« always in trouble | トップページ | フレッツ光はどうか(その3) »

2008年2月16日 (土)

[17]一里野温泉スキー場 - 第2回クラブ初級者講習会

クラブ初級者講習会の今シーズン第二弾を白山一里野温泉スキー場にて開催。

今週平日はわりと降雪があったこともあり、講習会をほったらかし…てはないけど、朝イチ狙い。GENTEMマンタに搭乗し、Kaizan 2702.のメンバーに紛れてエキサイトゲレンデへ直行。すでに、前に10人以上滑っているので、しかも心得たライダーが滑っているので、まんべんなくトラックがついてるんだけど…奥とか面ツル!!ムッハー!!


そして再確認。
MANTARAYとはここまで軽い板だったか、と。


軽めの雪で、ノートラックな斜面だと、MANTARAYの乗り易さが際立つんですな。質量的には軽いとは言えないMANTARAYが素性の良い挙動を示し、まさに浮くような感覚に陥らせてくれる。

エキサイトゲレンデでエキサイトしたあとは、チャレンジコースに1発入って、中ノ原のオフピステ側へ。新雪時のルーティーン。

中ノ原の入り口でKaizan 2702.なGENTEMライダーが様子を見ているのを尻目に、スワッと突入。ほとんどノートラック!!本日二度目の面ツルきゃっほー!!とか思って滑り降りたら、まだリフトが動いてなかったり。かっふん。


そうか…それで、GENTEMな人たちが入るのをためらってたのか…。orz


中ノ原ロッジでKaizan店長らも待機中。彼らはリフトが止まっているのを承知で入ってきた模様であり、さすがであった。15分くらい待機して中ノ原を脱出後、のだいら第1リフト下も食ってから、10時過ぎに講習会メンバーとやっと合流。


今回の生徒はエヌカワさんとyanagi氏であり、カズ君がエヌカワさんの先生をやるってことで、自分はyanagi氏の担当。まぁ、特に教えることはなかったり。腰が高いとか、そういうイチャモンはつけられるんだけど、俺も人のこと言えないし。林道のような狭いコースもそれなりにコントロールできるようになってきているので、これからは遊ぶ余裕も見つけていけると思う。


途中、生徒らには自主練習を課し、新雪に辛抱たまらんカズ君とオフピステ中心にドワッと滑ったりしながら、第2回初級者講習会も無事終了。

エヌカワさんもyanagi氏も滑れるようになってきているので、これからが楽しみですな。

|

« always in trouble | トップページ | フレッツ光はどうか(その3) »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/40288219

この記事へのトラックバック一覧です: [17]一里野温泉スキー場 - 第2回クラブ初級者講習会:

« always in trouble | トップページ | フレッツ光はどうか(その3) »