« 新eneloop | トップページ | デザインパターン »

2009年10月 9日 (金)

台風の爪痕

うちの風呂場は、内側に30度ほど倒れる小窓がついてるんですけれども、換気のために一年中開けてあるんでした。
出張とか、しばらく部屋を空けるときにしか閉めない。
真冬でも閉めない。

で、今朝、シャワーを浴びようと風呂場に入ったら、床がビチョビチョ。

「あぁ、台風で湿度が高くて、湿気が外に出て行かなかったんだな…」

とかボンヤリ考えながらシャワーを浴びてたら、窓が閉まっていることに気付いた。
すぐに思いついたのは、強風による気圧の差で窓が勝手に閉まり、そのせいで湿気が外に出ず、床が濡れたままになったのでは、ということ。


いや…しかし。


もし、台風の中、大家さんが部屋の外から窓が開いていることに気付き、(2Fだし、内側に倒れるタイプの窓なので)部屋に入ってきて窓を閉めて行ったとしたら。
この酷い惨状の部屋も全部見られたってことになる。


イヤな汗が背中を流れる。


でも、風呂の窓の外って用水路になってるし、確認しづらいと思うんだけどなぁ。
増水の様子を見回ったついでにチェックするかなぁ。


頼むから勝手に閉まっていて欲しい。

|

« 新eneloop | トップページ | デザインパターン »

ネガティブデイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/46442973

この記事へのトラックバック一覧です: 台風の爪痕:

« 新eneloop | トップページ | デザインパターン »