« 名実ともにオジさん | トップページ | レガシィ再発見 »

2009年11月23日 (月)

オープンドライブ

昼過ぎ、弟タカシ氏からのメールで起床。
昨日の久しぶりの肉体疲労で、12時間以上寝てた模様。

タカシ氏は午前中仕事だったらしく、仕事が終わったらエリーゼ乗せてよ、という話をしてたような気がする、そういえば。

フロントビューということで、ソッコー準備してエリーゼでタカシ氏邸へ。

納車後は天気が悪かったこともあり、まだエリーゼのスナップを撮ってなかったんでした。弟んちの前を借りてパチリパチリと何点か撮影。


エリーゼには撮影者の腕の悪さをカバーするカッコ良さがあるなぁ、と。
謙遜する余地がないくらいカッコ良い。


天気も良いので幌も外し、ダウンジャケットを着て防寒対策をして、とりあえずスタンドで給油。
セルフのスタンドだったんだけど、スタッフの方が「カッコいいクルマですねー」と話しかけてきたり。
カッコいいのは十分に分かっているんですけど、見知らぬ他人が声をかけてくる程度にカッコいいとなるとこれはもうカッコよすぎるんではないか。目立ち過ぎるんではないか。ヘタな運転ができないんではないか。プレッシャーも大きくなる。
(ちなみに、初めて給油したので、給油口の中の仕組みがわからず、ガソリンをこぼしてしまったり。)


リアビュー給油後、白山方面へ。小松方面からだと、緩めのワインディングロードも続くし、トンネルもあるし、信号が少ないので、慣れないクルマを気持ちよーく乗るにはちょうどイイと思ったんでした。

晩秋の白山方面は紅葉も終わりかけだったけど、景色もよく、空気も気持ちよく、幌を外したエリーゼはどこまでも解放的。

瀬女の道の駅で弟と運転を交代。
普段AT車に乗っている弟もエンストもせずうまく乗ってる。ブレーキポイントも使うギアも自分とは違うので、それはそれで発見もあったり。

中宮温泉スキー場で再び運転を交代し、今度はちょっと頑張って乗ってみる。
高回転領域におけるNAエンジン独特の加速感にしびれ、トンネルには高らかに排気音が鳴り響き、レガシィでは感じられなかったクイックな操作感が…少しコワイ。

分かったこと。

  • このクルマはよく曲がる。それはもうあり得ない速度で曲がる。
  • アンダーステアが出ない(っていうほどツッコんでないけど)。後輪駆動とはこういうことなのか、とかちょっと思う。
  • 体感速度は20km/h増し。つまり低速でも楽しい。これはお得と言ってイイんだろうか。
  • コーナリングの限界がぜんぜん分からない。たぶん、限界を超えた瞬間に吹っ飛んでしまう。
  • ユルく流すだけでもスゲー気持ちイイ。楽しい。
  • GTカーじゃない。なので、長距離を楽に速く乗るクルマじゃない。たぶん。
道の駅でエリーゼを停め、コーヒーを飲んでると全然知らない家族がエリーゼの周りに集まって覗き込んだりしているのを遠巻きに見て、ちょっと恥ずかしかったり。

思った以上にプレッシャーを感じるクルマだということもよく分かった。

|

« 名実ともにオジさん | トップページ | レガシィ再発見 »

Lotus Elise」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/46852840

この記事へのトラックバック一覧です: オープンドライブ:

« 名実ともにオジさん | トップページ | レガシィ再発見 »