« 開始日 | トップページ | [25]立山 - basecamp backcountry(2日目) »

2010年5月 2日 (日)

[24]立山 - basecamp backcountry(1日目)

3時寝、4時起きで立山へレッツゴゥ。
去年はソロだったけど、今年はカズ君とテント泊バックカントリーなんでした。

6時頃に立山駅に着いたんだけど、すでに通常の駐車場は満車で、仕方なく臨時駐車場へ。駐車場でカズ君と合流し、立山駅に向かったところ

激混み

激混み…。orz
このところ、毎年ゴールデンウィークには立山に来ているけど、こんなに混んでいるのは初めてかも。

切符を買うのに2時間、そこから乗車するまでにさらに2時間。完全に交通機関が飽和している状態でした。
昼寝したりビール飲んだりしながら気長に待ち、(ケーブルカーではなく)バスで室堂まで。ケーブルカーでさばけなくなると臨時バスが出るんですけど、乗り換えをしない分、乗客としてはちょっと楽だったり。(確か、立山駅-美女平駅間の料金がすげー高いので、その料金を払う立山黒部貫光としては面白くないのかも)

前回は登山道をネチネチ歩いて雷鳥沢のテント場まで行ったんだけど、今年は室堂山荘まで歩き、そこから板に履き替えて雷鳥沢までライディング。
普段、行動用のザックを担いで滑ることはあっても、テントを含んだ移動用のザック(20kg弱はあると思う)を背負って滑ることがないので、バランスを取るのに必死になりながら汗だくで滑降。

いや、滑降というほど格好の良いモノじゃないけど。ダジャレでもないし。


13時過ぎにテント場に到着。
ゴールデンウィークの雷鳥沢は、色とりどりのテントで埋め尽くされてたり。

雷鳥沢テント場

テント場の北側の隅っこにテントを設営。
カズ君と2人で来たとは言え、それぞれソロのテントを持っている…というか2人ともソロのテントしか持っていないので、テントはそれぞれ建てるんですな。

幕営

カズ君はわりとちゃんと整地して、囲いもキチンと作ってるけど、自分はテキトー。このあたり、性格が出るのかも。

ピーカンテントを建てて、15時前あたりから雷鳥沢を1本滑ろうということで、ハイクアップを開始。

清涼な空気。
目に鮮やかな青空。
太ももにたまる乳酸。

これだからバックカントリーはやめられない。

自分は先日購入したアイゼンを装着し、試し履きしてみた。
滑らない分、体力の消耗は抑えられるような気はするけど、案外、雪が柔らかく、もしかしたらスノーシューの方が歩きやすいコンディションだったかもしれない。

テント場が遥か下の方、豆粒のように見える頃合いを見計らって

ラピュタごっこ

見ろ!!人がゴミのようだ!!

お決まりのムスカ大佐のお言葉を頂戴し、板に履き替える。

今回の板はGENTEMstick MANTARAY。
TTSS ROCKET FISHだと(ビッグマウンテンでは)有効エッジが短すぎて滑落時にブレーキがかけづらいかもしれないし、ツインチップなPOOLDECKは湿り雪でノーズが引っかかったときに面白くない。
春のバックカントリーというシーンを考えると、持っている板の中では必然的にMANTARAYの信頼度が相対的に上がるんでした。

それにしてもイイ天気。

いい天気じゃ

ちなみに上記の人物はワタクシではなく、カズ君ですな。
たぶん、当blogの最頻出キャラクターだと思われます。

テント場までなんとなーくコンディションを確かめつつショワーンと気持ちよーく滑って、初日の滑走を終了。


日没カズ君と自分のテントの間に(カズ君が)作ったテーブルに座り、ビール飲んだり、ツマミをつついたり、カレー喰ったり、ラーメン食ったりしている間にも徐々に日が傾き、超スローな時間が、しかし確実に流れていることを実感。

日没後は寝るしかないという、現代人にはあるまじき行為も大自然の中では許されるんでした。

まぁ、寒くて夜中に何度も起きるんですけれども。その辺は現代人。


ちなみに、日没後も東側の斜面の上の方にはまだ陽が当たっていて、夕焼けのピンク色の中にうっすらと紫色がまざったような、なんとも言えないキレイなグラデーションを見ることができました。

初めて見たグラデーション

紫色がまざるんだ、という発見もあり、ちょっと感動しましたヨ。


おまけ powered by twilog

  • 出発なう posted at 04:50:17
  • 立山駅なう 信じられん混み方してる ちなみに今日は1時間しか寝てなかったり posted at 06:26:00
  • 立山駅 きっぷ売り場が全然さばけてない きっぷを買うだけで1時間以上かかりそうorz posted at 07:16:52
  • いや、2時間はかかるな… http://twitpic.com/1k326b posted at 07:19:42
  • 輸送能力のキャパ超えとるorz posted at 07:36:06
  • カプセル聴いて気を紛らわすなう ねむい posted at 07:38:37
  • 遅々として進まん 米国なら暴動が起きるレベル posted at 07:49:50
  • チャイニーズ!板に触るんじゃねえよ! おまいら上海万博行けよな! というアレでまだチケット買えてないorz posted at 09:00:14
  • きっぷキター! 10:50のバス! マジか? posted at 09:08:43
  • きっぷ待ちに2時間 バス待ちに2時間 ディズニーランドでもこんなに待たんのんちがう?(似非関西弁) posted at 09:14:46
  • 金麦なう(ダメダメ) カズ君はラガー http://twitpic.com/1k48pl posted at 09:31:51
  • やっとバスに搭乗 すぐ寝る予感 posted at 10:47:21
  • 室堂なう。いやんなるくらい混雑。異文化の観光客も多いので並ぶことを知らない人もいるのかも。じいちゃんばあちゃんも多いし、立山観光側は課題が残りそう。 posted at 12:19:40
  • ピーカン http://twitpic.com/1k64j8 posted at 12:30:38
  • 幕営ちゅう 疲れたので休憩してる http://twitpic.com/1k702o posted at 13:48:23
  • 日没なう きれい posted at 18:14:56
  • 陽が沈んだ方向 http://twitpic.com/1k9gjt posted at 18:17:23
  • シュラフに潜り込んだなう posted at 19:29:33
  • トイレに起きたなう。見たことがない星の数。手元のコンデジや携帯では撮れないので網膜に焼き付けました。 posted at 23:02:20
  • ソロテントの天井。フライシートはパリパリに凍ってました。 http://twitpic.com/1kbnk1 posted at 23:15:24
  • いびきのオーケストラ。山だとかきやすいのかな?おれも寝てるときはいびきかいとるんじゃろか? posted at 23:17:19

|

« 開始日 | トップページ | [25]立山 - basecamp backcountry(2日目) »

スノーボード狂時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/48291180

この記事へのトラックバック一覧です: [24]立山 - basecamp backcountry(1日目):

« 開始日 | トップページ | [25]立山 - basecamp backcountry(2日目) »