« お金に決まっている | トップページ | [13]瀬女高原スキー場 - in a blizzard »

2010年2月 5日 (金)

[12]瀬女高原スキー場 - 独占パウダー

独り占め金曜日。
ワークライフバランス云々というアレで、うちの会社でも計画年次休暇の取得が奨励されているわけですけれども、それを真に受けて計画年次休暇を取得。
週の中ごろからの降雪に胸を躍らせながら、朝イチで一里野へ。

ゴンドラが動いていないので、一応チケット売り場のスタッフに聞いたら

「強風のため運転を見合わせている」

とのこと。


マジで!?


ほとんど無風状態なんですけど?
来る途中で見た瀬女のゴンドラは動いてましたけど?

山頂付近と麓で風速が異なることはよく分かってるけど、経験上(どんだけ一里野に通いつめてると思ってんだ)、麓でこの程度の風なら山頂付近でゴンドラが動かないほどの風が吹いているとはとても思えん。


経費削減でゴンドラを動かしてないんじゃねぇのか?


このところの一里野のやり方に不信感を募らせつつ、風の様子を観察し、瀬女に戻ることにした。

瀬女に戻る途中、スキー教室の生徒を満載したバス3台とすれ違う。リフト乗り場がゼッケンをつけた生徒で混雑する様子を想像。瀬女で良かったかもしれない。

瀬女高原スキー場は予想通り客が少なく、場所によってはほとんど独占状態。
軽めの新雪がゲレンデ脇に残っていて、TTSS ROCKET FISHが冴える。
んだけど、なんか今ひとつ物足りない。

瀬女はパウダー競争率が低くて、そこは評価できるんだけど、基本的にはほとんどのコースに圧雪が入るので、パウダーのロングランができない。
まぁ、最近は一里野のエキサイトも圧雪入っちゃうので、どこに行っても同じなのかもしれんけど。エキサイトに圧雪いれるとかマジ意味分からんし。


おそらく一里野から流れてきたと思われるGentemライダーがゲレンデ脇をぶっ飛ばし、ライン取りを誤ってギャップ下のブッシュにバリバリと一回転しながら突っ込むのをリフトの上から眺めながら、このコンディションなら無茶したくなるよねーと共感しつつ、自分はケガしないようにネチネチとゲレンデ脇の攻略に余念がなかったり。

|

« お金に決まっている | トップページ | [13]瀬女高原スキー場 - in a blizzard »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/47514986

この記事へのトラックバック一覧です: [12]瀬女高原スキー場 - 独占パウダー:

« お金に決まっている | トップページ | [13]瀬女高原スキー場 - in a blizzard »