« [15]金沢セイモアスキー場 - 新春初滑り会 | トップページ | [16]一里野温泉スキー場 - bad condition »

2009年1月25日 (日)

ラジエタ逝く

ラジエタ逝くスキー場からの帰り道、相変わらずエアコンが効かねえし、困ったレガシィ君だよ、と悪態つきつつ、寒さで震えながら運転してたら、交差点で停車したとたん、ボンネットの隙間からモクモクモクモクと煙(だと最初は思った)が上がりはじめ視界を遮る。
同時に車内に焦げ臭いような、どこかで嗅いだことがあるような匂いが立ちこめる。


うっお!!
なんかマジやっべ!!


とりあえず、ハザードを出して、目の前のコンビニに入り、すぐにエンジンを切って、レガシィのフロントに回る。

フロントグリルやアルミボンネットの隙間から緑色の液体が吹き出してる。
煙だと思ったのはどうも湯気みたいだ。何かが融けた?でもこの匂いはプラスチックやオイル系じゃないんだけど。

ボンネットが熱を持ってないのを確認し、開けてエンジンルームを見てみる。緑色の液体がビチビチに飛び散ってる。湯気は…ラジエタ部分から出てそうだ。


ディーラーに電話して状況を説明したところ、「間違いなくラジエタの故障ですね。」とのこと。


あぁ、この匂い、クーラントの匂いか。

とりあえず、コンビニで水をもらって(最初はペットボトルの水を買ったけど全然足りず、トイレの洗面所の水、次いで外の水道水をもらいました)冷却水としてラジエタのタンクに給水。

ディーラーの話だと、6リットルくらい入るとのことだったんだけど、10リットル以上入れてもすぐに減っていく。水を入れても入れてもラジエタの隙間からビチビチと垂れ流れてる。

みぞれが降りしきる中、給水作業で凍えてきたので、適当なところで手を打つことにし、エアコン最大(エアコンの暖気はエンジンの廃熱を利用しているので少しでもエンジンを冷やすためにエアコンを最大にしてね、とのディーラーからの暖かい対策)、回転数低めでとりあえず騙し騙し実家に戻ることにした。

けど、途中でそれまで効いてたエアコンがまた冷気を出し始め、すでに冷却水はほとんど無くなっている模様。

結局、実家よりも近いディーラーになんとかたどり着き、レガシィ君はそのまま入院。ガックシ。


なぜかディーラーでさっきまで一緒に滑ってたMTD君と遭遇。
MTD君のレガシィはギアがパーキングに入らなくなったらしい。


スバルさん!!


でも、あの状況で「なんとか騙し騙しクルマ持ってきてください」っていうディーラーの態度。
冒険した気分になれて結構イイ!!
(けど、トラブルはもうイヤ)

|

« [15]金沢セイモアスキー場 - 新春初滑り会 | トップページ | [16]一里野温泉スキー場 - bad condition »

ネガティブデイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/43930081

この記事へのトラックバック一覧です: ラジエタ逝く:

« [15]金沢セイモアスキー場 - 新春初滑り会 | トップページ | [16]一里野温泉スキー場 - bad condition »