« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

コーディングの基礎知識

WEB+DB PRESS Vol.56/技術評論社ツイートに触発されてWEB+DB PRESS Vol.56を購入。
この手の雑誌はほとんど購読したことがなかったりします。

コーディングの基礎知識の目次は以下の通り。

  • きれいなコードの重要性
  • 適切な名前をつけ、不要なコメントはつけない
  • テスト駆動開発を実践する
  • 常にリファクタリングを行う
  • 1つのメソッドが行うことは1つにする
  • クラスの責務は1つにする
  • 例外処理も1つの処理と考える
  • メタプログラミングを理解する
自分が入社したとき、このよーな基礎は当たり前のよーに先輩方に指導していただいたもんですけど、最近は若者はそのよーな機会がないんですな。
不況のあおりを受けキュウキュウとしているし、かと言ってテクニックを盗んでやろうという気概も見えないし。

基礎を見直して、仮に後輩に指導するチャンスがあるのであれば、自分の持つテクニックだけではなく、先人達の知恵を引き継ぎたい、とか思ったんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

エリーゼで能登一周

ポルシェのうしろGWの走行会で、もっとエリーゼと友達にならなければ、と思ったので、ちょっと乗り倒してやろうと思い、能登一周の旅。

曇り空の下、15時にアパートを出て、帰宅は21時。
3回エリーゼを停めて休憩した以外は、6時間ハンドルを握りっぱなしでした。

途中、滑らかなアクセルワーク、ハンドリングのポルシェの後ろを走行。エリーゼはヒラリヒラリと。

分かったこと:

  • 長距離運転でも思ったほど疲れなかった。横揺れするディアスワゴンよりも腰が痛くならない。
  • 幌をつけてれば意外とカーオーディオは聴こえる。BGMにHALCALIをウキウキしながら聴いてました。
  • ヒルクライム(ただの登り坂ですけど)はトルクがないせいか、あんまり得意じゃない。低いギアでけっこう引っ張らないと速度が乗らない。
  • 日が暮れてからの運転、こえー。対向車のヘッドライトで道が見えなくなる。
  • 高回転時の吸気音が好きだー。アクセルオン時のヒュイー…ンって音も、アクセルオフ時のヒョンヒョンヒョンって音も。
  • 長時間運転しても不調箇所なし。いや、国産車なら当たり前なんですけど、正直、その辺は信頼してないので。
単にガソリンと時間を使って、独りで運転しましたヨ、というアレで、何かを習得したワケじゃないんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

iPadの感触

ディアスワゴンのカーナビの取り付けのためにディーラーへ。
ちゃんとなおってました。
当たり前。


実家寄ってから、yasunori氏んちに行き、iPadを触らせてもらいました!!(画像)

あ、しまった。
もしもしってやってもらうの忘れた。iPadで「もしもし」って。


昨日(だっけ?)発売された国内版iPadじゃなくて、米国版というところが彼らしいんですけれども、さておいて、iPad。
ぶっちゃけると、あーんまり興味なかったんでした。

ほら、もうなんか、日本全国右を向いても左を向いてもiPadアイパッドってアンタ。
おれなんかもう、アマノジャクだしさ。

というワケではなくて(そういうワケもあるけど)、今ひとつ使うシーンが思い浮かばないというか、電子書籍にもそんなに惹かれてるワケじゃないし、モバイルするならMacBookでいいし、どこで使うんだっけ?と。

なんですけれども、触るとコレ、イイな!!
単純にガジェットとして、ヒジョーにアップルしてて、信者じゃなくても、なるほどフンフンこりゃまた…おぉスゲェ、こここれは!!むむむ!!

という印象を持ちましたよ。
少なくとも、新たなユーザエクスペリエンスを与えてくれそうな雰囲気は十分に感じました。


帰りのクルマの中で、ちょっと冷静になって、あぁコレは最初にやはりyasunori氏のiPhoneを見せてもらったときの感覚に近いな、とか思ったり。そして、冷静になればなるほど「先にiPhoneだな」と思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

Virtual Insanity

帰宅してTVをつけたらJamiroquaiが出てました。

Virtual Insanity!!
楽曲もイイけど、とにかくPVがカッコ良かった。めちゃくちゃカッコ良かった。
十数年前の映像なのに、いま見てもすげーカッコいいな。

って、思ってたらカップヌードルのCMであることが判明。

オリジナルのPVはコチラ(埋め込み不可でした)。

CMで使われているシーンは1:49くらいからです。字幕も出てるので、CMの替え歌と比較してみると面白いかもしんない。


学生だった当時、JKがadidasはいててカッコ良かったので(PVでもはいてますな)、真似してadidasはいたりしてたわけですが、同じよーなことを過去にも書いたかもしんない。と思ったら、5年前に書いてました


…。
5年間、上書きする新たな記憶(体験)もなく、生活にもまったく変化がないことに驚愕。

今も昔もリアルインサニティーだお。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

CentOS 5.5

CentOSいつの間にかCentOSのバージョンが5.5に上がってた。
リリースノートはこちら

未だに仕事で5.3を使っているんだけど、大丈夫かな。Linuxのバージョンアップってやったことないんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

HHKBs

HHKBs所有するHHKBたち。

Happy Hacking Keyboardって、複数台所有するオーナーが多いらしいですな。
キーボードにこだわるよーなヒトは何でも予備を買いだめて安心するよーな人種なので…という理由もあるかもしんないけど、本当の理由は

HHKBのヘンタイ的な配列に慣れると他のキーボードで打てなくなる

という悲しい理由なんじゃないかと思ったり。


さておき、左から買った順に、英語配列のLite(PS/2)、日本語配列のLite2(USB)黒、日本語配列のLite2(USB)、こないだ購入したPro JP。
この画が欲しいばかりにPro JPをわざわざ会社から持ってきました。

入社して2年目か3年目に英語配列のLiteを買って使っていたので、当時は英語配列でも打ててたんですねぇ。
英語配列のLiteは、部署がよく変わったせいで使うマシンが定まらなかったり、PS/2インターフェイスがないPCが増えたせいで、けっきょく使わなくなってしまい、そのうち日本語配列に慣れてしまったという、ちょっと残念なエクスペリエンスをワタクシに与えてしまった想い出深いキーボードです。

Lite2の黒も自腹で購入し会社で使ってたんですけど、入社して10年も経とうかとしたときにやっと会社でキーボードを買ってもらえることになり、Lite2の白をおねだり。
そういう意味だとLite2の白に限っては会社の備品なので、所有していることにはならないですな。退職時には返却しないといけません。掃除したらちゃんと会社に持って行きます。

ちなみに、同じ日本語配列でもLite2とPro JPではFunctionキーの割り当てがビミョーに違うという事実にPro JPを本格的に使い始めて気づきました。
モデルによって少しずつ仕様が違うあたり、欧州車のようです。欧州車に変な偏見を持っているかもしれません。

サイズ比較画像を撮ってて気づいたのですが、LiteとLite2ってサイズが違うんですな。Lite2の方が少し大きい。んで、Pro JPはLiteと同じサイズ。
Lite2はカーソルキーを配置するために少し縦長になってるんだ…。
Pro JPはカーソルキーを押し込めてProやPro2、Liteと同じサイズになったけど、右側のキー配置がまた少しヘンタイ度を増してるのかも。


こうやって見ると、やっぱり英語配列のキーボードってカッコいいなぁとか思っちゃうわけですヨ。
シンプルなキー配置や横長のEnterキーがカッコいい。

けど、日本語入力のON/OFFを「かな」「英数」キーで切り替えるMac式(親指変換方式と名付けたい)に2年前に強烈に慣れてしまったいま、英語配列のキーボードには戻れないんでした。ザンネン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

TOKYO GROOVE

copyright

スノーボードDVDのジャケット画像を修正。
やっと…やっとコレで08/09シーズンのDVDのリリース準備が整った…はず。

09/10シーズンはこれからです。


本日のAmazon:

TOKYO GROOVE/HALCALI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

TODO

ここ数週間、引き継いだソースコードの解読作業をしているわけですが。

レビューで「ここでエラーログ吐くようにしておかないとまずくね?」って指摘した部分に

// TODO ログすること
ってコメントだけ書いてあるのを発見してガックリとうなだれ、溜息をつきながら天を仰いだり。
それはおれのTODOなのか?
この牛の腸のようなソースコードのメンテナンスはおれの仕事なのか?
この腸、どこまで読めばKMにたどり着くんだ?


ストレス社会で闘うあなたに。メンタルバランスチョコレートGABAをむさぼったり。


精神に安定をもたらすために、せめて読書する時間がほしいです。

リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series)/ピアソンエデュケーションリファクタリング・ウェットウェア ―達人プログラマーの思考法と学習法/オライリージャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

雨の日曜日

雨の中、カズ君とスノーボードDVDの素材を買うなどした。
そのあと、二人で飲んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

ボディカバーのメンテナンス

ロータスヨーロッパエリーゼの車検終了。
ロータスヨーロッパが展示してありました。

エンジンからビビリ音が聞こえると思っていたのは、どうやら(社外)マフラーの振動によるものらしい。音が鳴っているときにマフラーをつかむと音が止まるそうな。マフラーの取り付けには問題ないとのことなので、とりあえず処置はナシで。

ギアがニュートラルに戻りにくい現象も再現せずで処置ナシ。ギアボックスのメンテナンスはしてもらったのでヨイことにする。


ボディカバー洗浄ボディカバーが汚れてるんでした。

エリーゼのボディ形状的に、雨が降ると画像のようにエンジンフードの上に水たまりができるし、汚れのせいか雨も少し浸透してしまうので、ボディカバーに防水処置をすることに。

エリーゼにボディカバーを装着し、カーシャンプーで汚れを落とす。
黄砂でかなり汚れてる。チャイナめ。

洗ったあと、軽く水分を取ってから、防水スプレー。
先に縫い目にかけてから全体にかけ、自然乾燥させて完了。

NIKWAX今回、防水には防水透湿性素材用の防水剤NIKWAX TX.ダイレクトスプレーを使ってみました。
スノーボードのウェア用に買ってあったんだけど、テント等にも使えるようだし、まぁ問題ないかな、と。

ちなみに、NIKWAXは濡れた状態で使った方が効果があるようです。

NIKWAX(ニクワックス) TX ダイレクトスプレー EBE016 【撥水剤】/NIKWAX(ニクワックス)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Googleのユーザインターフェイスはサイコーか

IT業界の末席を汚す者として恥ずかしながら次期iPhoneを購入しようかと思っています。財政上の問題もあって、auからソフトバンクへの乗り換えということになると思います。キャリア2つも契約できません。

さておき、AppleGoogle I/Oで叩かれまくってますな。

clipなぜAppleが未来であってはならないか: GoogleのGundotraがAndroidのオープン性を熱烈に賞揚
clip動画で確認:Android Froyoが(文字通りに)iPadを周回遅れにしてしまった!

GoogleがAppleへの対決姿勢を鮮明にしているとも言えます。

clipGoogle vs Apple:真剣勝負の時が来た
clipGoogleが密かにウェブベースのiTunesキラーを準備中らしい

まぁ、ビジネス領域が一部競合するGoogleがAppleを叩くのは仕方がないとして、最近のAppleのやり方にはよく分からないところもあります。

clipAdobeが「We ラブ アップル」広告を展開、Flash締め出しを批判
clipアップル、「iPhone OS 4.0」でFlash排除を強化か

日本において唯一のiPhoneのキャリアであるソフトバンクは、輪をかけて怪しいというかきな臭いというか。

clip原口総務相、孫社長に傾倒か? NTT光分離を急ぐ

こうなると、天の邪鬼な性格も災いして、本当にiPhoneでイイのか?という気持ちがわいてきます。
しかし、ビジネスマン(おれはサラリーマンだけどね)にとってスマートフォンは必携で必須のビジネスアイテム(ってことももちろんないけどね)。

iPhoneを外すとなると、日本においてはandroidケータイということになるわけで。ゴメンよ、BlackBerry

android(もちろんGoogleが主導している)かぁ。
Googleってユーザインターフェイスを軽視するきらいがあるというか。Google Waveとか。

Googleとの付き合いは1999年か2000年から。
まだ日本に上陸する前だったんだけど、当時、首都圏で研究開発をしてた頃で、あーそういえば入社以来最高に働きまくってた時代で年間1,000時間を超えて残業したりして半分ノイローゼだった頃なんだけど、その知りたい情報に的確に導く検索性能と、ここが大事なんだけど、見たことがない超シンプルなユーザインターフェイスは、驚きをもって迎えられたわけです。おれに。

それから10年。
大企業になったGoogleの(主な収入源であろう検索における)ユーザインターフェイスが、創立当初とそれほど変わっていないことは、やはり驚くべきことだと思います。


Googleはあのインターフェイスしか作れないんじゃないか?


と疑ってしまうほどに。

もちろん、十分な検討とトライアルの末のユーザインターフェイスであろうことは想像に難くないし、少なくとも検索という行為においては素人目にもだいたい間違いないであろうとは思うのですが。


でもショボいインターフェイスは生産性とモチベーションを下げる元凶だと思っているので、やっぱりiPhoneを買うと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

いきなり尻見せでクラッシュ

clipラリーニュージーランドで観客が「いきなり尻見せ」、ドライバーが動転してクラッシュ

ちなみに尻は尻でも男の尻です。なにが"ちなみに"なのかよく分かりませんが。


地上波では、F1よりもWRCを放映してほしいですな。
あーでも、日本勢は参加してないんだっけ? じゃあ面白くないか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

HHKB Blue Key キタ━!

HHKB Blue KeyHHKB Professional JPに続き、Blue Keyが社内便で届きました。ヨシヨシ。

嬉しかったのは専用のキー引抜き工具が同梱されていたこと。
手前味噌で申し訳ないけれども


コレ使って、丁寧に引き抜いてね。(はぁと)


っていう気持ちが伝わってくるじゃないですか。

ちょうど今まで使ってきたHHKB Lite2の掃除をしようと思っていて、キー引抜き工具を買おうかなと思っていたところなのでちょうど良かった。
まぁ、キーボードの掃除ではすべてのキーを外すと思うので、マイナスドライバーでパキパキ外していった方が早いかもしんないけど。

キー引抜き工具で引抜き工具はこのよーに差し込んで45度ほどひねり
引き抜き引き抜きます。
説明書には垂直に引き抜くよう注意書きがあります。
装着Blue Keyを装着して完了。

個人的には、もう少し濃いめの青色でも良かったけど、いいアクセントになってると思います。

あーこのHHKBに赤いControlキーがつくと完璧なのに…。


とりあえず、明日から会社で使います。
モチベーションが瞬間最大20%ほど上昇しそうです。生産性は1%くらいは上がるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

(続)Ernie : Ruby/Erlang Hybrid BERT-RPC Server

ErlangRubyBERT-RPC ServerのRuby/Erlang実装であるErnieについて、面白そうなところなど。
インストール方法等はこちらをどうぞ。

ちなみに、BertもErnieもセサミストリートに登場するキャラクターだそうです。

Bert + Ernie

こういう遊び心、好きですヨ。


さて、Ernieを動作させるためにはconfigファイルが必要なので、下記のように作成し、config.cfgというファイル名で保存することにします。

[{module, ext},
{type, external},
{command, "ruby rpc-handler.rb"},
{count, 3}].
外部モジュールとして"ruby rpc-handler.rb"を実行し、そのプロセス数は3つ、という意味です。
従って、RPCとして動作させる(Ruby)コードはrpc-handler.rbというファイル名で保存すればイイわけですね。

サーバでコードが実行できる

RPCなので当たり前ですけど、リモートのコードをローカルから呼び出せます。 上記config.cfgファイルをリモート(サーバ側)に配置し、次にrpc-handler.rbというファイル名で下記をリモート側に保存します。
#rpc-handler.rb
require 'rubygems'
require 'ernie'
module Ext def hello(name) return "Hi, #{name}. I'm #{`hostname`.chomp}." end end
Ernie.expose(:ext, Ext)
コマンドプロンプトで以下を実行し、Ernieを起動します。
$ ernie -d -p 9999 -c config.cfg
最後にローカル(クライアント側)で下記スクリプト(client.rb)を実行します。
#client.rb
require 'rubygems'
require 'bertrpc'
service = BERTRPC::Service.new('リモートサーバ名', 9999) puts service.call.ext.hello('bar')
リモートサーバ名はDNSで解決できる名前かサーバのIPアドレスを適宜入力します。 サーバ名がfooの場合、実行結果は以下のようになります。
$ ruby client.rb 
Hi, bar. I'm foo.
このfooという名前は、リモート側で
`hostname`
を実行した結果ですので、確実にリモートでの実行結果をローカルで呼び出していることが分かります。

数値、stringや配列、ハッシュマップ、正規表現等が流せる

BERT and BERT-RPC 1.0 SpecificationによるとBERTとして流せるデータ型は下記の通り。
  • integer
  • float
  • atom
  • tuple
  • bytelist
  • list
  • binary
  • nil
  • boolean
  • time
  • regex
上の例ではhelloメソッドの戻り値がstringとしてBERTでローカルに流れていることになります。

それではlistに該当すると思われる配列をBERTで流してみます。
rpc-handler.rbに下記メソッドを追加し、Ernieを再起動します。

def list()
return [1, 2,'three',[4,5,'six'],7]
end
client.rbのRPC呼び出し部分は下記のように変更します。
p service.call.ext.list()
実行結果は下記の通り、期待通りに配列が取得できています。
$ ruby client.rb
[1, 2, "three", [4, 5, "six"], 7]
ハッシュも流せます。
def hashlist()
return {:a=>'a', :b=>1, :list=>list}
end
の結果は
{:a=>"a", :list=>[1, 2, "three", [4, 5, "six"], 7], :b=>1}
ハッシュなので順番は保持されませんが、正しい動作です。

次はtimeを流してみます。
rpc-handler.rbに下記メソッドを追加し、Ernieを再起動します。

def what_time?
Time.now
end
ローカルの
p service.call.ext.what_time?
の結果は期待通り
Sun May 16 02:21:13 +0900 2010
のようになります。

最後に、regex(正規表現)を流してみます。プロトコル上に正規表現を流すシーンがあまり思い浮かばないので、このような使い方で合っているのか分かりませんが、例えばrpc-handler.rbに下記メソッドを追加し、

def regex
return /foo(.*)baz/
end
client.rbを下記のようにします。
"foobarbaz" =~ service.call.ext.regex
puts $1
実行結果は
bar
であり、確かに/foo(.*)baz/でマッチした部分が取り出せています。

あるいは、rpc-handler.rbを

def regex(rgx)
"foobarbaz" =~ rgx
return $1
end
とし、ローカル側を
puts service.call.ext.regex(/foo(.*)baz/)
として、ローカルの正規表現をリモートに流し、その結果をstringで取得しても
bar
となります。

使い道は分かりませんが、とにかくBERTで正規表現が流せることが分かります。

無停止でハンドラを適用できる

ここまでに、rpc-handler.rbを適用するために、Ernieを何度か再起動していますが、実は無停止でハンドラを適用することができます。 gitのErnieのページのREADMEによると
reload-handlers Gracefully reload all of the external handlers
とあり、graceful reloadが使えることが分かります。

使い方は、コマンドプロンプトで下記のようにernieコマンドを実行するだけです。

$ ernie reload-handlers -p 9999
この場合、ポート9999でErnieが動作していなければ、エラーになります。

Erlangのフォールトトレランス

config.cfgファイルに{count, 3}と記載しておけば、外部モジュール(rpc-handler.rb)のプロセスが3つ立ち上がることは上で説明しました。

確かめてみます。

$ps x | grep ernie
29795 pts/0 Sl+ 0:00 /usr/local/lib/erlang/erts-5.7.4/bin/beam.smp (略) boot
30738 ? Ss 0:00 ernie handler unknown (ruby) - rpc-handle.rb - [1] waiting
30740 ? Ss 0:00 ernie handler unknown (ruby) - rpc-handle.rb - [1] waiting
30765 ? Ss 0:00 ernie handler unknown (ruby) - rpc-handle.rb - [1] waiting
プロセスID=30738, 30740, 30765でrpc-handler.rbのプロセスがそれぞれ3つ立ち上がっていることが分かります。

ここで、30738をkillし、再びプロセスを見てみます。

$ kill -KILL 30738
$ ps x | grep ernie
29795 pts/0 Sl+ 0:00 /usr/local/lib/erlang/erts-5.7.4/bin/beam.smp (略) boot
30740 ? Ss 0:00 ernie handler unknown (ruby) - rpc-handle.rb - [1] waiting
30765 ? Ss 0:00 ernie handler unknown (ruby) - rpc-handle.rb - [1] waiting
31356 ? Ss 0:00 ernie handler unknown (ruby) - rpc-handle.rb - [0] waiting
なんと、30738はkillされましたが、代わりにプロセスID=31356が自動的に起動し、3つのプロセス数を保っています。

これはErnieがErlangで実装されていることが大きく寄与しているものと思われます。
Erlangには言語仕様としてのフォールトトレランス(耐障害性)機能があり、Erlangプロセスが落ちても自動的に復旧させることができます。

開発者が「プロセスが落ちたとき」の振る舞いに(それほど)頭を悩ませなくて済むのは大きな利点だと思います。

最後に

長々とErnieの特徴を見てきましたが、BERTというマイナーなプロトコルを扱うこと、RPCという(たぶん)トレンドではないアーキテクチャを扱っていることなどから、WEB系の開発ではErnieを使用することはあまりないかもしれません。 しかし、クラウドが隆盛をきわめている昨今においては、分散処理が重要なキーワードになる可能性があり、軽量RPC(という言い方が正しいか分かりませんが)は分散処理においても威力を発揮しそうです。

耐障害性を持ち、複雑な手順を必要とせずにリモートのコードが実行できるErnie/BERT-RPCや、その他の軽量RPCは、意外に今後注目されるかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

たぬきネコ

たぬきネコ実家の愚猫、ハナたん。

いろいろ名前を考えたのですが、「長い名前はヤダ」というオカンの一言でハナという名前になったという、投げやりな出生の秘密を持ちます。

ちなみにハナは鼻くそのハナだったりします。
鼻の下に鼻くそのような斑点があるからです。
名付け親はワタクシなんですが、この話をする度に、親からは「かわいそう」と言われてしまいます。

でも「ホクロ」という名前よりはナンボもマシだと思います。


ヒジョーに写真映りが悪いネコなんですけれども、その理由はおそらく顔が黒いからだと思われます。あと、すこし寄り目です。ついでにしっぽの長さが中途半端です。子猫の頃から不細工です。

好きなものはコロコロ(キャットフード)です。食い意地もはってますが、キャットフード以外にはあまり興味を示さないところがわりとしつけられているところかもしれません。

特技は、手(前足ともいう)で水をすくって飲むことです。これしかできません。さらに面倒くさくなると、そのまま口をつけるみたいです。

20100516_04あと、猫のくせに運動がきらいなようです。

なるほどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

Lotus Evora

エリーゼ号の車検のため、昨日はフクモトさんへ。

ギアがニュートラルに戻りにくい現象は、最近はまったく発生していないんだけど、サービスの方に説明。たぶん再現しないので、原因は分かんないかもしんないんだけど、丁寧に現象のヒヤリングをしてもらいました。

あとは、2,000回転くらいでエンジンからビビり音が聞こえるのも伝達。これも鳴るときと鳴らないときがあるので、究明は難しいかもしんない。


20100516_02倉庫にEvoraが入っているとのことで、見せてもらいました。

もっと平坦なイメージだったんだけど、意外と実車は出るところは出ていてカッコいい。ただ、噂通り後部座席は座席と呼べないくらい狭かったです。

運転席に座らせてもらったんですけど、内装の質感やギアを入れた感じはエリーゼよりも明らかに高級で上質。
外観もエリーゼよりひとまわり大きいし、こりゃあ高級車だなぁ、と。

で、改めてエリーゼの質感を考えてみるに、高級感はゼロだけどアレはアレで身の丈に合っているというか、やっぱりイイ!!と思ったり。なにより素直だしね。


倉庫には他にもポルシェやフェラーリがたくさん並んでて、目の保養になりました。個人的には隅っこにおいてあったヨタハチがかわいくて良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

HHKB Pro JP キタ━━!!

HHKB Pro JP

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!

というアレで、木曜日に注文したHHKB Professional JPの不在配達票が昨日届き、午前中に再配達してもらったんでした。

Lite/Lite 2よりも軽く、柔らかい打鍵感で、ヒジョーにイイ!!
ソッコーでMac用のドライバ落としてMacBookに接続し、ラクショー!! ラクショー!! ラクショーなんだぜー!! と思ったけどマウスがつながってないのでマウスカーソルの操作のためにはトラックパッドに手を伸ばさねばならずラクショー感が減退。

ノートPCにキーボードを接続するときは、マウスも一緒につなげないとダメだな…。
残念ながら、MacBookの前に座るワタクシの十指はMacBookのキーボードとトラックパッドの組み合わせに最適化されてる模様。


ちなみにHHKB Blue Keyは社内便で届くらしいです。HHKBは、Blue Keyが届くまでは家で使います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

空飛ぶサラリーマン

休日出勤デイ。
少しずつは前進しているんだけど、進捗は芳しくない。

ちくちくと作業している間に、yasunori氏は米国に飛んでたもよう。
なんなんだ、この差は。

k-nos氏はヘリで飛んでたもよう。
なんなんだ、この差は。


ちなみに、この辺で作ったTwitterとGoogleマップの連携サービスに、yasunori氏のつぶやきを食わせるとこんな感じになります。


より大きな地図で ykit 2010.05.15 を表示

一応、動いているみたいですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

白状

白状します。

このところ、ワイシャツにアイロンをかけてません。

ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

HHKB Blue Key

昨夜、Twitter経由で知ったニュース

clipHappy Hacking Keyboard プレゼントキャンペーン

去年のRed Control Keyほどにはムッハーとならないものの、フツーにカッコヨス。
アンケートに答えるとHHKB用の青いEscキー(HHKB Professional用)がもらえるらしい。

  • HHKB Professional2(無刻印)の製造第1号機(シリアルナンバー1番)+記念キートップ「HHKB Blue Key」:2名様
  • 記念キートップ 「HHKB Blue Key」:300名様(コレはキーのみ)
  • HHKB Lite2 または HHKB Lite2 for Mac:10名様(Lite2なので青いキーなし)
しかし、例によって応募資格には
富士通グループ及び関係会社の社員、キャンペーン関係者もしくは販売業者の方はご応募できません。
とあります。

なんだよもうケチンボ!!

はぁ…。
プライベートだとLite(英語)とLite2(日本語)を持ってて、会社でもLite2(日本語)使ってるんだけど、Professionalは使ったことないんだよなー。

キャンペーン中、HHKB Professionalシリーズを買うと先着100台にHHKB Blue Keyがついてくるらしいので、この機会に自腹切ってPro買うか。

でもキーボードに2万5千円とか…ムリだー。


と思ってたら、このタイミングで社内キャンペーンがあり、ちょっとここでは書けない価格でProfessionalが買えることが分かったり。
って言ってもキーボードにしちゃいいお値段ですけど。

そして!!
先着10台にはHHKB Blue Keyがついてくる!!


こここれはもう買うしか!!いまここで買わなければ一生買わんかもしれん!!これは衝動買いじゃない!!貢献だ!!これは貢献なんだ!!ポチッ!!ポチポチッ!!(;´Д`)ハァハァ


HHKB Professional JPの墨にしました。日本語配列じゃないとタッチタイプできないんですよ。軟弱でスミマセン。

さぁこれでHHKB Professionalが我が手に!!
先着10台に入っとけ!!
HHKB Blue Keyとともに届け!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

自炊が続かない理由

定時退社日だったのですが、月曜日(だけじゃないけど)の遅れを取り戻すべく残業デー。
結果、自炊する気には微塵もならず、コンビニ弁当。

毎日帰宅時間が遅くてもちゃんと夕飯をお作りになるデキた奥様方には本当に感服いたします。奥様方だけじゃないでしょうけど。

ワタクシの場合、「ムリするともっとイヤんなる」っていう理由で、メンドクセーなーって思った日はさっさと自炊その他家事等を諦めることにしてるんですが、少し仕事が忙しくなるとずーっとメンドクセーなーって思う日が続き、結局ずーっとエスケープしっぱなしになったりします。
どうもスミマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

ギブアップ

消耗し切ってたので、会社を休みました。
ダメだ…。

前はもっと限界超えてマジでヤバくなってぶっ倒れるって感じだったんだけど、歳をとったせいか最近は限界超える前にギブアップしちゃう気がする。

久しぶりにchipswowちゃんをembed。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

ワケ分からん

ディアスワゴンの(ずいぶん遅くなった)1ヶ月点検のためディーラーへ。

レガシィからディアスワゴンにナビを移設してもらったんだけど、モニタの開閉がうまくいかなくなっていたので、それを指摘したら「確かに調子悪いですねー」ってコラ、オマエが問題なく移設できるって言うから乗せかえることにしたんやろがい。

レガシィについてたときには問題なかったのに、ディアスに乗せかえた直後からモニタがうまく動かないワケで、明らかに取り付け時のミスだと思うんですけれども。

原因はディアスワゴンのダッシュボードがモニタに干渉していた(調整すれば干渉しない)せいであることは間違いないんだけど、とりあえずメーカー送って見積りも有料、取り外しも有料(当然取り付けも有料)とワケ分からんとか思った。

ワケ分からんけど、なんだかもうディーラーの言い訳にメチャクチャ疲れてしまったので、文句も言わず取り外してメーカー送りにしました。

なんでこう、物事がスムーズに運ばないかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

何も残りませんヨ

無断出勤しようと思ってたのに目が覚めたら11時過ぎてたり。
昼飯食って、シャワー浴びて、気がついたらまた寝てたり。

…。

大丈夫か?
昨今の残業規制、休日出勤規制で、働けないカラダになっちゃったんじゃないか?

どうすんだよ。
おれから仕事とったら何が残るってんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月 7日 (金)

ギリギリチョップ

仕事がぜんぜんさばけません。弱音を吐いてしまいそうです。

深夜残業ギリギリチョップなので、本日も自炊は中止。でも、コンビニ弁当見るとオエッてなるんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

終わって始まる

会社が始まってしまいました。

ゴールデンウィーク、遊びすぎたなぁ。
しばらくはゴールデンウィーク中の想い出を反芻しながら生きていけそうです。

いきなりギリギリ深夜残業な1日。
夕飯の自炊は諦めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

スーパーセヴン+エリーゼ走行会

スーパーセヴンとエリーゼゴールデンウィーク最終日。

昨日まで3日間立山にいたわけで、最終日はゆっくり休む…わけねえし!!
ゴールデンウィークといえばサラリーマンのエスケープウィークであり、黄金週間という名の逃避週間であり、家庭があるサラリーマンにとっては家庭サービス週間かもしれないけど家庭がないサラリーマンにとってはただのサービス週間であり、サービス出勤されたサラリーマンの皆々様方におかれましては本当にお疲れさまでございます。

ワタクシは残った体力を絞り尽くすように最終日も遊んでました。

というアレで、yasunori氏、SOU氏と岐阜の白鳥近辺でスーパーセヴン+エリーゼの走行会を実施。

小矢部川SAでyasunori氏と合流し、名古屋に住んでるSOU氏とは白鳥IC付近で合流。

合流

当blogに何度も登場しているyasunori氏のスーパーセヴン。

xacti on super seven

このよーな感じでスーパーセヴンにカメラ(xacti)を装着し、撮影しながら走行するのだ。

チタンマフラー

スーパーセヴンのチタンマフラーの皮膜が美しい。

白鳥ウィングヒルズ付近にて。

オープンカー日和

天気が良く、オープンカー日和。
変わったオープンカーが連なって走行しているので、対向車が二度見すること多々あり。

一見すると、クラシックカーなスーパーセヴンと最新型スポーツカーのエリーゼ、という風に見えるかもしんないけど、実際は両方ともライトウェイトスポーツカーであり、排気量や馬力、車重の軽さからすれば、スーパーセヴンの方が凄まじい性能を持ってたりする。

全然違うクルマに見えるし、その実、FRのセヴン、MRのエリーゼなんですけど、(その歴史についてはよく知らないけど)同じロータスの系譜なんでした。親戚ですな。

期せずして撮影会。(w

撮影会

美しいクルマは撮りがいがありますな。

CATERHAM製

yasunori氏のスーパーセヴンはCATERHAM製。

走行会というと、わりとキレイなワインディングロードを何台かで伸びやかに縦列で流すよーなイメージがありませんか?

おれにはそんなイメージだ!!

が、先行するのがyasunori氏のスーパーセヴンであるころが誤算だったり。

このよーな走行ルート(峠道)を

96029943

凄まじい速度でヒルクライム&ダウンヒル!!
先行するスーパーセヴン!!後追いのエリーゼ!!
コーナーをひとつ抜ける毎に引き離される二車間!!

スーパーセヴンのスキール音が聞こえ始めるころには完全にその姿を見失っているという有様。orz

助手席に乗るSOU氏のジェットコースターはレールの上を走るから怖くねえんだよの一言がすべてを物語っていると言えよう。

一度、yasunori氏にエリーゼを運転してもらったんですが、まぁなんつーか別次元の動きでした。yasunori氏も自分のクルマではないので、全力で攻めているわけではないってことも助手席にいて分かるんですけど、おれの知らない挙動を示すエリーゼにちょっと嫉妬したり。(w
ドリフトもヒジョーにスムーズで全然暴れないエリーゼは、yasunori氏が運転するスーパーセヴンの挙動とも違っていて、新鮮だったり。(以前、スーパーセヴンの助手席に搭乗したときはもっとクイックなコーナーリングだった記憶があります)

と、言うか。
二度目に乗ったエリーゼでドリフトするってどういうアレ?(w


岐阜県と福井県の県境あたりではまだ桜が咲いてました。

花見気分

今年は花見に行ってなかったので、ちょうど良かった。

九頭竜湖まで軽く流し(って書いてるけど、かなり細い道を駆け抜けましたヨ)、ドライブインへ。

九頭竜湖

泥をかぶったスーパーセヴン。どんなスピードで水たまりに突っ込んだんだと。(w

泥まみれ

昼食を終えると、桜の花びらがスーパーセヴンとエリーゼの上に散ってました。

桜が散るころに

風流は風流なんだけど、車内に入り込んだ花びらはあとで掃除しなきゃいかんわけで。


峠を攻めたり、喫茶店でまったりしてから、帰宅。

ドライビングテクニックについて、いろいろ考えさせられた一日でした。が、なんつーか、だからと言ってテクニックを磨く気になったかというとそんなことはなかったり。

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|     あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|    『おれはyasunoriのすぐ後ろを走っていたと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ    思ったらいつのまにか引き離されてた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人   な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ   おれも何をされたのかわからなかった
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ       頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   超スピードだとか催眠術だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...      イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

アレは異常。
今から何かして追いつけるとかそういうレベルじゃない。

より安全に(速く)運転する方向のテクニックは今後も高めていきたいけど、アタマのネジを飛ばす必要はない、というか。
ただ、単独スピンをしてからコーナーで踏めなくなっているので、せめて滑り始めても立て直せるようになるくらいにはエリーゼに慣れないとなぁ、と思ったり。

続きを読む "スーパーセヴン+エリーゼ走行会"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

[25']立山 - basecamp backcountry(3日目)

立山バックカントリー3日目。

昨日の朝よりも暖かく、代わりに雲が出ていて太陽があまり見えない。

本日は帰るだけなので、わりとノンビリ朝食を摂る。

塩らーめんwithくんたま前室で寝起きのコーヒーをいただいてから、テントの横で朝ラーメン。薫製玉子入り。

バックカントリー中、何度も何度もお世話になったサッポロ一番塩らーめん(3食目)にさすがに飽きてくるんだけど、食べ始めると美味い。
でも今度2泊以上するときは、ラーメンの味もいくつかバリエーションをそろえておこう。

テントを撤収し、区画をならして、帰宅の準備。

また…この重たいザックを背負うのか…。

ザック

HAGLOFSのザックに行動用のOSPREYのザックを亀の子状態で背負わせています。
来たときよりも食料を消費している分、軽いはずなんだけど…やはり肩が千切れそうなくらい重い。

足にはアイゼンを装着。

アイゼン

板はザックに装着せず、手に持って行くため、ストックもピッケルも使えない。ので、少しでもカラダへの負担を軽くするためにアイゼンを使用。

帰りはひたすら雪上車の通り道をポクポクと歩く。
基本的には登りなので、ただの春山登山とも言える。

最初から先行していたカズ君に追いつこうと、一生懸命歩を進めるんだけど、全然追いつかない。トランシーバーの応答もないし、携帯は圏外なのかつながらない。

途中、みくりが池温泉方面と室堂山荘方面の分かれ道で、みくりが池温泉側でこちらに向かって手を振るカズ君を発見。
室堂山荘の方から少し滑って室堂に行くと思っていたんだけど、また気が変わったのかな、でもこっちの方が少し距離がありそうだしもしかして温泉入ってから帰るんじゃろか?とか思いつつ、みくりが池の方に登り返す。
ようやく追いついた、と思ったら、手を振っていた人はどうやら全然違う人だったり。

みくりが池の尾根に出たところでカズ君と携帯がつながり、やはり最初の予定通り室堂山荘に到着しているとのこと。
仕方がないので、そのまま温泉の横を通って、やっと室堂駅に到着。


疲れ切った。

最終日にまったく滑ってないのは残念だけど、無事に旅程を終えたことに満足しつつ、また激混みのバスとケーブルカーを乗り継いで昼過ぎには立山駅に到着。

楽しかった立山バックカントリーベースキャンプの旅もおしまい。
いずれ、じっくり振り返りたい。

続きを読む "[25']立山 - basecamp backcountry(3日目)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

[25]立山 - basecamp backcountry(2日目)

立山バックカントリー2日目。
昨日と同じようにいい天気。そして寒い。あらゆるものが凍ってます。

今日は一日中行動できるので、剱御前の北側を滑ってみることにする。
8時に出発し、まずは雷鳥沢をハイクアップ。

雷鳥沢をハイクアップするカズ君

カズ君はGENTEM SPEED MASTERですな。立山のような自然地形を滑るには最強の板だと思えます。

GRIVELピッケル

この辺で購入したGRIVELのアイゼンとピッケルを使って登攀。
登攀というほど斜度がキツいわけじゃないけど、アイゼンの爪が頼もしく思えこともあったり。ただ…斜度のせいでかかとに負担がかかるため、スノーシューのヒールリフターが欲しくもなる。

2時間ほどかけて剱御前小舎の西側の尾根に到着。

剱御前小舎の稜線上

さすがに尾根は風が強く、慎重に足を運び、剱午前小舎に到着。
少し休憩後、次は剱御前を目指す。

剱岳

急峻な剣岳がよく見える。
初めて来る場所であり、見える景色も新鮮。

途中、尾根から少し下るところで滑落
すぐにピッケルを突き刺して止めようとしたけど止まらず、ピッケルのブレード側を刺していることに気づき、シャベル状になっている方を突き刺してブレーキ。わずか2〜3秒の出来事で慌てました。未だにピッケルで止まったのか、斜度が緩くなって止まったのかは不明(たぶん後者)。
すぐに駆け寄ってきたカズ君の姿を見て、やっぱ危険な場所なんだなーと再認識。

尾根の北側を行き、ついに剱御前に到着。

剱御前からの景色

景色がイイ。

剱御前から本日一本目のライディング。
雷鳥沢か、剱御前小舎、剱沢小屋とその周辺のテント場に泊まらないとなかなか滑られない斜面だけに、あまりトラックがついておらず、雪質も上々。
サクサクの雪にMANTARAYのエッジを刻みながら滑降。

サイコー。

剱沢のテント場よりも上側で昼食休憩。

昼食中

剱岳を臨みながらの昼食はまた最高でした。

昼食後、剱御前小舎にヒーヒー言いながら登り返し、剱御前小舎で小休止。
やはり剱御前小舎は風が強く、慎重に、慎重に。

二本目のライディングは雷鳥沢のロングラン。きゃっほー。

14時過ぎにはテント場に到着。

ピーカンテント場

今日も充実した一日でした。
さっそく(カズ君が買ってきた)ビールで乾杯。

素足

ほとんどハイクアップしているので靴下はビショビショであり、それを脱ぐ開放感。
焼豚やチーカマ、魚肉ソーセージを軽く炒めてツマミにし、ビールをいただく幸せ感。

生きてて良かった。

日没

初日よりは少し風が出てきたテント場で2日目の夜を迎えます。

続きを読む "[25]立山 - basecamp backcountry(2日目)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

[24]立山 - basecamp backcountry(1日目)

3時寝、4時起きで立山へレッツゴゥ。
去年はソロだったけど、今年はカズ君とテント泊バックカントリーなんでした。

6時頃に立山駅に着いたんだけど、すでに通常の駐車場は満車で、仕方なく臨時駐車場へ。駐車場でカズ君と合流し、立山駅に向かったところ

激混み

激混み…。orz
このところ、毎年ゴールデンウィークには立山に来ているけど、こんなに混んでいるのは初めてかも。

切符を買うのに2時間、そこから乗車するまでにさらに2時間。完全に交通機関が飽和している状態でした。
昼寝したりビール飲んだりしながら気長に待ち、(ケーブルカーではなく)バスで室堂まで。ケーブルカーでさばけなくなると臨時バスが出るんですけど、乗り換えをしない分、乗客としてはちょっと楽だったり。(確か、立山駅-美女平駅間の料金がすげー高いので、その料金を払う立山黒部貫光としては面白くないのかも)

前回は登山道をネチネチ歩いて雷鳥沢のテント場まで行ったんだけど、今年は室堂山荘まで歩き、そこから板に履き替えて雷鳥沢までライディング。
普段、行動用のザックを担いで滑ることはあっても、テントを含んだ移動用のザック(20kg弱はあると思う)を背負って滑ることがないので、バランスを取るのに必死になりながら汗だくで滑降。

いや、滑降というほど格好の良いモノじゃないけど。ダジャレでもないし。


13時過ぎにテント場に到着。
ゴールデンウィークの雷鳥沢は、色とりどりのテントで埋め尽くされてたり。

雷鳥沢テント場

テント場の北側の隅っこにテントを設営。
カズ君と2人で来たとは言え、それぞれソロのテントを持っている…というか2人ともソロのテントしか持っていないので、テントはそれぞれ建てるんですな。

幕営

カズ君はわりとちゃんと整地して、囲いもキチンと作ってるけど、自分はテキトー。このあたり、性格が出るのかも。

ピーカンテントを建てて、15時前あたりから雷鳥沢を1本滑ろうということで、ハイクアップを開始。

清涼な空気。
目に鮮やかな青空。
太ももにたまる乳酸。

これだからバックカントリーはやめられない。

自分は先日購入したアイゼンを装着し、試し履きしてみた。
滑らない分、体力の消耗は抑えられるような気はするけど、案外、雪が柔らかく、もしかしたらスノーシューの方が歩きやすいコンディションだったかもしれない。

テント場が遥か下の方、豆粒のように見える頃合いを見計らって

ラピュタごっこ

見ろ!!人がゴミのようだ!!

お決まりのムスカ大佐のお言葉を頂戴し、板に履き替える。

今回の板はGENTEMstick MANTARAY。
TTSS ROCKET FISHだと(ビッグマウンテンでは)有効エッジが短すぎて滑落時にブレーキがかけづらいかもしれないし、ツインチップなPOOLDECKは湿り雪でノーズが引っかかったときに面白くない。
春のバックカントリーというシーンを考えると、持っている板の中では必然的にMANTARAYの信頼度が相対的に上がるんでした。

それにしてもイイ天気。

いい天気じゃ

ちなみに上記の人物はワタクシではなく、カズ君ですな。
たぶん、当blogの最頻出キャラクターだと思われます。

テント場までなんとなーくコンディションを確かめつつショワーンと気持ちよーく滑って、初日の滑走を終了。


日没カズ君と自分のテントの間に(カズ君が)作ったテーブルに座り、ビール飲んだり、ツマミをつついたり、カレー喰ったり、ラーメン食ったりしている間にも徐々に日が傾き、超スローな時間が、しかし確実に流れていることを実感。

日没後は寝るしかないという、現代人にはあるまじき行為も大自然の中では許されるんでした。

まぁ、寒くて夜中に何度も起きるんですけれども。その辺は現代人。


ちなみに、日没後も東側の斜面の上の方にはまだ陽が当たっていて、夕焼けのピンク色の中にうっすらと紫色がまざったような、なんとも言えないキレイなグラデーションを見ることができました。

初めて見たグラデーション

紫色がまざるんだ、という発見もあり、ちょっと感動しましたヨ。

続きを読む "[24]立山 - basecamp backcountry(1日目)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

開始日

仕事が異様にたまっているので、無断出勤しよう…と思ったんですが、目が覚めたら昼頃でした。

というアレで、ゴールデンウィークがスタート。


シュラフを陰干ししたり、好日山荘やスーパーまで携行食や行動食を買いに行ったり、クリーニングを取りに行ったり、お金をおろしたり、山行の準備をしたり。

ヘッドランプの電池(CR123A)切れを発見し、コンビニまで買いに行ったりしてたら、予定就寝時間を大幅にオーバー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »