« TOKYO GROOVE | トップページ | CentOS 5.5 »

2010年5月26日 (水)

HHKBs

HHKBs所有するHHKBたち。

Happy Hacking Keyboardって、複数台所有するオーナーが多いらしいですな。
キーボードにこだわるよーなヒトは何でも予備を買いだめて安心するよーな人種なので…という理由もあるかもしんないけど、本当の理由は

HHKBのヘンタイ的な配列に慣れると他のキーボードで打てなくなる

という悲しい理由なんじゃないかと思ったり。


さておき、左から買った順に、英語配列のLite(PS/2)、日本語配列のLite2(USB)黒、日本語配列のLite2(USB)、こないだ購入したPro JP。
この画が欲しいばかりにPro JPをわざわざ会社から持ってきました。

入社して2年目か3年目に英語配列のLiteを買って使っていたので、当時は英語配列でも打ててたんですねぇ。
英語配列のLiteは、部署がよく変わったせいで使うマシンが定まらなかったり、PS/2インターフェイスがないPCが増えたせいで、けっきょく使わなくなってしまい、そのうち日本語配列に慣れてしまったという、ちょっと残念なエクスペリエンスをワタクシに与えてしまった想い出深いキーボードです。

Lite2の黒も自腹で購入し会社で使ってたんですけど、入社して10年も経とうかとしたときにやっと会社でキーボードを買ってもらえることになり、Lite2の白をおねだり。
そういう意味だとLite2の白に限っては会社の備品なので、所有していることにはならないですな。退職時には返却しないといけません。掃除したらちゃんと会社に持って行きます。

ちなみに、同じ日本語配列でもLite2とPro JPではFunctionキーの割り当てがビミョーに違うという事実にPro JPを本格的に使い始めて気づきました。
モデルによって少しずつ仕様が違うあたり、欧州車のようです。欧州車に変な偏見を持っているかもしれません。

サイズ比較画像を撮ってて気づいたのですが、LiteとLite2ってサイズが違うんですな。Lite2の方が少し大きい。んで、Pro JPはLiteと同じサイズ。
Lite2はカーソルキーを配置するために少し縦長になってるんだ…。
Pro JPはカーソルキーを押し込めてProやPro2、Liteと同じサイズになったけど、右側のキー配置がまた少しヘンタイ度を増してるのかも。


こうやって見ると、やっぱり英語配列のキーボードってカッコいいなぁとか思っちゃうわけですヨ。
シンプルなキー配置や横長のEnterキーがカッコいい。

けど、日本語入力のON/OFFを「かな」「英数」キーで切り替えるMac式(親指変換方式と名付けたい)に2年前に強烈に慣れてしまったいま、英語配列のキーボードには戻れないんでした。ザンネン。

|

« TOKYO GROOVE | トップページ | CentOS 5.5 »

Lifehacks」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/48467056

この記事へのトラックバック一覧です: HHKBs:

« TOKYO GROOVE | トップページ | CentOS 5.5 »