« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

映画をつくる

clipLEGOで再現した「マトリックスの名場面」(動画)

面白いし、良くできてる。
LEGOで映画やゲームのワンシーンを撮って遊んでいるヒトがけっこういるみたい。


clipStar Wars: Uncut

こちらは各自が15秒ずつ撮影し、それを組み合わせてスターウォーズep.4を作るというプロジェクト。
ひとり15秒ならなんとかなりそうな気もする。

実写あり、アニメあり、コマ撮りありの予告編をどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

ETCを使ってみた

何もついていない…すなわち、

  • 過給機なし(NA)
  • エアバッグなし
  • ABSなし(しかもノンサーボ)
  • パワーウィンドウなし
  • (ドアに配線が行ってないので)集合キーロックなし
  • (ドアに配線が行ってないので)ミラー調整も車内からできない
  • (バケットシートなので)リクライニング機構なし
とオプション機能がなにもないエリーゼ。

唯一、前のオーナーがETCをつけてくれていて、一度このETCを使ってみたいと思ってたんでした。エリーゼの車高だと、料金を払うのがきっと大変なので、ETCをつけるのは正しいのかも。

実は、普段使いのレガシィにはまだETCをつけてないので、自分の運転では初のETC。

というアレで、弟タカシ氏とETCを使うために高速を使って隣県までブラックなラーメンを食しに行って来た。

本当にゲートが開くのか心配だったけど、特に問題なく使用できて、ひと安心。

で、エリーゼにて初の高速道路。
車重が軽いせいか、ぬおわkm/hくらいからステアリングがフワフワ浮く感じ。ぬゆわkm/h出すとふっ飛んで行きそうでちょっとコワくて、レガシィの安定したぬゆわkm/hとは大違い。ただ、ぬゆわkm/hでリミッターが効いてしまうレガシィよりは気分的には楽かもしんない。


ラーメン食って、某ボードショップ寄って、途中で弟タカシ氏と運転を交代したりしながら、帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

披露宴二次会

後輩ちゃんののあと、結婚式披露宴二次会に参加。

式の様子会社の同期同士による結婚ということもあり、参加者のほとんどが会社の方だったので、逆にあまり気を使わなくてもいいというか、楽しい酒が飲めました。

めでたいですな。
そして、幹事の方はほんとうにご苦労様でした。頭が下がります。

途中からはカメラマンになってしまい…なんだかとても申し訳ない気持ちになったり。スミマセンスミマセン。途中まで気付かずにマクロモードで撮ってました。orz

抽選でトミカの「NISSAN GT-R collection」が当たってしまいました。スミマセンスミマセン。こういう場で当選しないキャラなのに空気が読めずに申し訳ない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

単独スリップ

後輩ちゃんの結婚式に参加。
朝まで雨が降っていたけど、回復する予報だったので、エリーゼで式場に向かったんでした。

で、式に出たあと、二次会披露宴まで時間があったので、一度帰宅しようとエリーゼに乗り込み、某交差点で右折しようとしたら、Uターンしてました。

…。
右折時にアクセルを踏みすぎて、後輪が滑り、気がついたら後ろ向いてたり…。

エンストしてるし、目の前には中央分離帯だし、ヒジョーに恥ずかしがりながら、エンジンをかけ、赤面しながらバックギアを入れ、うつむき加減で後退し、体勢を立て直して逃げるように立ち去ったり。

あー、マジで恥ずかしかった。

幸い、三車線の広い交差点での単独スリップだったので、どこもぶつけずに済んだんだけど、改めて「なんつークルマだエリーゼ」と思ったり。
いや、エリーゼ関係ないな。
腕が悪いだけです。orz

まぁ、西部警察にならなくて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

セフティ・マッチの金の言葉

ほぼ日刊イトイ新聞

主観ですけど、波長が合わないというかですね、「肩のチカラ抜けよ。自分らしく生きればイイじゃん。」的な変なユルさというか、上から目線というか。そんなイメージで全然見ないんですけれども。

全然見ないので、そのイメージが合っているかすら分かりませんけれども。

偶然さっきたどり着いちゃったトップページに、このよーなことが載ってたわけです。

「いつか無くなるものを求めちゃいかんのだよ。
無くなるものは、求めるためではなく、
そいつで遊ぶために、この世にあるんだからな」
(『セフティ・マッチの金の言葉』より)
セフティ・マッチとやらがどんなヒトなのかモノなのか分かりませんけど。

で、なんとなくこの言葉はいいな、と思った次第。

だからと言って、定期的にほぼ日をチェックすることは、やっぱりないと思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

Old-timer

k-nos氏に借りたOld-timer誌の2006年4月号2006年6月号を興味深く拝読。

エリーゼのボディカバーはフクモトさんにお願いしてあったんだけど、店長の「どうせ使わなくなるから」という薦めもあり、保留にしてあったんでした。

が、やっぱり、青空駐車だと、雨も紫外線もクルマには良くない、ということがよく分かった。
そもそも、エリーゼのエンジンって剥き出しなんだよな。だからこそ、防水対策はしっかりしてあるはずではあるんだけど、さっき運転したらなーんかエンジンの調子が今ひとつでノイジーだし、コイル(?)が濡れると調子が悪くなるというような記事も見かけるし。

早急にボディカバーを買わねば。

Old-timer (オールドタイマー) 2006年 06月号 [雑誌]/八重洲出版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

非モテ車

ロータスエリーゼを購入するにあたり、確実に理解し、同意し、納得していたことがある。

それは

エリーゼは非モテ車だ
ということだ。

無論、モテようと思ってエリーゼの購入を決めたワケではないので、自分にとってはまったく問題のない話ではあるけれども、もしエリーゼを見かけて「これはカッコいい。モテるに違いない。」と思ってしまった特に若者の男子は、気をつけた方がイイ。

断言する。
エリーゼや、その他、男子がカッコいいと思ってしまう数多のスポーツカーはすべて、確実に女子には不人気だ。

女子にとってのクルマ観は、今や有名な彼氏がダイハツの軽自動車乗ってた。別れたい…というトピックに端的に表れている。
この際、このトピックがネタであろうがなかろうが、そんなことはどうでもイイ。

女子にとって、クルマとは快適に移動する手段であり、助手席でくつろぐための空間であり、他者を見下すための道具なんである。
従って、総じて快適性が失われており、バケットシートで身動きも取れず、車高が低いため他者に見下されるようなスポーツカーなんて、女子からしたら鼻くそ以下なんである。
車内が丸見えのオープンカーなんざ、もってのほかなんである。

うちのオカンがエリーゼを見て「次は助手席に乗る子やね」とひとこと言い放ったわけだが、これはもうまさに勘違いであって、このよーなクルマに乗るってことは、助手席を空けたまま独りで生きていく覚悟を決めたということなんである。


女子にモテたいんなら、エルグランドとかハリアーとかプリウスとか買っとるわい。


「あの人ったらあんなクルマ買っちゃって。女子にモテるとでも思ってんのかしらね。バカみたい。」などという陰口を叩かれるのは超心外であり、このよーな日記をポストせざるを得ないわけですけれども、言い訳しているように聞こえる時点で完全に負けてる気分。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

レガシィ再発見

昨夜、実家から持ってきたレガシィで出勤。

すでにエリーゼを運転するときのクセが出てしまい、ブレーキを強めに踏んでしまう。ウィンカーとワイパーも間違えそうになる。

それでも、レガシィは良いクルマだよな、と実感。
ステアリングは軽いし、直進性はイイし、素性の良い水平対向エンジンは吹け上がるし、シーケンシャルターボの加速感は相変わらず素晴らしい。

エリーゼとはまったく性格が異なるクルマなのに、方向性は違うけれども満足感を与えてくれる。
これはこれで、クルマとしてのひとつの解なんだろうな、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月23日 (月)

オープンドライブ

昼過ぎ、弟タカシ氏からのメールで起床。
昨日の久しぶりの肉体疲労で、12時間以上寝てた模様。

タカシ氏は午前中仕事だったらしく、仕事が終わったらエリーゼ乗せてよ、という話をしてたような気がする、そういえば。

フロントビューということで、ソッコー準備してエリーゼでタカシ氏邸へ。

納車後は天気が悪かったこともあり、まだエリーゼのスナップを撮ってなかったんでした。弟んちの前を借りてパチリパチリと何点か撮影。


エリーゼには撮影者の腕の悪さをカバーするカッコ良さがあるなぁ、と。
謙遜する余地がないくらいカッコ良い。


天気も良いので幌も外し、ダウンジャケットを着て防寒対策をして、とりあえずスタンドで給油。
セルフのスタンドだったんだけど、スタッフの方が「カッコいいクルマですねー」と話しかけてきたり。
カッコいいのは十分に分かっているんですけど、見知らぬ他人が声をかけてくる程度にカッコいいとなるとこれはもうカッコよすぎるんではないか。目立ち過ぎるんではないか。ヘタな運転ができないんではないか。プレッシャーも大きくなる。
(ちなみに、初めて給油したので、給油口の中の仕組みがわからず、ガソリンをこぼしてしまったり。)


リアビュー給油後、白山方面へ。小松方面からだと、緩めのワインディングロードも続くし、トンネルもあるし、信号が少ないので、慣れないクルマを気持ちよーく乗るにはちょうどイイと思ったんでした。

晩秋の白山方面は紅葉も終わりかけだったけど、景色もよく、空気も気持ちよく、幌を外したエリーゼはどこまでも解放的。

瀬女の道の駅で弟と運転を交代。
普段AT車に乗っている弟もエンストもせずうまく乗ってる。ブレーキポイントも使うギアも自分とは違うので、それはそれで発見もあったり。

中宮温泉スキー場で再び運転を交代し、今度はちょっと頑張って乗ってみる。
高回転領域におけるNAエンジン独特の加速感にしびれ、トンネルには高らかに排気音が鳴り響き、レガシィでは感じられなかったクイックな操作感が…少しコワイ。

分かったこと。

  • このクルマはよく曲がる。それはもうあり得ない速度で曲がる。
  • アンダーステアが出ない(っていうほどツッコんでないけど)。後輪駆動とはこういうことなのか、とかちょっと思う。
  • 体感速度は20km/h増し。つまり低速でも楽しい。これはお得と言ってイイんだろうか。
  • コーナリングの限界がぜんぜん分からない。たぶん、限界を超えた瞬間に吹っ飛んでしまう。
  • ユルく流すだけでもスゲー気持ちイイ。楽しい。
  • GTカーじゃない。なので、長距離を楽に速く乗るクルマじゃない。たぶん。
道の駅でエリーゼを停め、コーヒーを飲んでると全然知らない家族がエリーゼの周りに集まって覗き込んだりしているのを遠巻きに見て、ちょっと恥ずかしかったり。

思った以上にプレッシャーを感じるクルマだということもよく分かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

名実ともにオジさん

ボードから帰ってきたら、実弟タカシ氏よりメールで連絡。


無事、第一子が生まれた、とのこと。
母子ともに元気だ、とのこと。


良かった。
そして、これで名実ともにオジさんになってしまった。

ボードから戻って、弟に連絡して、面会時間ギリギリに病院に到着。そのご尊顔を拝謁させていただきました。

カワユス

カワユスカワユス。

嫁さんも赤ちゃんもよく頑張った。
エライエライ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[01]立山 - シーズン開幕戦

11月も後半となれば、無論、ボードシーズンが開幕するんである。

というアレで、カズ君と立山へ。前日、レガシィを実家に置いてきてしまったため、カズ君にアパートまで迎えにきてもらったり。重役待遇となってしまい本当に申し訳ない。ありがとうございます。

この時期の立山駅は、スキーヤーとスノーボーダーでけっこー混雑してたり。
11月の後半2週間くらいは、

という条件がそろうため、新雪好きのスキーヤー、スノーボーダーに人気があるんでした。

立山室堂バスは無事、室堂まで開通しており(天候、積雪状態によっては室堂まで行かないこともある)、8時10分の臨時便で到着した室堂は快晴!!
ちなみに、立山駅始発は8時でした。早朝から便があるのは夏だけだったもよう。

時期も時期なので、時おり強い風が吹いて雪を巻き上げるし、天気も晴れていたのは朝イチくらいで徐々に曇り始めたんだけど、ただ単に新雪、今シーズンの初ボードというだけでテンションが上がる。

実弟タカシ氏んとこの第一子の予定日ということも聞いていたので、雄山に向かってこっそり安産を祈願したあと、ハイクアップ開始。
まだ、積雪が少なく、岩やブッシュがそこら中に出ていることもあり、今回は比較的良さそうな天狗山方面を攻めることに。

ハイクアップ久しぶりのハイクアップ。しんどい。

夏も精力的に登山を重ねたカズ君はサクサク登っていき、体力の差を感じる。
新雪ということもあり、スノーシューを履いていても足下がグズグズ崩れ、一歩登っては半歩滑り落ちるようにしながら、なんとか尾根近くまで出て、一本目。

カズ君先行。初滑りのはずなのにヒラリヒラリと軽やかに滑降。俺はと言えば、腰は引けるし、うまくバランスが取れないしで苦労しながらのライディング。

でも、きーもちいー。
やっぱ新雪は最高であり最強なんでした。

二本目。同じ斜面をハイクアップ。一本目よりも雪がしまって、多少登りやすくなってる。
二本目は自分が先行。スミマセン、まともなトラックを刻めませんでした。
トランシーバーとジェスチャーを使って、カズ君に合図し、プチ撮影。

もう半分登って滑って、本日のバックカントリーを終了。
無事に下山し、0910シーズンの開幕戦を完遂。

いやー、疲れたけど楽しかった。楽しかったけど疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

エリーゼ納車

午前中、エリーゼの保険の手続きをしてから、yasunori氏、k-nos氏にカーサービスフクモトさんに連れて行ってもらう。

今回はk-nos氏のAZ-1のナビシートに久々に搭乗。視界がエリーゼと変わらない!!そしてスーパーセブンより快適。w

フクモトに到着し、キーを渡されて納車の儀式完了。
い、いよいよ…エリーゼが手元に…。

店長とダベったり、展示されてるLotus Exigeを眺めて(k-nos氏が)悶絶したりしたあと、いよいよエリーゼお持ち帰り。
購入したのは試乗車よりも馬力がある111S。ドキドキしながら乗り込み、そっとアクセルオン。良かった…エンストしなかった。

yasunori氏のスーパーセブンに続き、エリーゼ、k-nos氏のAZ-1の順で帰路につく。途中、お茶目なスーパーセブンがエキゾースト音をけたたましく鳴り響かせながら加速…ついて行けねえ。

分かったこと。
(ノンサーボの)ブレーキが重く、効き具合がよく分からん。
高回転域まで素直に吹け上がる可変バルブタイミング付きローバー18Kエンジンは心地よい加速感を与えてくれるけど、ちょっとノイジーで雑な印象も受ける。

そして…楽しい!!
忘れかけてたドライビングの楽しさを思い出させてくれる。

実家近くに到着し、k-nos氏を隣に乗せて軽く試乗。(俺の運転にではなく)エリーゼには好感触を持っているご様子。買っちゃおう。Exige買っちゃおう。
次に、yasunori氏の運転で、ナビシートに乗り込んで試乗。アリエナイ速度で曲がるエリーゼに驚愕。すでに俺より乗りこなしてる(汗)。こんな風に曲がれるクルマなのか…。


yasunori氏、k-nos氏と別れて、小雨の中アパートへ。晴れてればオープンにしたんだけどなぁ。

納車時には点灯していたエアコンのバックパネルがすでに点かなくなっているのは中古の外国車の愛嬌か…。また、クルマ屋に持って行かないとなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

バルスでTwitterの負荷耐性を調べる

テレビで天空の城ラピュタをやってて、バルスの瞬間Twitterが落ちかかったというアレ。

おれもおれも!!


みんな、どんだけラピュタ好きなんだと。
どんだけバルス好きなんだと。


名言が多いからですかね。


結局、Twitterは一部でエラーを返したみたいだけど、耐え切った模様。
最近はずいぶん安定してますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

ALL IN ONE

TOEICの点数がなかなか上がらないワタクシに、カチョリーナからALL IN ONEという英語教材をご推薦いただきました。
いわゆるTOEIC対策本じゃないけど、わりと有名な教材らしい。

一昨日、amazonでポチッ。
今日、帰宅したら届いてました。

ALL IN ONE/Linkage Club

積読にしないようしないとなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

信号無視

某交差点で赤信号になりかけたけどすでに交差点内に入っていたので「速やかに」右折したら、パトカーが信号で停まってて、でもまぁ問題ないでしょとか思ったら「停まりなさい」とかスピーカーで言われたので路側帯に入って停めたら、問答無用でパトカーに押し込められた。

B「急いでたの?」
俺「急いでないです。信号無視じゃないですよ。」
A「免許証見せて。」
俺「…」
A「メガネは?」
俺「コンタクトです。」

ウザい。
いちいちウザい。

B「我々二人の目でちゃんと見てたから。」
俺「だから信号無視じゃないって。あそこ停止線がずいぶん手前にあるじゃないですか。もう交差点内に入ってたから出しただけです。」

事実、ここの交差点は狭いので、交差点よりかなり手前に停止線がある。

B「じゃあ見に行こうか。」

で、交差点の停止線までわざわざ(寒い中)出て行って、

俺「ほら、こんな手前なんですよ?クルマ全部が交差点内に入ってましたから。」

と説明したら、あろうことか

B「これは解釈の問題もあるから…」
とワケの分からんことを言いやがるので、久しぶりに(ウソ)アタマん中でブチッと何かが切れる音が聞こえた。

解釈の問題てアンタ。停止線が引いてあるところが停車位置じゃなかったらどこに停めんねんボケ。

A「ちょっと確認取るから待ってて」

何を確認取るっちゅうねん。目の前に交差点よりずいぶん手前に引かれた停止線があるやろがい。オマエさっき、「目で見た」ってエラそうに言ってたな?その確かな目で見ろや。それとも何か?解釈によってはその白線は停止線ではないように見えるのかその目は。

向こうの方で、もう一人が無線で何か話してる。
マジで何話してるんだろう。
何確認するんだろう。

A「あ、確認取れましたんで。今回は信号無視じゃなかったということで了解です。」
俺「警察の人もこの道通りますよね?知らないんですか?ここの交差点の停止位置。」
A「もちろん何度も巡回してますが、全部分かっているわけではないので。」
俺「(それでよくヒトを信号無視呼ばわりしやがったな)…。」
B「停止線の中に入ってても無理だと判断したら停まっててください。」
俺「(カチン)この交差点狭いので、停止線の中に入ってたらトラックとか曲がれないんですよ。」
B「だから停止線が手前にあるんです。」
俺「だから危険と判断して出たんです。」
B「…。」
A「あー、もう結構なんで、運転気をつけて。」
俺「(うっさいボケ。みんなに見られてるやろ。恥かかせやがって。)…。」


ちなみに、停止線を見にいく際、警官Aがすぐ近くに横断歩道があるにもかかわらず、車道を横断していたことも付記しておく。


と、いうアレで、今回は正当性が認められたけど、停止線の位置を確認するまではものすごーく横柄な態度で何が何でも罰金と点数を取ってやるという強硬な姿勢がありありだったので、みなさんも気をつけましょう(気をつけようもないんだが)。こっちも腹立って良いこと何もないしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

BERT

この辺で紹介したProtocol Buffers。
XMLの代替として使えるシリアライズバイナリデータ形式だったわけですけども。

clipProtocol Buffers/Thriftに対する動的な代替手段としてのBERT

BERTはASN.1やProtocol Buffersとは違って、フォーマットのスキーマやIDL仕様を必要としない。つまり、BERTはJSONの背景にある考え方のバイナリ版のようなものだ、とTom Preston-Werner氏は説明する。
(略)
BERT-RPCは、BERTを使って呼び出しの引数と戻り値をエンコードすることにより、BERT-RPCサーバにホストされているコードをリモートから呼び出すことができる。
あまりRemote Procedure Callを使うシーンには遭遇しないんですけど、スケールアウトがトレンドの昨今においては、マシン間での同期とかプロセス間通信を利用するシーンも案外増えるかもしんないなぁ、とか思ったり。

BERTのSpecificationはこちら
BERT-RPCサーバのRuby実装はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

ScanSnap S1300

clip文書スキャナ「ScanSnap」に新エントリーモデル--WinとMacのハイブリッド

今回のS1300について「今までScanSnapを使ったことがない人を対象」としている。S1300は、A3キャリアシートに対応しておらず、読み取り速度も1分あたり4枚と、S1500/S1500Mの1分あたり20枚よりも遅い。「ヘビーユーザーにはS1500/S1500Mの方が向いている」

たぶん、S1500の方がストレスがたまらないのでしょうけど、「とりあえず文書の電子化をしたい」というユーザにはお求めやすい価格になっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

問題山積

(住民票を移していないこともあり)車庫証明を実家で取ることを説明しに、実家へ。
まだエリーゼを契約したことを家族に言ってないんでした。

で、物珍しさも手伝ってか、概ね好意的に受け入れられたり。

ま、彼らからすれば、おれが何に乗ろうとあんまり関係ないし、おれも仮に反対されたところで関係ないわけですけれども。

これが、夫婦ということになれば、また話は変わってくるんでしょう。


ハンコを持ってフクモトさんへ。ボディカバーも購入することを伝えて帰宅。


エリーゼを維持するためには、実は問題山積。

まず、冬場はどうするのか、ということ。エリーゼで雪道を走るつもりはないので、スタッドレスタイヤを買う必要はないんだけど、問題は保管場所。
(もちろん幌はあるけど)雪の中に放置するわけもいかず、本当ならガレージに入れておきたい。けど、ガレージなんてないし、実家に置いておく場所はあっても、屋根がないし。
とりあえず、今年の冬はカバーかけて切り抜けて、将来的にはガレージを借りるか、1階が駐車場になっているようなアパートに引っ越すとかしなきゃいけないかも。
とりあえず、今のアパートでもう1台分の駐車場を確保しないと。

あと、レガシィ君。
今日もヒーヒー言いながらなんとか走ってくれたけど、16万キロ以上走ってて本当にいろんなところがヤバい。異音もするし、アイドリングは落ち着かないし、クラッチは滑るし。
でも、ボードに行くためにはどうしてもレガシィが必要なので、とりあえず修理しながら乗り続けるつもり。
ただし、普通車を2台維持するのも大変。なので、将来レガシィが乗れなくなったら、代わりに4WDの荷物がたくさん載るような軽自動車に買い替えようかと思う。


後先考えずに、大変な買い物をしてしまったなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

エリーゼご成約

先週yasunori氏、k-nos氏とともに実車を見にいったロータスエリーゼ

スゲく良かった。
カッコ良かった。
ホンキで欲しくなったけど、試乗してからでイイよね、とは思いつつツイッターのつぶやきが減るくらいこの1週間は悶々としてた。

で、デモカー入れるから試乗しにおいでよ、という店長のお話を真に受けて、yasunori氏と試乗しにカーサービスフクモトさんへ。残念ながらk-nos氏は仕事のため参加できず。

新たに赤いエキシージが1台入ったもよう。ハードトップもイイ。


いよいよ、お目当てのエリーゼ試乗へ。白のエリーゼに乗り込み、店長の運転でしばらく走る。

なんというかヒッジョーにカッチリとしたサスペンション。まったく乱れるところがない。その軽さゆえか、コーナーにおける安定度がバツグン(といってもそんなに速度は出してないけど)。

続きを読む "エリーゼご成約"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

2012年終末説

clip恐怖心をあおる2012年終末説ブーム

1999年のノストラダムスの大予言で懲りた日本人にはブームが起きにくいかもしんない。
2000年問題に取り組んだエンジニアには特に影響がないかもしんない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

夫スペース

clip35歳独身限界説 by @kazuyo_k を打ち砕くたった一対の映像

Googleで検索文字列のあとにスペースを入れると(サジェスト機能が効いて)検索候補を出してくれるのですが、「夫」のあとにスペースを入れると「死んで欲しい」「嫌い」「死亡 手続き」など、悲しい候補が並ぶという話。

一方、「妻」のあとにスペースを入れると「プレゼント」など、好意的な候補が並ぶんだそうで。

ちなみに「会社」で検索しても、わりと悲しい結果になります。

会社スペース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

Xactiはどうか

この辺りで「Xactiは?ボードんとき用に防水Xacti(DMX-CA9)イイじゃん!買えよ買えよ!」と友人に勧められたんですけれども。
ボード用の映像ってワイコンとかつけて撮った方が(周囲の景色も映り込んで)迫力が出ていいんだけど、Xactiのワイコンとか魚眼ってハイエンドモデルしか付かない、という理由をあげ「えーいいよいいよーだいたい、HD映像を編集する環境持ってないし」と丁寧にお断り申し上げ、物欲を抑えていたんですけれども。

先日、ボードDVDを観てまして。

スノーボード DVD Car Danchi 4 【Rent】 車団地 4 (テナント募集) One Films/One Films

Car Danchiはパウダー求めて車中泊を繰り返すよーなちょっと濃ゆい系のシリーズですな。


自分たちのボードの撮影って、キッカーの横で機材構えて、何度もエントリして撮ったり撮られたり、というのが大半なんだけど、一方で、最近はパークに張り付いて滑るようなことは(個人的には)減ってきてて、朝イチの面ツルパウダーを単独またはごく少人数でペロリといただくようなスタイルに変わってきているという現状があるわけで。

このところのパウダー人気もあって、朝イチパウダーランは実はけっこう競争率が高く、いつも見かけるメンバーによってだいたい1時間くらいでつぶされてしまうので、カメラを構えたりする余裕なんて全然ない。
ザックからカメラを出すのも億劫。
ザックをかつぐヒマで滑り出したい。

ので、本当に自分たちが楽しんで滑っているシーンは案外撮影されていないんですよ。
それは、何気ないフリーランの中に喜びを感じ始めているというスタイルの変化の裏返しでもあるのかもしんないけど。

さておいて。
確かにボードの撮影時においては、ワイコン装着の(イマドキのカメラにくらべれば)重くて大きいメディアがminiDVなカメラをザックに入れ、撮影ポイントを絞り、気合いを入れて撮ればいいんだけれども、ふとした一瞬の、しかし自分が大きく喜びや感動を覚える瞬間は、これでは撮れない。
ウェアの内ポケットからサッとカメラを取り出し、ポチッと瞬間を切り取る動作でなくてはならない。

と、考えたときに、より慎重に構える機材とは別に、より手軽に撮影が開始できる機材があってもまったく問題ないのではないか、と。

折しも、実弟君もフルHDなカメラを入手した模様であり、カズ君もタカオもカメラを持ってるわけで、画質にこだわる映像はそれらの機材に任せておけば十分という考え方もある。

お手軽系カメラ、意外にアリかもしんない。

SANYO デジタルムービーカメラ Xacti ザクティ DMX-CG11 オレンジ DMX-CG11(D)/三洋電機

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

ロータスエリーゼ

yasunori氏、k-nos氏とともに某ショップに入ったLotus Elise SExigeを見てきた。


コ・レ・は・ヤ・バ・い


ホ・ン・キ・で・ヤ・バ・い


なにがヤバいって、無責任におれの背中を押すつもりだったk-nos氏までヤバくなるくらいヤバい。


どうすんの?
どうすんのおれ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

秋鬱

ヒキコモリデー。
部屋でじっとしてました。

プライベートが非生産的すぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

最近の体調

アタマがクラクラする。
布団に入ると目が回る。

昔ほど仕事に明け暮れてるわけじゃないんですけれども。

けっこう限界だぞマジで。
ばくはつしろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

E-P2発表

@fgs16氏のつぶやきで知りましたが、今日のニュースはコレですかね。

clip【詳報】オリンパス、新アートフィルターなどを搭載した「E-P2」を海外で発表

E-P1を入手してから4ヶ月で新機種発表という点において、若干残念感がないこともないけど、以前から噂はあったのでそんなにショックは大きくなかったり。

それよりも、E-P2のオプションとして用意される外付けEVF。
コレ、E-P1にも付かないかなー。
(でもどっかで付かない、という噂も見たことがあるよーな…)


それと、気になるのが、同時発表のマイクロフォーサーズレンズ。

clipヨーロッパでオリンパス E-P2が発表になりました

とくに広角レンズの9-18mm F4.0-5.6。
ちょっと暗いけど、(たぶん)35mm版換算で18-36mmの超広角。
フォーサーズの9-18mm F4.0-5.6持ってるので、たぶん買わないけど、マイクロフォーサーズ規格のカメラを持っていて、次は何のレンズにしよーかなーと考え中の広角好きなキミには朗報です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

ため息

コレを見てため息をつく日々。はぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

プレ鑑賞会

ボードDVDをちょっと直してPILOT 2版とし、弟夫妻んとこに持って行って鑑賞会。

実家に持って行って鑑賞会。

身内には概ね好評でした。
まぁ、採点基準が甘いわけですけれども。


もう11月ですな。
昨日からの寒波も明日からは緩むそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

GO APE OVER SNOWBOARDING 5 PILOT 1

GO APE 5 PILOT 1スノーボード自己満足DVD"GO APE OVER SNOWBOARDING"の5作目。
今年は、自分が取りまとめ役だったんですけど、やっとPILOT1版を作成。


遅れた。
遅れに遅れた。
一昨年の4作目よりも時期的には2ヶ月半も遅れた。

関係各位には大変ご迷惑をおかけし、申し訳ないと思っている。
反省している。
猛省している。


同様に自分が取りまとめ役をやった3作目は6月のはじめに試写会をしていることを考えると、もう本当にシャレにならんくらい今回のリリースは遅いわけで。
昔はもっと時間があり、タフだったのか、それとも最近は制作に凝りすぎているのか…。
映像を見る限り、そんなに変わってない(むしろ、パンチは減ってる)ので、やっぱり時間やエネルギーが足りなくなってきているのかも。


今回は編集をWindowsで、DVDの作製をMacのiDVDでやってみた。この点においてのみ、他作品とは差別化が図れているかもしんない。
2.4GHzのCore 2 Duoと4GBのメモリを積んだMacで、メニューのレンダリングに1時間くらいかかるけど、それなりに見た目はステキになったと思う。さすがApple。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

ニコ動におけるARToolkitの扱われ方

ARToolkit関連。
ニコ動には面白い動画がたくさんあるなぁ。

これはまぁ、わりと。
グラフィックスのデータさえそろえれば、という感じ。
でも、よくできてて、見ていて気持ちがイイ。

これはスゲー。
対象物との距離をリアルタイムで測っているのと、その距離に応じてグラフィックスを表示する位置を変えているところがイイ。
グラフィックスも近未来でイイ。
攻殻の世界だな。

と、健全(?)な方面だけじゃなく…

へんたい!!
でも、マーカーを使わずに指先の位置を計測しているわけで。
これが一番スゴいような気がする。


学生のときに、CGと数学の基礎くらいはもうちょっとやっておけば良かった、と後悔。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »