« フレッツ光はどうか(その1) | トップページ | フレッツ光はどうか(その2) »

2008年2月 3日 (日)

[13]瀬女高原スキー場 - ユルめの瀬女

特に新雪も期待できなかったので、瀬女へ単独行。

ポコジャンで遊べるかと思ってGENTEM POOLDECKに履いたんだけど、残念ながらポコジャンはリップがなくなってカマボコ状態。レール、ボックスも片づけられてたし。


やる気はあるのか、と。


パノラマコースは一部土が出ててイヤンなので、ルンルンコースとドキドキコースでカーヴィングを練習してみたり、高速バックサイドノーズプレスでチョロいグラトリ野郎の横を滑り抜けてみたり(ヤなヤツ)。

最後にパトロールの目を気にしながらクワッドリフト下へ突撃。積雪量が少なく、斜面変化がありすぎだったけど、まぁまぁ楽しめた。思った以上に距離があって、その分リフト上から監視される時間が長いので、(パトロールに)ビビりまくって突撃は1回だけ。

瀬女も一里野並みに自然地形を開放してくれれば、より楽しめるんだけど。まぁ、棲み分けができてていいのか。

|

« フレッツ光はどうか(その1) | トップページ | フレッツ光はどうか(その2) »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/40111220

この記事へのトラックバック一覧です: [13]瀬女高原スキー場 - ユルめの瀬女:

« フレッツ光はどうか(その1) | トップページ | フレッツ光はどうか(その2) »