« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

日本的日曜日

上海外灘昼前に起床し、美容院に寄ってから、服を買いに。

なんだか、落ち着いた…と言えば聞こえはいいけど、悪く言うとオッサンくさい服を選ぶようになってしまった気がする。
ジーンズはいつも同じ形(Levi'sの501)なので悩まないけど、ワンサイズ小さいモノをチョイス。痩せたからではなく、もっと後ろ向きな理由だったり。

その後、実家へ。ANNIE号ことAPE50のエンジンに火を入れようとしたんですけど…ムリ。何回キックしてもかからない。押しがけして一瞬回るけどすぐに沈黙。実家に来てた弟タカシ氏には「2年も乗ってなかったらかからなくて当たり前」と怒られてしまいました。反省。
サビも酷いし、ちょっと本腰入れてリストアしないとダメだな…。ANNIE号での通勤はいつの日になることやら。

画像は上海の外灘(Wai Tan)。本文とは全く関係ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

上海生活が肉体に与えた影響(その2)

昼過ぎに起床して、1時間ほどボンヤリしたあと、また昼寝して、16時起床。11時間以上寝てる。

ここ2週間ほど、ねむログで睡眠時間の記録を取っていて、だいたい平均睡眠時間が7時間くらいだってことが分かっている。思ってた以上に寝てるな。

で、帰国したら急に寝る時間がなくなって、木曜日と金曜日は5時間未満。今日はそれを補ったのかもしれない。平均睡眠時間も7時間台に戻ってる。


ということで、恒例のカラダスキャン。前回はこちら

上海生活前:

体重:49.9kg
体脂肪率:8.4%
体年齢:18歳

上海生活3週間後:

体重:50.0kg
体脂肪率:9.9%
体年齢:18歳

上海生活6週間後:

48kg級には出れない

体重:48.6kg
体脂肪率:10.7%

18歳

体年齢:18歳

あーあ。体重減って、体脂肪率が上がってるよ…。
最近、腕とか腰とか胸のシェイプがボンヤリしてきたよーな気がしてたんだけど、数字の裏付けが取れたってことだよなー。ガックシ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

荒んだ感じ

上海にいる間に、我が部署に新人君が配属されたそうで、その歓迎会など催すとのことであり、JRで出勤。

えーと、まぁ、新人君には頑張っていただきたい。

で、歓迎会。
直属のブチョリーナには「kyow君はいつも冷静だからなー」とか言われたり。先輩には「酒の席くらいはじけてみれば」とか言われたり。

もちろん、いつも冷静ではないし、酒の席では人並みにはじける。いや、はじけてた、と言うべきかもしれない。
確かに、このところ何をやってもあんまり楽しめてない気はする。
この荒んだ感じは何なんだろうな。自分を取り巻くすべてを「くっだらねぇ」のヒトコトで片付けてしまいそうになる。

この調子で1次会で脱出したら、いよいよkyowは人付き合いが悪い、ということになりかねないので、3次会まで参加。無理すんなよ、俺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

二次一時帰国

チェックイン目が覚めたら6時半だった。

ヤバい。起床予定時刻を1時間半、出発予定時刻を30分も過ぎてる。急いで支度をして、6時45分にホテルを出発。ソッコーでタクシーをつかまえて浦東国際空港へゴゥ。

「大丈夫大丈夫。国内線よりも余裕を見ているスケジュールだから大丈夫。」

と、自分に言い聞かせ、必死に落ち着こうとする。おっそろしい運転で車線を右に左にどんどん他のクルマを追い抜いて行くタクシーが今日ばかりは頼もしい

7時35分、浦東国際空港に到着。予定時刻を10分リカバリ。
ただ、タクシーの運ちゃんに「1番と2番、どっちのターミナル?」って聞かれて、前回はリニアだったし、どっちのターミナルか覚えてなかったので、確率50パーセントに賭け、「2番」と答えたんだけど、答えは1番ターミナルだったり。orz

ま、1番ターミナルと2番ターミナルは接続しているので、大丈夫だろ、と思い、1番ターミナルに引き返したんだけど、渡り廊下の途中でシャッターが下りてたり。ついてねーと思いつつ、一度1階にエレベータで下り、となりの渡り廊下のエスカレータに乗り、無事1番ターミナルへ。汗だくでリカバリした10分を早くも消費

出発ロビーで、チェックインの列に並んだんだけど、遅々として進まない。前のおばちゃんらが何かもめてるらしい。日本なら、時間前に列に並んでいて空港側の手違いでチェックインが遅れてもちゃんと飛行機に乗せてくれるだろうけど、ここは中国。社会主義国家に、…すべてがお役所仕事の彼らのこと、時間が来たらどんな理由があろうとも無情に締め切るんじゃないのか?

Flight check-in will be closed 45 minutes before its departure.

の表示が気分を焦らせる。9時10分の出発だから、45分前っていうと8時25分か…。

結局、30分以上待たされて8時20分にチェックイン完了。
ギリギリやんか!!チビった!!

窓口のお兄さんが出発時間を強調し「あんまり時間がないから急いでね」みたいな言葉を背に受けつつ、急いで出国審査へ。問題なくパス。続いて、手荷物検査は…お約束で引っかかり、出発ロビーにやっとの思いで到着。

5分後、ゲートが開き、落ち着くヒマもなく機内へ。あー、マジ焦った。

だいたい同じ席飛行機から見える景色はいつもだいたい同じ。左の窓側の席で、主翼が見える。

日本には昼過ぎに到着。実家に寄ってから、15時頃に出社。22時に退社。

ヘトヘトだったけど、コンビニ弁当を頬張りつつ、出張中の洗濯物を洗濯機で回しつつ、出張中に届いてたCDを聴きつつ、出張中に届いていたオリンパスE-420とそのアクセサリ類をイジって、ニヤニヤしてみたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

それだけが心配

日本からお客さまが5名いらっしゃったので、夕飯をご一緒させていただく。

ホテルに帰って、スーツケースを引っ張り出し、荷物の整理。

というわけで、明日帰国します。


明日からのお客様の相手は後輩君にお任せ。
最悪、俺の立場はおいておいても、我々(というか我が開発チーム)の立場が危うくなるようなことをペラペラと話さなきゃいいんだけど。それだけが心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

何も信じられない

このよーにクルマの運転マナーが悪い上海ですけど、歩行者のマナーも悪かったり。信号無視も多いし、片側2車線の道路でも平気で横断歩道じゃないところを渡る。

真似をするとさすがに死ぬな、と思うので、せめて信号のある横断歩道を渡るようにしているんだけど、


その信号が壊れてたり

20080624

中国は、クルマも信号も、何も信じられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

マコモダケ

朱家角で出会った謎の…文中で何かの野菜と表記している食材をマーさんが調べてくれた。

マコモダケ

と、いうらしい。

ググってみてもそんなにヒットしないので、日本ではわりと珍しい食べ物なのかも。沖縄ではフツーに食べられてるのかな?

あぁ…マコモダケの味噌炒めとビールで一杯やりたいぜ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

上海のタクシー事情

20080623上海のタクシーは初乗りが11元(現在のレートで180円弱)と日本に比べて割安で、かなり気軽に利用できる。地図を見せて、片言ながら通りの名前を言えばなんとか通じるし(最初は苦労した)。

困るのはその運転。ヒジョーに荒い。助手席に座っているとちょっ…マジぶつかるって!!と悲鳴一歩手前なことがよくある。まぁ、運転の荒さはタクシーに限ったことじゃないけど。

まぁ、中国の(上海の?)交通ルールもまずいんだと思う。あり得ないことに赤信号でも右折可能なんですよ。中国は右側通行なんだけど、例えば、タクシーが交差点を直進しようとする場合、右から来るクルマは右折可能なので、直進車に合流する形でかなり強引に割り込んでくる。対向車線の左折車はもちろん日本のように直進車が切れるまで待とうとはせず、どんどん左折してくる。どうやらノーズを突っ込んだもん勝ちみたい。

運転の仕方もストップアンドゴーで、巡航という概念が無さそう。MT車が多く(っていうかATのタクシーはまだ見たことがない)一度4速に入れたら10km/hくらいまで減速してもギアチェンジせずにそのままアクセルオン。当然、ギアが合ってないので、ガリガリとクラッチを滑らせながら加速。

マナーも最悪。少し遅いクルマの後ろについたら、パッシングは当たり前。クラクションもよく鳴らすし、対向車線にはみ出して(というか完全に入って)追い越しをするし。
相手が強引に割り込んできたりするときは窓を開けて怒鳴り散らしたりする。ちなみに、クルマの外にタンを吐いたりするのは当たり前に見られる行動だったり。

市街地を走る場合、タクシーのルート選びは特殊。前述のように赤信号でも右折可能なので、青信号なら直進か左折、赤信号でも右折ができるなら右折、というように結構ジグザグにルートを選ぶ。止まりたくないのは解るけど、赤信号をほとんど減速せずに歩行者を擦るように右折するときのスリルは悪夢と言っても過言ではない。

これらのタクシー(を含むクルマ全般)の運転の仕方を見てて、自転車の乗り方と変わらないな、と思ったり。
ほんの10数年前の中国のイメージと言えば、自転車に乗った人々の群れがヌーの大群のようにひしめき合いながらなだれる姿を(個人的には)思い出す。あの頃よりも中国の人々は豊かになり、自転車は車に変わったけど、精神は変わらないのかもしれない。自転車の群れの中ではおそらくノーズを突っ込んだもん勝ちだろうし、ベルで合図しながら(ときには怒鳴りあいながら)距離を図るんだろうし、割り込まれないよう距離をつめるためにストップアンドゴーで走行するんだろう。


でも、ソレ、自転車じゃなくて、1.5tの鉄塊でできたクルマですから。


自転車的な運転の良さといえば、距離をつめて運転するために速度があまり出ないことかもしれない。事故は多くても、大事故はあまりないのかもしれない。

とは言っても、もうちょっとマナーは良くならないのか。一度、タクシーがタクシーに追突するのを見かけたことがあるけど、アレの当事者になる可能性が日本よりも確実に高そうだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

でもカートにはキープ

あっぶねー。APE50用の15cmロンスイをうっかりポチりそうになった…。

ダメダメ。ちゃんとエンジンが動くことを確認してからじゃないとな。>放置しすぎ!!

