« ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 | トップページ | [21]スノーバレー利賀 - やっちまった »

2009年3月 7日 (土)

12ヶ月点検

愛車レガシィの12ヶ月点検。
有料なので今まではスルーしてたんだけど、さすがに14万キロも走ったロートルレガシィ。だいぶ調子も良くないので、少しでも和らげてやろうとディーラに入院させてみたわけです。

代車はステラとりあえず、片方のフォグランプが切れているのと、低回転時のノッキング/急加速と、ステアリングを全部切ったときにデフ付近からバキバキと音が鳴ることを伝えて、代車借りて一旦帰宅。

その後、ケータイに、右前のブーツが破れている旨連絡が入り、交換してもらうことにする。ほか、エンジンオイル等の交換もあり(最近サボってた)、結局、何も問題がなかった場合の点検費用の3倍になってしまった。

ま、そのくらいで調子が良くなるなら全然イイんですけど。

夕方、再度ディーラに出向いて、点検の結果をヒヤリング。
低回転時のノッキングはエアフロセンサーの故障ではなく、O2センサーがぶっ壊れてて、酸素濃度が全く取れていないため、(エンジンを回すために)ガソリンが濃いめに出ているのが原因じゃないかとのこと。
燃費も悪くなるし、排ガスにカーボンが多く含まれてしまうので、このままでは車検も通らないっぽい。

O2センサーの交換には工賃込みで別途4万円くらいかかるらしく、調子が良くなるならいっそスッキリ交換しちゃった方が気分も晴れるんだけど、問題はあと1年で車検だということ。

車検後も間違いなくこのレガシィに乗るんなら、絶対交換するわけで。
ただ、前述のとおり、ご老体のレガシィであり、クルマを買い替えるとしたら次の車検のタイミングが有力なわけで。
でもあと1年も、イマイチ調子が良くないままストレスを溜めながら乗るものしんどいわけで。
と言っても、今まで少なくとも1年以上調子が悪い状態でエンジンと会話しながら乗ってきたのに、何を今更あと1年がしんどいのかとも思うわけで。

しかしだ。
真の問題はそこじゃない。
今、乗り換えるクルマの候補があれば、車検を待たずとも乗り換えて良いような状態なわけだ。
だけど、ない。
乗り換えたいと思えるクルマがない。
今、O2センサーを交換する。でも1年後にクルマを買い替える。別にいいじゃないか。買い替えるクルマがもう決まってるんなら。


よく分からなくなってきたので、アタマを冷やすために、とりあえずO2センサーの交換は保留にして、レガシィを引き取ることにした。

2,000回転付近でアクセルレスポンスが悪くなり、我慢して踏み込むと急加速するという、おっそろしいエンジンと会話しつつ、帰宅。

|

« ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 | トップページ | [21]スノーバレー利賀 - やっちまった »

ネガティブデイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/44286150

この記事へのトラックバック一覧です: 12ヶ月点検:

« ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 | トップページ | [21]スノーバレー利賀 - やっちまった »