« ボード中心 | トップページ | 祭りのあと »

2009年12月20日 (日)

[03]たいらスキー場 - パウダーヘヴン

晴れ間昨日のボードがカラダに与える影響が凄まじく、全身バキバキで動かなかったんですけれども。

昨夜、遠征を予定していたカズ君から連絡があり、雪も十分に降ってるし近場にしようかと思うんだけど、どうする?というアレで、ふたたびたいらスキー場へ。

やはり8時半ギリギリに到着。昨日より客が若干少ないこともあってか、今回は朝イチの新雪がいただけました。

カズ君を待たせるのは悪いので、リフト乗り場で合流することにして、ダイナミックコースに突入。オープン直後の1、2本が勝負であり、いかに1本目を素早くいただくかが大きなポイントになったりするわけで、キホン、チョッカり。
ターンをしないので、スピードコントロールは右足の踏み加減?よく分かってないけど、とにかく新雪がサイコーすぎることだけは本能に訴えかけてくる…ような気がしたり。

2本目、すでに荒れてきてるコースの「まだ踏まれてないところ」を狙いつつラインを取り、3本目はエントリーで少し飛んで軽やかに着地し、コース中腹で新雪にハマって身動きが取れなくなっているライダーの横をいやらしくチョッカり。

ダイナミックコースは3本滑った時点でバタバタなんでした。競争率が高すぎる。

そのあとは迂回コース(の、穴場的なライン)で3本パウダーを狙い、第3リフトが動き始めたので、ダイナミックコース上部で3本パウダーをいただいたあたりで、美味しそうなパウダーはだいたい食い散らかした格好になり、残りは隅っこのパウダーを果敢に攻めるしかなくなるんでした。


リフトに乗っているときに、上からあの辺にまだ残ってそうだとか、このラインはどうだろうとか、次はアレ食ってみるとか、コースを観察して相談したりするんですけど、今回はしばしば「カズ君が次に行こうと思っていたラインを先に食ってるライダー」を見かけたり。しかも女子。
まぁ、リフト上で自分たちが見ている景色は、他のライダーに見られてるわけで、思考や嗜好が似てれば同じようなラインを狙う可能性は高まるんですけれども。これほど、先に行かれた日はなかった気がします。


今回、GENTEM TTをおろしたカズ君は、エロいラインを何本も決めてるのに自分のMANTARAYはまだイイところなしだな、ということに気づき、後半に「ギリギリ…どっちかって言うとマナー違反」的なラインに絶妙のタイミングで入り、1本だけだけど「自分が滑った証」を刻んで大満足。


最後は圧雪バーンも滑れなくなるくらい足にキて、カズ君より先に終了。午前券なのに、疲れ方が半端じゃねえ。

神様。1日中パウダーに入っても疲労しない強靭な肉体が欲しいです。それ以前に、1日中パウダーに入れる環境が欲しいです。


寒波の影響で2日連続でわりといい雪質に当たったけど、今シーズン、こんな日があと何日あるかねぇ。楽しみでもあり、ちょっと心配でもあり。

|

« ボード中心 | トップページ | 祭りのあと »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

羨ましい限りです
東海北陸道が通行止めで流葉行きを断念
ホームへ行ったけど、板の選択ミスで・・・(´・ω:;.:...
悔しいの一言です
年末寒波に期待しますわ

投稿: o様。 | 2009年12月23日 (水) 17:20

それは残念でしたね…。

年末寒波!!
ぜひ、期待しましょう!!

投稿: kyow | 2009年12月23日 (水) 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/47081504

この記事へのトラックバック一覧です: [03]たいらスキー場 - パウダーヘヴン:

« ボード中心 | トップページ | 祭りのあと »