« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

[17]瀬女高原スキー場 - 濡れる想い

弟タカシ氏と瀬女へ。ビッチビチに雨が降る中、ビッチビチに濡れながら、修行。

もう一月も終わり。2009年も12分の1を消化。

恐ろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

[16]一里野温泉スキー場 - bad condition

ワークライフバランス云々とか、昨今の不況による残業規制とか、まぁそんな感じで計画年次休暇をきちんと取りましょうという非常に正しい方向性に進みつつあるうちの会社。

もちろん計画だ。年次休暇を計画的に取得だ。ここだ。すなわち金曜日だ。平日に降り積もった雪が荒らされる前の金曜日に年次休暇を取得し、パウダーを狙っていきたい。積極的に狙っていきたい。

何週間も前から、ボクこの日、計画年次ですから。お休みいただきますから。金曜日じゃないと意味ありませんから。と、何度も念押しし、業務が滞らないように準備を怠らず、確実に確実にお休みをいただく予定だったんですけど、ダメでした
金曜日に取る予定だった計画年次は月曜日にズレてしまいました。

ということで、入院中レガシィ君の代わりに実家でクルマを借りて一里野へ。

すこーし降雪があっただけなんだけど、大渋滞となった通勤ラッシュに捕まる。ここは本当に雪国なんだろうか。雪、降るよね。スタッドレスタイヤ、履くよね。消雪装置も働くよね。

なのに何故これほど渋滞する?

普段は1時間半で着くところをイライラしながら2時間半もかけてやっと到着。

で、月曜日のゲレンデは土日に踏み荒らされてボッコボコでした。2時間でイヤになって帰宅。


計画通りに休めてりゃ、もう少しマトモなコンディションだったろうに。渋滞しなけりゃ、もう少しマトモなコンディションだったろうに。


何もかもがうまくいかないとき、権力が欲しくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

ラジエタ逝く

ラジエタ逝くスキー場からの帰り道、相変わらずエアコンが効かねえし、困ったレガシィ君だよ、と悪態つきつつ、寒さで震えながら運転してたら、交差点で停車したとたん、ボンネットの隙間からモクモクモクモクと煙(だと最初は思った)が上がりはじめ視界を遮る。
同時に車内に焦げ臭いような、どこかで嗅いだことがあるような匂いが立ちこめる。


うっお!!
なんかマジやっべ!!


とりあえず、ハザードを出して、目の前のコンビニに入り、すぐにエンジンを切って、レガシィのフロントに回る。

フロントグリルやアルミボンネットの隙間から緑色の液体が吹き出してる。
煙だと思ったのはどうも湯気みたいだ。何かが融けた?でもこの匂いはプラスチックやオイル系じゃないんだけど。

ボンネットが熱を持ってないのを確認し、開けてエンジンルームを見てみる。緑色の液体がビチビチに飛び散ってる。湯気は…ラジエタ部分から出てそうだ。


ディーラーに電話して状況を説明したところ、「間違いなくラジエタの故障ですね。」とのこと。


あぁ、この匂い、クーラントの匂いか。

とりあえず、コンビニで水をもらって(最初はペットボトルの水を買ったけど全然足りず、トイレの洗面所の水、次いで外の水道水をもらいました)冷却水としてラジエタのタンクに給水。

ディーラーの話だと、6リットルくらい入るとのことだったんだけど、10リットル以上入れてもすぐに減っていく。水を入れても入れてもラジエタの隙間からビチビチと垂れ流れてる。

みぞれが降りしきる中、給水作業で凍えてきたので、適当なところで手を打つことにし、エアコン最大(エアコンの暖気はエンジンの廃熱を利用しているので少しでもエンジンを冷やすためにエアコンを最大にしてね、とのディーラーからの暖かい対策)、回転数低めでとりあえず騙し騙し実家に戻ることにした。

けど、途中でそれまで効いてたエアコンがまた冷気を出し始め、すでに冷却水はほとんど無くなっている模様。

結局、実家よりも近いディーラーになんとかたどり着き、レガシィ君はそのまま入院。ガックシ。


なぜかディーラーでさっきまで一緒に滑ってたMTD君と遭遇。
MTD君のレガシィはギアがパーキングに入らなくなったらしい。


スバルさん!!


でも、あの状況で「なんとか騙し騙しクルマ持ってきてください」っていうディーラーの態度。
冒険した気分になれて結構イイ!!
(けど、トラブルはもうイヤ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[15]金沢セイモアスキー場 - 新春初滑り会

新春初滑り会と称し、金沢セイモアスキー場にて会社のスノーボードクラブメンバーとスノーボード会。
寝坊して集合時間の9時半にも間に合わず、10時前に合流。スミマセン…。

で、ぜーんぜんメンバーが集まらず、結局、カズ君、タカオ、MTD君、俺の4人という、単純な滑りでは(外から見ると)ほとんど実力が違わないメンバーとなってしまった。
もちろん、中の人から見ると、それぞれスタイルが違うし、得手不得手もあり、実力には差があることを付記しておかなければいけない…けど、このメンバーに初心者が混ざってるとちょっと苦しいと本人は思うかもしれない。また、そんなことは全然気にしないであろうメンバーだったとも言える。

全員がすでに結構な滑走日数をこなしているため、タカオの「誰も初滑りじゃないじゃん!!」がウケた。
いや、ほんとに。当初の目論みとは全然違う会になっちゃったんだよなぁ。


初対面のMTD君は、10歳近くも年下でグリングリン回る系の元気の良い若者であった。メンバーで言うと、ちょっとタカオとライディングスタイルというかカテゴリが近い感じ。
こういうイケイケドンドンな若者は大歓迎。刺激を受けるし、単純に見てて面白い。もう何年も俺の夢のまた夢であるフロントフリップにも成功しているあたりがニクい。今度教えてください。

午前中でMTD君と一番歳とスタイルが近いタカオが抜け、午後はずっと「MTD君、こんなオッサンと滑ってて面白くないんだろうなぁ」と申し訳なく思いながら、淡々とコースを回る。
せめてパークにポコジャンでもあれば一緒に入ったかもしんないんだけど、中キッカーだけになってたし。まぁ、MTD君も気を使ってか「ちょっと大きいので入らないッス!!」とおっしゃってくれたので、お言葉に甘えた格好となった。

久しぶりに、普段は交わらないDNAを目の当たりにして、また、セイモアの「イケてるライダーが多くギャル系も気合いが入ってる」文化の中に身を置いて、おおいに凹んだ。

どんなシーンでもそこそこイケるスキルを身につけたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

[14]一里野温泉スキー場 - エキサイトでエキサイト

昨夜から降雪があったらしい一里野へ単独行。寝坊のため、8時半にゴンドラ着。

GENTEM MANTARAYを装着して、エキサイトゲレンデへ。吹雪で視界が悪くあまり飛ばさずにパウダーライド。気温が低いためか、雪が軽い。

エキサイトゲレンデ6本のうち、1度だけ一瞬吹雪がおさまり、視界が開けた。強風で他人のトラックが吹き飛んだワイドなコースがゴーグル越しの眼前に広がる。

これなんだよ。この感覚が濁った脳内をスッキリさせる。写真や動画では伝わらない、この瞬間にここに居た者だけが味わえる至福の時。

その絶景に息をのんだあとは、滑らかにパウダーをいただき、次に同じ場所に立ったときはやっぱり吹雪で何も見えなかったり。

儚いからこそ美しい。

でも、ずっと同じコンディションが続いてくれてもいいヨ、というのが本音だったり。


エキサイトゲレンデを食い尽くしてから、チャレンジコース…は閉鎖されてたのでスルーして、中ノ原のオフピステ側へ。すでにだいぶ食い散らかされてたけど、脇の新雪をザブザブといただく。

途中、この辺で少し一緒になった弟の同僚(?)アヤパンちゃんに遭遇。そのちょっと後に弟タカシ氏と遭遇。会社のメンバーで滑ってた模様。
楽しそう。


昼過ぎまで滑って、帰宅。

愛車レガシィのエアコンの効きが弱い気がする。
というか効いてない。
というか冷風が出てる。

前兆であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

今週のセールスポイント

去年の忘年会にて、k-nos氏が2年以内に結婚、またはそのような相手を見つけると予想したわけですが。

そのk-nos氏から思わぬ反撃をいただきました。


むしろオイラよりもkyow殿でしょう、それは。

キミには


お金入れるけど

ほとんど家にいない


という強力なセールスポイント

あるではないか!

by k-nos


そうそう今なら労災も降りるヨ!!ってコラ。

神様。
どこまで自虐すれば赦してもらえますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

けっこうイケる

一昨日から卵を1日に2個ずつ、今日で6個消化。


みんな!!けっこうイケるよ!!消費期限が2週間以上過ぎ去った卵!!


でも、お勧めしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

チャレンジ

キミは残業時間がヤバいので今日は定時退社するように。

せめて前の日に言ってくれりゃ、そういうつもりで準備するのに…と思いつつ、定時ちょっと過ぎに退社。
久しぶりに自炊をしようと、買い物してから帰宅。

冷蔵庫を見たら、消費期限が2週間過ぎている卵が8個も残ってたり。


とりあえず、食ってみた。


半熟が好きなんですけど、一応全部火を通した目玉焼きにして、消費期限が2週間前の卵を2個食ってみた。


さっきから胃のあたりにビミョーな異変を感じておりますが、命に別状はないものと思われます。


と、言うか。
せっかく得た定時退社のチャンスを無意味なチャレンジのために使うところが、俺の数あるダメなところのひとつだと思う。

マジで意味ねーもん、こんなチャレンジ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

[13]中宮温泉スキー場 - クイックキッカー

クイックキッカー中宮温泉スキー場は今シーズンも休業。

ということで、弟タカシ氏とキッカーでも作って遊ぶか、という話になり、スノーシューやショベルなど軽めのバックカントリー装備で中宮へ。

ゲレンデ奥までポクポクと歩いていって、ちょっと大きめのキッカーをわりと斜度がある斜面下のギャップに作り、ひたすらエアの練習…っていうほど何度も入らなかったり。

エントリ部分を長く取る予定が、リップ位置を手前に持って来すぎて全然距離が取れず、それでいてアップ系にしたので、やたらとクイックなキッカーになってしまった。準備をする間もなくキッカーに入り慌てて抜けるしかない。
不安定な体勢ではビビって全然回り切らず、高さは十分なのに何度も途中で回転が止まってしまう。目線を送れてないといういつもの悪いクセが出て始めて凹む。

弟はブラインド系の練習を果敢に試みるも上手くいかず。オープン系にくらべてブラインドの方がよりストレートで抜けるので、エントリが短いキッカーでは俺よりももっと苦労してたと思う。

今になって思うと、一度リップの位置をもっと後ろにずらして、キッカーを緩めにし、エントリを延長すればもう少しいい練習ができたような気もするけど、2人で凹んでたのでその気力も起きなかった。

道路開通作業15時過ぎに凹んだまま修了。ハイクアップして、スノーボードやスキーや山歩きを楽しむ人たちを何人も見かけたり。みんな考えることは同じですな。

帰ろうとしたら、屋根雪が道を塞いで通れず、他に道も無かったため、仕方なくショベルを出して雪かき。ショベル持って来て良かった、と思ったけど、普通のゲレンデに行っていれば、屋根雪が道を塞ぐなんてことはないんでした。

土木作業ばかりの一日だったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

[12]一里野温泉スキー場 - 職場プライベートボード会

懇親を目的としたプライベートボード会を、職場のわりと部署が近いメンバーで開催してみた。プライベートと銘打っているのは、単に全社企画じゃないヨ、というだけの意味です。
同僚のらっきーこだぽん、エヌヤマ君、エムウチさんと一里野へ。

5人それぞれが自分のクルマで集合してエコロジーに逆行する日本経済を底支えする我々。全然エラくないけど、それぞれに予定があるので仕方がないんでした。っていうか、俺、朝イチ滑りたいし。

ということで8時から単独トリップ。あまり新雪は積もってなかったけど、エキサイトゲレンデ2本、チャレンジコース2本、中ノ原のオフピステを何本か美味しくいただく。

現在、中ノ原のリフト下は、エントリできないように林道にネットが張ってあって"入っちゃダメ"なエリアになっている。ので、林道からは入るようなマナー違反はしない。ということで、中ノ原のオフピステエリアからリフト下にエントリ。白か黒かと言えば…黒かもしれないけど、グレーゾーンとしておきたい。

集合時間に少し遅れてらっきーとエヌヤマ君が集合し、プチ初級者講習会。こだぽんも含めて、全員がトゥエッジ側のターンが苦手というちょっと困った状態だった。俺、先にトゥエッジができるようになったから、あんまりアドバイスできないんだよな…。
トゥエッジの方がヒールエッジよりも(足の関節の構造上)エッジのかけ具合を調整しやすいし、山側に向いてて手をつきやすいし、楽なはずなんだけど。
トゥエッジを使った横滑りの練習がそれなりに効果的だと思う。けど、のだいらゲレンデくらい斜度があるところでいきなりターンの練習をした方が早く上達する気がする。

昼前にエムウチさんがスキーで集合。メチャクチャ上手い。加速するショートなカーヴィングターンを見せられて結構衝撃的だった。

昼飯後、4時間券のこだぽん離脱。そのあと、らっきーの4時間券の期限くらいまで面倒を見て、らっきー離脱。
残ったエヌヤマ君、ボードに履き替えたエムウチさんとで、ゴンドラへ。エムウチさんはさすがスキーが上手いだけあって普通に滑れるんだけど、エヌヤマ君は今回2回目のボードであり、人生初のゴンドラ。

2回目でゴンドラか…。ちょっとキツいな、と思ったけど、よくよく考えたら自分のデビュー戦は(リフトは危ないという理由で)IOX-AROSAのゴンドラだったり。泣きそうになりながら、友達に励まされつつ降りてきたのを思い出す…。

エヌヤマ君は横滑りは結構できているので、林道はキツかったけど、初めてにしてはいいペースで降りて来れたところで体力(と多分精神力も)使い果たして、離脱。

最後にエムウチさんと2人でエキサイトゲレンデへ。もうクッタクタに踏みつぶされてボコボコになっている斜面を修行と称して転がりながら滑り降りてきた。


久しぶりにわりと大人数で、しかもちょっと面白いメンバーで滑れて楽しかった。
また機会を作って、このよーなボード会を企画してもいいかな、と思ったり。今回で、参加者が懲りてなかったらの話ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

女子の2年目

この辺で少し一緒に滑ったアヤパンちゃんやこの辺で一緒に滑ったサキちゃんは、ボード歴2年目なんだそうで。

上手くて驚いた。
という話。

ヨチヨチ歩きだった俺の2年目よりマジで遥かに上手い。
フォームなんか、今の俺よりもきれいだったり。


まぁ、俺のフォームが酷過ぎるんだけど…。


なんつーか、アレコレ考える男子より、度胸がある女子の方が上達が早いのかもな、とか思ったわけで。

あんまり考えすぎずに感性で突っ走る方が、案外上手くいくのかもしんない。


ボードも仕事も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

[11]瀬女高原スキー場 - ブリザード

昨日泊まった弟んちから弟と瀬女へ。ちなみに一緒に泊まったカズ君は仕事で不参加。

もともと瀬女に新雪目当てで来るライダーは皆無なので、意外に食い残しがあり、猛吹雪の中、コース脇に残った新雪をブリブリといただく。

今回は特別に新雪を狙うつもりはなかったので、GENTEM MANTARAYではなく、INDY POOLDECK。

吹雪が凄まじく、普段ベンチレーションは全開なんだけど、さすがに寒くてパンツの太もも内側以外のベンチレーションは閉じた。
顔も露出している部分が凍るので、後半はバンダナをフェイスマスク代わりに着用。


午後から少しポコジャンに入ってみて、FS3の練習。リップがないこともあるけど、タイミングが取れず全然回らなかった。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

[10]一里野温泉スキー場 - yamazaru session

山猿メンバーのカズ君、タカオ、弟タカシ氏と、未だ雪が降り続く一里野に集合。タカオがちょっと遅れてくるということで、8時より3人でエキサイトゲレンデ、チャレンジコースを順にゴンドラ to ゴンドラ

日曜日ということで、昨日のトラックの上に新雪が乗っている状態で、それほどコンディションが良いというわけじゃなかったけど、それでも朝イチのエキサイトは気持ち良かった。

GENTEM MANTARAYが少し重めの新雪をドカドカとかき分けたかと思うとフワリと浮遊し、次に取るべきラインを指し示す。まだまだ板に乗らされてるなぁと思う。

カズ君はGENTEM SPEEDMASTER。新雪でも荒れたバーンでも走破できるミサイルのような板で、ターンの度にスマートなスプレーを上げながら加速。次々と標的を射抜いて行くような変態ラインを残す。そのラインはトレースできん。そのスピードにもついて行けん。

Burton Jussiを駆る弟タカシ氏は、最初はハイペースに苦戦してたみたいだけど、途中で何かをつかんだかもしれん!!とウキウキモードに。10年以上滑ってていても新たに発見があるところもボードの魅力のひとつ、懐の深さかもしんない。

途中から参加のタカオはツインチップの板で果敢に新雪ライディング。すでに食い散らかされてクタクタの荒れバーンになっているのに、既に滑り疲れている俺らを尻目にスプレーを上げて滑り降りる。
なんつーか、全身から若さというか、元気というか、そういう雰囲気が出ててうらやましい。


午前中でタカオはあがり、昼飯食ったらなんだかもうまったり気分。外は吹雪だし。

弟が「俺んちで飲むけ?」とお誘いくださったので、カズ君とともに弟んちに上がりこみ夕方の早い時間から風呂とビールと焼酎をいただき、奥様ご帰宅後、運転してもらってラーメン食いに行って布団も用意してもらってお泊まり。

なんつーか、奥様的視点ではダメ亭主とそのダメ兄とダメ友人のように写ったかもしんないけど、ある程度は正しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

[09]一里野温泉スキー場 - perfect powder

一里野パウダーいい雪が降っていた。2〜3日前から(有料の)天気予報サイトで白山麓の詳細な天気をチェックし、積雪量を予測し、抜群のコンディションが期待された。

そして予想通り!!
最強かつ最高な新雪がムッハムハかつゴージャスに積もってますヨ白山麓には!!

神様、今週も残業地獄をありがとう。
おかげで、寝不足ライディングだヨ!!

というアレで5時半起きの予定が少し遅くなり、8時ちょうどに一里野に到着。
10分で準備をし、ダッシュ(リアルにダッシュした)でゴンドラへ直行。

ゴンドラからエキサイトゲレンデを見ると、すでに某とんがった板に乗る集団がすでにお祭り状態でトラックを刻んでやがる!!
俺も俺も俺も!!

ゴンドラを降りて、ダッシュ(マジでダッシュした)でエキサイトに向かい、ソッコーでGENTEM MANTARAY装着!!準備運動ゼロ!!でもダッシュしたから!!

パーフェクトな新雪にフワリと乗っかる。
軽い雪ほど驚かされる、MANTARAYの浮力の高さ。

ここまで軽い板なのか、と。

何本かトラックが入ったエキサイトゲレンデに思い通りの弧を描き、スプレーをあげ、ときには奇声をあげながら、トップスピードで滑り切る。

標高差500mを数分で駆け下りるため、ゴンドラ乗り場に着くころには、気圧の変化で耳がキーンとなる。

ぜいぜい息を荒げたままゴンドラに乗り、呼吸を整え、エキサイトへ。2本目。

緩めの斜面変化で右足を軽く踏み込む。
その刹那、ソールの下に雪をためるようにしてMANTARAYのノーズが浮き上がり、体は空中へ。
高くはないものの、スピードに乗っているため数m先に着地。

キッカーとは違う、新雪オーリーで、雪面に途切れたトラックを残す。
あとから来るライダーも夢中で気づかないであろうオーリーの跡。
自己満足の跡。

続きを読む "[09]一里野温泉スキー場 - perfect powder"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

初めてのRuby

初めてのRuby/オライリージャパン私信になってしまうけど、最近出たRuby本なら初めてのRubyがいいんじゃないでしょうか。オライリーの動物本にしてはめちゃくちゃ薄いし、日本語だし

ワタクシも持ってますヨ。全部読んでないけど。(またかよ)

Rubyスクリプト言語がどういうものかをサラりと俯瞰するにはちょうど良いリファレンスだと思う。

賛否は知らないけど404 Blog Not Foundの書評でもわりと高評価。
小飼氏曰く、K&R本(プログラミング言語C)と同じような簡潔さ、だとさ。

あー、K&Rも…第2版を全部読み切った自信がないなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

去年のカレンダー

正月休みが瞬きしている間に終わり、本日より仕事初め。

デスクに去年の卓上カレンダーがまだ置いてあるのを発見。

5月、6月、7月には黒のサインペンで


←―――――――――上海―――――――――→


と、びっちり予定が埋まっていたのを確認し、ゴミ箱へ。

去年のカレンダーは去年の記憶とともに忘却の彼方へ。


あの出張はなんだったんだろうか。

思い出せない。
たった今、忘却の彼方へ追いやって、思い出せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

不孝モン

ボードの帰りに実家に寄ったら今から母方の祖父母の家に行くというので、期せずして新年のご挨拶にうかがうことに。

おかんに「アンタは仕事が忙しいから(祖父母に)なかなか顔が見せられないってことにしてある」と怒られたり。


してあるってアンタ、それ本当だし。仕方ないし。


じいちゃんには「スキー場行くんなら途中で寄れ」と諭される。


スミマセン。以後、善処いたします。


ばあちゃんに「アンタまた久しぶりやがいね」って言われて「そんなことないヨ」って答えたものの、もしかしたら去年は一度も顔を合わせてなかったかもなぁ、と思い直す。

マジで、仕事が…イヤ、言うまい。
余裕がなかったとは言うまい。


そうかぁ。
俺ってば、親不孝モン、祖父母不孝モンだったんだな…。


どうにかなるようなモノなんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[08]瀬女高原スキー場 - 惰性滑走

昼過ぎに起床。
13時半にアパートを出て14時半に瀬女高原スキー場に到着。

単独でだらだらーっとスキー場全体を滑り、リップのないキッカーに3本ほど入って16時半過ぎに終了。

惰性で滑っても、何も上手くならんな。

しかし、少しでもボードを履こうとする気持ちを買いたい。
正月休み最終日だというのに、這うようにして独りでボードに行く気持ちを買いたい。

買っても上手くならんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

[07]一里野温泉スキー場 - automatic

もしかしたら昨日の新雪が残っているかもしれない、という淡い思いを抱きながら弟タカシ氏と一里野へ。板はGENTEM STICK MANTARAY。前日は体調を崩して病院に行ってた弟はBurton Jussiに搭乗。

まずはエキサイトゲレンデへ。残念ながら大した積雪はなく、隅っこのユルめの新雪を軽くいただく。それなりに浮遊感は得られるけど、まぁ、その程度。

さすがにエキサイト3連発はないな、という感じだったので、次にチャレンジコースに1本入り、中ノ原にも1本入って休憩。タカシ氏も病み上がりだし、フツーはこういうペースだよなー、昨日のコンディションと、カズ君のペースがフツーじゃないんだよなー、と思ったり。

途中で板を交換し、弟のJussiに乗ってみた。すげーワイドスタンス。体格が違うことを差し引いてもスタンスが広い。曲がるのも一苦労のこの板で、新雪に入ってた弟がある意味スゴい。

そーかー。イマドキの若いモンはこーゆー板かー。(遠い目)

そのあと、弟の会社の子らと一度合流し、久しぶりにお嬢さん方とキャッキャ滑る。フツーに楽しいですな。このよーなキャッキャ感は。

後半、板をGENTEM INDY POOLDECKに乗り換え、のだいらゲレンデでグラトリのよーなモノを弟に教えてもらったり、動いていないのだいら第1リフト乗り場付近でポコジャンを作って遊んでみたり。

コンディションが悪くても楽しみ方がいろいろあるところがまた、スノーボードのいいところだと再認識。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

[06]一里野温泉スキー場 - パウダーライダーズ

昨日は平野部でも積雪があり、天気予報を見てみてもどうも山間部は積もりそうな雰囲気。白山麓で新雪時にイケてるゲレンデといえば…イエス!!一里野でした。

なぜイケてるかというと、わりと規制がユルいとゆーか、自己責任でどうぞ的な雰囲気があり、新雪を求めてコースを外れがちなライダーとスキー場の経営者間に紳士協定…というか暗黙の了解がやんわりと存在するような、そんなスキー場なんでした。

という理由かどうかはよく分からないけど、県内のパウダージャンキーというか、某ショップの顧客というか、主にGENTEM STICKの、さまざまな"尖った"板を携えたライダーがよく集うスキー場ですな。


ということでカズ君と一里野へ。板は新雪をより美味しくいただくため、GENTEMのINDEPENDENT SERIESMANTARAY。カズ君はGENTEM FLOATER

8時前に到着して、8時きっかりにゴンドラに搭乗。

まずはエキサイトゲレンデへ。ゴンドラ降り場から一気にあいあ〜るゲレンデへと流れ落ちる、ゴンドラ最短周回コース。
そして…予想通り圧雪されていない新雪が!!

奇声をあげながら…カズ君の名誉のため断っておくと、奇声をあげたのは俺だけです…ノートラックのエリアを見つけてはパウダースプレーをあげて滑り降りる。大外ラインの最後の落ち込みに思った通りのラインを刻みニンマリしながらゴンドラへ。
ゴンドラの中でカズ君と「サイコー」を連呼しつつ、結局ノンストップで3本エキサイトゲレンデを楽しむ。

お次は、チャレンジコース。らくらくコースの途中からふれあいゲレンデへと文字通り滑り落ちるコース。

カズ君が美しいラインで当て込みながらドロップインするのに嫉妬しながら、未だ対応できない急斜面を慎重に攻略。それでもトラックのない斜面を選ぶようにラインを取れば、技術の無さを新雪がカバーしてくれる。

なにより、気持ちがイイ。

チャレンジコースも3本いただき、中ノ原の重めの新雪も食って休憩。まだ9時30分なのに、ものすごい満足感。

オープン後1時間半も経つと、新雪らしい新雪は踏みつぶされてしまうので、中ノ原のリフト下など、比較的残っている新雪をネチネチといただき、早めの昼食を摂ってから、のだいら第1リフト下に入って終了。


最初の1時間半の狂喜と、その後、新雪が踏みつぶされていくのに従い、急激にテンションを下げる様子が面白かった。が、できれば一日中新雪を滑っていたいと思うのは無粋だろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

2009年スタート

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。

例年通り、頂戴いたしました年賀状につきましては1〜2週間の猶予をいただき、お返事させていただきますので今しばらくお待ちください。


2008年は、結構ヘヴィな1年でした。
ヘヴィじゃない1年が今まであったかと言われると全く自信がないのですが、その中でもわりとヘヴィな1年だった気がします。
先日、当ページを読み返してて思ったのですが、上海行ってた間よりも帰ってきたあとの8月9月10月の方が病んでた模様です。詳細を思い出そうとすると未だに気分が悪くなるので、振り返るのはこの辺にしておきます。


2009年の抱負を考えました。

人並みの生活を送る。

これでどうでしょう。
しかし一方で、人並みの生活を送ると、当ページのネタが無くなってしまうというジレンマも発生しそうです。

従って、人並みの生活は諦め、これ以上悪くならないようにするくらいの意気込みで乗り切って参りたい所存でございます。

テーマは(この辺にも書きましたが)引き続き

  • 妬まない
  • 怒らない
  • 愚痴らない
です。できるだけ、建設的、生産的な思考になるよう、努力していく所存です。


スノーボードに行く予定だったけど、目が覚めたら少し熱っぽかったので、無理せず引きこもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »