« [17]IOX-AROSA - スロープスタイル | トップページ | インターチェンジ »

2010年3月15日 (月)

ギアがニュートラルに戻りにくい

エリーゼS111昨日はボードして帰宅後、知事選の投票のために実家へ。

天気も良かったので、エリーゼをオープンにして、わざわざ人目につく環状線を選んだのですが。

まだオープンには寒いヨ!!
ヒーターの吹き出し口で指を暖めながら運転。


でも、独りでガマンして乗る分にはオープンも悪くない。
環状線のトンネルに響く甲高い18Kエンジンのエキゾーストノートが心地いい。

環状線には、トンネルで加速をしてエキゾーストノートを楽しむフェラーリが出没するんだけど、スマン、その気持ち、ちょっと分かってしまったかもしれん。
けど、トンネルの前でいちいち減速して先行車との車間を取り、トンネルで加速するよーな下品な運転はしないようにします。


最近、気になっているエリーゼの現象: ギアがニュートラルの位置に戻りにくい

運転し始めの頃はきちんと戻るんだけど、暖まってくると(?)明らかにシフトがニュートラルの位置に戻りにくくなり、意識的にギアを入れる必要が出てくる。特に2速→3速と3速→2速のギアチェンジ時に困る。(まぁ、ニュートラルを通過するギアチェンジはすべて困るわけだけど。5速→4速とか5速→3速とかの減速チェンジはエリーゼではまだあまり使ってない。)

ギアチェンジしたくなる軽快さもエリーゼの魅力のひとつだと思うので、…そのうちショップ持って行って、診てもらうか。


帰りは素直に幌をつけて、高速使って帰宅。夜空の下のオープンもイイんだけど、さすがにガマンできるほど着込んでませんでした。

|

« [17]IOX-AROSA - スロープスタイル | トップページ | インターチェンジ »

Lotus Elise」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/47822267

この記事へのトラックバック一覧です: ギアがニュートラルに戻りにくい:

« [17]IOX-AROSA - スロープスタイル | トップページ | インターチェンジ »