カテゴリー「tech」の9件の投稿

2011年3月25日 (金)

電子書籍はどうか

それなりにお世話になっているオライリー・ジャパンで半額キャンペーンをやってたんでした。

clipDeal of the Week - 被災者支援キャンペーン開催

26日の午前0時までなので、この投稿の1分後には終了しちゃいますけど。(この記事自体はキャンペーン終了後に書いてます)

キャンペーンはEbookということで、紙の書籍ではなく、PDFをダウンロードする形式。
これをいわゆる電子書籍という言い方をしていいのか分かりませんけど、とにかく書籍は(書き込む癖もないのに)やっぱり紙で読みたいし、PCでPDFの資料を読んでもなかなかアタマに入ってこない昔の人間なので、最初は「電子書籍か…まぁおれにはカンケーないわ」と静観してたんですが。

でもまぁ、昨今の世の流れを考えると、書籍の電子化には一定の評価をせざるを得ないという状況だし、それこそ入社したての頃はあらゆる資料を印刷してたんですけど、エコという名のもと最近はもっぱらPCで目を通し、会議ではプロジェクタを使うよう訓練もされてるわけで。

自室の小さな本棚に目を移せば、技術書がそれなりに溢れてて場所を取っているという現実もあるわけで。

これらの書籍が目の前のMacBookに入って物理的な質量をほとんどゼロに近づけるのであれば、あるいは将来的に(まだ持ってない)Amazon KindleApple iPadに入ってしまうのなら、それはそれでひとつの魅力かもしんない。
なるほど、電子書籍がもてはやされている一因はユーザ側のこういう部分なのかもしれない。

分かっていたことだけど、いざ自分の身に実際に起きることを想像すると、現実感を伴って魅力を感じるようになってきたというか。

ということで、4冊ほど選んで購入ボタンをポチっとしてみました。

検索と発見のためのデザイン ―エクスペリエンスの未来へ/オライリージャパン言語設計者たちが考えること/オライリージャパンjQueryクックブック/オライリージャパンiOS SDK Hacks ―プロが教えるiPhoneアプリ開発テクニック/オライリージャパン

最新の書籍はまだEbookになってないようで、その辺は残念。

続きを読む "電子書籍はどうか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

MacPortsでgitを入れ直す

MacPorts最近のトレンドを(フツーに)追っかけると、バージョン管理システムはgitということになるワケです。

Railsアプリをよく試させていただいているHerokuでもgitは必須だし、igo-rubyではソースをGitHubで管理している(RubyGems.orgに公開するのに都合が良かった)しで、どこかのタイミングでMacBookにgitをインストールしてあったんだけど、ふと思い立ってgitがどこにインストールされているか調べてみた。

$ which git
/usr/local/git/bin/git

通常、MacPortsでインストールすると/opt/localにインストールされるはずなんだけど、/usr/localに入ってる。
/usr/localに入っているということは、自分の場合、ソースからコンパイルした可能性が高い。(例によって作業ログを取ってなくて全然覚えていない。)

ちゃんと調べてみる。

$ port list installed
Warning: port definitions are more than two weeks old, consider using selfupdate
$ 

やっぱりMacPortsではインストールしていない。(ついでに、selfupdateも最近してない)

というアレで、gitをMacPortsで入れ直してみた。思いがけず苦労したのでメモ。

続きを読む "MacPortsでgitを入れ直す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

Pummelvision

clip人生は走馬燈のごとし: Pummelvisionはあなたの大量の写真をビデオ化してくれる

より。
PummelvisionFlickr等にあがってる自分の画像をつなげて、動画にしてくれるサービスらしい。

使い方は超カンタン。

  1. 画像を取得するサービスをFacebook、Flickr、Tumblrから選択する。
  2. できあがった動画をアップするサービスをVimeoYouTubeから選択する。
  3. (必要なら)完了メールを受信するメールアドレスを入力する。
  4. (必要なら)待つ。
自分の場合、Facebookはわりとプライベートな情報があるし、Tumblrはアカウントを持っているだけなので、Flickrを選択。
Vimeoはアカウントを持っていないので必然的にYouTubeを選択し、数分で作成されました。

