« [20]シャルマン火打 - シャバダバシャルマン | トップページ | BD-1 2010年モデル »

2010年4月 6日 (火)

立山アルペン倶楽部 制度改定

立山黒部アルペンルート

石川県や富山県の(春や秋の)バックカントリーのメッカとも言えるので、ここ数年、個人的には開通直後くらいからゴールデンウィーク頃まではよく利用しています。
立山登山の場合も、室堂を出発点にする場合が多いと思うので、立山が十分に観光地である以上、かなり利用されている交通機関と言ってもいいんじゃないでしょーか。

2007/05/04でも、これがけっこう高い。

よく利用する立山-室堂間で往復4,190円
距離あたりの料金では国内の交通機関でも一二を争う高さかもしんない。

ちなみにボードや大きいザックなどは別途片道300円徴収されるので、フツーにスキー場の一日券を軽く超える。
リフトもないのに。
自分の足で登らなきゃいけないのに。(正確にはTバーのリフトが立山山岳スキー場にあるけど、リフト代が必要かどうかは使ったことがないので知らない。)

でもまぁ、アルペンルートのおかげで寝ながらにして室堂まで行けるわけだし、観光地料金だと思えば、そう文句も言えない料金だと思うわけですが。

さておき、立山アルペン倶楽部という会がありまして。
利用回数に応じて、交通費が安くなったり(最大5割引)、各種特典が受けられるということで昨年利用してみたんですが、今年は制度が少し変わったようです。

  • 去年まで:入会金1,000円で利用期限は1年。1回利用すれば1割引、2回利用すれば2割引、3回、4回利用でそれぞれ3割引、4割引。5回以上は5割引。
立山-室堂間の場合、2回以上利用すれば得をするんだけど、毎年入会金を払うので、年に2回程度しか行かない人はあまり恩恵を受けない制度でした。
  • 今年から:入会金が2,000円に増額。利用期限が3年に増えました。ただし、1〜3回利用で1割引、4〜5回利用で2割引、6〜7回、8〜9回利用でそれぞれ3割引、4割引。10回以上で5割引。
回数による割引率が減った分、期限を伸ばしたわけです(が入会金も増えてる)。
立山-室堂間の場合、4回以上利用すれば得をする計算ですが、実は今年から現金書留でしか入会申し込みができなくなった(ここポイント)ので、現金書留の手数料まで考えると5回以上利用しないと割高になっちゃう計算です。たぶん。


3年間で5回、立山に登るか?
立山ばかり、そんなに登るか?


数えたら、去年だけで5回(1,2,3,4,5)利用していたので、とりあえず、昼休みに申し込みをしてきました。

|

« [20]シャルマン火打 - シャバダバシャルマン | トップページ | BD-1 2010年モデル »

ネガティブデイズ」カテゴリの記事

コメント

レストラン、お土産、山小屋でも割引を植える事が出来るので、5回も行かなくても得になるかもですよ。

次回から、継続会員と云うのも有りますので、もう少し有利になります。

投稿: tona | 2010年4月16日 (金) 08:42

>tonaさん

そっか。
レストラン等でも割引サービスが受けられるんですね。
自分はあまり利用しませんが。

3年間有効なので、コンスタントに立山に入る人たちには十分にお得かもしれません。

投稿: kyow | 2010年4月19日 (月) 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/48018953

この記事へのトラックバック一覧です: 立山アルペン倶楽部 制度改定:

« [20]シャルマン火打 - シャバダバシャルマン | トップページ | BD-1 2010年モデル »