« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

May the Force be with me

余裕で会社に間に合う時間に起床。

けど、ぜーんぜん会社に行く気が起きなかったり。

仕方がないので、出社拒否反応をダークサイドのフォースに転換させ、無理やり起動を試みたところ、なんとか成功!!

ただし、時間がかかりすぎて遅刻。

有給取ってお仕事アンド残g(以下省略)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

逃避行動

先週の金曜日あたりから消耗し切っていたので、欠勤。

マジで一日中寝てた。寝ても寝ても寝たりないっていう感じで寝てた。多分、睡眠=逃避行動なんだろうなぁとか思いつつ寝てた。

というワケで朝飯と昼飯を食い忘れ、夕飯は牛乳だったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

[16]白山瀬女高原スキー場 - スケートリンク

2月の光景とは思えない昨夜、俺んちに泊まっていったカズ君と白山瀬女高原スキー場へ。ゲレンデ下部は全面に渡って土が見え、とても2月の光景とは思えない。ゴンドラで下りてくるしかないのね。

で、上は高速スケートリンクであった。氷であり正真正銘のアイスバーン。しかもキッカーはクローズ。がびーん。

仕方がないので人がまばらなアイスバーンでカーヴィングの練習。カズ君のトラックをトレースしようとするんだけど、ぜーんぜんダメだったり。あと、完璧に氷となっている斜面を横滑りでもどうしても滑ることができず、毎回手をついて下りなければならなくて凹んだり。何年ボードやってんだよ。

午後からキッカーがオープンしたものの、午前中のカーヴィングの練習により太ももがパンパンで、前日も滑ってるカズ君の燃料切れもあり、数本入って終了。

テンションが下がって一瞬上がって下がりまくった一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

サイキックペンはウケるか

20時半から、タカオの彼女の人ことユミタン邸でタカオとカズ君とラブちゃんとで鍋会。


ユミタンの誕生日が近かったってことで、ケータイの機種変時に某家電量販店でテキトーに購入したサイキックペンをプレゼントさせていただきました。


説明しよう!!サイキックペンとは!!お札に突き刺しても穴が開かないサイキックなボールペンなのだ!!
超ウケるー。


…残念ながら、あんまりウケませんでした。というかドン引きでした。
まぁ、誕生日プレゼントに手品キットを選んで「ウケる」と思った俺の頭もどーかしてたわけですけど。
来年こそは天下の名城として名高い姫路城のプラモデルで嫌がらせ…じゃなかった、をプレゼントいたします。今度こそ、ウケるはず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ケータイ機種変

目が覚めたらすでに午後だったので、スノーボードは中止。

不調だったソニエリ携帯のジョグダイアルが完全に沈黙なさってしまったので、某家電量販店で素直に機種変更。やっとWINですよ。

スライド式でイマドキの携帯ならそれでいいや的な基準でW51SAW52Tとで少し迷う。

心境的にはジョグダイアルじゃないとイヤンなわけですけど、経験的にはすぐ慣れると分かり切っているので、まだ使ったことがないスライド式なのだ。あと、暖色系の派手目な携帯が続いたので、今度は黒なのだ。


で、スタイル的にはW51SAの方が好きであり、液晶のサイズが少し大きく、その分待ち受け時間が短く、(多分使わない)BluetoothがついてるW52TよりもW51SAに惹かれたんですけど、コイツってば粉飾決算報道中のSANYO製なんでした。


…投資家として、粉飾決算とか超許せないわけで。


SANYOの株を1株も持ってない上に、最近、売買もしてないのに投資家を語るのはどうかと思いつつプチ不買運動を決意し、消去法的にW52Tにしてみた。

それにしても、ハイエンドモデルとは言え…デケェし、全体的に野暮ったいし、サクサクっと動作しない印象を受けるんだけど。こんなモンなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

えー!?

遅刻したので、有給取ってお仕事アンド残gy(以下省略)。


で、

えー!?

的なですね、ご発言というかですね、出来事というかですね、アナタがそれ言っちゃダメじゃんフツー的なですね、あるいは、ソレに関してなぜ俺がそういうやり切れん気持ちにならなきゃならんのかね的なですね、さまざまなアレがいろいろとソレしてかーなり凹んだり。
最近の超刹那的で、どーでもいーッス的な精神状態の原因はやっぱりコレなのかにゃーんと思ったにゃーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

関西の結婚式は漫才か

ティージマの結婚式と披露宴に出席。
またしても直前にビデオカメラ特派員の大役を仰せつかる。

ティージマ…キミね、何も考えてないとか、楽天主義とか、そういうのじゃなくてですね、単に段取りが悪い子なんじゃないかと思うわけですよ。
シブチンのスピーチは、例え噛もうが、読み間違えようが、その場には残らないけど、俺が撮った映像はずっと残るじゃねーか。しかも挙式と披露宴をずっと撮れだと?マジかよー。緊張するじゃんよー。

式前にビデオカメラの使い方をソッコーで覚えて、いざ挙式へ。手のひらを汗で湿らせつつカメラマンに専念。シブチンの「証人宣言」もバッチリ記録。これでずっと残るぜ。ふふ。

披露宴に入ってからは、進行を妨げないように、かつ、引きの映像ばかりだとよく分からんというスノーボード映像を撮った経験を生かして臨場感が(できる範囲で)出るように構図を工夫しつつ、緊張しながら撮影。ちょっとした合間にテーブルに戻って食事。後半はさすがに疲れてきてシブチンと交代。シブチンは各テーブルに突撃取材してました。うはは。


それにしても良い式であり、良い披露宴でした。
関西の結婚式ゆえに空気を読めないサムいギャグに無理やり笑わなきゃいけないんじゃないかとか二言目にはボケなきゃいけないんじゃないかとか全ての会話が漫才で成立しているんじゃないかとかいう強迫観念があったんですけど、全て杞憂に終わりました。雰囲気良く進行したし、盛り上がるところは盛り上がって、新婦友人のピアノの生演奏とか俺ってば泣きそうになっちゃったし、新郎は緊張で顔が強張ってるし。


ビデオカメラ撮影という大役がなければもっと楽しめたのにとか思った。(ウソ)


で、何が一番困ったかと言うと、新婦がですね、いや初めて顔を見たわけですが、そのティージマの奥様がですね、これまたやたらと美人なんですヨ。ティージマにはもったいないと断言できるほどの。

独身で彼女のいないシブチンがもう、すげープレッシャー受けちゃって。
ティージマ、ハードル上げたなぁ、と。あとから結婚する(予定の)身にもなれ、と。
まぁ、その気持ちは良く分かる。そのくらい美人で可愛らしく性格も良さそうな奥様だったわけで、俺なんかもう、軽くファンだからね。サインください。マイミクになってください。


で、同じく独身で彼女のいないエスミズと俺が、シブチンほどのプレッシャーを受けなかったかような気がするのは、なんつーか、俺たち結婚とか無理くね?的な悟りを開きつつあるからかもしれない。負け犬とでも何とでも呼びやがれい。


直前の大役の任命を受けなかったエスミズがなぜか終始緊張していたというのはさておき、帰りのJRのホームでシブチンがポツリとこぼした次の一言に、本日の結婚式の全てが集約されていると言えよう。


それにしても嫁さん可愛かったな…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

前夜祭

大学時代からの友人ことティージマの結婚式に出席するため、サンダーバードでシブチンと神戸方面へ移動。ホテルでチェックインを済ませ、三宮で新郎ティージマと合流。同じく大学時代からの友人であるエスミズが集まったところで、4人で飲み会。

明日に結婚式を控え、飲みに行く新郎がすげー。

で、新郎ティージマからシブチンへサプライズ。挙式で「証人宣言」の大役を担って欲しいとのこと。なんとなく、ティージマの性格上、直前で何かやってくれそうな気はしてたり。そのあとのシブチンの狼狽っぷりというか緊張っぷりは見てて微笑ましかった。

エスミズと会うのは1年半ぶりで、ティージマと最後に会ったのは…えーと、ハッシーの嫁さんお披露目会だったはずだから…何年ぶりだ?

結婚式前夜の新郎と旧友たちとの集まりということもあり、昔話に花を咲かせた。まぁ、アレですよ。ティージマとしてはタイミング的にほじくり返されてたくない話題もあるわけで。からかいモードであり、ご機嫌モードであった。

ホテル戻って、チビチビ飲みながら、シブチンのリハーサルとかやって、2時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

揺れる想い

日帰り出張@横浜方面。

飛行機内でガクッと揺れたときに

落ちるー!!

と叫んでいた若者がいらっしゃった。また着陸直後には

助かったー!!

とも叫んでおられた。
ぱっと見、イマドキのチャラい青年であったが、もしかしたらちょっと普通の子とは違う精神をお持ちの方かもしれない。

「んなこと、声に出して言うなや、うぜー」と思った反面、実は彼の言葉は見事に俺の気持ちを代弁してたわけで。

飛行機キライなんですよ。揺れるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

[15]白山瀬女高原スキー場 - 残念な相似形

単独スノーボードの予定だったんだけど、一晩寝て頭がスッキリしたら、なんとなーく昨日のヘボさ加減から課題を見出したような気がしたので、フテ寝予定だった弟タカシ氏を誘って白山瀬女高原スキー場へ午後からゴゴゴー。

下山道であるパノラマコースに直行し、ハイクアップしながらひたすらキッカーに入る。DVD用ではなく、フォームチェックのためにビデオ撮影もして、分かったことと言えば恐ろしいほど二人のフォームが似ている点であった。ダメなとこまで完璧な相似形であった。


ダメだダメだダメだ!!
このままじゃ今シーズンもダメであり、今シーズンもダメなら来シーズンからスノーボードをやめてしまうかもしれない。


限界まで追い込まれた答えが、そうだ、フロントフリップ、いこう。だったので、ゲレンデ端の落ち込み地形を使ってフロントフリップの練習。っていうか、死にますよ、首の骨がポキッと折れますよ、と思った。


「そうだ、天国、いこう。」


とか言ってる場合じゃねー。

死にかけた所でパトロールの人達が何人も来てタイムアップを宣言するので、荷物まとめて下山。


半日でゴンドラに一回乗ったきり、というのはさておき、弟んちに戻って反省会。

結局、基本ができてないんだよな、俺たちという残念な結論であったが、すなわち基本を身につければイケるということであり、やるべきことが絞られて気が楽になったら良かったのだが、実際は、もう10年以上スノーボードをしているのに今さら基本が身につくのか?というネガティブ方面の考察が支配的なことだなぁ、と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

[14]瀬女/(獅子吼)/セイモア - 軟弱ブラザーズ

キッカーの練習するだろそろそろ、というアレで、弟タカシ氏と白山瀬女高原スキー場へ。

あまり整備されてない2箇所のキッカーでボチボチ練習。んで、残念な結果であった。

仕方がないので、アイテムが大量に整備されている…あるいはアイテムがなければ何もないスカイ獅子吼へゴー。着替えてゴンドラ乗り場まで行ったら、雪不足のためスキー場はクローズしてますが何か?という受付の反応であった。

…。そういう大事なアレは入り口付近に、掲示しておいてくださいよ…。

ガックリと肩を落としながら金沢セイモアスキー場へゴー。早速パークに向かったものの、湿り雪が踏み固められてトゥルントゥルンのカッティンカッティン状態であった。チビキッカーに一本入ってソッコー心が折れました。

休憩しつつあーだこーだ議論し、キッカーじゃないアップ系地形でアレコレしてショボーンとなり、相変わらずヘボいので救いようがないなぁと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

グーグー

3連休初日なので、休日出勤。

とか言うのはもうイヤなので、素直に休んでスノーボードに行き…たかったんですけど、やたらと疲れてて、とにかく寝てました。

睡眠なしには生きられない体になってしまったの。

っていうくらい寝ましたよ。
二度寝して不貞寝して昼寝してマジ寝して、とにかくもうグーグー寝てました。一歩間違ったら永遠の眠りについてたかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

ジョグダイアルは最強か

昨夜、携帯をいじってたら、ジョグダイアルが全く効かないことに気づいた。


ちょちょちょちょ!!マジですか!!
ヤバい!!激ヤバ!!


電話帳すら呼び出せないことに激汗をかきながら、小一時間ほどジョグダイアルを激イジくった結果、ビミョーに復活しビミョーに操作のコツを覚えた。

バッテリー交換までして3年近く使ってるau A1402S。WINですらないとはいえ、今まで絶好調アンド全く不満なしだったので、いきなりの不調に恐怖すら覚えたヨ…。

今のうちに機種変しなきゃな。とか思いつつSony Ericssonのウェブページを調べたら…


なにー!!
ジョグダイアルないじゃん!!


ジョグダイアル + POBox = 携帯文字入力最強説を唱えるのは俺だけじゃないはずであり3機種連続でジョグダイアル使ってきたしジョグダイアルじゃないと生きていけないし一文字も入力できないしジョグダイアルのない携帯なんて携帯じゃないので踏んづけてぶっ壊すし困ったヨ…。

こうなりゃ、ワンセグも音楽もお財布もGPSもデジカメもついた(ってイマドキのフツーの携帯なのか!?)スライド式でソニエリ以外の携帯にしちゃおうか。
しかしなんだ、この敗北感は。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

ピクピク

左目の下のマブタの痙攣が続いてます。

金曜日くらいから、たまに。ピクピクと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

振り回され体質

レビューのため16時に出勤。

なぜ、日曜日の午後遅くに、わざわざ出勤してレビューを?

2時間レビューして帰宅。

無駄すぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

3時くらいを希望

ボードのあと、シブチンにお誘いを受けた飲み会に参加。フツーに楽しく飲みました。

それにしても、最近は金沢駅前で開催される飲み会が増えました。アパートは七尾線の沿線なので、金沢駅前における飲み会開催は便利なんですが、終電がもっと遅いと、より便利なんだよなぁ。終電、午前3時くらいになりませんかね。

というわけで23時過ぎの終電で帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[13]白山一里野温泉スキー場 - 変態ライン

金曜日に「明日パウダーっぽいので滑りに行きませんか」っていうカズ君のお誘いを断る理由は何一つないって言うか直前まで土曜日の予定が決まってない独身三十路男はどうなんですかお客さん!!


というアレで8時ちょっと過ぎにカズ君と白山一里野温泉スキー場に到着。当然、木曜日のようなパウダーヘヴンを期待してたわけですが、


がびーん!!エキサイトゲレンデ全体にピステンかかってるヨ!!orz


というわけで、パウダーは中ノ原メインで。と言っても土曜日の競争率は凄まじく、あっという間にパウダー食われまくり。まぁ、その辺はあまり気にしないというか、脇に残ってる残り物の新雪を大事にいただく。次いでのだいら第一リフト下。少し残っている荒れた新雪を積極的にいただく。


パウダーが食えなくなってくると、今度はチャレンジコースの脇のツリーラン。と言っても、去年とは違い、かーなりブッシュが出てて、エントリするのも一苦労。板を外してパドリング(?)しながら進入路を探し、選択肢の少ないラインをブリッブリッと滑る。


一瞬のオープンバーンに賭け、未開の地を開拓するフロンティア精神。


と言えば格好いいけど、実際は斜面がキツく、なかなか思ったラインに乗せられず、雪が少なくて斜面変化が大きいため、何回も頭から新雪に突っ込みましたよ。

それにしても、さすがはカズ君なわけで。選ぶラインが変態。いやいや、先の見えないその斜面でそのラインはありえませんから!!
なんというか、スピードコントロールがすげぇ上手いし、だからこそあの変態ラインに乗れるんだな、とか後ろから見てて何度も思いましたヨ。

中ノ原脇のツリーランも試してみたけど、やはり何度も転倒し、思ったラインには乗せられず、先行するカズ君はスイスイと木の間を抜け、変態ラインを刻む。

むききー!!
俺もいつか!!
変態になってやる!!

イマイチMANTARAYに乗れなかったけど、荒れパウダーあり、ピステンバーンあり、ツリーランあり、(カズ君のみ)変態ラインありのバラエティに富んだ一日だった。

へんたーい!!ファイッ!!オー!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

[12]一里野/瀬女 - 窒息ライディング

先日、とも休日出勤したこともあり、1日くらい有給取ってもいいよ!!というありがたいお言葉を上司からいただき、どうせならパウダー狙うでしょ!!と毎日天気予報とゲレンデコンディションをチェック。降雪が予想されるのと、金曜日は外せない仕事もあり、今週の木曜日だ!ここしかない!!と前日、多少強引に有給を取得。やっぱり、直前になると色々と仕事が入って休むのが難しくなるんですな。ま、んなこと言ってたら一生休めませんぜダンナ!!というさらにありがたいお言葉を上司からいただいたので、心置きなく休みますとも。

5時半起き、6時半出発、8時前到着で、一里野へ。やはり、というかなんと言うか、GENTEMの板を持ったライダーが2人ほど営業開始を待ってたり。
俺もGENTEM MANTARAYにBURTON C60を装着し、しかもスペーサーを外して、パーフェクトマンタレイ仕様。まぁ、どの辺がパーフェクトかというと、アンデスオレンジなMANTARAYにオレンジのC60を組み合わせたっていう色合いがパーフェクトなだけなんですけど。


早速準備して、エキサイトゲレンデへ。GENTEM2人に遅れを取ったんだけど、

意外にもノートラック!!
軽く吹雪いてガスも出てるけどノートラック!!
すなわち!!
このパウダーに最初にトラックを刻むのは俺!!

うひゃひゃひゃ…とか思ったら、途中から先行するトラックを発見。なーんだ、一番乗りじゃなかったのか。

それにしてもMANTARAY。やはりこいつぁ、パウダーにおけるフリースタイルな乗り方において真価を発揮する板なのかっ!!走るソール。浮力を受けるノーズ。軽く踏み込めるテール。回頭性の良いサイドカーブ。素直に乗れば素直なラインを描いてパウダーの表面を浮くように滑り、暴力的に扱えば暴力的なラインを描いてパウダーを撒き散らす。ほぼ思ったとおりの挙動を示すが故に、ライダーは自信を持って乗ることができる、そんな板のなのかっ!!

しかし、まだまだ未熟な我がスキル。ついついテールを踏みがち。必要以上に回頭し、必要以上に雪煙を巻き上げ、結果だらしなくオープン状態の口腔内に大量の巻き上げた粉雪を吸い込む。口をあけてなくても鼻から吸引。左ターンの度に窒息寸前であった。

窒息しながら何度もエキサイトゲレンデに入り、だいぶ荒れてきたところで、チャレンジコースや中ノ原やのだいら第一リフト下などのオフピステなバーン(すでにだいぶ食い散らかされてました)に入り、昼食。

雪が降り続いていたため、エキサイトゲレンデのコンディションが良くなってるかも、という予想は見事に的中。午後もエキサイトゲレンデとゴンドラを往復。午後は瀬女でキッカーに入ろうと思い、ラスト一本のつもりでエキサイトゲレンデに入ったら、一瞬ガスが晴れ、しかも風で表面がなだらかになった圧倒的にナイスなパウダーバーンが出現。バッコンバッコン滑りおりてもう一本エキサイトゲレンデに入って、一里野は終了。


14時半過ぎに一里野を出て15時に瀬女に到着。準備してチケット売り場に行くと、15時半にゴンドラが止まり、クワッドも15時45分に止まるという。しまった、一里野にずっと居れば良かったと思いつつ、死ぬほど遅いゴンドラに乗って頂上へ。

キッカーに2回入って、クワッドに2回乗ったところでタイムアップ。麓まで長い林道コースを滑らなきゃいかんわけですけど、意外にもこのコースが楽しかった。もともと客が一里野よりも少ないのと、パウダー狙いの客は瀬女に来ないためか、コース脇にかなりの新雪が残っていやがる。もたもたと滑ってる他のボーダーを尻目に、正面を向いている斜面に突っ込んで当て込んだり、フラットなパウダーにそっと乗って浮遊感を楽しんだりして滑り降り、膝をガクガクさせながら瀬女も終了。


満喫を通り越して、体力の限界に挑戦した1日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »