« 若手の集い第二弾 | トップページ | 変わり目 »

2007年7月 8日 (日)

医王山アドベンチャー

三蛇ヶ滝カズ君と医王山を山歩き。
標高は1,000mもないし、ルートもアローザの上まで車で上がり、堂辻から三蛇ヶ滝と鳶岩をクルリと周って見てくる感じで、正直、甘く見てたわけです。梅酒なみにサラりと流すつもりだったわけです。が、山は舐めちゃいけませんな。アドベンチャーでしたヨ。

アドベンチャーその1
舐めてたせいで地図を持っていかなかったんだけど、三蛇ヶ滝へのルートの途中で不安になった。この時期の低山ということもあり、藪の中に分け入るような獣道(けものみち)系の場所も結構あり、そのたびにルートが確信できなくなったり。結果的にはルートは正しかったんだけど、どんな低山でも地図は必要だな、と思った。

アドベンチャーその2
三蛇ヶ滝。想像以上に立派な滝で、びっくりした。林の中に滝と滝つぼの空間がポカリとできているのは美しいモノですな。景色として、というよりは造形として美しい。滝めぐりとか良いかも、と素直に思えたり。

アドベンチャーその3
三蛇ヶ滝から鳶岩への道の途中で、カモシカの親子に遭遇。すぐ横の茂みがバサバサっていうから何かと思ったら灰色の毛が見えるわけですよ。距離も2~3mなわけですよ。毛の色で熊じゃなさそうとは思ったんだけど、人間じゃなかったことにショックを受けてたら出てきたのはカモシカ。次いでその足元に子カモシカ!

もうね、子カモシカなんて目がクリクリで毛がフワフワで超可愛いんですよ。んで、親カモシカを見ると…やべっ、目が合った。しかも、「ブフーッ」とか鼻息鳴らして威嚇されたし!!角生えてるし!!

そういえば、以前テレビで、カモシカも人間を襲うし、特別天然記念物であるカモシカを殺すと罰せられるし、でも正当防衛なら大丈夫らしいし、みたいなこと言ってるのを観た!!
相手は子連れの特別天然記念物!!扱いが面倒な上に急峻な坂道で機動力的にも圧倒的に不利!!この状況で襲われたら絶対ヤヴァい!!こえーっ!!行動が予測できない野生生物こえーっ!!

とか思ってたら踵を反して降りて行っちゃいました。良かったヨ、頭突かれなくて。あと、子カモシカ。マジ可愛いぞ、アレは。

アドベンチャーその4
カモシカの親子をやり過ごして鳶岩へ。

えーと…コレ、登るンスか!?あの、俺ってば高所恐怖症なんですけどとか言い訳する必要がないくらい絶景っていうか、命綱がなかったら一歩も進みたくないっていうか、できればご遠慮願いたいっ!!

とか思ってたら、カズ君はスルスルっと登って涼しい顔で記念撮影。そのあと、鳶岩の上で二足で直立しやがる始末!!バカじゃね!?

あぁんもう…落ちたら死んじゃう高さから落ちたら死んじゃうじゃん!!などとかなり頭が混乱した状態で自分の番。岩にしがみ付きながらとりあえず鳶岩の上に(一応)到着。怖いとかそういうレベルじゃねーし!!下とか見れないし!!
当然足は震えるし、全身から冷たいモノが噴き出すし、こんなところを見つけたヤツに小一時間ほど説教…いや、こんな場所で最初に記念撮影なんかしやがったヤツに小一時間ほど説…いや、こんな地形を創りやがった神のヤツに小一時間ほど…泡吹いてぶっ倒れる前にとっとと退散。

ばーかばーか鳶岩のばーか。二度とこんなところ来るか!!

アドベンチャーその5
鳶岩で全身にあり得ないくらい変な汗をかいたあと、帰路へ。帰りはルートをショートカットしたこともあり、一部沢下りルート。まぁ、バシャバシャと沢の中に入る必要はなく、コケとかで滑らないようにソロソロっと、カズ君は魚影を探しながら、水辺を下る。
梅雨の合間の低山の水辺を下るっていうのもサイコーに気持ちがいい。鳶岩でやり遂げた感を得たあとならなおさらですな。


全体的にはのんびりと、要所でアドベンチャーがありつつ、それでも3時間半くらいで戻れる今回のルートは、なかなか面白いルートだった。今後、仮に初心者を連れて行くとしたら、最初に思いつくルートになりそう。

|

« 若手の集い第二弾 | トップページ | 変わり目 »

アウトドアライフ」カテゴリの記事

コメント

なぜ鳶岩に登ったのか?そういうことはしないタイプだと思っていたが...。
ちなみに自分がビビリながらも鳶岩に立ってみた理由の半分は、以前上司のS部長は怖くて立てなかった、という話をきいたから。

投稿: カズ | 2007年7月13日 (金) 21:17

登らないっていう選択肢はなかったかな。まったく疑問を感じずに登るべきって思い込んでました。
固定観念って恐ろしい。ときに自分をあそこまで追い込むとは。

投稿: kyow | 2007年7月15日 (日) 02:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/15725008

この記事へのトラックバック一覧です: 医王山アドベンチャー:

« 若手の集い第二弾 | トップページ | 変わり目 »