« 送別会 | トップページ | 3GB »

2009年9月 5日 (土)

GR Digital IIIはどうか

台北にいらっしゃる大先輩からGR Digital III買ったぜ!!これはイイ!!というご報告をいただきまして、「おー!!GR DigitalにIIIが出てたのかっ!!」と。

RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL III GRDIGITAL3/リコー

GR DigitalシリーズはデジイチE-420買う前から、もっと言うとコンデジCaplio R7を買う前から何度も何度も検討してきたという経緯があり、タイミング的に入手しそびれてきた機体でもある。

もともと、感動的な景色に出会ったときに、その景色を劣化なく記録したいという気持ちが最近のカメラ熱のスタートラインだったはずで、デジイチ使い始めてそれはとても難しいということも分かってきた。
やっぱり観たままの景色をその通り記録するのって、そのときの感動とかも含めようとすると、それはもうプロの領域なわけで。

なので、正直なところ、イロイロな特徴を持つレンズが扱えるデジイチがいいのか、どんなときでもフットワーク軽く取り出せるハイエンドコンデジがイイのか、あるいは気軽に日常をスナップするのに向いたコンデジやケータイのデジカメがイイのか、これはもう分からんな、と。一長一短だし、比較すること自体が間違っているのかもしんない。


さておき、GR Digital III。気になってスペックを見てみたら、なんと開放F1.9とスゲー明るいレンズ。F1.9で開放で撮ったら、そりゃあボケ味のある面白い画が撮れそう。
そして羨ましいのが1cmマクロ。フォーサーズのマクロレンズを持ってないので、実は未だにものすごく寄って撮りたいときはCaplio R7(こいつは1.5cmまで寄れる)を使ってる身としては、レンズ交換しなくても1cmまで寄れるコンデジは常に羨ましい。

35mm版換算で28mmレンズは、昨今の広角ブームにおいてはわりとよく見るスペック。広角好きとしてはできればもう少し、せめて24mmくらいから、と思ってしまうスペックかもしれない。
でも、ご安心を。GRシリーズは0.75倍のワイドコンバージョンレンズGW-2を装着することにより、21mm相当の広角が実現できる。21mmですよ21mm。すんげえ広角だって。


コンデジのフットワークの軽さをスポイルせずに、広角もマクロもいけて、当然画質にも妥協しないGR Digitalシリーズの三代目。

個人的には、フォーサーズに入門してしまったために、ハイエンドコンデジの領域はマイクロフォーサーズ機に頼っていくことになるだろうと思う。故に、非常に手を出しづらいハイエンドコンデジ。

コレ買うと、もれなく俺に自慢できます。w

|

« 送別会 | トップページ | 3GB »

光画部」カテゴリの記事

コメント

このエントリーはもっとコメントせよ、ってことかな。ニヤリ。

詳しくはあちこちで書かれているので触れないとして、このカメラには技術屋の「これを造りたい」という意気込みが見えるような気がします。技術屋のはしくれとして、それに答えないわけにはいかない。

被写体に近づく、離れる。これまで指一本でやっていたこと、構図を探して動く労力を心地よさに変えてくれます。構えてしまえば、後は俺にまかせろって感じのカメラです。

いや~やばいわ、このカメラの世界。
目の前の一瞬がこんなにキレイとは思わなんだ。まだまだ腕は追いついていませんが。

投稿: 台北へぶ | 2009年9月 7日 (月) 16:25

もっとblogを更新せよ、だったり。ニヤリ。

素晴らしいインプレッション。

目の前のリアルの一瞬を上回る画は、どんなに腕があり、どんなに高級なカメラで撮っても難しいものかもしれません。
でも、そこに近づかせてくれる。積極的に背中を押してくれる。
愛すべきカメラとは、そんなカメラかもしれません。

投稿: kyow | 2009年9月 9日 (水) 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/46132481

この記事へのトラックバック一覧です: GR Digital IIIはどうか:

« 送別会 | トップページ | 3GB »