« [09]瀬女高原スキー場 - クラブ初級者講習会 | トップページ | KORG KAOSSILATORはどうか »

2008年1月20日 (日)

[10]一里野温泉スキー場 - サプライズなアナタ

大学時代からの友人シブチンとスノーボードの約束であった。
シブチンが友達を連れてくるというので、しかもその名を明かさないので、これは絶対シブチンが新しい彼女を連れてくるに違いないと思い、わざわざ前日のスノーボードの帰りに可愛いビーニー(ニットキャップ)を購入し、若干オシャレモードで一里野に到着。そこにシブチンが到着し、助手席に座っていたのは…


ティージマ!?


この辺で可愛い嫁さんと結婚した大学時代の友人ティージマであった。しかし、神戸に住んでて日曜日の午後に石川でスノーボードとは一体…?


「おー!?ティージマー!どーしたん?こっちに出張なん??」

「いや、こっちに住んどんねん

「えぇー!?」(マスオさん風)


兵庫から石川に転職して、すでにこっちにきて2週間経ってるらしい。

オマエなそういう大事なことはちゃんと報告せぇやだいたい出産報告も年賀状でいきなりってどういうことやねんていうかシブチンも知ってたら俺に言うべきちゃうんか?え?サプライズ?1ヵ月前から計画?長いねん!!前フリが長すぎんねん!!どないなってんねんオマエの頭ん中は?人を驚かすのがそんなにおもろいか?そやな関西人やもんなってアホか納得できるか!!

だいたい、石川に友達がいるわけでもなく、住んでたことがあるわけでもなく(大学は隣県)、新婚で、子供が生まれたばかりで、転職
イヤ、マジ、あなたの思考回路はどうなってますか?

曰く
「何とかなるやろ」
であった。

まぁ、そうね。学生んときから、概ね「何とかなるやろ」スタンスで乗りきって来たしね。羨ましいわ、その性格。


というアレで期せずして旧友と3人で午後から半日スノーボード。シブチン、ティージマの滑りをビデオで撮ろうと思ったんだけど、なぜかやたらと客が多く(普段の3倍くらいいたような…)、接触事故を起こしそうだったので断念。

中ノ原のジャンプ台(K点=50m)で、どこかのクラブに所属しているのであろう若い子らがスキージャンプの練習をしているのを見ながら、昼飯はカップ麺。電子レンジ専用焼きそばを買ってきて強引にお湯で作ってしまうティージマのいい加減さと「何とかなるやろ」精神に感服。


というか、マジ尊敬する。


昼飯後も軽く流して16時ごろに終了。
ゲレンデコンディションが良くなかったし、客も多いしで、ティージマはちょっと苦労しているように見えたけど、これでスノーボードを嫌いにならないで欲しいと思ったり。次回はもうちょっとコンディションの良い時にでも行きましょう。

|

« [09]瀬女高原スキー場 - クラブ初級者講習会 | トップページ | KORG KAOSSILATORはどうか »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

なんか冬になって生き返ったようで安心したよー。
元気に生息しててね。

投稿: よーこ | 2008年1月22日 (火) 19:32

>よーこ殿
正確には生き返ってないというか、スノーボードの日記の中にダメ日記が埋もれたというか。

冬眠した方が幸せかもしれません。

投稿: kyow | 2008年1月25日 (金) 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/17775390

この記事へのトラックバック一覧です: [10]一里野温泉スキー場 - サプライズなアナタ:

« [09]瀬女高原スキー場 - クラブ初級者講習会 | トップページ | KORG KAOSSILATORはどうか »