つか、スイングアームを15cmも延長して、サスペンションがそのままってのもどーなのか。フツーダメだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンジョンチック

昨日の朱家角では250枚以上の画像を撮った。
朱家角には、細い小道とか連絡通路とか家と家の隙間とか、「この先には何があんだろ?」っていう好奇心…それは主に子供(男子)の好奇心かもしれないけど…を誘う場所がいくつもあって、気がついたらできるだけシャッターを切るようにしてみた。

ダンジョン1ダンジョン2
ダンジョン3ダンジョン4

ちょっと、ダンジョンチック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rainy Shanghai

戦利品今日の上海は雨。ビチビチと降っております。

次の木曜日に帰国するので、上海における最後の休日になるんですな。会社の土産は昨日買ったし、あとは家族への土産を買おうかと思い、この間行ったコピー品の店にまたしても単独潜入。

弟の嫁さんからはシャネルのピンクのキーケースというご注文をいただいていたんですけど、ごめんなさい、ありませんでした。妹アキヨ嬢からはグッチのサイフというご注文。画像もいただいていたけど、同じのはありませんでした、ごめんなさい。弟タカシ氏からは下品な成金主義の時計とのご注文をいただいてましたが、ワタクシ、下品でも成金主義でもないので、どんなのがいいかさっぱり分かりませんでした。


ないんだよ!!
ないんだから許してくれよ!!


ということで、とりあえずひとつ目の店で、グッチ(の偽物)のサイフを購入。言い値の半値以下まで価格交渉。しきりに「ケチ」「安すぎる」と言われたけど、結局売ってくれたことを考えると店側にも十分な儲けは出てるんだろうと分析。でもあんまり美味しくない価格だったんだろうな。すげー舌打ちしてたし。

他にもブラブラと店を回って、次は初めての店に突入。いきなり店の奥の隠し扉を開き、南京錠がかかった倉庫に連れて行かれて焦る。独りで来るんじゃなかった!!と後悔し、真っ暗な倉庫の中から屈強なスキンヘッドの革ジャンを来たオッサンが出てきていきなりボコられるシーンを想像したけど、倉庫の中はS級品が陳列されてるだけでした。

でも、中に入るのは少し躊躇われたね。後ろでいきなり倉庫閉められたりしたらどうしようって思ったし。

で、ここでも価格交渉。最初、時計1つ650元って言われたんだけど、話にならん!!と、交渉決裂しかけてからが長かった。結局、ロレックス(の偽物)の時計とフランクミューラー(の偽物)の時計とグッチ(の偽物)のサイフ、サービスでルイヴィトン(の偽物)のキーケースをつけさせて購入。全部で550元。

でも、これでも儲けが出てるんだろ。いったい、単価ってどんなもんなんだろな。


部屋に戻って、偽物の時計やサイフを眺めていたら、なんだかスゲー空しくなったり。偽物を身につけることにより、自分まで偽物になるような気がしたのね。偽ブランド品をつけるくらいなら、本物の、自分の好きな安ブランド品を身につけたい。そう思ったら、今、左手首に巻いているTHE AUTOMATICはこれからも巻き続けるんだろうなと思ったり。nixon(それなりに安くて)サイコー。

でも、まぁ、コレらはお土産だ。正規ブランド品に対する罪悪感はあるけど、ネタとしては十分面白いし、価格交渉も楽しい経験だったし(ボコられなくて良かった…)。ヨシとするか。

あとは、税関で引っかからないことを祈るだけだな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

朱家角


查看大图

朱家角会社のマーさんによるガイドで、後輩君と、朱家角(ZHUJIAJIAO)に観光に連れて行っていただく。

今日から中国でもガソリン代が16%だったか値上がりしたそうなのに、わざわざマイカーでお出迎えしていただいたり。感謝。
実は上海でマイカーを持つのは結構大変だったりする。ナンバーの取得にめちゃくちゃお金がかかるらしい。マーさん曰く「車の半分くらいのお金」だそうで、上海で車を運転する権利代ということらしい。上海ナンバーじゃないと有料高速道路にラッシュ時(?)に入れないとか、制限もあるみたい。

で、高速でピューッと朱家角へ。
朱家角は古い町並みを保護している観光地で「上海はここから始まった」らしい。

続きを読む "朱家角"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

empty sign

後輩君は先に退社。

俺ってば、ひとりで抱え込み過ぎなんでしょか…。

21時半に退社。
夕飯は例によってカップ(もう書きたくもない)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イマドキの4MINI

たとえ自転車に乗るヒトのエネルギー効率が他の輸送手段よりも良いとしても!!そんなに簡単に自転車に乗り換えていいのかっ!?

だってそうだろう?

ボクらは内燃機関が大好きだ!!

とはちょっとだけしか思わないが、しかし、ガソリン高いからクルマやめましたエネルギー効率の良い自転車にしましたっていうのはなんだかシャクじゃね?

でもまぁ、確かに看過できないところまで来てますよ、この原油高は。


それなら、自動二輪はどうよ、と思ったわけです。

ワタクシ、ホンダAPE50をちょこっとトラッカー風にカスタムして遊んでた時期があるんですけど、現在においてはトラッカーなんつーカテゴリはすっかり駆逐されまくってモタード全盛期なんじゃなかろーか、とか思ったり。


さておき、イマドキの4MINIってどーなのよってサーフィンしてみた、ら、ホンダXR50モタードとか出てやがるんですな。やたらと格好いいんじゃね、と思ったヨ。

いや、分かってる。分かってるヨ。
オトコはカワサキだろ?KSR-IIだろ?やっぱ、バッタみたいなグリーンのボディがいいよねって2ストはもう新車ないっていうかKSR-IIは80ccなので乗れなかったり。


現実的には今持ってるAPE50ですな。全然乗ってないのにカバーもしてないからサビサビ状態ですよ。つか、家のヒトがクルマを当てたとかでミラーも割れてるし。

このAPE50をリストアしたくなってきたな。日本に帰ったら、まずはサビ落とし!!続いてミラー交換!!さらにはロンスイ化!!小型空挺機となったAPE50にまたがり能登一周空挺作戦!!これだ。これで上海を乗り切ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

イマドキのBD-1

原油高で韓国では200円/㍑を超えてるらしいですな。

ガソリンが高いから車に乗らない、とか、通勤代が割に合わない、とかいう考え方はどうもケチくさくてイヤなんですけど。
ガソリンが高い今こそ、ハイブリッドだエコカーだ自転車通勤だ公共交通機関を使うべきだと扇動するマスコミも鼻についてイヤなんですけど。

でもまぁ、確かに看過できないところまで来てますよ、この原油高は。


通勤は片道8kmくらいなので、自転車通勤とかできるんだけどなー。学生のときは片道10kmを毎日チャリ通学してたわけだし。


ワタクシ、格好良すぎる折り畳み自転車でありR&M BD-1のOEM品であるところの特殊偵察機ことPEUGEOT Pacific-18を持ってたりするので、メッセンジャーバッグ担いで、BD-1にまたがって、自転車通勤するのも(たまには)いいかもしれない。

でもでも、確かPEUGEOTブランドではもう生産してないんだよね?ヤバい予備を買わねば!!とは思ってないけど、久しぶりにBD-1を調べてみた、ら、イマドキのBD-1もまた一段と洗練された感じで格好ええのぉとか思ったヨ。ビアンキのBD-1互換機でもイイ。


通勤はおいておいても、久しぶりに自転車に乗りたくなってきたな。日本に帰ったら次期主力光画機ことオリンパスE-420をぶら下げて、特殊偵察機で作戦活動したい。これだ。これで上海を乗り切ろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

Firefox 3祭り

認定証Firefox 3ギネス記録に貢献。会社のPCにFirefox 3をインストール。ホテルに帰って、MacBookにもインストール。

Mac OS X用のFirefox 3は、まだFlashでの文字入力だったかにバグが残ってたような記憶があるけど…ま、いいや、ってことで。

一応、認定証も取得。

JavaScriptエンジンの高速化に期待してたんですけど、体感的には…うーんどうなのかな。Ajaxなページの閲覧では効果があるかもしんない。

UI的には、ナビゲーションバーとブックマークの使い勝手がイイ。

Firefox 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内なる敵

4月から全社的に業務内容が変わりすでにSEじゃなくなってプロダクト系エンジニアになっているはずなんですけど、結局現在はブリッジSEみたいな業務に就いているわけですな。

オフショア開発におけるブリッジなので、海外(今回は上海)の発注先の相手と、自社の相手をするんですけど、その他、親会社の相手もしなきゃいけなかったりするんですが。

最近、異様に疲れるのは、発注先の相手でもなく、自社の相手でもなく、親会社の相手でもなく、

後輩君の相手だったり。

まぁ、なんというか、後輩君にはイライラさせられっぱなしなわけです。もうとにかく人の言うこと聞かねえし、協調性ないし、自己チューだし、論理的なようで矛盾しまくってるし、矛盾を突くと怒りだすし。

あーもうヤダヤダ。

とは、言わない。いや、言ったかもしれんが、blogで不特定多数に発信したり、しない。

…はずだったんですけど、もうなんつーか、最近の後輩君の所業は酷すぎる。

いや、先々週あたりに本社で全社の新人歓迎会があったんですよ。俺はすでに上海に戻ってたんですけど、後輩君はまだ日本にいたので、新人歓迎会に参加したんですな。

で、何のタイミングか知らないけど、マイク向けられて「上海はどーですか」的なことを聞かれたらしい。

そしたら、

kyowさんは楽しんでるみたいです」

とか言ったらしい!!
拡声器通して参加者に吠えたらしい!!
アンプで増幅した音声を全社員に向かって咆哮したらしい!!


オマエバカだろ?


本人がいないところでテキトーほざいてんじゃねぇ!!
楽しんでいるとか言ったら思いっきり誤解されるに決まってんだろーが!!

ただでさえ、海外の長期出張は「本社の目の届かないところで遊んでいるに決まっている」ってゆー意地悪い噂が絶えない微妙で繊細な立場になる上、実際に遊んでいるならともかく

遊んでないのに

しょーもない噂を立てられる身にもなれよ!!


しかも前歴があるんだよ、こいつ。
上海来たての頃、やっぱり俺がいないところで、駐在の方に

「kyowさん遊んでるんじゃないスか

的な無責任発言しやがって、そのあと駐在の方(しかも2人いるんだわ)に冷やかされまくったろーがよ。

で、言い訳がこれだよ。

「言っちゃったんですもんしょうがないじゃないですか

まただよ…。
うわべだけの謝罪の言葉すらねーよ…。

だいたい、遊んでるのは後輩君のほうなんだよ。
以下、彼の破廉恥なエピソードを一旦は書いたんだけど、良心が咎めたので気を取り直して削除。


もし、俺が飛ばされたり、降格させられたり、上海での開発は社員が遊んで危ないとゆー理由でオフショア開発が見直されたりしたら、このバカの責任です。


というアレで後輩君は18時頃駐在の方と退社して夕食に行き、俺はひとりで発注先の方のQA対応しつつ、後輩君の尻拭いして21時まで残業してタクシーで帰宅。夕飯はカップ麺

これで、本社戻ったら変な陰口を叩かれたり、冷やかされたりするんだからな。やってられねー。

あー、マジで後輩君がチャイナドレスなお嬢さんと破廉恥な痴態をさらした画像を目線なしでここに貼付けたいぜ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

バイチュウ

上海にサチョーとブチョリーナが日本から来社。サチョーとブチョリーナには簡単に上海の現状を説明。相手がサチョーゆえ忌憚なくざっくばらんにってのは無理な相談でした。


ということで、18時にあがって他部署の飲み会にまぜてもらいました。中華料理。

上海出張中は、なんだかんだ言って日本からお客様がいらっしゃり、そのたびに上海のエンジニアも含め、飲み会が開催されるんですけど、こういう飲み会は必ずと言っていいほど、円卓に回転式のお盆(?)が乗っかった中華料理の店だったり。
んで、平日に開催されるので、すなわちデジカメなんざ持ち歩いていないので、円卓に中華料理が並んだ画像は全然撮れてなかったり。
そろそろ、あ、これ食べたことあるヤツだ的な感想を持つくらいには上海に慣れてきてたり。

とは言うものの、未知の料理はまだまだたくさんあるわけで。今回はバイチュウというお酒が出ました。「白いお酒」という説明をいただいたので、たぶん、"白酎"って書くんだと思うけど(白酒と表記する模様)。

見た目は透明で、少しとろみがあって、テキーラみたいに小さいグラスに注がれたところから、

アルコール度数が高そう

と、容易に想像できたわけですけど…。

とにかく臭い

たいていのアルコールはイケると思ってたけど、これムリ。

ゲップが殺人ガス


1杯目を飲んで、

飲めないことないッスよ

と豪語していた後輩君が2杯目を完全に無視していたくらいムリ。
つか、強気発言はいいけど、行動が矛盾してね?


2次会はお姉さんがいる店(もちろんチップなしの店ですよ)だったんですけど、後輩君はなぜか不参加。

サチョーやブチョリーナが楽しそうにカラオケしているのを見られたので良かったです。
じゃなくて、明日帰っちゃうあなたたちと違って俺は普通に仕事があるからマジ帰らせてと思った午前0時半だったり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

烏龍茶

烏龍茶たち日本にいても烏龍茶はほとんどサントリーの烏龍茶しか飲まない…というほどのポリシーがあるわけではなくて、単に飲み慣れているだけの話なんですが、上海においても烏龍茶を買うときはサントリー(三得利)が多いわけです。

中国のサントリー烏龍茶はいろんな種類が出てて面白いですな。甘いけど。

日本では無糖のドリンクしかなくても、中国では無糖のほかに必ずと言っていいほど"低糖"のものも出ているみたい。

烏龍茶の砂糖入り。最初は違和感を感じたものの、そのうちコレも悪くないな、と思えたり。ちなみにカルフールでは無糖が2.00人民元(今のレートで32円くらい)、低糖だと2.35元。

画像の冫水("にすいへん"に水)烏龍は、烏龍茶というよりはもうスポーツドリンク。多分、レモン味とライム味。で、やっぱりすごく甘い。

会社にドリンク類の自販機が置いてないので、休日に買いだめしてるんですな。
(パクられる等の理由で)屋外に自販機が置けないのは分かるけど、せめて社内には置いて欲しい、と思ったり。

そう考えると、日本ってば本当に自販機が多いんだな、と再認識。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

通信教育

後輩君と合流。

会社に届いてた通信教育をハンドキャリーしてきやがった。
えー、これ上海で勉強すんのー?
なーんで、もっとフツーのタイミングで受けさせてくんないかなー。いっつも間が悪すぎるんだよ。

ストレスのせいなのか、食生活のせいなのか、軽い下痢が続いてたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

リズム

よーし調子出てきた!!

21時半退社。ホテル近くのコンビニで中華カップ焼そばと中華水と翌朝用の中華パンと中華烏龍茶を購入して帰宅。

リズム出てきた!!

隣室や廊下の物音が丸聞こえのホテルの部屋に戻ってスーツ脱いでワイシャツ洗濯機に入れてジャージに着替えて中華水をポットで沸かして中華カップ焼そば作ってMacBook覗き込みながら夕食。

日本と変わらない生活を送れて今日も幸せ。(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月11日 (水)

はじめてのシンセサイザー

この辺

2年ほど前、黒のDS Liteを購入してたのは、KORG DS-10のためだったのかもしれない…。
などとほざいていたわけですけど、Amazonのインタビュー記事松武秀樹氏も
ぜひ、DS-10を使うときは、ニンテンドーDSの本体の色をジェットブラックにしてほしいですね(笑)。
とかおっしゃってるので、KORG DS-10のためにニンテンドーDSを買うお友達はジェットブラックを買え。

他の色のニンテンドーDSを持っているお友達はもう1個ジェットブラックを買え

さておき、KORG DS-10 Blogではじめてのシンセサイザーがスタートしてますヨ。
YouTubeの動画が公開されているみたい。

公開されているみたい。

えーと…

上海のネット環境だとストリーミングとか無理なんだって!!!

どーせ、発売されてもすぐには触れねーんだ。せめて、デモ動画でいいから触れたかった…。

KORG DS-10/AQインタラクティブニンテンドーDS Lite ジェットブラック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

iPhone 3G

その登場以来、国内でのキャリアはどこになるのかが(国内においては)注目されてきたiPhone。最初はドコモが優勢だったものの、先月末にはソフトバンクか?とゆー憶測も流れ、結局ソフトバンクモバイルから出ると発表され大きな話題となった先週ですけど、最後まで噂にすらならなかったau契約者であるところの俺が涙目で通りますヨどけどけオラオラ。

昨日のappleの発表によると、国内での発売は7月11日!!価格は8Gモデルで199ドル!!マジかよ!!

とコーフンするほど、ケータイが好きなわけじゃないんですけど…うわーんiPhoneイジりたかったよーんよーんよーんとゆーのが本音だったりする。いやもう、ポリシーねじ曲げてキャリア変えるしかないのか?

と、さりげなくソフトバンクモバイルユーザな弟君に、iPhoneに買い替えさせて自慢しまくってもらおうという魂胆ですな。


さておき。

今は上海で生活していることもあって、少なくとも中国と日本で同じケータイを使いたいとゆー欲求はありますな。今はnokiaのふるーい中華ケータイにプリペイドSIMを突っ込んで使ってるんですけど、この形式だと(よく知らんが)キャリアとか問わないわけでしょ?
なぁんで日本のケータイもこのよーにシンプルな契約にならんのかな、と思いつつ、先月も今月も時計としてしか使用できないのに基本料金はしっかりかかっているauのケータイをボンヤリながめる上海の夜だったり。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

端午節

長風公園月曜日なんですけど端午節ということで会社はお休み。日本で言うところの端午の節句ですな。

中国でも、日本と同様、端午節にチマキを食べる風習はあるみたいですけど、柏餅は食べないみたいです。

雨がビチビチと降っている中、長風公園に行ってみたり。ゴーカートとかアトラクション系の建物もいくつか見えたけどスルー。

上海も梅雨入りですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

価格調査

なけなしの日本円とパスポートを握りしめ、水城南路の休日も営業している銀行へ単独で殴り込み。

窓口で発した言葉。

"Exchange, please."
"Sign?"(ジェスチャーつき)
"Thanks!"
英語力の無さに涙が出る。(T-T)

とりあえず、無事に両替任務を遂行したので、1ヶ月前に連れて行ってもらったコピー品の店にズカズカと大股で乗り込み、サイフ(のコピー品)とか時計(のコピー品)を出してもらって冷やかして…じゃなくて価格調査して、何も買わずに脱出。

ネチネチと遠回りしながら、帰路につく。


佇まいは豪華なマンションでも、空がきったねーので映えない。

映えないマンション


ホテルのすぐ横にあるコピー品の店が集まった建物に潜入し、テキトーに目についた店に特攻、ズラリとならんだ時計の中からOMEGAを選んで「いくら?」と偉そーに聞いたら

日本語が通じなかった…。(T-T)

マジかよ事前リサーチで日本語がイケるって聞いてたのに!!

仕方がないので、テキトーに英単語を並べて一回りも歳が違うであろー小娘相手に

値切る

「いくらなら買う?」(値札ついてないし値段も言わない)
「200」
「400よ。でも値引いて360でどう?」
「ノーノー250は?」
「無理。この時計、針がこんなについてるし、ストップウォッチもあるし…ペラペラ」
「じゃ、いらね」
「待って待って」(けっこー強引に引き止める)
「機械式だし、2年間メンテナンスしなくていいし…ペラペラ」
「要らないって」
「2つ買う?2つ買うならもっと安くするし」
「ん〜じゃあ、これとこれなら?」
「640ね」
「いーや、500だろ」
「オーマイガー。640。これ以上無理」
「じゃあ、他の店行くわ」(1つ300くらいなのかな)
「ちょちょちょ待って待ってサイフもあるしベルトもあるし…」(猛烈に引き止める)
「さいならー」
けっこう良さそうな時計をいくつか見つけたので、土産や話題のネタにはいいかもなとか思いつつ、やっぱり何も買わずに脱出。

つか、ブランド品に詳しくないので、(外見だけでも)正確にコピーされているか分かんないという最大の問題があったり。


あとになって、この手の店に単独で潜入するのはちょっと危ういかもしれない、と一瞬反省。でも、ヨーロッパ系外国人とかたくさんいたヨ。だいじょぶだいじょぶ。公安に捕まらなきゃ全然だいじょぶ。

で、税関で引っかかるというオチはヤダ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E-420レンズキット + パンケーキ

自問したり、ネチネチ考察したり、納得したりした世界最小最薄デジ一眼ことオリンパスE-420ですけど、結局この辺

しかし、だ。
仮に、もちろん仮に、だが!!仮に、E-420のレンズキットを買うのであれば、一緒にZUIKO DIGITAL 25mm F2.8もお買い上げして差し上げると宣言する!!
と咆哮して心を落ち着けていた(?)拙者なわけです。

が、このパンケーキなレンズことZUIKO DIGITAL 25mm F2.8品薄過ぎるので

E-420のレンズキットが良さそうなので買おうか買うまいかだいたい上海出張でイジれないだろうが貴様

というスタンスから次第に

ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8がAmazonで買えるようになったら思考停止して買う

とゆー俺ルールに変化していたわけです。


というアレで、実は一時帰国中にZUIKO DIGITAL 25mm F2.8がAmazonで予約可能になっているのを発見し、思考停止。無言で(ウソ。咆哮つつ)E-420のレンズキットとともにポチポチィィッ!!!!(;´Д`)ハァハァ

いやぁ、楽しみ。
ただ、帰国するまではイジれないんですな。

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-420 レンズキット E-420KITOLYMPUS 交換レンズ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8

それにしても、これ以上サイフという概念が薄れると困るんだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

電脳城

次の月曜日は端午節だとかで中国は祝日なんですな。つまり、今日から3連休。出張してすぐに3連休とはどういうことだ貴様!!と言われてもスケジュールを組んだのは自分じゃないのでどーしよーもないんでした。

さておき、駐在の方が「3連休もあるのに独りでかわいそう」と思ってくれたかは知らないけど、「どこか行きますか?」と誘っていただいたので、ありがたくお世話になることにした。

続きを読む "電脳城"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

work it out

1週間ぶりに上海のエンジニアと仕事。

今のところ、日本側は自分一人なので課題の解決も全部自分でやらなきゃいけないし、来週来る後輩君のために作業フローの道筋をある程度つけておく必要がある。

オフショア開発について、いろいろと思うところもあるけど、ここに書かない。開発がきちんと成功(失敗しても成功した言い張るしかないんだけど)した時点で上に報告できるよう、準備しておきたい。

20時にあがって、駐在の方と夕飯。ホテル近くの日本料理の定食屋を紹介していただく。なんで、中国まで行って日本料理なんだよ!!とゆーご意見もいただくんですけど、やっぱり長期滞在となると、たまに本食を挟んで胃を正常化しておきたくなる。まぁ、中国も日本も"お箸の文化"なので、まだマシなんだろうけどね。

夕飯のあとは、駐在の方の行きつけのスナックへ。

貴様中国に仕事で行っているんじゃないのか毎晩飲むのが仕事か貴様とゆーご意見もいただくんですけど、無論、毎晩飲んでいるわけではないし、飲むのも仕事なんですよマジで、と反論したい。
営業職でなくても、人間関係の構築ってすごーく大事でしょ。しかも今回は上海とのブリッジSEとして振る舞うのが自分のミッションなので、今後の我が社…とは言わないまでも、我が部署の利益になりそうなことは全部やっておく、くらいの意気込みじゃないといけないだろうし、そういう期待も背負っている、と思い込まねーとやってらんないだよコンニャロー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

再び上海

気絶して気がついたら上海浦東(Pudong)国際空港。

というアレで上海第二弾。
今回は単独渡航で、前回とホテル(というかサービスアパート)も違うし、いろいろと不安だったり。

上海浦東国際空港前回は中山公園(Zhong San Gong Yuan)のホテルだったんだけど、今回は取れなくて虹橋(Hong Qiao)のホテル。リニアと地下鉄を乗り継いで中山公園まで行き、そこからタクシーを使ってホテルに向かう予定だったんだけど、もうね、昨夜も準備で遅かったし、なんだかスゲー疲れてたので、浦東空港からタクシーで直行。

白タクだった…。orz

ちゃんと着いたし、気のいい運転手だったので良かったけど、乗車中ずっと不安だったり。

で、ホテル。前回と同じ代理店を通したので設備はそんなに変わらないけど、ちょっとボロい。エアコンの効きが悪かったり、シャワールームのドアの隙間から水が(多めに)漏れたり、カーテンがちゃんと閉まらなかったり、カード式のルームキーじゃなかったり。
日本の安いビジネスホテルに泊まることを考えれば、部屋が広い分マシかな、という感じ。外国情緒溢れると言えば聞こえはいいけど、…長期滞在に向かない気もしたり。まぁ、意外にすぐ慣れるのかもしれないけど。

虹橋のあたりは日本人街と聞いてたんだけど、ホテルがちょっと外れにあるためか、周りは上海の外れという感じで…これも良く言うと趣きがあるというか…。

頭が痛いので外出を自粛。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

今週の名も無き戦士

慈愛にあふれる励ましのお言葉をくれたワイダ師匠はIT業界の暗部を知り尽くした辣腕エンジニアでもある。


ワイダ
もう一つ浮かんだ絵:

IT戦士:(kyow)

プロフィール:
戦士なので「魔法:銀の弾丸」を使えない。
仕方がないので、力のみで数々のプロジェクトを倒す
同じパーティ内に吟遊詩人がいるが、覚えている曲は「死のマーチ」のみのため、うっかり歌わせないように注意が必要。
攻撃を受けてHPが0を切ると、変数がアンダーフローを起こしてHPが大きな値になり

死にたくても死ねない。僧侶いらず。

kyow

バグじゃねーかw


ワイダ

いいえ、仕様ですw


kyow
爆笑
笑えねえええええwwwww

ワイダ
笑ってるじゃんwww
もう笑え、すべて笑いとばしてしまえ!


過去10年以上にわたり、彼に何度も救われたのは言うまでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のポチポチポチポチ

最近のポチポチポチポチ。

元気ロケッツ I-Heavenly Star- / 元気ロケッツケツノポリス6 / ケツメイシpopdod / BEAT CRUSADERSmihimarise / mihimaru GT

なんつーかもう、車でCD屋に行くのがアホらしいくらいガソリン価格が高騰してますな…。
まぁ、ガソリン代とか関係なく、リアルなCD屋に足を運ぶことはほとんどなくなってしまったけど。面倒くさい…というよりCD屋に行くヒマがないという理由で。

amazonさんには頑張って1,500円以上送料無料を続けてもらいたい。いや、頑張るのは提携している運送会社か…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

上海生活が肉体に与えた影響

上海に飛ぶ前に、上海生活が肉体に与える影響を調査するため、あらかじめカラダスキャンしてあったわけです。

上海生活前:

体重:49.9kg
体脂肪率:8.4%
体年齢:18歳

上海生活後:

50kg以下級

体重:50.0kg
体脂肪率:9.9%

んだよ!!
体脂肪率が1.5%も増えてんじゃねえか!!

あれだけオイリーな食事が続いたら仕方ねえか…。少し燃やさないとなぁ。くそう。

ちなみに、

18歳

体年齢は変わってませんでした。

これ、本当に体年齢なのか?
来年は17歳で、再来年は16歳で…0歳になったら死ぬっていう意味じゃねーのか?

寿命カウントダウン機能搭載!!

マジこえーよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

今週の悲壮な覚悟で上海出張にのぞむ

大学の研究室の同窓生であり、一児の父であり、愛妻家であるところのワイダ氏は、俺にとって心の救済者であり、物欲の見本であり、人生の先生であり、毒舌の師匠でもある。

そのワイダ師匠が上海出張の前に声をかけてくれた。

その一部始終をレポートせねばなるまい。


ワイダ
ういっす。お疲れ様です…。
とりあえず生きて帰って来る事を祈ってます。

kyow
ありがとう。
まぁ、すでに俺は死んでいる!!との噂もあります。

ワイダ
いやいや、壊れてるだけですヨ。
安心してください。

kyow
そうだな。
もう修理できないくらい壊れているだけだな。

ワイダ
でも、動くんだよなぁ…。
なんでコレで動くのか不思議なんだけど、動いちゃうんだよなぁ。

いっそ止まったほうが、オーバーロードしなくて
壊れないんだけど動いちゃうんだよなぁ

悲しいぜ(T_T

kyow
エラー頻度は上がってるけどな。
とりあえず、「網かけて監視」している間は正常に動くんだわ。

ワイダ
まあ、生きて帰ってこれたら夏にでも飲みましょう。
死んで帰ってきたら、棺の横で俺だけ勝手に飲みますので、悔しいと思ったらぜひ生きて帰ってきてください。

kyow
それが悔しくないくらい凹んでるヨ!!w

ワイダ
あぁ、そうでした…。
じゃ、とりあえず生死は問わない方向で(違

まあ会社に殺されても面白くないんで、とりあえずヤヴァかったら逃げる方向も考えつつ、なんとか帰ってきてくださいな。

kyow
ラジャ!!
「いのちだいじに」で逝ってきます

ワイダ
おけ!!

しかし「いのちだいじに」で目に浮かんだのが、
倒れる前に「ホイミ」とかじゃなく

敵の攻撃で倒れた勇者

僧侶の「ザオリク」

何度でも立ち上がる

という光景なのはなぜだ!?

う・ん・ち・く「ザオリク」(出典):
ドラゴンクエストシリーズに登場する再生呪文。2より登場。
FC版2では、仲間1人をHP1の状態で確実に生き返らせる。HP1の状態で復活するので、ホイミ系呪文を用いて回復させる必要がある。
FC版2以外は、仲間1人をHP完全回復の状態で確実に生き返らせる。

結論:エンジニアの会話はジョークを飛ばしつつも悲壮感が漂い過ぎて泣ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

恋泥棒

嘘つきは泥棒のはじまり。

いいじゃないか、泥棒。何が悪いんだ、泥棒。

「クソッ、一足遅かったか!ルパンめ、まんまと盗みおって!」
「いいえ、あの方は何も盗らなかったわ。私のためにたたかってくださったんです。」
「いや、奴はとんでもないものを盗んでいきました。
あなたの心です。」
「はいっ!!」
はいっ!!じゃねーよクラリス!!泣くだろ素で!!

とっつぁん!!そこの恋泥棒を今すぐ逮捕してくれ!!


というアレで、恋泥棒どころかすっかり自分に嘘をつくのがうまくなってしまったkyowですこんにちは。

今日も自分に噓をついて休日出勤。

いつまで噓がつけるか心配でーす。いえー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »