« エリーゼ納車 | トップページ | 名実ともにオジさん »

2009年11月22日 (日)

[01]立山 - シーズン開幕戦

11月も後半となれば、無論、ボードシーズンが開幕するんである。

というアレで、カズ君と立山へ。前日、レガシィを実家に置いてきてしまったため、カズ君にアパートまで迎えにきてもらったり。重役待遇となってしまい本当に申し訳ない。ありがとうございます。

この時期の立山駅は、スキーヤーとスノーボーダーでけっこー混雑してたり。
11月の後半2週間くらいは、

という条件がそろうため、新雪好きのスキーヤー、スノーボーダーに人気があるんでした。

立山室堂バスは無事、室堂まで開通しており(天候、積雪状態によっては室堂まで行かないこともある)、8時10分の臨時便で到着した室堂は快晴!!
ちなみに、立山駅始発は8時でした。早朝から便があるのは夏だけだったもよう。

時期も時期なので、時おり強い風が吹いて雪を巻き上げるし、天気も晴れていたのは朝イチくらいで徐々に曇り始めたんだけど、ただ単に新雪、今シーズンの初ボードというだけでテンションが上がる。

実弟タカシ氏んとこの第一子の予定日ということも聞いていたので、雄山に向かってこっそり安産を祈願したあと、ハイクアップ開始。
まだ、積雪が少なく、岩やブッシュがそこら中に出ていることもあり、今回は比較的良さそうな天狗山方面を攻めることに。

ハイクアップ久しぶりのハイクアップ。しんどい。

夏も精力的に登山を重ねたカズ君はサクサク登っていき、体力の差を感じる。
新雪ということもあり、スノーシューを履いていても足下がグズグズ崩れ、一歩登っては半歩滑り落ちるようにしながら、なんとか尾根近くまで出て、一本目。

カズ君先行。初滑りのはずなのにヒラリヒラリと軽やかに滑降。俺はと言えば、腰は引けるし、うまくバランスが取れないしで苦労しながらのライディング。

でも、きーもちいー。
やっぱ新雪は最高であり最強なんでした。

二本目。同じ斜面をハイクアップ。一本目よりも雪がしまって、多少登りやすくなってる。
二本目は自分が先行。スミマセン、まともなトラックを刻めませんでした。
トランシーバーとジェスチャーを使って、カズ君に合図し、プチ撮影。

もう半分登って滑って、本日のバックカントリーを終了。
無事に下山し、0910シーズンの開幕戦を完遂。

いやー、疲れたけど楽しかった。楽しかったけど疲れた。

|

« エリーゼ納車 | トップページ | 名実ともにオジさん »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/46845196

この記事へのトラックバック一覧です: [01]立山 - シーズン開幕戦:

« エリーゼ納車 | トップページ | 名実ともにオジさん »