« [35]白馬五竜 - ゲレンデ滑り納め | トップページ | たこ焼きパーティ »

2006年5月 5日 (金)

子供の日 オトナ買いの日

この辺でも悶々としていたGENTEMstick MANTARAYの具合を聞くため、カズ君と駅西のパイルドライバーへ。ここの店長は商売を優先するつもりがないのか、GENTEMの板は気持ちで売っていると豪語する方であり、話しが長いのだが、神妙にアツいお言葉をいただく。んで、その形状からすっかりパウダー用の板だと思っていたMANTARAYが実はそうではなくさまざまなシーンで使える板らしいこと、クイックな特性で粘りもあるらしいこと、07シーズンのグラフィックも美しいことなどから、買う気満々。

他のブランドの板が、シーンに応じた特性を持たせた板(フリーラン向けとか、パーク向けとかね)であるのに反して、GENTEMは一貫してスノーボードそのものを楽しむというポリシーに従って製作されているというところが気に入った。すなわち、GENTEM以外の板はカテゴライズされた木の葉だとすると、GENTEMの板は幹の部分に当たる、という。
店長らの仲間(KAIZANのメンバー?)がMANTARAYに乗っている、今シーズンの映像を見せてもらったところ、新雪でもスポスポとショートターンする感じで乗っていて、あ~この乗り方はケッコー俺に合ってるかも、と思ったり。カズ君にもkyow君向きかも!!とお墨付きをいただき、高価ということ以外問題はなにもなくなったわけで、とりあえず財布とは別途相談という使い古しの手段というか権利を行使し、注文。


税込み113,400円也。

…。

欲しかったnixonの腕時計はまた今度だな…。(泣)


カズ君は先日Burton Johan Signatureを割ってしまったため、GENTEMstickの板を新たにご所望のご様子。INFINITYとMAXFORCEを迷って、店長の助言を聞いたりして、最終的にはINFINITYを予約。INFINITYは長さこそ157cmだけど、もっと短い感覚で乗れるらしい。来シーズンは…アナタもっと回るんですか…。困ります。


プチ情報:
店長は5月7日をもってパイルドライバーを辞め、御経塚の方にショップ「開山(KAIZAN?)」のオーナーとして独立するらしい。パイルドライバー自体は若返りを図るみたい。開山(KAIZAN?)は扱うギアを限定して、よりディープな方面に展開する模様。

新店舗開店の暁には、またお伺いいたします。

|

« [35]白馬五竜 - ゲレンデ滑り納め | トップページ | たこ焼きパーティ »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/10031699

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の日 オトナ買いの日:

« [35]白馬五竜 - ゲレンデ滑り納め | トップページ | たこ焼きパーティ »