と言っても、FlickrはInstagramの画像を最近流し始めた程度なので、そんなに画像はアップされてないんだけど。まぁ、そのおかげでサイズはそろってますな。

画像共有サービスって、画像っていうわりとプライベートな情報が載りやすい媒体を扱うので、ちょっと敬遠してきた(Picasaですらクライアントで使ってるだけ)けど、こういうマッシュアップがあるならもう少し積極的に使ってみてもいいかも、とか思ったり。


Flickrを使う場合、特定のセットを選択できるみたいなので、きちんと画像を整理している人には面白いかもしんない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

Mac OS X 10.6.5

Mac OS X 10.6.5Mac OS Xを10.6.5に上げました。

あわせて読みたい:
clipFlashデベロッパよ, きみたちに明日はない(TechCrunch JAPAN)

Appleは、OS Xの最新バージョン10.6.5をリリースした。アップデートの大半は、セキュリティ関連だ。そして、それらのなんと42%が、Flash関連のセキュリティパッチだ。Appleが今後、OS XからFlashを追ん出しても、誰も驚かないよね。

久しぶりにトガッた記事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月31日 (月)

コーディングの基礎知識

WEB+DB PRESS Vol.56/技術評論社ツイートに触発されてWEB+DB PRESS Vol.56を購入。
この手の雑誌はほとんど購読したことがなかったりします。

コーディングの基礎知識の目次は以下の通り。

  • きれいなコードの重要性
  • 適切な名前をつけ、不要なコメントはつけない
  • テスト駆動開発を実践する
  • 常にリファクタリングを行う
  • 1つのメソッドが行うことは1つにする
  • クラスの責務は1つにする
  • 例外処理も1つの処理と考える
  • メタプログラミングを理解する
自分が入社したとき、このよーな基礎は当たり前のよーに先輩方に指導していただいたもんですけど、最近は若者はそのよーな機会がないんですな。
不況のあおりを受けキュウキュウとしているし、かと言ってテクニックを盗んでやろうという気概も見えないし。

基礎を見直して、仮に後輩に指導するチャンスがあるのであれば、自分の持つテクニックだけではなく、先人達の知恵を引き継ぎたい、とか思ったんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

iPadの感触

ディアスワゴンのカーナビの取り付けのためにディーラーへ。
ちゃんとなおってました。
当たり前。


実家寄ってから、yasunori氏んちに行き、iPadを触らせてもらいました!!(画像)

あ、しまった。
もしもしってやってもらうの忘れた。iPadで「もしもし」って。


昨日(だっけ?)発売された国内版iPadじゃなくて、米国版というところが彼らしいんですけれども、さておいて、iPad。
ぶっちゃけると、あーんまり興味なかったんでした。

ほら、もうなんか、日本全国右を向いても左を向いてもiPadアイパッドってアンタ。
おれなんかもう、アマノジャクだしさ。

というワケではなくて(そういうワケもあるけど)、今ひとつ使うシーンが思い浮かばないというか、電子書籍にもそんなに惹かれてるワケじゃないし、モバイルするならMacBookでいいし、どこで使うんだっけ?と。

なんですけれども、触るとコレ、イイな!!
単純にガジェットとして、ヒジョーにアップルしてて、信者じゃなくても、なるほどフンフンこりゃまた…おぉスゲェ、こここれは!!むむむ!!

という印象を持ちましたよ。
少なくとも、新たなユーザエクスペリエンスを与えてくれそうな雰囲気は十分に感じました。


帰りのクルマの中で、ちょっと冷静になって、あぁコレは最初にやはりyasunori氏のiPhoneを見せてもらったときの感覚に近いな、とか思ったり。そして、冷静になればなるほど「先にiPhoneだな」と思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

Googleのユーザインターフェイスはサイコーか

IT業界の末席を汚す者として恥ずかしながら次期iPhoneを購入しようかと思っています。財政上の問題もあって、auからソフトバンクへの乗り換えということになると思います。キャリア2つも契約できません。

さておき、AppleGoogle I/Oで叩かれまくってますな。

clipなぜAppleが未来であってはならないか: GoogleのGundotraがAndroidのオープン性を熱烈に賞揚
clip動画で確認:Android Froyoが(文字通りに)iPadを周回遅れにしてしまった!

GoogleがAppleへの対決姿勢を鮮明にしているとも言えます。

clipGoogle vs Apple:真剣勝負の時が来た
clipGoogleが密かにウェブベースのiTunesキラーを準備中らしい

まぁ、ビジネス領域が一部競合するGoogleがAppleを叩くのは仕方がないとして、最近のAppleのやり方にはよく分からないところもあります。

clipAdobeが「We ラブ アップル」広告を展開、Flash締め出しを批判
clipアップル、「iPhone OS 4.0」でFlash排除を強化か

日本において唯一のiPhoneのキャリアであるソフトバンクは、輪をかけて怪しいというかきな臭いというか。

clip原口総務相、孫社長に傾倒か? NTT光分離を急ぐ

こうなると、天の邪鬼な性格も災いして、本当にiPhoneでイイのか?という気持ちがわいてきます。
しかし、ビジネスマン(おれはサラリーマンだけどね)にとってスマートフォンは必携で必須のビジネスアイテム(ってことももちろんないけどね)。

iPhoneを外すとなると、日本においてはandroidケータイということになるわけで。ゴメンよ、BlackBerry

android(もちろんGoogleが主導している)かぁ。
Googleってユーザインターフェイスを軽視するきらいがあるというか。Google Waveとか。

Googleとの付き合いは1999年か2000年から。
まだ日本に上陸する前だったんだけど、当時、首都圏で研究開発をしてた頃で、あーそういえば入社以来最高に働きまくってた時代で年間1,000時間を超えて残業したりして半分ノイローゼだった頃なんだけど、その知りたい情報に的確に導く検索性能と、ここが大事なんだけど、見たことがない超シンプルなユーザインターフェイスは、驚きをもって迎えられたわけです。おれに。

それから10年。
大企業になったGoogleの(主な収入源であろう検索における)ユーザインターフェイスが、創立当初とそれほど変わっていないことは、やはり驚くべきことだと思います。


Googleはあのインターフェイスしか作れないんじゃないか?


と疑ってしまうほどに。

もちろん、十分な検討とトライアルの末のユーザインターフェイスであろうことは想像に難くないし、少なくとも検索という行為においては素人目にもだいたい間違いないであろうとは思うのですが。


でもショボいインターフェイスは生産性とモチベーションを下げる元凶だと思っているので、やっぱりiPhoneを買うと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

自炊クラウド

最近、自炊を再開しました。夕食だけですが。

で、調味料がすべて賞味期限切れ

一体、どんだけ自炊してなかったんだ、と。
もしかしたら、上海行ってたころくらいから自炊をしていなかったかもしれません。


レパートリーが増えているわけもないので、月間ページビューが4億4000万PVという噂のクックパッドのお世話に、そのうちなるかもしれません。

clipクックパッドのデータ処理、たった5万円

ちなみにこのクックパッド。
レシピサイトというよりはRuby on Railsつながりで知っていたのですが、最近ではデータ解析等を分散処理で効率化していて、それもAmazon EC2上でHadoop(+Ruby)を動かすというクラウドな構成。

clipRubyとHadoopで分散処理 Hadoop Streamingの仕組み


ま、そんなことは、毎日の献立に頭を悩ます主婦(主夫)なみなさまには全然カンケーないですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

ARToolkit

というアレARToolkitをMacBookで試してみた。

ARToolkit

会社のワークショップの報告用に昨夜、慌てて調査したんだけど、コンパイルはXcodeでイッパツだし、何もしなくてもMacBookのiSightカメラを認識してくれるし、すぐに動くサンプルがあるので、楽チンでした。

でも、C言語なんだよなー。

NyARToolkitのJava版も試してみたけど、こっちはiSightをそのままでは認識しないし、ちょっとメンドい。

一番楽勝感が高い組み合わせは、MicrosoftのフリーのC#とNyARToolkitのC#版またはARToolkitかもしんないなぁ、と思ったり。


調査はここまで。
いろんなことに手を出すほどヒマじゃないというか、精神的な余裕がなかったり。

3Dキャラクターが現実世界に誕生! ARToolKit拡張現実感プログラミング入門/アスキー・メディアワークス

で、なぜコレをポチる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)