« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

[03]IOX-AROSA - 大晦日ナイトクルーズ 2010

ナイトクルーズ今年は実に第9回を迎えるという恒例の大晦日スノーボード大会(2009年/2008年/2007年/2006年/2005年)。

去年と同様、IOX-AROSAのナイターへ。新雪わっほいじゃなかったけど、まぁまぁ楽しめました。

以下、手抜き。

  • アローザナイトクルーズ。今日はどうかなぁ。 (@ イオックス・アローザ スキー場) [pic]: http://4sq.com/f3L5kn posted at 17:14:38
  • 一発目。ピステンかかってて、パウダーくえないけど、わきには少し残ってる感じ。圧雪バーンもきれいなのでほとんどチョッカり。 posted at 17:53:09
  • 二発目。どう考えても、ゴンドラに乗ってる時間の方が長い。orz ちなみに今日の板はロケットフィッシュ。 posted at 18:08:23
  • 三発目。ポコポコ斜面をチョッカってきた。膝サスがヒーヒー言ってる。 posted at 18:22:15
  • 四発目。ゴンドラ下にいいとこ見っけた。次、もっかい入ってみる。 posted at 18:37:51
  • 五発目。調子に乗ってたら吹っ飛んだ。少し休憩するお。 posted at 18:55:45
  • 休憩終了。つぎ、GPS Tracksで、トラッキングしてみる。うまくいくかな。 posted at 19:26:59
  • 6発目。トラッキングできた。平均速度28.1km/h。降りてくるのに4分。意外とたいしたことないのね。 posted at 19:48:23
  • 7発目。いちばん距離が出るようにゆるりと流してみた。6分、25km/h。意外と差がない…。 posted at 20:04:18
  • 8発目。もっかい同じように大外回ったけど、ログが途中で途切れる。(7発目も途切れてた。)なんでだよう。 posted at 20:23:05
  • 9発目。ムダに転倒するようになってきた。あと一本かなぁ。 posted at 20:45:23
  • 10発目。ゲレンデわきの食い残しを散らかしながら流してきた。いい時間だし、これで終了。 posted at 21:03:44
  • 入り口に、さっきまでエッチしてましたって顔したカップルの行列ができてて混雑してた。「カップル証明書」を発行してくれるらしい。この証明書を次回から持ってくると、1日券が20%オフだそうな。なんで、宣伝せにゃならんのだ。 posted at 21:07:19
  • I just unlocked the "New Year's 2011" badge on @foursquare! http://4sq.com/fwQgNn posted at 21:48:26
  • 年越しソバ買って帰るお。どん兵衛だけど。(去年と同じ行動パターンかもしれん) (@ サークルK 小矢部インター店) http://4sq.com/fEkzGq posted at 21:48:27
  • I just became the mayor of サークルK 小矢部インター店 on @foursquare! http://4sq.com/bWNHun posted at 21:48:27
  • ただいま。夕飯の前に雪かきをしなくちゃ。腹減ったなぁ。 posted at 22:15:36
  • 雪かきミッション完了。うぅ。左腕がパンパンだ。軽いハンガーノック。 posted at 23:04:10

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

過去1年を水に流す会

セイモアから帰宅して、いつもの面々ことyasunori氏、ray氏、sou氏、k-nos氏(子供が多い順)による忘年会に参加。

送り迎えもしていただきまして、ありがとうございます。ちょうどイイ電車が無かったので助かりました。

アルコールを摂取しているうちに、ズツウが鎮静化。いったい、どういうことなんだぜ。

今年忘年会らしい忘年会はこの会だけだったので、けっこう楽しんじゃったかもしんない。暴言失言もあったとは思いますが、忘年会ゆえ忘却の彼方に流していただければと思う所存でございます。

次は、k-nos氏のエリーゼ納車会かな? ぐひぐひ。
当然、おれよりも濃ゆい乗り方/楽しみ方をしてくれると思うので、超楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

[02]金沢セイモアスキー場 - 頭痛ライディング

新雪が期待できるかも!!と思い、マンタとロケットを積んで、開始時刻の8時ちょっと前に着くよう3時間睡眠の5時起きで金沢セイモアスキー場へ。7時半頃到着し、弟タカシ氏を待ちつつチケット売り場前で柔軟してたら、どうも8時半スタートらしいという噂を小耳にはさんだり。

休憩中。休日は8時、平日は8時半スタートだと事前に調べてあったのですが、そうですか、今日は平日扱いですか。
木曜日だもんね。
でも12月30日っていったらフツー「休み」じゃね? 休めない年もたくさんあったけど、一般的に「休み」じゃね? でも平日なんですね。
なんか、怠慢臭がプンプンすんだよ、たかだか3つのゲレンデを管理しているだけなのにやたらと取締役やら相談役に色んな名前を連ねてるSAM白山はよう。マジ評判悪いよ、あんたら。

おれが早めに着いたことを知って、急いで来た弟に謝りつつ、いつの間にかチケット窓口に行列ができてて慌てて並び(弟はシーズン券を購入しているので並ぶ必要なし。ここでも待たせてしまった。スマン。)、8時半にクワッドリフトに搭乗。

期待してた新雪はあまりなく、かろうじて第2ペアリフト下に残ってた新雪をマンタでいただく。ここはまぁまぁ楽しかったんだけど、そのうち頭痛がしてきて、早めに休憩(本当にスマン)。

弟の会社の後輩君と合流し、新雪食ったり、流したりしつつ、なかなか治まらない頭痛に嫌気がさしながら14時半頃に終了。

なんか、いろいろと申し訳ない気分になったセイモアだったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

Oakley ELEVATE

こないだカズ君と「ゴーグルをどのくらいの頻度で買い替えるか」という話をしていて、まぁ2年くらいが限界でしょ、という話になりまして、いま使ってるOakleyのCROWBARのフレーム上部のベンチレーションがはがれてきているし、レンズの内側もだいぶ傷が入ってるし、3年目なら買い替えようと思って調べてみたら4年目だったり。
そりゃボロボロになるわ。

Oakley ELEVATEというアレでスポーツ用品店を3つほど回って新しいゴーグルを購入。今回はOakleyのELEVATEにしてみた。

Oakleyは今シーズンからピンクイリジウムに加えて、VR50 Pink Iridiumというレンズカラーを出しているようで、従来のピンクイリジウムよりも雪面のギャップが見やすくなっている、とのこと。

CROWBARも気に入ってたのでCROWBARのVR50 Pink Iridiumを探したんだけど、あるにはあるけどフレームカラーがイマイチ気に入らず、3つ目の店でEVEVATEというニューモデルが出ていることを知り、ちょっと悩んで購入。
レンズはもちろんVR50 Pink Iridium。

画像は、手前が購入したELEVATE、奥が丸3年使ったCROWBAR。
けっきょく、同じよーなフレームカラーになってしまいました。

続きを読む "Oakley ELEVATE"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

2010年を振り返る

celestial light仕事納めの日。

2010年を振り返ったら、2009年に比べて思った以上に何もなかった年だったことに気づきました。

成長なしの一年。そう考えると空しくなりますな。
とくに夏から秋はしんどくって、ほぼ毎日更新してきたこのblogも不定期になっちゃったし、ただその日を漫然と過ごしているような生活が続いた気がします。

個人的に印象深かった出来事はこんな感じ。

ビッグイベントはないけど、まぁ楽しんでるか…。

技術的な部分においては「視野を広げる方向」に動いたような気がします。
言語的な部分ではErlang元年だったし、Rubyにおいてもより強大な力を得ようとメタプログラミングに手を出してみたり。細かい基礎技術から、ビジネス的な視点、開発手法からツール的な観点。
視野を広げていろいろ興味が持てたのはイイけど、目移りばかりして集中力がなかったなぁ。ここは完全に反省点。

振り返ってみると、ツブツブの出来事を刹那的に、でも自分なりに一生懸命やってきた気がしてきました。
成長なしの一年じゃ、きっとなかったはず。


2011年は良い年にしたい。

神様。
そろそろ、良い年が来てもいい頃だと思うヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

MacPortsでgitを入れ直す

MacPorts最近のトレンドを(フツーに)追っかけると、バージョン管理システムはgitということになるワケです。

Railsアプリをよく試させていただいているHerokuでもgitは必須だし、igo-rubyではソースをGitHubで管理している(RubyGems.orgに公開するのに都合が良かった)しで、どこかのタイミングでMacBookにgitをインストールしてあったんだけど、ふと思い立ってgitがどこにインストールされているか調べてみた。

$ which git
/usr/local/git/bin/git

通常、MacPortsでインストールすると/opt/localにインストールされるはずなんだけど、/usr/localに入ってる。
/usr/localに入っているということは、自分の場合、ソースからコンパイルした可能性が高い。(例によって作業ログを取ってなくて全然覚えていない。)

ちゃんと調べてみる。

$ port list installed
Warning: port definitions are more than two weeks old, consider using selfupdate
$ 

やっぱりMacPortsではインストールしていない。(ついでに、selfupdateも最近してない)

というアレで、gitをMacPortsで入れ直してみた。思いがけず苦労したのでメモ。

続きを読む "MacPortsでgitを入れ直す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

[01]たいらスキー場 - シーズンイン

シーズンイン

これは、当blogに記録されている、各年の最初にスノーボードに行った日にちです。
暖冬の年も厳冬の年も、11月の後半から12月の前半にはシーズンインしていることになります。

が、今年は遅かった。
昨日までまったく準備をしてなくて、ウェアは昨シーズン最後のバックカントリーから放置したまま、ボードにはバインディングがついたまま、ベース作りもしてない。

けど、カズ君のお誘いを受けてちょっとやる気が出てきたので、たいらスキー場にてシーズンイン。板はGENTEMのMANTARAY。

前日までの強風でコンディションを心配してたんだけど、意外に風も弱く、少し重めのパウダー。
半日券を購入し、1発目はダイナミックコースを選択。朝イチのリフトに並んだんだけど、リフト中ごろで先行するパウダージャンキーが続々とドロップインして行き、あっという間にトラックがついたり。
それでもウヒウヒとチョッカり…はできず、1回転倒。
2発目以降はカズ君と合流しゲレンデ全体の"新雪が残っている部分"を探索するように滑ったり転んだり。

いや、本当によく転倒しました。膝下が柔らかく使えなかったり、バランスが取れなかったり、思ったラインが選べなかったり、思った以上に吹っ飛んだりして、バタバタ転びました。

ラーメンと麦メシチケットを買うとき、けっこうヨサゲなコンディションだから1日券にしようか、と一瞬思ったんだけど、やっぱ半日券で正解。
すぐに滑るところがなくなるし、そんなに広いゲレンデじゃないしね。まぁ、一番の理由は「ソッコーで息があがる」からなんですけど。

ラーメン食って帰宅。
シーズンの入り方としては上々だったんじゃないでしょーか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

幸福量保存の法則

今年サンタさんは来なかったので出勤。

幸せの分け前が減る理由を理解したり。

さすがに誰も出勤してませんでした。
会社、寒すぎるお。
サーバールームかお。

昨日は定時退社日だったので、残業でカバーできなかった分の作業をポチポチと。
残業できずに休日出勤とか意味あんのかマジでコラ。


本日のタイトルの出典はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

Pummelvision

clip人生は走馬燈のごとし: Pummelvisionはあなたの大量の写真をビデオ化してくれる

より。
PummelvisionFlickr等にあがってる自分の画像をつなげて、動画にしてくれるサービスらしい。

使い方は超カンタン。

  1. 画像を取得するサービスをFacebook、Flickr、Tumblrから選択する。
  2. できあがった動画をアップするサービスをVimeoYouTubeから選択する。
  3. (必要なら)完了メールを受信するメールアドレスを入力する。
  4. (必要なら)待つ。
自分の場合、Facebookはわりとプライベートな情報があるし、Tumblrはアカウントを持っているだけなので、Flickrを選択。
Vimeoはアカウントを持っていないので必然的にYouTubeを選択し、数分で作成されました。

と言っても、FlickrはInstagramの画像を最近流し始めた程度なので、そんなに画像はアップされてないんだけど。まぁ、そのおかげでサイズはそろってますな。

画像共有サービスって、画像っていうわりとプライベートな情報が載りやすい媒体を扱うので、ちょっと敬遠してきた(Picasaですらクライアントで使ってるだけ)けど、こういうマッシュアップがあるならもう少し積極的に使ってみてもいいかも、とか思ったり。


Flickrを使う場合、特定のセットを選択できるみたいなので、きちんと画像を整理している人には面白いかもしんない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

記憶力

で、まぁiTunesの映画レンタルが便利すぎるわけですけど、第9地区の字幕版もレンタルできるようになったので、さっそく観てみました。
第9地区だからと言って大晦日に観ないところがなんというかギリギリの抵抗です。

ロボットかっこ良かった。

第9地区の前に、トランスポーターシリーズって、1は観たけど残りどうだったっけ?と思い、

を連続して借りてみました。

両方とも過去にキッチリ観てたり。orz

果たして、おれには記憶力という力がちゃんと備わってんのか?
何か根本的な欠陥でもあるんじゃないか?

トランスポーター3にいたっては、エンディングが近づくまで観たことを覚えていなかったんですけど、楽観的に何度観ても初めてのコウフンが味わえてお得だねと思うことにします。

次はインセプションかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

RubyGemsの命名規約

Rubyigo-rubyの名前を決めるときにigo-rubyとigo_rubyとigorubyで悩んだ。

gemsの命名規約はたぶん厳密には決まってないんだけど、How to Name Gems強く推奨しているのは

  1. 通常requireするgemはアンダースコア(_)を使う。
  2. 他のgemを拡張する場合はハイフン(-)を使う。install net-http-persistentならrequireは"net/http/persistent"となる。
  3. アッパーケース(UpperCamel)は使わない。
という規則。

上記に従えばigo-rubyではなくigo_rubyとなるんだけど、igo-rubyはIgoのRuby版という位置づけだし、すでにigo-pythonもある。

あと、"ruby"に限れば、アンダースコア(*_ruby)よりもハイフン(-ruby)の方が多い気がする。
ということで、公開されているgemsの一覧を取得して、カウントしてみた。

まずは"_ruby"で終わるgems。

$ gem list -r | grep -e ".*_ruby "
cheddargetter_client_ruby (0.2.1)
collecta_ruby (0.1.3)
dcu-purple_ruby (0.7.0)
endless_ruby (0.0.1)
purple_ruby (0.6.7)
rrt_ruby (0.3.1 mswin32)
ruboss_on_ruby (1.0.1)
shattered_ruby (0.5.1)
strophe_ruby (0.0.5 ruby x86_64-linux)
talib_ruby (1.0.1)
tem_ruby (0.16.0)
which_ruby (0.0.3)
win_user32_ruby (0.1.0)
xbm_ruby (1.0.1)
15個。
一方、"-ruby"で終わるgemsは
$ gem list -r | grep -e ".*-ruby "
aalib-ruby (0.7.1)
adesklets-ruby (0.2.0)
amazon-fps-ruby (1.0.0)
atmos-ruby (1.4.0.7)
bb-ruby (0.9.5)
bcrypt-ruby (2.1.2)
benofsky-yajl-ruby (0.7.7)
btparse-ruby (0.2)
bzip2-ruby (0.2.7)
constant-contact-ruby (0.2.4)
couchdb-ruby (0.8.0)
coupa-libxml-ruby (1.1.4)
cql-ruby (0.8.2)
dailymile-ruby (0.1.3)
darcs-ruby (0.0.1)
dcas-ruby (0.4.0)
dnsimple-ruby (0.8.3)
dokan-ruby (0.0.1 mswin32)
douban-ruby (0.0.7)
dsf-ruby (0.0.0)
edge-parsley-ruby (0.4.5)
espeak-ruby (0.3.0)
evented-gearman-ruby (1.0.0)
evil-ruby (0.1.0)
fetchapi-ruby (1.1.1)
ffmpeg-ruby (0.1.3)
filipegiusti-yajl-ruby (0.6.4)
fitnesse-ruby (0.1.0)
fityk-ruby (1.0.0)
frenchrevcal-ruby (1.0.0)
ft2-ruby (0.1.3)
gearman-ruby (3.0.3)
google-spreadsheet-ruby (0.1.2)
gowalla-ruby (0.0.5)
greenpepper-ruby (0.0.1)
grendel-ruby (0.1.5)
gvoice-ruby (0.3.3)
harvest-ruby (0.1.1)
hbase-ruby (1.2.0)
id3lib-ruby (0.6.0 ruby x86-mswin32-60)
igo-ruby (0.1.2)
ipxact-ruby (0.13.0)
jberkel-mysql-ruby (2.8.1)
jblas-ruby (1.1.1)
kaltura-ruby (0.1.1)
koi-vm-ruby (0.0.4)
lda-ruby (0.3.1)
le1t0-parsley-ruby (0.4.5.001)
libqalculate-ruby (0.0.1)
libxml-ruby (1.1.4 ruby x86-mswin32-60)
libxosd-ruby (0.4)
libxosd2-ruby (0.4)
libxsl-ruby (0.3.6)
libxslt-ruby (0.9.7)
matlab-ruby (2.0.3)
mediainfo-ruby (0.2.0)
ming-ruby (1.0 mswin32)
ml-ruby (0.0.1)
monetra-ruby (0.0.6)
mplayer-ruby (0.1.0)
myspace-ruby (0.7.1)
newick-ruby (1.0.3)
nozbe-ruby (0.2.0)
nugramserver-ruby (0.1.0)
nvtristrip-ruby (0.5.0)
octave-ruby (1.0.9)
opentick-ruby (0.1.1)
opentox-ruby (0.0.2)
org-ruby (0.5.3)
osc-ruby (0.7.0)
pandoc-ruby (0.4.1)
pangel-sg-ruby (0.1.1)
parsley-ruby (0.4.5)
penctl-ruby (0.1.3)
phpass-ruby (0.1.2)
pomo-ruby (0.0.3)
portal-ruby (0.0.2)
ppe-4store-ruby (0.0.3)
prince-ruby (0.3.0)
puremvc-ruby (1.0.0)
radamanthus-superfeedr-ruby (0.4.3)
remember-the-ruby (1.3.0)
remoteling-ruby (0.0.5)
rounders-gdata-ruby (1.1.2)
s3-ruby (0.1.0)
saas_pulse-ruby (0.1.2)
sam-mysql-ruby (2.8.1)
serdisplib-ruby (0.5.2 x86-linux)
sg-ruby (0.1.0)
shodan-ruby (0.1.1)
sishen-hbase-ruby (1.0)
solr-ruby (0.0.8)
sprout-google-spreadsheet-ruby (0.0.1)
sqlite-ruby (2.2.3 ruby mswin32)
sqlite3-ruby (1.3.2 ruby x86-mingw32 x86-mswin32-60, 1.2.5 x86-mswin32, 1.2.3 mswin32)
sugestio-ruby (0.1.0)
superfeedr-ruby (0.4.3)
thumbnailer-ruby (0.1.2)
tickspot-ruby (0.1.0)
tropo-webapi-ruby (0.1.9)
tuio-ruby (0.2.5)
twaudio-ruby (0.1)
tworgy-ruby (0.4.2)
typesafe-ruby (0.0.2)
userapi-ruby (0.0.1)
velir_kaltura-ruby (0.4.9)
viddler-ruby (0.1.0)
vim-ruby (2007.05.07)
vtk-ruby (5.0.4.0 x86-mswin32-60)
web-socket-ruby (0.1.0)
win-gdi32-ruby (0.1.3)
win-user32-ruby (0.1.7)
wolframarnold-google-spreadsheet-ruby (0.1.4)
wordnik-ruby (0.3.2)
xmlsec-ruby (0.0.6)
yajl-ruby (0.7.8)
116個。
圧倒的に"-ruby"が多い。
やっぱり○○のRuby版という意味のgemsは"-ruby"をつけてるんじゃないかと思う。(そういう意味づけじゃないgemsも多々あるかとは思いますが。)

これらを勘案して、今回はigo-rubyとした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年12月16日 (木)

igo-rubyを作った経緯

Ruby昨日当blogでも公開したigo-ruby
その開発(というか移植作業)に至る経緯や、強み、弱みなんかをさらしてみる。

経緯

TwitterでIgoのPython版を知ったのが12月1日。
その元になっているIgoを調べてみると、解析結果がほぼMeCab互換のJava(とCommon Lisp)で実装された形態素解析器であることが分かった。

MeCabについては以前も取り上げているけど、例えばRubyなんかから気軽と使おうとすると特にWindows環境ではバインディングがインストールできなかったりしてちょっとメンドい。
(それでもMeCabをWindowsからラクに使いたいぜ、という方はこちらをどうぞ。)

Windows環境じゃなくても、例えばネット上の、自前じゃない環境(レンタルサーバとかVPSとか)で動かそうとすると、まぁやっぱりメンドくさいと思う。

その点、IgoはJavaオンリーで動作するので、JavaVMが動くところならどこでも動く(はず)。ヒジョーにポータビリティが高い。

イイとこに目をつけてんなぁ、と。

再度、igo-pythonに目を向けると、(あくまでも主観だけど)igo-python自体はIgoの解析用辞書をできるだけそのまま使用するように移植したようで、最小限の実装で「まずはpythonで動作する」ことを優先しているように見える。
(解析用辞書の生成機能も今後実装する予定があるようです。)

やはり、イイとこに目をつけてんなぁ、と。

この調子ならソッコーでRuby実装も出るはず!!とは思ったんだけど、igo-pythonのソースを眺めているうちに「俺でもなんとかなるかも?」と思ったのが運の尽き
翌日くらいからJava版とPython版のソースを横目に、実際に動かしながら(おかげで自宅のPCにEclipseとPython入れちゃったヨ)Rubyへの移植を進め、12月11日に初版をリリースした。

…実はアルゴリズムをろくに理解しておらず…データ構造もよく分かってなくて結構苦戦してたり…。

強み

上にも書いたけど、Igoの強みはJavaオンリーで動くところ。辞書さえあればigo-pythonはPythonのみで、igo-rubyはRubyのみで動作する。
お気に入りの(あるいは使い慣れた)言語以外の仕組みを導入しなくてイイというのは強い。強すぎる。

日常的にプログラミングを行う職業プログラマでさえ…あるいはそれ故かもしれないけど、環境を準備するという行為はけっこう壁が高い。そういう本質的ではない部分で手を煩わせたくないんである。情報過多の時代にあって、自分の守備範囲外の情報には触れたくないんである。
(これはこれで問題ではあるんだけど、ここでは触れません。)

よろしい。

igo-rubyは(辞書さえ準備すれば)あなたの環境で即座に動作する。

弱み

これはigo-rubyだけの弱みだけど、Igoの辞書ファイルに依存している、という点。辞書ファイルのフォーマットが変わってしまえば、igo-pythonは動作しない。

少なくとも、現在のIgoの最新版であるIgo 0.4.2で生成した辞書ファイルでは動作しているように見えるので、将来的に(辞書ファイルのフォーマット変更によって)igo-rubyが動作しなくなった場合は、ひとまずこの0.4.2で辞書ファイルを生成することにより対応できると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

形態素解析器IgoのRuby版を作った

Ruby解析結果がほぼMeCab互換のJavaおよびCommon Lispで実装された形態素解析器IgoのRuby版を作りました。

正確にはIgoのエンジン部分をRubyに移植しましたですけれども。

ソース

ソースはGitHubに公開
また、RubyGems.orgにgemを公開してあるので、インターネットに接続している環境ならRubyGemsでインストールできます。

インストール

コマンドラインで下記を入力。
$ gem install igo-ruby
igo-rubyは、別途Igoと同じ解析用辞書ファイルが必要です。(igo-pythonと同じ方式。ただし、igo-pythonの方は辞書ファイルの生成機能も実装予定とのことです。)

解析用辞書ファイルの生成方法については、Igoのページを参照してください。

使い方

Igo::Taggerクラスのコンストラクタに辞書ファイルが入ったディレクトリを指定して、parseメソッドを呼び出します。

require 'rubygems'
require 'igo-ruby'
tagger = Igo::Tagger.new('../../ipadic') # 解析用辞書のディレクトリを指定
t = tagger.parse('吾輩は猫である。名前はまだ無い。')
t.each{|m|
puts "#{m.surface} #{m.feature} #{m.start}"
}
実行結果は以下のようになります。
吾輩 名詞,代名詞,一般,*,*,*,吾輩,ワガハイ,ワガハイ 0
は 助詞,係助詞,*,*,*,*,は,ハ,ワ 2
猫 名詞,一般,*,*,*,*,猫,ネコ,ネコ 3
で 助動詞,*,*,*,特殊・ダ,連用形,だ,デ,デ 4
ある 助動詞,*,*,*,五段・ラ行アル,基本形,ある,アル,アル 5
。 記号,句点,*,*,*,*,。,。,。 7
名前 名詞,一般,*,*,*,*,名前,ナマエ,ナマエ 8
は 助詞,係助詞,*,*,*,*,は,ハ,ワ 10
まだ 副詞,助詞類接続,*,*,*,*,まだ,マダ,マダ 11
無い 形容詞,自立,*,*,形容詞・アウオ段,基本形,無い,ナイ,ナイ 13
。 記号,句点,*,*,*,*,。,。,。 15
分かち書きもできます。
t = tagger.wakati('どこで生れたかとんと見当がつかぬ。')
puts t.join(' ')

# 実行結果
どこ で 生れ た か とんと 見当 が つか ぬ 。
詳細はREADMEを参照のこと。

サンプルウェブアプリ

igo-rubyをライブラリとして利用したRailsのウェブアプリ(サンプル)も作りました。こちらで公開しております。

動作確認環境

下記環境で確認済みです。

  • Windows(XP)
  • Linux(CentOS)
  • Mac OS X(10.6系)

謝辞

igo-rubyは本家Igoと、そのPython実装であるigo-pythonのソースをできるだけそのまま移植したものです。
先人達の知恵に超感謝いたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

期せずして地デジ対応

95年製学生んときにちょっとムリして買ったブラウン管のアナログテレビを使い続けてきました。95年製なので、もう15年選手。

さすがにご老体で、点けてすぐは画面が暗いし、見てるとバシッ!!という音とともにフラッシュするし、いつ煙がモクモクと吹き出して発火してもおかしくないと思える状態。

買い替え時といえばそうなんですけど、何となくタイミングを逃してて(エコポイントとか騒いでるときでさえ、重い腰を上げなかった)、まー愛着あるしー、アナログ波停止のときまで使いつづけてやっかな、と。

ところで、地デジ移行を急ぐ方面からの圧力なのか、最近は画面の下に

ご覧のアナログ放送は2011年7月に終了し、見ることができなくなります

とゆー、ウザい警告が四六時中表示されたりするんですけど、なんかもう俺にとっては逆効果で

やったろやないけ!!ご覧のアナログ放送が終了するまで見続けたろやないけ!!
アナログ放送が終わってもオブジェとして部屋に飾り続けたろやないけ!!

とか逆ギレしてたんですけども。

なんか実家のテレビを買い替えるらしく、そのテレビはこのロートルテレビよりも新しく、壊れてもなく、地デジ対応なんだそうで。
買い替えの理由はよく分かりませんけど、どーせ買い替え時に古いテレビを処分してもらうので、そんときに俺のロートルテレビを処分してもらい、代わりに実家の地デジ対応テレビを持っていってはどうか、というご提案をいただきました。

というアレで。

愛着もあり、逆ギレもしてたんですけども。
実家に行ってテレビを交換してきました。愛着も逆ギレも安物でスミマセン。

交換してきたテレビは、前のテレビと同じサイズ(縦横比3:4の25インチ…)で、同じくブラウン管、ただし地デジ対応というなんつーかまぁ、薄型テレビしか知らない子供が見たら

なにコレ水槽?

とかマジ顔で聞かれそうな代物ですけど、とりあえず今ごろになってやっと

へー地デジってキレイに映るんだねぇ…

という感想を持ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

日本と韓国の差

clip韓国人美女がiPhoneを4台使ってレディー・ガガを演奏! 世界中で大絶賛

日本では出てこないクオリティ。
AKBなんとかとか言ってる場合じゃないと思うんだよね、マジで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »