« 楽天WEB SERVICEをRubyから呼び出してみる | トップページ | A型劣勢なバーベキュー »

2007年6月 2日 (土)

フライフィッシャーメン

カズ君が釣った岩魚ちゃんフライフィッシングに初出動。講師はカズ先生。

ロッドに同梱されてたライン(リーダーとティペット)が太すぎるんじゃね?ってことで、丸越と上州屋に行ったらフライ用品なんざあ置いてやがらねえんでした。

フライってば…、し、下火…なのか?orz

ラインはカズ君に借していただくことにして、飯食ってから、いざ五箇山方面へ。


カズ君が以前入ったことがあるポイントは工事のため通行止めであり、その下流でトライすることに。思ってた以上に川幅が狭く、水深も浅い。こんなところで釣れんの?とか思いながら、キャスト開始。すっかりロッドの振り方を忘れてる上に、ロッド自体も初スイングであり、フライをつけてのキャスティングも初めてであり、かーなりてこずる。

今ひとつ掴みきれないまま、カズ君と交代。カズ君がフライを投げ入れた直後、岩魚ゲット。すげーっ!!マジこの川、岩魚様の生息地なのかっ!!

いきなり釣る気満々になった現金な俺だけど、その後もアタリはなく、後ろの藪にフライを当ててカズ君のと自分のフライを無くし、後半はフライをつけずにキャスティング練習だ!!とか言ってマーカーを投げてたら木の枝に引っ掛けて取りに行こうと川の中に入ったら激冷たくてカズ君に取ってもらったり…というアレですなわちボウズであった。


マーカーによる練習中、カズ君はもうちょっと川上側でフライを投げてたんだけど、何回かアタリがあったらしく、うまく合わせられなかったと悔しがってました。魚はいるわけだ、魚は。


ボウズは残念だったけど、新緑で目を休め、初夏の小川の冷たさを覚え、川のせせらぎからマイナスイオンを吸収してストレス発散。生命の危機を感じない範囲におけるアウトドアは、やはり心地よいと思った。

|

« 楽天WEB SERVICEをRubyから呼び出してみる | トップページ | A型劣勢なバーベキュー »

アウトドアライフ」カテゴリの記事

コメント

ときどきイイ感じでシュートできてたし、そのうち釣れるっしょ。まず一尾あげて、その感触を味わっていただきたい。

投稿: カズ | 2007年6月 6日 (水) 21:34

カズ先生!
一尾一尾精進して参ります。
にしても、もうちょっとキャスト、シュートの精度を上げなきゃ…。

投稿: kyow | 2007年6月 6日 (水) 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/15322053

この記事へのトラックバック一覧です: フライフィッシャーメン:

« 楽天WEB SERVICEをRubyから呼び出してみる | トップページ | A型劣勢なバーベキュー »