« 240V対応 | トップページ | LIFE »

2008年5月 4日 (日)

TwitterはRailsを放棄するか

/.-J経由、TechCrunch Japaneseの記事「Twitter、Ruby on Railsを放棄か」によるとRuby on Railsで構築されていることで有名なTwitterがスケーラビリティの問題からRailsを捨て、新たに構築し直される…かも、とのこと。

Twitterが登場し、猛烈な勢いで流行っていった当初、「これはすごい」と「どこが楽しいのか分からない」という両極端の意見の狭間で、傍観を決め込んでいたんだけど、k-nos氏がTwitterを始めたことに気づいて、最近自分もアカウントを作ってたり。

Twitterを使ってみた現在の感触は…まぁ、なんだろ、ネットに向かって大声でひとりごちるような変なシステムですな。blogを1日に何度もポストするような人には向いているかもしんない。blogほど構えなくてもいいし、チャットほどリアルタイムじゃない、ある意味ニッチなゆるーい雰囲気がウケたのかも、と今頃になって分析。

ちなみにワタクシのTwitter上のつぶやきはこちら。日本語対応直前くらいから使ってます。


で、システム系の業務から離れてしまったので、仕事でRailsを使用することは限りなくゼロに近づいちゃったんですな。「あのTwitterもRailsで動いているんですよ!!イキましょう!!Railsで!!」と上司を説得することは今後ないわけです。けど、それでもTwitterがRailsを本当に放棄するのか、注視していこうと思ったり。特にRailsをやめて、代替手段としてRubyを使用し続ける場合、どんな仕組みになるのかがウォッチしておきたい。

追記:2008年5月4日(日)22:53
builder by ZDNet Japanより「TwitterはRailsを捨てません」という記事。TechCrunch Japaneseも下記のようにフォローしている。

私に言えるのは「Twitterが、Ruby on Railsから離れる予定だと話している」と主張する筋が複数あるということだけだ。会社が後に100%ガチと分かることを否定するのは、これが初めてではない。

|

« 240V対応 | トップページ | LIFE »

Ruby」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/41083760

この記事へのトラックバック一覧です: TwitterはRailsを放棄するか:

« 240V対応 | トップページ | LIFE »