« 仙人レポート | トップページ | ガス欠 »

2006年4月15日 (土)

[32]スノーバレー利賀 - ラージヒルカメラマン

前の晩、長電話でなかなか寝させてもらえず、カズ君からの「今どの辺?」電話で起床。自分なりにソッコー準備して待ち合わせ場所へ。カズ君、ごめんなさい。久しぶりにやっちまいました。しかし、長電話の相手が、タカオの彼女ってところがなんともイタい。

で、予定より1時間くらい遅れてスノーバレー利賀へ。久しぶりのスノボだな、とか思ったんですけど、先週末に行かなかっただけで、前回のスノボは2週間前でした。いま、4月だよね?。

狙ってたキッカーはすでに他のライダーに確保されており、仕方なく中途半端に圧雪がかかっていた下のキッカーへ。自分的には、今シーズン、一番デカいキッカーでした。

そのキッカーというかラージヒルは、途中まで圧雪車が雪を盛りあげたらしく、ランディングバーンに猛烈な段差ができていて、こんなところに引っかかったら死んじゃうヨ!!ということで、スコップを取り出して土木作業。もちろん、このような状況を想定して(?)携帯スコップを持ち込み済みなのだ。
全然面識のない単独でいらっしゃったと思われるスノーボーダーの方とスキーヤーの方も一緒になって4人でランディングバーンを調整し、20分くらいでなんとなーくイケそうなくらい均(なら)したところで、カズ君の一発目ストレートエア。均した箇所をはるかに飛び越えて着地。均した意味なかったヨ!!。続いて、二本目はワタクシ。一応、飛び越えた模様。まぁ、ランディング付近に障害物があると、精神的にキツいので均した意味がないわけではないんですけど。

今回は、主にカズ君のスノボDVD用のリソースが不足していることもあり、その撮影に来たので、メインはカズ君の横回転エアであり、ワタクシはカメラマン担当。カズ君はいろんな技を試しつつ、ワタクシはそれをカメラに収めつつ、まったり進行。一緒にキッカーをメンテしたスキーヤーの方は、720とか3D系とかを回ってて、それを三脚にセットしたカメラで撮っていて、すげかったり。触発されてカズ君もグリグリ回ってました。
自分もストレートで飛距離を稼いだ映像を撮影。カズ君も同じアングルからぶっ飛びストレートを撮影したところで、終了。天気が悪くなってきてたし、夕方から飲み会の予定もあったし、14時ごろには下山。

帰宅の準備をしようと板の雪を落としていたら、カズ君が悲鳴に似た叫び声を発したので振り返ると…、そこには無残にもテールのトップシートに亀裂が入ったカズ君の板が!!。亀裂からウッドコアが顔をのぞかせ、修理できないであろうダメージが見て取れる。おそらく激しいランディングで板が割れちゃったんですな。カズ君は相当凹んでましたけど、きっとカズ君を守って、カズ君の身代わりになって、割れちゃったんですよ、と思った。


ライダーの身代わりに割れてライダーを守るなんて、ボード冥利に尽きるじゃないですか。
そんな板に出会えたカズ君もライダー冥利に尽きるじゃないですか。

ま、今年も板を買う口実ができたってことで(笑)。

|

« 仙人レポート | トップページ | ガス欠 »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

Johan SIGは板の性格もグラフィックも気に入ってたんでホント残念でなりません...。
でもKyowくんの一言に救われた、って感じです。
Johan SIGくんはお部屋に飾っておいて、思い出と共に過ごそうと思っています。
(撮影に付き合ってくれてありがとね!)

投稿: カズ | 2006年4月19日 (水) 23:48

そのうち、ボードを肴に呑めるようになるんじゃなかろうか…

まぁ、それはそれで良いかw

投稿: kyow | 2006年4月20日 (木) 17:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/9666747

この記事へのトラックバック一覧です: [32]スノーバレー利賀 - ラージヒルカメラマン:

« 仙人レポート | トップページ | ガス欠 »