« [14]一里野温泉スキー場 - エキサイトでエキサイト | トップページ | ラジエタ逝く »

2009年1月25日 (日)

[15]金沢セイモアスキー場 - 新春初滑り会

新春初滑り会と称し、金沢セイモアスキー場にて会社のスノーボードクラブメンバーとスノーボード会。
寝坊して集合時間の9時半にも間に合わず、10時前に合流。スミマセン…。

で、ぜーんぜんメンバーが集まらず、結局、カズ君、タカオ、MTD君、俺の4人という、単純な滑りでは(外から見ると)ほとんど実力が違わないメンバーとなってしまった。
もちろん、中の人から見ると、それぞれスタイルが違うし、得手不得手もあり、実力には差があることを付記しておかなければいけない…けど、このメンバーに初心者が混ざってるとちょっと苦しいと本人は思うかもしれない。また、そんなことは全然気にしないであろうメンバーだったとも言える。

全員がすでに結構な滑走日数をこなしているため、タカオの「誰も初滑りじゃないじゃん!!」がウケた。
いや、ほんとに。当初の目論みとは全然違う会になっちゃったんだよなぁ。


初対面のMTD君は、10歳近くも年下でグリングリン回る系の元気の良い若者であった。メンバーで言うと、ちょっとタカオとライディングスタイルというかカテゴリが近い感じ。
こういうイケイケドンドンな若者は大歓迎。刺激を受けるし、単純に見てて面白い。もう何年も俺の夢のまた夢であるフロントフリップにも成功しているあたりがニクい。今度教えてください。

午前中でMTD君と一番歳とスタイルが近いタカオが抜け、午後はずっと「MTD君、こんなオッサンと滑ってて面白くないんだろうなぁ」と申し訳なく思いながら、淡々とコースを回る。
せめてパークにポコジャンでもあれば一緒に入ったかもしんないんだけど、中キッカーだけになってたし。まぁ、MTD君も気を使ってか「ちょっと大きいので入らないッス!!」とおっしゃってくれたので、お言葉に甘えた格好となった。

久しぶりに、普段は交わらないDNAを目の当たりにして、また、セイモアの「イケてるライダーが多くギャル系も気合いが入ってる」文化の中に身を置いて、おおいに凹んだ。

どんなシーンでもそこそこイケるスキルを身につけたい。

|

« [14]一里野温泉スキー場 - エキサイトでエキサイト | トップページ | ラジエタ逝く »

ネガティブデイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/43875920

この記事へのトラックバック一覧です: [15]金沢セイモアスキー場 - 新春初滑り会:

« [14]一里野温泉スキー場 - エキサイトでエキサイト | トップページ | ラジエタ逝く »