« 現地調査 | トップページ | クリスマスに欲しかったモノ »

2007年12月23日 (日)

[02]八方尾根スキー場 - ピーキーMANTARAY

八方尾根カズ君と八方尾根へゴー。今回の使用板はGENTEM MANTARAY。

新雪を期待してたんだけど、残念ながら重めの湿雪。それでもコース脇に残った非圧雪エリアのネチネチと食いつぶしたり、圧雪バーンでカービング(もどき)をしながら楽しんだり。MANTARAYはサイドカーブやキャンバー形状の性質上か、それとも俺の乗り方が下手なのか、とにかくカービングをしてもエッジがすこーしズレる気がする。

圧雪バーンで速度を出してもかなり安定して乗れるMANTARAYだけど、ある速度から急にピーキーな振る舞いを見せることを発見。チョッカって速度を出していってユルーく荷重移動を行い、エッジをかけた瞬間にスピンしはじめ、体勢を崩したり、下手すると1回転したりすることが分かった。
いや~マジで面白い板だわ。

カズ君の後ろに続いて、調子に乗ってコース脇をズバズバ滑ってたら、いきなり接地感覚がなくなり空中へ。その先のコースを全く覚えてなかったので、崖から落下かも!?という恐怖感に襲われると同時に防衛本能からかできるだけ遠くに飛ばないよう体を開きつつ着地を待つ。実際は1mくらいしかギャップは無かったんだけど、体を開いて右手を着いてしまったせいで、右肩をグネる。右肘が肩よりも上にあがらないくらい、右肩が痛い。
骨は折れてなさそうだけど、どうも捻挫しちゃったらしい。しょーもない場所で。しょーもない落ち方して。俺のバカ。

|

« 現地調査 | トップページ | クリスマスに欲しかったモノ »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/17598595

この記事へのトラックバック一覧です: [02]八方尾根スキー場 - ピーキーMANTARAY:

« 現地調査 | トップページ | クリスマスに欲しかったモノ »