« 朱家角 | トップページ | ダンジョンチック »

2008年6月22日 (日)

Rainy Shanghai

戦利品今日の上海は雨。ビチビチと降っております。

次の木曜日に帰国するので、上海における最後の休日になるんですな。会社の土産は昨日買ったし、あとは家族への土産を買おうかと思い、この間行ったコピー品の店にまたしても単独潜入。

弟の嫁さんからはシャネルのピンクのキーケースというご注文をいただいていたんですけど、ごめんなさい、ありませんでした。妹アキヨ嬢からはグッチのサイフというご注文。画像もいただいていたけど、同じのはありませんでした、ごめんなさい。弟タカシ氏からは下品な成金主義の時計とのご注文をいただいてましたが、ワタクシ、下品でも成金主義でもないので、どんなのがいいかさっぱり分かりませんでした。


ないんだよ!!
ないんだから許してくれよ!!


ということで、とりあえずひとつ目の店で、グッチ(の偽物)のサイフを購入。言い値の半値以下まで価格交渉。しきりに「ケチ」「安すぎる」と言われたけど、結局売ってくれたことを考えると店側にも十分な儲けは出てるんだろうと分析。でもあんまり美味しくない価格だったんだろうな。すげー舌打ちしてたし。

他にもブラブラと店を回って、次は初めての店に突入。いきなり店の奥の隠し扉を開き、南京錠がかかった倉庫に連れて行かれて焦る。独りで来るんじゃなかった!!と後悔し、真っ暗な倉庫の中から屈強なスキンヘッドの革ジャンを来たオッサンが出てきていきなりボコられるシーンを想像したけど、倉庫の中はS級品が陳列されてるだけでした。

でも、中に入るのは少し躊躇われたね。後ろでいきなり倉庫閉められたりしたらどうしようって思ったし。

で、ここでも価格交渉。最初、時計1つ650元って言われたんだけど、話にならん!!と、交渉決裂しかけてからが長かった。結局、ロレックス(の偽物)の時計とフランクミューラー(の偽物)の時計とグッチ(の偽物)のサイフ、サービスでルイヴィトン(の偽物)のキーケースをつけさせて購入。全部で550元。

でも、これでも儲けが出てるんだろ。いったい、単価ってどんなもんなんだろな。


部屋に戻って、偽物の時計やサイフを眺めていたら、なんだかスゲー空しくなったり。偽物を身につけることにより、自分まで偽物になるような気がしたのね。偽ブランド品をつけるくらいなら、本物の、自分の好きな安ブランド品を身につけたい。そう思ったら、今、左手首に巻いているTHE AUTOMATICはこれからも巻き続けるんだろうなと思ったり。nixon(それなりに安くて)サイコー。

でも、まぁ、コレらはお土産だ。正規ブランド品に対する罪悪感はあるけど、ネタとしては十分面白いし、価格交渉も楽しい経験だったし(ボコられなくて良かった…)。ヨシとするか。

あとは、税関で引っかからないことを祈るだけだな…。

|

« 朱家角 | トップページ | ダンジョンチック »

上海」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/41614942

この記事へのトラックバック一覧です: Rainy Shanghai:

« 朱家角 | トップページ | ダンジョンチック »