« iPhone 4を予約したのだ | トップページ | 代理戦争 »

2010年6月18日 (金)

外は大火事 中はスパゲティ

定時ダッシュしてiPhone 4予約して、そのまま会社に戻り、サービスざ(ry

どうせ、今日残業しちゃうと残業規制によるリミットを超えてしまうので、サービスでも仕方ない感が強かったり。

何か間違っているような気もするけど、気にしたら負けだと思っている。


少し前まで自分が担当していた部分は先輩に引き継ぎ、今はいない協力会社の方ほか、何人かが担当していた部分を自分が引き継いで作業をしているんですけれども。

帰社して作業をしていたら、その先輩より「kyow君のはベースがいいから助かるわ」的なお言葉をいただき、嬉しくなったり。

もちろん、設計がすごく良くてバグがなく、まったく世話がかからないという意味でもなけりゃ、対面でのお言葉なので、お世辞も多分に含まれているわけですが。

他の業務も掛け持ちしている先輩の手を、少しでも煩わせずに済んだのであれば、そりゃあもう後輩冥利に尽きるわけで。


当たり前と言えば当たり前ですが、あるべきところにあるべきものを実装し、不要な実装はなく(最短期間で作る必要があっただけです)、単に命名方法というだけでなくそれが表すニュアンスにも気を配り、適すると判断した言語をいくつか利用し、適すると判断したデザインパターンをいくつか採用し、動いた後もリファクタリングし、"必要な"コメントをつけ、必要十分なテストと必要十分には足りないけど簡単なドキュメントを作成しただけなんですけど。


ところで、いま自分が引き継いでる、まともな設計をしているとはとても思えない、その場しのぎの対処コードで埋め尽くされた、コピペを多用し、ネストが深く、存在理由が分からないコードが散財し、不要なコメントはあるのに必要なコメントがなく、少し動作を変えようとするとどこを触ればいいかまったく分からない程度に抽象化も部品化もされておらず、ただただ巨大で、ドキュメントもないコレ、どうすればいいですか?(号泣)


やっぱり、コードがいろんな人の手を渡るのは良くないのかもしんない、と思ったり。
実装者によって好むスタイルが違うため、実装者が増えれば増えるほど、エントロピーも増大するのは仕方がないのかもしんない。

という以前の話のよーな気もする。
また、誰が実装しても同じようなスタイルになるような設計にすべき、というのはもっとあとの話のよーな気もする。


今日のなぞなぞ
外は大火事、中はスパゲティ、これなーんだ?

|

« iPhone 4を予約したのだ | トップページ | 代理戦争 »

ネガティブデイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16742/48665246

この記事へのトラックバック一覧です: 外は大火事 中はスパゲティ:

« iPhone 4を予約したのだ | トップページ | 代理戦争 »