« 社長と飲み会 | トップページ | ワイコンはどうか »

2006年11月18日 (土)

[01]立山 - 始動

準備中はピーカンであった例年、ボードの開幕戦は無闇なハイテンションで始まる事が多いわけですが、いいオトナと言ってもおかしくない年齢になってきた拙者であり、今シーズンは粛々と始動。

しかも今回はバックカントリーですから。
確かに11月から滑り始めること自体はテンションを上げてくれるけど、どちらかというと気持ちを抑えて、冷静さを保ちつつ行動すべきバックカントリーによる開幕戦ですから。
禊(みそぎ)に臨むような心境ですから。


というアレで、山猿メンバーのカズ君と2人で立山へ。何度かバックカントリーに来ている立山だけど、11月の立山は初めてだったり。なんつーかもう、


雪が白い


ことに感動。
春の立山は汚れたザラメ雪のことが多いので、白い雪が新鮮。天然雪ですヨ!!

そして特筆すべきはこの天気。午前中は素晴らしく晴れた絶好のコンディション。ほとんど無風。来て良かった!!きゃっほー!!(なんだかんだ言いつつテンションが高い)


ダイナミックな景色の中に続く軌跡(この構図が美しいと思う)室堂を9時半ごろに出発して、今回は一の越方面から浄土山方面に向かうルートを選択。
軽くパックされた雪面にスノーシューのアイゼンが食い込んで、わりと歩きやすく、前半は順調にハイクアップしてたんだけど、徐々に雪山を登るキツさを思い出し始め、ハイクしている状況を一瞬呪う。

あっという間に上がる息、肩に食い込むザック、進まない足…。

もうイヤや…。しんどいハイク嫌いや…。

前半はカズ君にペースを作ってもらい、後半は自分が引っ張る形でネチネチとよじ登る。こんなときは、パーティで良かったと思う。単独行動のライダーやスキーヤーを何人も見かけたんだけど、よく独りでペース作れるなぁって思うし。慣れの問題なんでしょうか。


ま、開き直ったあとは、淡々と登るだけであり、途中でmixiのコミュニティに書き込みしてたと思われる方を発見して少しお話をさせていただいたり、美味しそうな斜面を見つけて歓喜したりしながら、3時間かけて浄土山に登頂


ヤベェ!!


そこには垂涎モノの絶景が広がっているんでした。「ヤバい」とは陳腐な表現で申し訳ないけど、とにかくこの季節の立山もヤバくて美しいと思った。

ご褒美の絶景山頂で先ほどのmixiコミュの方とまた会ったので、その方のスプリットボードについて色々とお話をうかがう。なるほど合理的だし、試着させてもらった感じもフラット地形ではスノーシューよりもはるかに機動的だと感じた(テレマークスキーとキホン同じだしね)。慣れれば相当に動けると思う。


さて、スプリットボードの方を見送ってから、いよいよ我々も今シーズン最初のライディング。

今回は、隠れキャラな岩でソールに傷をつけてしまうことを警戒して、今シーズンに買ったGENTEM MANTARAYでもなく、昨シーズンに買ったBURTON VAPORでもなく、04シーズンのBURTON SE7ENにしたんですけど、SE7ENてばツインチップなボードであり、基本的にはパウダーを不得意としているシェイプであり、昨シーズンもSE7ENでパウダーに乗ってしまい苦戦した経験があり、ビミョーに不安。一応、セットバックできるだけしておいたんだけど、滑り出してみると全然曲がらん。やたらと右足太ももに負担がかかる感じ。さらに真っ白な雪で自然地形のうねりがうまく捉えられず、平衡感覚を失う感じに何度も襲われたり。

それでも心は満たされるんでした。高度を落とすごとに憑き物が落ちていく感じ。
大自然のほんの一部に自分が存在しているという実感。天然の地形のごく一部を自分が構成しているという感覚。単なるシーズン初滑りでも、あるいはゲレンデにおけるスノーボードでもない、バックカントリー独特の感触。


やっぱり、スノーボード大好きやー。


室堂山荘付近まで滑り降りて、他のライダーと挨拶を交わしたりしながら、昼食。この辺は、ノリがスノーボードというよりは登山に近いなぁ。

昼食終了後は、展望台の方向に向かって小1時間ほどハイクし、疲れたしシーズン一発目はこんな感じかもね、とカズ君と相談して、途中の斜面からもう一本滑って終了。


久しぶりのバックカントリーで猛烈に疲れたけど、なんというか、今シーズンに対して熱意がジワリと沸いてきた感じかな。内なる炎を密かに燃焼させつつの今シーズンの開幕でした。

|

« 社長と飲み会 | トップページ | ワイコンはどうか »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

いやぁ、ヤラレましたねー立山に。
雪も景色もヤバイんだけど、いろいろ未熟な自分も思い知らされたりして未だに消化出来てないです。
けど着実に世界は広がってきていているので、今シーズンも皆で積極的に楽しんでいきましょー。

投稿: カズ | 2006年11月28日 (火) 01:14

「皆で」のメンバーがある程度増えてくると面白いんだけどな、とか思ってます。

投稿: kyow | 2006年11月29日 (水) 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/12779536

この記事へのトラックバック一覧です: [01]立山 - 始動:

« 社長と飲み会 | トップページ | ワイコンはどうか »