« [25']立山 - basecamp backcountry(3日目) | トップページ | 終わって始まる »

2010年5月 5日 (水)

スーパーセヴン+エリーゼ走行会

スーパーセヴンとエリーゼゴールデンウィーク最終日。

昨日まで3日間立山にいたわけで、最終日はゆっくり休む…わけねえし!!
ゴールデンウィークといえばサラリーマンのエスケープウィークであり、黄金週間という名の逃避週間であり、家庭があるサラリーマンにとっては家庭サービス週間かもしれないけど家庭がないサラリーマンにとってはただのサービス週間であり、サービス出勤されたサラリーマンの皆々様方におかれましては本当にお疲れさまでございます。

ワタクシは残った体力を絞り尽くすように最終日も遊んでました。

というアレで、yasunori氏、SOU氏と岐阜の白鳥近辺でスーパーセヴン+エリーゼの走行会を実施。

小矢部川SAでyasunori氏と合流し、名古屋に住んでるSOU氏とは白鳥IC付近で合流。

合流

当blogに何度も登場しているyasunori氏のスーパーセヴン。

xacti on super seven

このよーな感じでスーパーセヴンにカメラ(xacti)を装着し、撮影しながら走行するのだ。

チタンマフラー

スーパーセヴンのチタンマフラーの皮膜が美しい。

白鳥ウィングヒルズ付近にて。

オープンカー日和

天気が良く、オープンカー日和。
変わったオープンカーが連なって走行しているので、対向車が二度見すること多々あり。

一見すると、クラシックカーなスーパーセヴンと最新型スポーツカーのエリーゼ、という風に見えるかもしんないけど、実際は両方ともライトウェイトスポーツカーであり、排気量や馬力、車重の軽さからすれば、スーパーセヴンの方が凄まじい性能を持ってたりする。

全然違うクルマに見えるし、その実、FRのセヴン、MRのエリーゼなんですけど、(その歴史についてはよく知らないけど)同じロータスの系譜なんでした。親戚ですな。

期せずして撮影会。(w

撮影会

美しいクルマは撮りがいがありますな。

CATERHAM製

yasunori氏のスーパーセヴンはCATERHAM製。

走行会というと、わりとキレイなワインディングロードを何台かで伸びやかに縦列で流すよーなイメージがありませんか?

おれにはそんなイメージだ!!

が、先行するのがyasunori氏のスーパーセヴンであるころが誤算だったり。

このよーな走行ルート(峠道)を

96029943

凄まじい速度でヒルクライム&ダウンヒル!!
先行するスーパーセヴン!!後追いのエリーゼ!!
コーナーをひとつ抜ける毎に引き離される二車間!!

スーパーセヴンのスキール音が聞こえ始めるころには完全にその姿を見失っているという有様。orz

助手席に乗るSOU氏のジェットコースターはレールの上を走るから怖くねえんだよの一言がすべてを物語っていると言えよう。

一度、yasunori氏にエリーゼを運転してもらったんですが、まぁなんつーか別次元の動きでした。yasunori氏も自分のクルマではないので、全力で攻めているわけではないってことも助手席にいて分かるんですけど、おれの知らない挙動を示すエリーゼにちょっと嫉妬したり。(w
ドリフトもヒジョーにスムーズで全然暴れないエリーゼは、yasunori氏が運転するスーパーセヴンの挙動とも違っていて、新鮮だったり。(以前、スーパーセヴンの助手席に搭乗したときはもっとクイックなコーナーリングだった記憶があります)

と、言うか。
二度目に乗ったエリーゼでドリフトするってどういうアレ?(w


岐阜県と福井県の県境あたりではまだ桜が咲いてました。

花見気分

今年は花見に行ってなかったので、ちょうど良かった。

九頭竜湖まで軽く流し(って書いてるけど、かなり細い道を駆け抜けましたヨ)、ドライブインへ。

九頭竜湖

泥をかぶったスーパーセヴン。どんなスピードで水たまりに突っ込んだんだと。(w

泥まみれ

昼食を終えると、桜の花びらがスーパーセヴンとエリーゼの上に散ってました。

桜が散るころに

風流は風流なんだけど、車内に入り込んだ花びらはあとで掃除しなきゃいかんわけで。


峠を攻めたり、喫茶店でまったりしてから、帰宅。

ドライビングテクニックについて、いろいろ考えさせられた一日でした。が、なんつーか、だからと言ってテクニックを磨く気になったかというとそんなことはなかったり。

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|     あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|    『おれはyasunoriのすぐ後ろを走っていたと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ    思ったらいつのまにか引き離されてた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人   な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ   おれも何をされたのかわからなかった
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ       頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   超スピードだとか催眠術だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...      イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

アレは異常。
今から何かして追いつけるとかそういうレベルじゃない。

より安全に(速く)運転する方向のテクニックは今後も高めていきたいけど、アタマのネジを飛ばす必要はない、というか。
ただ、単独スピンをしてからコーナーで踏めなくなっているので、せめて滑り始めても立て直せるようになるくらいにはエリーゼに慣れないとなぁ、と思ったり。

おまけ powered by twilog

|

« [25']立山 - basecamp backcountry(3日目) | トップページ | 終わって始まる »

Lotus Elise」カテゴリの記事

コメント

練習するなら、千里浜が、おすすめ。
ぶつけるリスク低いし。適度なグリップ感で、滑り出しから収めるアクセルワークと、ハンドル裁きが研究できます。
アスファルトでも、単位時間は短くなるけどタイミングは同じなので、かなり使えます。

投稿: やすのり | 2010年5月 9日 (日) 11:20

なるほど千里浜!!

…。
……。

サビが気になる。(ダメ?)

投稿: kyow | 2010年5月 9日 (日) 21:48

アルミなんで、(そんなに)さびないYO!!(笑)

投稿: やすのり | 2010年5月15日 (土) 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/48310592

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーセヴン+エリーゼ走行会:

« [25']立山 - basecamp backcountry(3日目) | トップページ | 終わって始まる »