« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

1.5倍の法則

出張5日目@川崎。

今日で終わるはずの出張だったんだけど、明日、明後日は一時帰還するものの、来週月曜日から週中までまた出張が決定。

連想するのは「1.5倍の法則」。

かつて、1年で戻ってこれるという転勤が1年半かかったり、2週間の海外出張が3週間に伸びたり、見積もりの1.5倍以上の開発量(しかし、なぜか開発期間は変わらない)だったり、そのよーな経験がヒジョーに多く、勝手に「1.5倍の法則」と呼んでいるんだけど、今回も適用できてしまうのかもしれない。

そして、往々にして、1.5倍の法則が適用される仕事は、死ぬほどしんどい

果たして、今回はどうなのか。
乞うご期待。


(期待デキネー…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

ささやかな目標

独身だと…いや、独身は関係ないかもしれんが、長めの出張があると、その分のワイシャツのアイロンがけがメンドクセーなーとか思ったり。

あと、冷蔵庫の中の整理とか。いきなり出張が決まるので、冷蔵庫の中に賞味期限切れが溢れることになりがち。整理するのも面倒くさいので、とりあえず放置することにした。このレタスとか1週間後にどうなるんだろう。シラネ。


というアレで昨日は実家に泊まったし、アパート戻って上記作業をしなきゃいけなかったので、本日もボードに行けず。

毎週末、少なくとも土日のうちの1日はボードに行きたいというのが、シーズン中の本当に本当にささやかな目標なんだけど、今シーズンも達成できなかったわけで。仕事に対するモチベーションが激しく低下中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

出張という名の軟禁

昨日、急きょ来週1週間、首都圏に出張というか、出張という名の軟禁が決まったので、その準備。
キャスター付きのバッグを買ったり、なぜかiPod nano(4GB)を買ったり。


夜はシブチンらと飲み会。わりと降雪。今年は雪が降るのが遅すぎやしませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン/ソフトバンククリエイティブ

再読中。

だーかーらーCode Completeはいつ読(以下省略)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

リファクタリング - プログラムの体質改善テクニック

Beautiful Codeの日本語版はまだか?


というアレで待ちきれないので、リファクタリングの古典かもしれないリファクタリング - プログラムの体質改善テクニックをポチっと購入。

つか、だから、はやくCode Completeを読めって。>俺

リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series)


業務的には、読書しているヒマとかゼロ。再びコンビニ弁当生活中。しぬしぬ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

[18]一里野温泉スキー場 - こんな日もある

GENTEMマンタで一里野に単独行であり昨日のワイワイ感の感触が残っているからかやたらと寂しく感じつつやはりオフピステ中心に滑り倒していると調子に乗りすぎてのだいら第1リフト下で沢の窪みに落ちて足元が崩れて1mほどの深さの空洞が見えこのまま落ちたら死ぬかもしれんという恐怖と闘いながら何とか這い上がったんだけど傾斜がないのでそのあとも体力を奪われつつラッセルし脱出に15分くらいかかって異様にテンションが下がるっていうか凹んだので休憩して午前中の凹み感を打ち負かすべく再度のだいら第1リフト下を攻略したんだけど下がりきったテンションがなかなか戻らないのでとっとと帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

フレッツ光はどうか(その3)

というアレで意外に早く(と言っても1週間近く経ってるけど)NTTから連絡があり、立ち会いはやはり3月1日と決定。

申し込みから2ヵ月もかかるとはどういうことか。そういうモノなの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[17]一里野温泉スキー場 - 第2回クラブ初級者講習会

クラブ初級者講習会の今シーズン第二弾を白山一里野温泉スキー場にて開催。

今週平日はわりと降雪があったこともあり、講習会をほったらかし…てはないけど、朝イチ狙い。GENTEMマンタに搭乗し、Kaizan 2702.のメンバーに紛れてエキサイトゲレンデへ直行。すでに、前に10人以上滑っているので、しかも心得たライダーが滑っているので、まんべんなくトラックがついてるんだけど…奥とか面ツル!!ムッハー!!


そして再確認。
MANTARAYとはここまで軽い板だったか、と。


軽めの雪で、ノートラックな斜面だと、MANTARAYの乗り易さが際立つんですな。質量的には軽いとは言えないMANTARAYが素性の良い挙動を示し、まさに浮くような感覚に陥らせてくれる。

エキサイトゲレンデでエキサイトしたあとは、チャレンジコースに1発入って、中ノ原のオフピステ側へ。新雪時のルーティーン。

中ノ原の入り口でKaizan 2702.なGENTEMライダーが様子を見ているのを尻目に、スワッと突入。ほとんどノートラック!!本日二度目の面ツルきゃっほー!!とか思って滑り降りたら、まだリフトが動いてなかったり。かっふん。


そうか…それで、GENTEMな人たちが入るのをためらってたのか…。orz


中ノ原ロッジでKaizan店長らも待機中。彼らはリフトが止まっているのを承知で入ってきた模様であり、さすがであった。15分くらい待機して中ノ原を脱出後、のだいら第1リフト下も食ってから、10時過ぎに講習会メンバーとやっと合流。


今回の生徒はエヌカワさんとyanagi氏であり、カズ君がエヌカワさんの先生をやるってことで、自分はyanagi氏の担当。まぁ、特に教えることはなかったり。腰が高いとか、そういうイチャモンはつけられるんだけど、俺も人のこと言えないし。林道のような狭いコースもそれなりにコントロールできるようになってきているので、これからは遊ぶ余裕も見つけていけると思う。


途中、生徒らには自主練習を課し、新雪に辛抱たまらんカズ君とオフピステ中心にドワッと滑ったりしながら、第2回初級者講習会も無事終了。

エヌカワさんもyanagi氏も滑れるようになってきているので、これからが楽しみですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

always in trouble

予定では、先月と今月は残業多めだけど、3月に入れば落ち着けるはずであった。まぁ、4月からは体制がゴッソリ変わった上で、新たな仕事をすることになってたわけですが。

ところが、いきなりブチョリーナに呼ばれて、今の仕事を早めに切り上げて次の案件に入って欲しい、と。


まただよ!!
忙しい最中に次の仕事に入るという最悪のシナリオだよ!!


おかげで

  • 一時的にプロジェクトが並行で走るので忙しくなり過ぎる
  • 予定されてた「仕事が落ち着いて楽になる期間」は次の案件のスタートアップで潰れる
わけだ。

死ぬってマジで。

で、この次の案件が曲者すぎる。だいたい、まったく畑違いな上に、ブチョリーナが発するキーワード

  • とにかく早く今の仕事を切り上げて
  • 今の仕事は引き継ぎよろしく
  • 近々に新体制を起ち上げ
  • 詳細はこれから詰める
  • 実開発はオフショア開発
等々に、きな臭さを感じたり。

企画書も見たわけで。なんとなーく誇張されたキーワードが散りばめられている気がする…。


なんつーかね。ヘルプも含めて、今年度5つ目のプロジェクトなんですけど。プロジェクト渡り歩き過ぎ。業務内容変わり過ぎ。

さすがになぜ俺ばかり?って考えちゃうな。
運が悪いだけなら仕方ないけど、自分の日頃の言動に対し、何らかの圧力がかかっているのなら、悔い改めねばなるまい。


んなわけねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

Beautiful Code

Google Japan BlogEng Japan Library より「 Beautiful Code 」という記事が2008年2月8日にポストされている。

Beautiful Code は、世界の第一線で活躍している 38人のプログラマによるエッセイ集です。
寄稿者にGoogleエンジニアがいるので"宣伝"なのかもしれないけど、プログラマの末席を汚す者としては美しいコードは常に興味深い

洋書なんだけど、Rubyのまつもと氏も寄稿しているそうだし、和訳が出たら読んでみたいなぁと思ったり。
記事も

ところで、この本の日本語訳はでるんでしょうか ?
と結ばれてるし、和訳のニーズは高いと思う。

で、Google Japan Blogの記事に対するレスポンスかどうかは分からないけど、Rubyまつもと氏のMatzにっき翌日の日記(まつもと氏は数日遅れで過去の日記を書くので実際にポストされた日かは不明)によると

Beautiful Codeの日本語版がもうすぐ出る。
とのこと。


出たら買おう。


その前にCode Completeを読み終えなさい。>俺

Beautiful Code: Leading Programmers Explain How They Think (Theory in Practice (O'Reilly))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

[16]中宮温泉スキー場 - ゲレンデランチ

今年の中宮は、休業しているのであり、リフトは動いてないんだけど、なぜかコースにはトラックの跡とスノーシューやブーツの足跡がたくさんついているっていう状況は、休業が決まった瞬間から容易に予想ができたっていうか、休業中のスキー場はバックカントリーにおけるロケーションとして完璧なオープンバーンと適度な斜度を備えているのであり、雪崩に気をつけさえすればこれほどバックカントリーしやすい場所はないんだけど、油断は禁物であり、どんなに注意を払っても100%安全な場所なんてバックカントリーをする以上ないんだヨ。

というアレで、カズ君、弟タカシ氏と中宮へ。天気が良すぎてオープンしているスキー場だと新雪は食えなさそうだったし、フツーのスキー場よりも自由に遊べそうだし。(不法侵入なのか?)

で、スノーシュー履いてGENTEM INDY POOLDECKを担いで、林道側を一列縦隊でハイクアップ。久しぶりのハイクは全然足が進まず、メチャクチャ疲れたり。というか、ガッツリ登るつもりがなかったので、飲料が足りなかったり、行動食がなかったり。事前の意識合わせとか計画とか準備って大事ですな。

わりとスローペースで、なんとかロマンスコースあたりに到着。手取川を挟んで向かい側には一里野温泉スキー場が見えるわけで。客が蟻のように見える。

見ろ
人間がゴミのようだ
ラピュタごっごが終わったら昼食。今回もカズ君はホットワインとか(袋の)即席ラーメンとかかなり攻撃的な内容。自分はいつもどおりカップ麺とアルファ米。
初めて作ったという本物がどんなものか分からないという、ホットワインはかなり美味かった。調子に乗って悪酔いしちゃいそうな味であり、フツーに寝る前とかに飲みたい感じ。他にも、カズ君のご友人であるオーヤマさんの奥様が作ったケーキを頂戴したりして、ほとんど

青空の下、ランチを食べに来た

と言っても過言ではなかったり。

過言ではないまま終われないので、久しぶりにキッカーを作成。3人だと作業も早く、見た目にはいい形のキッカーが作れたんだけど、実際に飛ぶとエントリーからリップまでの距離が短すぎて、やたらと慌てるキッカーになり肩を落とす。

肩を落としたまま終われないので、林道コースを通って第2ペアリフト付近まで移動して、軽く撮影会。まぁ、雪も重くて滑り心地が良いわけじゃないけど、各々好きなラインで好きなスピードでライディング。ユルい。

最後に第1ペアリフト付近に小さなキッカーを意地で整備して、意地で飛んで、意地で帰宅。サイコーに楽しかったのはランチタイムな一日だったり。
無論、最後にはこう叫ばねばなるまい。

バルス!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

米寿祝い

おじいちゃんの米寿を祝って、実家で飲み会。

米寿ってことは88歳なんですな。すごい。

タバコもやめちゃったし、お酒もだいぶ減って、めちゃくちゃ元気なんでした。256歳くらいまで生き続けてほしいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[15]一里野温泉スキー場 - 分からない

天気的に昨日は新雪を諦めて、今日に賭けたわけで。例によって白山一里野温泉スキー場なわけで。

で、朝イチを狙ってたんだけど、積雪のせいか、白山麓スキー場方面の道で渋滞につかまる。


分からない。
スキー場に向かう道であり、雪道を走行するのは分かり切っているのであり、スタッドレスタイヤを装着しスキーやスノーボードを積載したクルマがなぜノロノロ運転なのか。


8時過ぎにやっと到着。センターハウス前の駐車場は満車。仕方がないので中ノ原駐車場に車を停める。中ノ原リフトが(整備で)8時半まで動かないとのことで、リフト乗り場でGENTEM MANTARAYを装着し、ニジニジと待機。

中ノ原リフト本日一人目の客になってゴンドラ乗り場に直行し、一発目はエキサイトゲレンデ。十分に積雪があるんだけど、モーグルのコブの上に積もっているので、面ツルというわけではなく、毎度雪の中のコブに板を取られて滑りにくい。


分からない。
スキーヤーはなぜ勝手に非圧雪エリアをモーグルコースに変えるのか。


それでも隅っこでスプレー上げては喜びつつ、二発目はチャレンジコース。すでにだいぶ食い散らかされてたけど、斜面に自分のスキルがイマイチついていかなかったけど、まあまあ。でも一本だけ。

あとはいつものように中ノ原の宮様コース側に隅っこ専門で入り、のだいら第1リフト下でブッシュをかき分けて未踏ラインを執拗にアタック。んで、失敗。のだいら第1リフト下の下部は斜度がなくてスピードが出ないけど、ラインを探す余裕があるので面白かったり。

休憩。中ノ原ロッジで関西弁を操る集団に遭遇。


分からない。
関西人(関西弁を話す人)はなぜ話を超大袈裟に誇張し、独りでボケ、独りでツッコみ、さらには空回りするのか。関西弁のイントネーションそのものが大袈裟に聞こえるということを新たに発見。


休憩後、関西弁でイキってた集団が中ノ原の新雪に埋もれている横を少し無理してチョッカって差を見せつけようと思ったんだけど、すでに荒れバーンになっていて膝サスペンションでは衝撃を吸収できず、ボカボカボカボカと激しく上下運動しながら通過。失敗。でも、コケなくて良かった…。

午後、2回ほどゴンドラに乗ろうとしたんだけど、見たこともない行列ができていてとても並ぶ気になれず、リフトで中ノ原近辺に戻ったり。ここにきて、今シーズンは休業している中宮の客が一里野に押し寄せてるのかもしれない。林道もあり得ないくらい渋滞するし。

ますます、コース外に逃れるしかないんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

[14]一里野温泉スキー場 - ロケット目撃

この時期、天気予報の調査が日課なわけで。

昨日の夜は降雪がなく本日午後から雪、ということなので、新鮮なパウダーは期待できそうにない。けど、週中には降雪があったし、残雪を期待して一里野で午前中だけ滑ることにした。今回はGENTEM INDY POOLDECKを装着であり、今回も単独行であった。

エキサイトゲレンデは見事にモーグルコースと化していたので、ピーカンの下、中ノ原ゲレンデへ直行。リフト下は少し新雪が残っていてスワワーンと舐める。リフトに乗っていると、Kaizan 2702.の店長発見。滑る前に少し話をしたんだけど、最近はGENTEM ROCKETFISHばかり乗ってるらしい。リフト下に突っ込んだかと思うと雪煙を上げて面白いラインを描きながらすっ飛んで行ったり。

あのオモチャのような短くて太い板でそのラインが描けるのか、と。

とにかく楽しそうですな。決してミサイルではなく、ロケット。エキセントリック。


そのあと、のだいら第1リフト下、某林の中、某コース外にざっくり入り、午後になって珍しく天気予報が当たり、わりと積極的な降雪が見られたところで終了。明日の朝イチ新雪に期待だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

フレッツ光はどうか(その2)

というアレで放置プレイ中だったNTT西日本北九州ブロードバンドコンタクトセンターから連絡があり、

連絡が遅れて大変申し訳ありません
と。

いやいや、アナタね。予定日を過ぎてから連絡ってどーなの?

2日は都合がつかず、誰も伺えませんでした
って、知ってますヨ、それ。一日中、アパートで待ってたし。

で、やっぱり立ち会いは必要らしく、何度も「平日の17時ごろまでだといつがよろしいでしょうか?」と聞かれるんだが、何度も「平日は毎日夜中に帰宅するんです」と回答する羽目に。

「では土曜日だといつごろ都合がよろしいでしょうか?」と聞かれるんだが、「2日を空けたせいでしばらく週末は予定が詰まってるんですが」と回答することに。

というわけで、2月24日の日曜日ということにしたんだが、どうも日曜日は都合がつかないかもしれないとか言いやがるので、たぶん、工事業者かアパートのオーナーが休みなんだとすでに知ってるんだろうなぁと思ったり。で、どうしても土曜日に予備日を取りたいというので、しかも業者都合で近日中の土曜日はダメってことで、3月1日の土曜日を予備日とした。


ま、最短で3月1日なんだろうな。

とりあえず、今回も

正確な時間が決まりましたらこちらから連絡を差し上げます
とおっしゃってたので、こっちからはアクションを起こさないことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

[13]瀬女高原スキー場 - ユルめの瀬女

特に新雪も期待できなかったので、瀬女へ単独行。

ポコジャンで遊べるかと思ってGENTEM POOLDECKに履いたんだけど、残念ながらポコジャンはリップがなくなってカマボコ状態。レール、ボックスも片づけられてたし。


やる気はあるのか、と。


パノラマコースは一部土が出ててイヤンなので、ルンルンコースとドキドキコースでカーヴィングを練習してみたり、高速バックサイドノーズプレスでチョロいグラトリ野郎の横を滑り抜けてみたり(ヤなヤツ)。

最後にパトロールの目を気にしながらクワッドリフト下へ突撃。積雪量が少なく、斜面変化がありすぎだったけど、まぁまぁ楽しめた。思った以上に距離があって、その分リフト上から監視される時間が長いので、(パトロールに)ビビりまくって突撃は1回だけ。

瀬女も一里野並みに自然地形を開放してくれれば、より楽しめるんだけど。まぁ、棲み分けができてていいのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

フレッツ光はどうか(その1)

今のアパートに引っ越して2年以上経過するにもかかわらず、相変わらずブロードバンドな環境じゃないので、仕事を持ち帰れないいろいろと不便だったりするわけで、今年に入ってから残業規制がより厳しくなったことも考えるとどうしてもブロードバンドを引かなきゃいかんな、ということで、1月の初めにフレッツ光(正確には@nifty光 with フレッツかも)を申し込み。

で、まぁ、アパートに引くので、回線工事をするために工事業者がアパートのオーナーにその工事の内容を説明する必要があるんですな。(部屋の中に入るので)自分も立ち会わなきゃいけないってことで、午後に来てもらうこと。


シーズン真っ最中の土曜日に身悶える思いでスノーボードに行くのを我慢しながら部屋を掃除しつつ待機。


17時になっても誰も来ない。


NTT西日本のサポート窓口であるところのNTT西日本北九州ブロードバンドコンタクトセンターの人が「正確な(立会の)時間が決まりましたらこちらから連絡を差し上げます」と言ってたんだけど、確かにその連絡はなかった。が、2日はダメになりました、という連絡もなかったんだが…。


貴重な休日は潰れたが、とりあえず部屋が片付いたのでヨシとすることにして、NTTの方は放置プレイ決定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »