« 35歳独身長男の正月 | トップページ | [08]瀬女高原スキー場 - 新雪まつりブラザーズ »

2010年1月 2日 (土)

[07]一里野温泉スキー場 - 体験!!家族サービスの巻

この辺で会議したyasunori氏とそのご息女様であるところのro嬢、mk嬢と一里野へ。

ro嬢、mk嬢とは、ふだんぜんぜん接点がないので、行きのクルマの中ではキンチョーしているのか静かなもんだったり。

さておき、一里野。
昨日も一昨日もゴンドラ運休であり、本日はゴンドラが動くとのこと。

ということは、丸二日分のパウダーがエキサイトゲレンデやチャレンジコースにもっさりと!!どっかどかに!!際限なく!!マキシマムに!!積もりに積もってパウダーヘヴン間違いナシ!!

むしろコレを狙って一里野を選んだと言っても過言ではないんでした。


ro嬢もmk嬢もまだ新雪は難しいお年頃であり、yasunori氏の放任主義に従って2人で練習していてもらい、ゴンドラが動くまでの間、オトナ2人はチャレンジ下でまぁまぁの新雪を堪能。(って言っても、ちゃんとご息女たちの位置を常に確認してましたけど)

そのうちゴンドラ始動。
希望に胸を、期待に鼻腔を膨らませながらエキサイトゲレンデへゴー。


…。


圧雪されてた…。


ナニやってんだよ!!一里野!!
ナニ圧雪しちゃってんのよ!!一里野!!

やはり2日分の新雪/深雪を期待していたであろー某ショップ店長やエロい板を履いたライダー達の希望と期待をぼっきりと折りまくる対応になんつーかマジでアレだな。
アタマにウジわいてんのか?

イヤ、分かる。
十分に積雪があったこのタイミングで雪を固めておきたいスキー場の気持ちは分かる。


でも今日の営業終わってからでも良かったんじゃねえか?(号泣)


パウダーが望めないことが分かったので、後半はまったりモード。
ご息女たちを連れてゴンドラに乗り、ちょっと休憩したあと、のだいら第二で練習してもらいつつ、オトナたちはのだいらを起点に中ノ原、のだいら第一下で重めの新雪をわっほいわっほい頂いたり。

ro嬢、mk嬢もボードなんですけど、その辺の初心者よりは上手いので、しばしば「かわいー」とか「じょうずー」というような声が聞かれるわけで、なんかちょっと


おれ、鼻高々。


まぁ、おれの娘じゃないけどな。


それにしても、子供って元気だな。
あんだけ転んでんのにキャアキャア楽しそうに騒いでるし。
おれにもあんな時代があったんだろうか。

なかったかもしんない。


多少キンチョー感もなくなったのか、往路よりは騒がしくなった友人のご息女たちをミラー越しに見つつ帰宅。
おまいら、マジ元気だな。

家族サービスってこういうことなのか、とか微笑ましく思ったんですけど、まぁ他人事だから微笑ましいのかもしんない。

|

« 35歳独身長男の正月 | トップページ | [08]瀬女高原スキー場 - 新雪まつりブラザーズ »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/47216599

この記事へのトラックバック一覧です: [07]一里野温泉スキー場 - 体験!!家族サービスの巻:

« 35歳独身長男の正月 | トップページ | [08]瀬女高原スキー場 - 新雪まつりブラザーズ »