« 詐欺行為 | トップページ | GW 2日目 »

2006年4月29日 (土)

[34]立山 - 山岳スノーボーダー

完璧なゴールデンウィーク初日とはすなわち春スノーボードに行くことであり従って我々が霊峰立山でバックカントリーするのは当然の選択と言えよう。

というアレでカズ君、タカオ、ワタクシは朝6時に集合し立山に向かうはずが、集合場所に向かう途中で板を積み忘れたことに気づいて引き返し、集合時間に間に合いませんでした、大変申し訳ありませんでした。
20分遅れで集合し、いざ立山へ。

ゴールデンウィーク中の混雑と、集合が遅れたこともあって、立山駅でケーブルカーを1時間ほど待ち、ケーブルカーから立山高原バスを乗り継いで11時ごろ室堂へ。標高2450mの室堂はさすがに寒く…しかしハイクアップで相当体温が上がることを経験済みな我々であり、上のウェアを脱いでスノーシューを装着。
当初の予定では、浄土山の展望台方面を登る予定だったんだけど、すでにトラックの跡がいくつかついていたため、国見岳をハイクアップすることに。一旦スノーボードに履き替え、少しトラバースしたあと、再度ハイクアップ開始。気温が低い中のハイクアップは体温が上がりすぎることがなくて、体を動かしている間はちょうど良いけど、少し休むと急に冷えてきたり。それでも新雪と言ってもいいコンディションの斜面を、青空の下、一歩一歩登っていくのは、すっげぇ気持ちがいい!!。

年齢の差なのか、喫煙の差なのか、タカオが先行して、カズ君とワタクシは少し遅れる格好で国見岳山頂に到着。去年も見たパノラマビューに再び感動。
涼やかな空気が頬に当たるのを感じつつ、昼飯を摂取。もちろん美味い
昼食中も続々と他パーティが登ってくるんだけど、女性がひとりで登ってきているのを見て、ヘルメットを脱ぐと長い髪がパラリ的なカッコ良さを連想した反面、ちょっと負けた気がしたり。俺よりボード上手いんだろうなぁ…。

昼食後、浄土山方面の斜面を滑り降りることにしてみる。森林限界を超えた標高なので、完璧なオープンバーン。しかも風で少しパックされているとは言え、サクサクの新雪。ライディングを優先することにして、撮影はせず、各自好きなラインを好きなスタイルで滑走。斜度がちょうど良く…と言っても自分には少し急に感じたのでショートターンが多目になっちゃったけど、それなりに思い切って滑る。


あまりの気持ちよさに、顔がニヤけてたかもしれない。

よだれが垂れてたかもしれない。


浄土山の麓まで滑り降りた時間は…ヘタしたら10数秒。このために1時間以上ハイクアップしたわけでした。しかしこの瞬間こそがバックカントリーの醍醐味と言っても過言ではないと言ったら言い過ぎででしょうか。
麓でひとしきり、各自のラインを評価。やっぱりカズ君のラインはキレイであり、自分のラインはショートで不恰好なんだけど、これはこれで個性ということにしておきたい!!。

次は浄土山山頂を目指して再びハイクアップ。ペースが早いタカオを先頭にして、ワタクシ、カズ君と続く。登る前は、あんなに上まで登るのか、と少しゲンナリするんだけど、意外に登ってしまえばそんなモノで、印象としてはあっさり登頂。
今度は室堂ターミナルに向かってルートを取ることにして、各自のカメラでそれぞれ撮影されながら滑り降りる。トラック跡が少しあるものの、これまた気持ちのいい斜面で、我がボードBurton Vaporも気持ち良さそうに雪面を走ってくれる。


どんなに頑張っても1分も無いであろう間に、真剣に斜面と会話しながら、瞬間を大切にして滑る感覚。
もう一方で、頭を空っぽにして体が反応するまま、自然に身をゆだねて滑る感覚。

二つの感覚の間を行ったり来たりするようにして、麓に到着。


気持ちよかった、という平凡な形容しか思いつかないけど、しかしその通り気持ちよかったとしか言いようがない、2006年ゴールデンウィーク初日であった。

|

« 詐欺行為 | トップページ | GW 2日目 »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

気持ちよかったよね、立山の斜面。
撮影したDVを見返していたらKyow君のライディング、すっげぇ楽しそうで気持ちよさそうなのな。
やっぱ技術とか関係なく感度最大にして楽しく滑れる人が一番上手いヨと思いました、マジで。
「感覚」
これ、非常に曖昧だけどね、最優先事項だね。

投稿: カズ | 2006年5月 8日 (月) 23:31

いや~本当にヨダレ垂らすほど気持ち良かった。

「感覚」で滑れてるかどうかは分からないけど、スノボは楽しんでナンボだなぁ、と。
来シーズンに乗る予定のMANTARAYなら、もっと楽しめるかも、って思うとまたヨダレが…。

投稿: kyow | 2006年5月 9日 (火) 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/9958847

この記事へのトラックバック一覧です: [34]立山 - 山岳スノーボーダー:

« 詐欺行為 | トップページ | GW 2日目 »