« 新人歓迎会 | トップページ | 異動に吠える »

2009年4月19日 (日)

[27]立山 - スノーシューと紫外線

カズ君の後ろ姿立山黒部アルペンルートも開通し、春スノーボードシーズン到来というか、本格バックカントリーシーズン到来というか、立山シーズン到来というか。

というアレでカズ君と立山でバックカントリーしてきた。

一昨年の今頃はわりといい雪だった記憶があり、今回も期待してたんだけど…残念ながらザラメ雪。

それでもいい天気の中、雄大な立山の景色を臨みながら、ハイクアップするのは…やっぱり相変わらず大変でした。
何が大変ってライトニングだよライトニングアッセント!!MSRのスノーシューライトニングアッセントのTelevatorヒールリフターが倒れやがるんだよ!!マジ数歩登るだけで倒れやがる!!ふっざけんな!!

投げ捨てようかと。
もう投げ捨ててしまおうかと。

ヒールリフターがよりキッチリとロックされるデナリアッセントを持ってくりゃ良かった…。

急な斜面を登る際、スノーシューのヒールリフターを持ち上げることにより、かかとが浮いて、圧倒的に負荷が減り歩きやすくなるわけで、そのためにヒールリフター付きのスノーシューを買っているようなものなわけで、そのヒールリフターが数歩登る度に倒れた日にゃ、ストレスがたまるとか怒り心頭とか以前に、危険

それなりに非日常的な、それなりの極限状態に身を置いているときに、自分が使うツールに不具合があると、マジ困ると痛感。

ハイクアップスノーシューにはイライラしっぱなしだったものの、辛い思いをしながら頑張って斜面をハイクアップし、普段滑ってるスキー場じゃあり得ない広さのオープンバーンをビビりながらも滑る快感は、やはり何物にも代え難い。

澄んだ空気。
見事としか言いようがない景色。
いい天気。

そう、いい天気だったんですヨ。
透明な青空ではなかったけど、ほぼ快晴。

なめてた。
そして、忘れてた。
高山における紫外線の強さをすっかり完全に忘却の彼方に流し去ってた。

あまり日焼けをしないので、普段のスキー場におけるボードでは、まったく日焼け止めを塗らないんですけど、そのノリで今回も日焼け止めを塗らなかったわけです。

完璧に日焼けしたわ。
完璧に雪焼けしたわ。
ゴーグル、サングラスで隠れない鼻から下が完全に焼けたわ。
火傷と言っても過言ではないわ。


イロイロとボロボロでした。

|

« 新人歓迎会 | トップページ | 異動に吠える »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/44736873

この記事へのトラックバック一覧です: [27]立山 - スノーシューと紫外線:

« 新人歓迎会 | トップページ | 異動に吠える »