« 遺品 | トップページ | Mac版Google Chromeを導入 »

2010年2月25日 (木)

フレックスタイム制

我が社においてはフレックスタイム制を導入しているんですけれども、コアタイム(勤務してなきゃいけない時間)が8時半から12時なので、全然意味がないというか、遅刻の救済にならないだけでなく「平日にしかできないちょっとした用事」を片付ける場合にも、12時まで仕事して、午後にフレックス退社して、それから、ということになる。午前中にちょいちょいと片付けることができない。
ついでに言うと、イナカゆえに「昼休みを利用する」こともできない。会社の近くに銀行や役所がないからであり(あるけど、自分には関係のない銀行や役所)、そもそも昼休みが45分しかないんでした。
こんな有様なのに「地方の大手IT企業に勤めてる」なんてふんぞり返る社員がいるもんだから大笑い。

「平日にしかできないちょっとした用事」…つまり銀行とか役所とかのサービスが、休日や平日遅くまでやってりゃイイんですけれども、それはさておいて、今日は銀行に用事があったので、13時過ぎにフレックス退社し、30分以上かけて某銀行に行き、用事を済ませて帰ってきたらまだ14時半ごろであり、


お天道様もまだ高いし仕事できるなぁ


とか思って、会社に戻り、けっきょく残業時間まで仕事。フレックス退社時にタイムカードは切ってしまっているので、帰社してからは当然サービス残業。

こうして、記録上の残業時間は減り続け、サービス残業は増え続けるんでした。


ワークライフバランスをとるためにフレックスタイム制を活用しよう!!とか言う前に、フレックスタイム制の内容をなんとかしてほしい。

|

« 遺品 | トップページ | Mac版Google Chromeを導入 »

ネガティブデイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/47662068

この記事へのトラックバック一覧です: フレックスタイム制:

« 遺品 | トップページ | Mac版Google Chromeを導入 »