを踏んだら、(ちょっと)詰めて走っていた後続車が代車に追突。

ソッコー警察呼んで、ディーラーに連絡して、警察の対応して、ディーラーに戻って状況の説明したら、もう疲れちゃって出勤中止。

オカマ掘られた側なので、ワーワー騒いで人身事故にして相手から見舞い金などをもぎ取るっていういやーな話も聞きますが、根が善人なのか揉め事が嫌いなだけなのかメンドクセーのでそんなことしませんよ。自分の車が掘られたわけじゃないしね…。保険屋同士の話し合いで穏便に事後処理が進めばそれでいいです。

それにしても疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

仕事のあとのアルコール

スノボから帰ってきて、アパートの近くの飲み屋でシブチン、イッちゃん、ミヤちゃんと飲み会。それなりに気を許せるメンバーなので、楽しくアルコールを摂取。

シブチンはそのままお泊り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[26]スカイ獅子吼 - 山猿撮影会

"山猿"メンバーのカズ君、タカオ、俺と、弟タカシ氏とでスカイ獅子吼にてビデオ撮影会。リフトが1本しかないゲレンデだけど、レール、ボックス、ウォールなどのジブアイテムやキッカーが充実していて、ライダーのレベルもそれなりに高く、若干萎縮しながら、ビデオ撮影を実施。

ジビングでソールに傷がついてもいいように、板は去年まで使用していたSE7ENを投入。

ボックスには初めて入ってみたんだけど、進入速度が遅すぎて途中で止まったり(かなり恥ずかしいらしい)、進入速度の調節のためにエントリー手前でターンを多めに入れてみたり(結構恥ずかしいらしい)、エントリーの角度がイマイチで途中で落っこちたり(やっぱり恥ずかしいらしい)して自分的には楽しかったり。レールは怖くて俺には無理だったけど、タカオは今シーズン何度も練習してきたらしく、普通に入ってました。やりますな。

キッカーはきちんと整備されてて飛びやすいんだけど、なかなか思ったように360が回れない。360のつもりで抜けて180しか回らないときの格好悪さと言ったらありませんでした。雪も緩みまくりで、スピード出ねぇよ!!とか文句言いつつ、内心(スピード出なくて怖くないヨ!!)とか思ってたり。あぁ、チキンだとも。

カズ君もタカオもBS360を決めてたので、へぇ~すごいね、上手いね、良かったねぇ、パチパチとかクサりつつ、本日の撮影会を終了。今シーズンの自主練は一体なんだったんでしょうか。本気度が足りないんでしょうか。年のせいにしてもいいですか?。


ダメですか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

独り者の悩み

頭痛により有給。普段、遅刻したら半休や有給を取得してそのまま仕事をするワタクシなので、有給取ってきちんと休んだのって久しぶりかも知れない。

昼過ぎに起床して、"受付は平日のみ"っていう時代錯誤も甚だしいバカヤローな手続きを片付けるため、役所行ったり銀行行ったり。いや、銀行は間に合わなかったんでした。いまどき、15時に(受付)業務終了ってどーよ?。アホかと。


平日、仕事をしている方々は、どーやってこの手の手続きを片付けるんでしょうか。

あ、奥様にお願いするのか…。


奥様がいなくて有給も滅多に取れなくて昼休みは45分で会社の近くに目的の公共機関も銀行もないサラリーマンはどーすればいいですか?。orz


この辺で注文した「RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発」到着。読みやすそうな感触。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

[25]白山一里野温泉スキー場 - 暗黒面に堕ちる

弟タカシ氏と一里野

リフト待ちをしていると、スキーヤーのばばぁが突っ込んできて、日本で一番高級で高価で最高な俺の板ことBurton Vaporのトップシートにガッツリと傷を入れられた。

謝罪はなかった。

頭にきた。

その後、凹んだ。


あと、アイパーをかけたオヤジが順番を抜かそうとしたので、その前に割り込んだ。

さらに、後ろのガキのスキー板の先が、俺の板のテールに何度もぶつかるので、睨みつけた。

タカシに大人気ない、とたしなめられた。

アイパーのオヤジが本職だったらどーすんだ、と怒られた。

おっしゃるとおりだと思った。


しかし、この負の感情はどこに持って行けば…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

効率は良くない

と言うわけで、スノボのあとは仕事であった。スッキリとストレスを発散してきたので、仕事は超はかどり……非常に眠かったけど、とりあえずやるだけのことはやった。感動した。

帰宅したら、この辺で注文した「達人プログラマー」が届いてた。読み応えありそうだなあ、こりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[24]白山一里野温泉スキー場 - 伝えられない気持ちよさ

今週は雪が降っていたこともあり、どーしても、何が何でも、週末はスノボに行き…ダメですかそうですかちきしょー。なので、無理やりスノボの後仕事しますからってことで、カズ君と一里野へゴゥ。

って、それほど大した積雪はなかった模様。orz

それでも、林の中に入ってツリーランの撮影など。カズ君が相変わらず無茶をするので、けっこー面白い映像が撮れた気がする。新たなルートも開拓できたしね。


木漏れ日と静寂の中をライディングしていると、なんと言うか、静と動の混在というか、落ち着いた緊張感というか、上手く伝えられない独特の感覚に陥るんだけど、これがすごく気持ちがいい。もちろん、コース外を滑るというリスクもあるので、積極的に他のライダーに伝えようという気にはならないんだけど、本当のところは、この気持ちよさを独り占めしたいだけかもしれない。


昼前に弟タカシ氏と合流。3人でプライベートキッカーにて練習。昼飯は別々に摂って午後もまた練習。カズ君が昼寝するほどいい天気の中、全然調子が上がらなかったけど、ツリーランが気持ち良かったからそれでいいや、と思った。

で、この後、仕事ですか…。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

敷かれたレールの上を走る

仕事的にWeb 2.0アジャイルといったキーワードについてはそれなりにウォッチングしていて、かつ、趣味的にはさまざまなプログラミング言語に(習得はしてないけど)興味があったりするわけで、Ruby on Railsにたどり着くのは当然の帰結と言えよう。とか偉そうに書いてますけど、単に日本発のスクリプト言語Rubyには前々から興味があって、アジャイル開発で少しでも仕事上の不毛な作業を減らしたいヨ!!というだけでした。

で、Ruby on Railsがついに1.0になったってことで、しかもプロトタイピング開発に使えるのかっ!!と、ちょっと焦った次第。ま、実際の仕事ではなかなか新しいことには挑戦できないんですけど、趣味で勉強する分には全然問題ないわけで。


ふーん。Ruby on Railsねぇ。面白いかも。


というタイミングでRails本の和書「RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発」が発売されるとのこと。初のRails本の和書であり、良書との噂であるAgile Web Development With Rails: A Pragmatic Guideの翻訳版。こりゃ買うでしょ!!予約するでしょ!!ポチッとな!!。

ところが、発売予定日を過ぎても全然入荷しやがらねぇので、アッタマに来て同じ著者の「達人プログラマー」をポチッと予約。技術書の衝動買いは久しぶりなのでなんだか清々しい気持ちになりました。


いや~ほら、技術書ってば、手元にあるだけで満足だよね~。


ちゃんと読むのか、俺。

達人プログラマー RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »