« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

前進とは後ろを向いて後ろに進むことか

海外出張を目前にして混乱というか混沌の只中(ただなか)に居るわけです。


…いやぁ、もう、なんだか。

腹くくるか首くくるか、どっちがイイ?みたいな。


まぁ、腹くくるんですけど。


これほど足元が覚束(おぼつか)ない、閉塞感とやるせなさを感じる、空転クルクルパ○な仕事は久しぶりだ。
こんなに先行き不安な海外出張は初めてだ。


まぁ、過去2回しか海外出張の経験がないんですけど。


とりあえず、耳鳴りと頭痛とかすみ目がひどいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

platinum week

目が覚めたら14時でした。慌てて休日出勤

会社に着いて、社員カードを忘れていることに気づき、取りに帰ってやっとこ出社。

結構、道が混んでたり。
世の中、ゴールデンなウィークなんですな。ワタクシはプラチナウィーク。いえーい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

Ryukyu Scale

とか言ってたKORG KAOSSILATOR

KORG KAOSSILATOR

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

ちなみに、ヘッドフォンはついてきません。


というアレで少しイジってから休日出勤。orz

帰宅してコンビニ弁当食いながら、また少しイジったり。
思った以上にチープな質感だけど、思った以上に面白い。

まぁ、全然、音色と呼べるようなモノは奏でられませんけど。とりあえずRyukyu Scaleで沖縄っぽい音出して、和んでみたり。


実際は、こんなふうに遊ぶモノ、らしい。


しかし俺はどこに向かっているんだろうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

dark force

だいたい、この時期は試乗会でいろんな板に乗ってみたり2つ目のスノーシューの物欲に悩まされた挙げ句結局、買ったりプチ秘境を探索したりバックカントリーでハイクしまくったり.、バックカントリーで物欲高めたり来シーズンの板を予約したり、と充実したスノーボードシーズンの最後を締めくくる絶好の行楽シーズンと位置づけられているわけですよ。少なくとも俺にとっては。


でも今年はもうなんだか全然ダメ。仮に(仮に、だ!!)週末休めても、青空の下、アハハうふふとはしゃぐ気に全くなれない。
部屋でポチポチと物欲を満たす以上のエネルギーが得られない。


凹まされ過ぎるとリカバリできないんだね!!


どんどん堕ちていく感覚だけが鮮烈。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

そして暗黒面に支配される

ゴールデンウィーク明けから上海に出張なわけで、さすがにもう「しゃあねぇ逝ってくるか」という心境になりつつあるんですけど、問題は

ゴールデンウィークあるのか?

ということだったり。

出張直前に問題噴出。
炎上していると言っても過言ではないと言っては言い過ぎだろうか。


問題は直前になって発生する

まぁ、直前でなければ問題にならないことが、直前なので問題になる、ということが往々にしてあると思うので、なんとかの法則というわけでもないんだろうけど。

というアレで休日出勤。

例年なら、この時期は板担いで立山のぼってバックカントリーきゃっほーなのに、今年はもう2ヶ月近くスノーボードに行ってない。
ライフワークそのものだったスノーボードが、俺を構成している要素から離れていくんじゃないかと不安になったり。俺の構成要素からスノーボードがなくなったら、虚無しか残らないのに。悲しい、と言うよりは恐ろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

ジェットブラックの理由

この辺で紹介し、この辺で友人にポチらせ、この辺で予約し、明日日本で初公開されるKORG DS-10が、最近ネット上ではわりと騒がしい気がする昨今、船田戦闘機氏による記事が掲載されてます。


記事を見て気づいたんですけど、KORG DS-10の紹介記事って、たいてい黒のDS Liteを使ってるような…。

確かに、MS-10の雰囲気に近いというか、めちゃくちゃ小さいシンセサイザーという雰囲気を一番醸し出してる気がする。

2年ほど前、黒のDS Liteを購入してたのは、KORG DS-10のためだったのかもしれない…。

KORG DS-10/AQインタラクティブニンテンドーDS Lite ジェットブラック


ところで、予約したKORG KAOSSILATORがまだ届かないんですけど。マジで先にKORG DS-10が手元に届いちゃうんじゃないのか。(日本にいれば)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

立派な大人

海外出張に伴って業務用のノートPCの購入を検討してたんですけど、ThinkPadはダメだが立場的にビブ郎で我慢しろ的な展開になってしまい、仕方ねぇかと思っていたら、結局、現地でデスクトップPCを用意することになったらしい。

微妙な時勢というかタイミングにおける出張先であり、「宿泊先がアパートだと危ないからホテルを取ってやる」とかおっしゃってくれていたわけですけど、結局、サービスアパートになったらしい。

そういえば、「コア技術が海外に流出しちゃうのは良くない!!できるだけこっち(国内)で巻き取るべきじゃないのか!!今後の我が社のためにも!!」と鼻息荒く迫ったことがあり、一度は「コアは日本で、周辺はオフショアで」という話になった気がしたけど、結局、現状はコアを含めてほとんどオフショアで、残った一部も国内外注で開発ということになってたり。


なんだ。要求をいったんは飲むのに、いつの間にか覆ってるし、覆る方向が常に最悪じゃないですか。


まぁ、俺も子供じゃないので。相手の立場にも一定の理解を示すし、状況に応じてフレキシブルにスタンスを変えることができる立派な大人なわけだ。
文句は…言っちゃダメだ…たぶん。
でも、こーゆーウンザリ感がモチベーションに影響しまくりますヨ。


しかし、ノートPCを持っていけないといろいろと困りそう。
本当は持っていかないつもりだったMacBookだけど…持っていくしかないか…。ウンザリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマガエル

完璧な周波数だよキミたちの鳴き声は。

耳に心地よすぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

SIGMA DP1はどうか

OLYMPUS E-420で悩んでいたらSOU先生よりSIGMA DP1どうかと教えていただいた。

SIGMA DP1

いやいやいやいや…。w
スペックがマニアックすぎる!!

しかし、RICOH GR DIGITAL IIで悩んでいたら、ヤバかったなぁ。外見的にはDP1の方がより好み。

マクロがイケたら(俺的に)完璧なハイエンドコンデジなんだけどなー。1.5cmマクロとかイケたらクラクラと気絶して気がついたらポチッと押してたかもしんない。

RICOH GR DIGITAL II

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

ビューティフルコード

この辺で欲しがり、この辺で待ちきれなかった、Beautiful Codeの和訳がついに出る模様。

ポチッと予約だポチッと!! (;´Д`)ハァハァ

ビューティフルコード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

E-420はどうか

オリンパスのデジ一眼E-420が発売されましたな。

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-420 レンズキット E-420KIT

基本的に、物欲という名の煩悩が湧き出ると、ネチネチネチネチ考える性分なわけですけど、ネチネチネチネチ考えるのがストレス発散になっているような気もするので、ネチネチネチネチとメンドクセーやつだ!!などと思わないでいただきたい。

さておき、MacBookは案外あっさり買ったわけです。せいぜいネチネチといったところ。それほど選択肢が多くなかったし、突然欲しくならされ、突然欲しくなり、あっという間に炎上したからかもしれない。

ところがデジカメはネチネチ度が高い。

この辺でデジ一眼オリンパスE-410は軽量でいいけど使うシーン的にコンデジであるリコーCaplio R6じゃないのか?でもデザインはハイエンドコンデジなリコーGR DIGITALがスゲくいいんであり、この辺でCaplio R7キタ!!であり、この辺でハイエンドデジ一眼なオリンパスE-3は無理でもデジ一眼に心が傾きかけたところでGR DIGITAL IIキタ!!であり、この辺でGR DIGITAL IIと同じ価格帯でレンズキットが買えてしまうE-410と悩み、結局この辺でCaplio R7を購入した。

3ヵ月後、リコーから外見的に若干GR DIGITAL IIに似ている、(Caplioがつかない)R8が出てカッフンとなった。まぁ、悔しいのでスペックとかの評価はしてないけど。


で、Caplio R7だけど、その機能を使いこなしているとは全く言えないものの、その実力を発揮させているとは全く言えないものの、主力光画機として便利に使ってるわけですな。だからもうデジカメは要らない

もう一度言おう。


だから もう デジカメは 要らない


んですけどもっ!!

E-420に搭載されているハイスピードイメージャAFとかAFライブビューとかコントラストAFとか呼ばれてるこのAF時にミラーアップ(ダウン)しないライブビューがっ!!もしかしたら嬉しいのかもしんないっ!!

と、言うのは、(心の)物欲師匠ことスタパ齋藤先生はE-330E-410E-510E-3も(たぶん)ご購入なさっているのだが、都度、E-330のライブビュー(Aモード)が良いとおっしゃっている…気がする。E-3のとき以外は必ずおっしゃっている…気がする。予備のE-330をご購入なさるほどライブビュー(Aモード)を溺愛なさっている。

などと、スタパ信者でもなんでもないわけですけど、E-420のライブビューは前述のとおりE-330のライブビュー(Aモード)と近いんではなかろーかっ!!よりコンデジに近い操作感でデジ一眼が扱えるなら、まさに入門機として最適ではなかろーかっ!!と思った次第。


というアレでE-420の発売前から、スタパトロニクスmobileとかスタパブログとかにレビューが載るんじゃねーかと待ってるわけですけど、全然載らなかったり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

キーボード問題は一部解決

キー配列まだMacBookを使い始めて1週間経ってないわけですけど、解決してないのが、やっぱりキーボードの配列だったり。

この辺で大げさにMacBookはShiftの上にControlキーがあるぜキャッホー!!と騒いでたわけですけど、結局、WindowsにおけるControlキーの役割はMacにおいてはCommandキーなので、意味なかったり。カッフン。

あと、慣れなかったのが、日本語入力を開始するときのキー。Windowsの場合、通常「半角/全角」キー押下で日本語入力、もう一回押下して英数半角入力に戻るけど、Macの場合、「かな」キー押下で常に日本語入力、「英数」キー押下で常に英数半角入力。

MacBookに慣れてくると、Mac方式の方が理にかなっていると大いに感じたり。

キー入力を連続で行うようなとき(コーディング時とか、今みたいにBlog記事を書いてるときね)、ふと、キー入力を止めて思考する時間があるわけで。そのあと、入力を再開するときに、「あれ?今どっちのモードだっけ?」と思う。そう思わないためには、とりあえず入力を開始しちゃうか、Windowsの場合、(MS)IMEの表示を見てどちらのモードか確認すると思う。
タッチタイプをする場合、この0.1秒が面倒くさく感じるわけだけど、Macのようにそれぞれのモードが別のキーに割り当たっていれば、日本語入力を始めるときはとりあえず「かな」キーを押下してから入力、英数半角入力を始めるときはとりあえず「英数」キーを押下してから入力することができる。

そして、この「かな」キーと「英数」キーがスペースキーの両端にあるのも見逃せない。ちょうど親指の下に配置されてるわけだ。IBM PCのキーボードだと少なくとも左手はホームポジションから外さないといけない。HHKでも左のAltキーの右という変態的な配置。


というわけで、WindowsのIMEのオンオフ設定をMacに合わせて解決することにした。IMEの設定を変更して、「無変換」キーでIMEオフ、「変換」キーでIMEオンに設定。IMEオン/オフが割り当たっている「半角/全角」キーは思い切って無効化。
これで、右手の親指を押下すれば日本語入力、左手の親指を押下すれば英数半角入力。

(俺的に)めちゃくちゃ使いやすくなった!!

だいたい、IBM PCの「無変換」キーとか全く使い道が分からないわけで。何を無変換するんだっつーの。

このIMEの設定は、IBM PCの106/109系キーボード上でWindowsしか使わない方にもぜひおすすめする。左手をホームポジションから外して「全角/半角」キーを叩きにいくのがバカらしくなるから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Quicksilver

QuicksilverWindowsの場合、アプリケーションのランチャにはbluewindを便利に使用してたんですけど、同じノリで使えるMacのランチャはなんじゃろか?と探してたところ、どうもQuicksilverが有名らしいので、インストール。

とりあえず、bluewindと同じノリで使えるし、…アプリケーションとして美しい。bluewindはControl+L(LauncherのL)で起動するようにしてたので、Quicksilverも同様にControl+Lに割り当て。

うおー。べんりー。
またひとつ、ストレスファクターが減ったヨ!!

本当はランチャ以外にもいろいろと多機能らしいけど、その使い方は追々調べていくことにしよう。

ちなみにこっちのクイックシルバーは"c"がないんですヨ。まぁ、それだけですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

ただの土曜日

夜の帳がおりる頃今度の上海出張は長期なので、査証(visa)が必要なんですな。そういえば、観光visaでしか海外出張したことないかも。

というか、海外は出張でしか行ったことがないわけだが。

というアレで、週末は引きこもっていたかったんだけど、visa用に証明写真いるってことで、外出。メンドクセー。

せっかく外出するので、出張用に服とか下着とか補充。

(パジャマ用の)ジャージが欲しいぜ!!と思って、某スポーツ用品量販店に寄ったらquiksilverの福袋の余りモノがさらに破格で叩き売られてたので、かわいそうになって購入。そういや、昨シーズンのウェアの候補がquiksilverだったのを思い出した。

しかし、人気がないんだね。そうだよね、quiksilverとか知らないよね。トラビス・ライスも無名なんだね。この店ではquiksilverよりkissmarkの方が売れるんだね、たぶん。

実家寄って、証明写真撮って、帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

first attack

MacBookiPodのときも驚いたが、説明書の類はほとんどない。Appleらしいというかなんというか。割り切り方が半端じゃない。

なので、何も考えず起動ボタンをポチッ。フツーに起動し、ネットにもフツーに接続でき、だいたい直観的な操作でなんとかなる雰囲気。トラックパッドの日本指操作はソッコーで理解できたけど、クリックボタンが一つしかないのはなかなか慣れない。

で、最初に起動したアプリは"Safari"だったり。


そのあと、DockやFinderからいろいろとアプリケーションを起動してみて、Mac OS X文化の一部をざっくりと俯瞰。技術書の目次を眺めたり、パラパラとめくってみたりするのと同じ行動かもしれない。

トーゼン分からないことが出てくるので、その都度ネットで検索。便利な世の中ですな。

で、ネット上やローカルの探索中に面白そうなアプリケーションを見つけたりするんだけど、深追いはしないことに。実は根本的なことが分かっていないんでした。


アプリケーションのインストール方法やインストール先が分からない


Windowsだと、そもそもインストーラ任せだし、インストール先もProgram Files配下に置くか、他の場所に置くか、というノリもだいたい分かるし、基本的にコントロールできる。けど、Mac OS XってUNIXなんでしょ。まさかアプリケーションのソースが配布されてて、コンパイルして、配置して、テキストエディタで環境変えて、みたいなことはないと思うけど(そのよーなものもたぶん実際にはある)、aptみたいなパッケージ管理ツール使うのか?MacだとMacPorts?

ちなみに、UNIX系システムを触るときは、アプリケーションをどこにどのように配置するかというノリが分からないので、パッケージ管理ツールを使ったインストールしかしたことがなかったり。Debian GNU/Linuxだとaptですな。Debian系はUbuntuしか使ったことないけど。
RubyパッケージならRubyGemsなわけで。

ということで、いったん現実逃避してMac OS XにRuby on Railsをインストール。ターミナルを開いて

gem install rails -r
書き込み権限がないと言って怒られる。
sudo gem install rails -r
成功。
これで、MacでもRailsで遊べるなぁ。

で、逃避から戻ってきて、一般的なアプリケーションのインストール方法は…とりあえず、Firefoxは詳細なインストール方法が載ってたのでその通りに。

ふうん。ディスクイメージをマウントするのね。インストール後はアンマウントしちゃっていいのね。媒体として扱う感じか。ということはここがアレで、えーと…。

Mac OSの基本的なことが全然わかってないので、細かいところがいちいち新鮮。


で、最初にDockから削除したアプリも"Safari"だったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

first contact

定時退社日だったので1時間残業で切り上げ、いそいそと帰宅。

今度こそキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

MacBook

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

MacBook

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

MacBook

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBookキタ━━(゚∀゚)━━!!!!!

ゴーストの囁きにしたがって金曜日の深夜にポチッと注文したMacBookが火曜日には届いちゃう。


このスピード感が嬉しい!!


打てば響く。


サービスとはこうありたいものですな。


さておき、こんな日に限って午前様で受け取れないわけですけど。orz

ご不在連絡票

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

ゴーストの囁き

みなさまにご意見いただいた


ワイダ師匠にも

考えるな!感じろ!ポチれ!
とご指導いただいた。


逆に冷静になった。


冷静になった頭で考えた。


考えて、ゴーストの囁きに従うことにした。


ご注文

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

MacBookは本当にどうか

手段のためには目的を選ばなくてもイイじゃないか!!と半ば逆ギレ状態なわけですが、実際問題としてこの瞬間に新しいPCは必要かと問われると必要じゃないんだよなぁ。あえて言うなら、モバイル環境がない、というくらいか。

日常的に業務でPCを使用する以上、プライベートなPCとの間に差がない方がストレスを感じないし、家に仕事を持ち帰ることもできる。けど、それは今のデスクトップでいいわけですな。だいたい、Vistaはスキップして、超軽量カーネルを搭載するという噂のWindows 7まで待つつもりだったわけだし。

つまり、OSは変わってもいい。
いやいや、待てよ。Windows系以外のOSが使いこなせるのか、俺。Linuxもほとんど使ったことがなけりゃ、Mac OS Xにいたっては触ったことすらないでしょ。
最悪、Boot Campがある。
いや、確かにBoot Campはイイかもしれないけど、どうなんだよ、MacでWindowsってのは。ちょっと格好悪くね?

OSはちょっと置いておいて、アプリケーションは使い慣れたWindows系のモノじゃないとダメなんだよなぁ。
プライベートPCで(俺にとって)必要なアプリはブラウザとメールと、あとは使い慣れたテキストエディタ。残念ながらEmacsはついに使いこなせなかったので相変わらず秀丸エディタだし。

ブラウザは実は何でもいい。もちろんFirefoxもMac OS Xで動作するし。
メールは最近WEBメールばかりだし、POP3で取ってくるメールはデスクトップPCで取ればいい。
秀丸エディタですらマクロをバリバリ使うようなことはないし、頑なにIEを拒みOperaを使っていたにもかかわらず、あっさりFirefoxに乗り換える程度の無節操さは備えている。
RubyだよRuby。少なくとも、スクリプトとしてはRubyが動く環境じゃないと趣味のプログラミングができない。これは困った。
今どきのMac OS Xは標準でRubyが入っている。当然Railsも動く。
…。すげー。標準かぁ。しかも、Windows用RubyができないForkとかもイケるわけだ(たぶん)。

と、言うか、ですよ。やっぱりハードウェア的なユーザインターフェイスも重要なわけですよ。特にキーボードが変わるといきなり効率が落ちるし。特にちょっと特殊というか変態的な嗜好で…Shiftキーの上にControlキーがないとダメでしょ、俺。さらに日本語配列じゃないとダメでしょ、俺。Windowsの場合、キーバインディングを変えてCapsLockキーとControlキーを入れ替えてるでしょ、俺。Macだとどーなのよ。できないんじゃないの?いや、キーバインディングは変えられるんだろーけど、素人の俺にできんの?

少なくともMacBookの日本語配列キーボードはShiftキーの上にControlキーがある
マジかよ!!!

実際、コレにマジで驚いた。こんな変態的なキー配列…HHKじゃないと許されねーぞ!?ウソだけど。UNIX系端末じゃないと許されねーぞ!?むしろ、BSDベースのMac OS Xだと違和感ないのか?


うーむ。日本語配列でも、キートップに平仮名の刻印は要らんなぁ。


というくらいしか、買わない理由が思い浮かばないんですが…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

MacBookはどうか

キッカケは当然、友人が相次いでMacBook ProMacBookを購入したためなんだけど、Macと呼ばれる一般的にお洒落と形容されるソレにいきなり興味津々なわけで。

まぁ、デスクトップもノートもパーソナルコンピュータと名のつくモノは全然必要がないわけですヨ。何年も前に買ったDELLのHTなPen4のXP Proデスクトップが現役すぎるくらい現役なので。

しかし、ストレスが蓄積されまくりの昨今において、すでにCDを衝動買いするくらいでは全くメンタル面のケアができなくなっていることも事実。

そうでなくても、GW明けから3ヶ月の海外出張が濃厚になってきてて、出張用のノートPCのACアダプタが発熱で融けたため、業務でもノートPCの物色を余儀なくされてたりするタイミングだったりするんですヨ。
まぁ、業務使用の時点でMacという選択肢はゼロであり、やっぱり中華パッドの薄いヤツだろ?とか思ってたわけですけど、10万円を切るノートPCが出るご時世に社内稟議が通るわけもなく、じゃあいいよ自分で買うし自分で買うならX300じゃなくてX61だけどなバーカバーカと枕を濡らしてたタイミングだったりするんですヨ。

そんなタイミングで友人2人がMacBook ProとMacBookを買ったわけです。

俺だって検討するぐらいいいじゃないか


さておき、XP搭載マシンがほとんどないこのタイミングでPCを買うなんてことはないなぁと思ってたわけです。デスクトップが現役である以上、買うならノートPCだけど、Vista HomeなノートPCなんざ全く要らんわけで。Vista UltimateだとノートPCでちゃんと動くのか?って感覚だし(イヤ、知らんけど)。ベンダもそのよーな消費者が多いことを知ってか、変則的(?)に搭載OSはVistaだけどリカバリOSはXPだったりするマシンを出してたりするので、そのよーなマシンを買ってソッコーOS入れ替えかメンドクセーとか思ってたわけです。


そうだMac、行こうOSイコールVistaな世の中。そのよーに完全に洗脳されてたわけですな。ここで冒頭に戻り、そうかMacがあったかと洗脳から解き放たれたわけです。

もうね、放心状態で呟きたいわけです。


そうだMac、行こう


というアレで、Apple Storeでポチッと…いやいやいやいや、待て待て、俺。なんかもう手段のためには目的を選ばない状態になってるぞ。

大体、さんざんOSの文句を言っておいて、Mac OS X使ったことあんのか?ないだろ?

もうちょっと頭冷やせ、俺。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ピンチは死語か

KORG DS-10の開発が着々(?)と進行しているわけですけど、発売は7月でありamazon限定発売であり予約済みであり7月までに時間を捻出できるようにしないとなぁなどとほざいてたわけですけど…


俺、7月も日本にいなくね?


久しぶりに笑いに転嫁できない程度にマジなピンチを感じて焦る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

空っぽ

天使激しく出社拒否を起こしたので、何もせずに一日中、夢と現の区別がつかないくらい寝てた。


って、今日は休日ですから。
一日中寝てても誰も文句言いませんから。


いや、文句言うか…。スミマセン…。


1ヶ月ぶりに週末2日とも休んじまったい。
明日の仕事が恐ろしすぎる…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

フレッツ光はどうか(その6)

20080405というアレでNTT(から委託を受けた工事業者)の方がいらっしゃって、光回線の工事。

申し込みから3ヶ月…
長かった…。

工事自体は1時間半ほどで終了。なぜコレだけのために3ヶ月も待たなきゃいけなかったのか…。理解に苦しむ。


とりあえず、最大2ヶ月無料(開通月+1ヶ月無料)のはずなので、月初めに開通したのは良いとして…


来月は丸々日本にいないかもしれないのはお約束。


orz


いやぁ、俺ってばここまでお約束体質だったかなぁ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

傲慢

サルがちょっと進化しただけであるところのニンゲンの、存外に器用な仕草を見て、恐怖に駆られることがある。

深夜にクルマで帰宅して、コンビニ弁当を頬張りながら、ケータイでこのblogを更新してるオマエ。元はサルだろう?

ニンゲンがサルに戻ったら、世の中もっとシンプルになるかな。

なるかもしれないけど、それをシンプルだと思考できる(あるいは比較できる)ニンゲンがいない世の中にとっては、無意味なシンプルさかもしれない。


と思うのは、ニンゲンの傲慢か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

背中のジッパー

いつか背中のジッパーを腰まで下ろし「中の人」が覚醒してしまうんじゃなかろうか。

でも「中の人」は陽光を浴びると死んでしまうというお決まりのルールがある。

それでもなお死を賭して殻を破り、刹那の生を全うしようとする彼を制止する術はあるのだろうか。


あるんじゃね?

常に仰向けとか。
ジッパーをサビらせるとか。


などと、しょーもない妄想にカロリーを消費してたら4月になっちゃいました。

今年度は退屈な毎日を心穏やかに過ごしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »